猪目洞窟|夢で猪目洞窟を見た者は必ず死ぬ!?出雲国風土記に「黄泉の穴」と伝える洞窟は闇に吸い込まれそうな恐怖を感じるおススメ?ミステリースポット!|島根県出雲市

 

猪目洞窟いのめどうくつ」は、出雲市猪目町いのめちょうにある洞窟。

ココ、「黄泉よみの穴」として伝えられ、「夢で猪目洞窟いのめどうくつを見た者は必ず死ぬ」といわれている、めちゃんこ恐ろしいスポット((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そんな「ちょ…マジ?」な場所、わざわざ行かなくてもいいだろう、という話はありますが、日本神話関連スポットのため当サイトとしては突撃せねばならぬのですm9( ゚Д゚) ドーン!

今回は、そんな「死」に関連するミステリアスな洞窟をご紹介します。

 

猪目洞窟|夢で猪目洞窟を見た者は必ず死ぬ!?出雲国風土記に「黄泉の穴」と伝える洞窟は闇に吸い込まれそうな恐怖を感じるおススメ?ミステリースポット!

猪目洞窟への道

出雲大社から車で20分ほど。山を越えて日本海側に出る感じです。

出雲大社本殿と神楽殿の間に道があります。この道の先、ぐねぐねの山道を越えていきます。右手が八雲山。

%e4%b8%89%e6%ad%b3%e7%a4%be-1

 

しばらく進むと、山道。

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-65

どこまでも続くグネグネ道。かろうじて車のすれ違いができる感じの細道であります。

途中二つに分かれるところがあるので、こちらを右へ。

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-64

ここから下り坂になり、しばらく進むと出雲市の猪目町に入っていきます。

 

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-58

猪目町自体は、人口100人にも満たない小さな町。十六島湾の海に面していて、入り江に「猪目海水浴場」があります。

海に出たら左手へ。

猪目洞窟は県道23号線沿いにあり、標識が立っております。

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-3

▲左手は、絶壁。右手は海。手前に洞窟へ降りていく小道があります。

県道から洞窟を見下ろすとこんな感じ。

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-9

小道を降りていきましょう。

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-12 %e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-15

船着場の一部になっていて、船とか網とかゴミとかいろんなモノが、、、写真左手が洞窟です。

 

猪目洞窟

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f

 『出雲国風土記』に伝えられております。

宇賀郷 の条

訳:「磯から西方に窟戸いわやど(洞窟)あり。高さ・広さはそれぞれ六尺ほど。窟の中に穴あり。人は入ることができない。奥行きの深さは不明。夢でこの磯の窟のあたりに行くと、必ず死ぬ。ゆえに土地の人は古くから今に至るまで、黄泉よみの坂・黄泉よみの穴と名付けている。

原文「自礒、西方有窟戸。高・廣各六尺許。窟内在穴。人不得入。不知深浅也。夢至此礒之邊者必死。故俗人、自古至今、號黄泉之坂・黄泉之穴也。」

出雲郡条:【二】 出雲郡の郷より

ここから、「夢で猪目洞窟を見た者は必ず死ぬ」と、なぜならココは「黄泉の穴」だから、という訳です。

出雲国風土記いずものくにふどき』は、出雲国の風土記。風土記とは、奈良時代、地方の国ごとに文化風土や地勢等を記録し、天皇に献上させた「報告書」。その出雲国バージョンです。

和銅6年(713年)元明天皇が編纂が命じ、天平5年(733年)に編纂完成、聖武天皇に奏上されたといわれております。

ちなみに、『古事記』編纂が和銅5年(712年)、『日本書紀』が養老4年(720年)とされてます。なので、編纂でたどると、『古事記』(712年)→『日本書紀』‘(720年)→『出雲国風土記』(733年)という流れ。

何が言いたいかというと、

先ほど語訳と原文でご紹介した『出雲国風土記』に「黄泉よみの坂」という言葉がでていて、これは『古事記』や『日本書紀』にも登場する「黄泉津平坂よもつひらさか」と同じとみていいということです。

例えば、

『日本書紀』神代紀の(第五段・一書第六)では、有名な、「黄泉の国へ行ってきた神話」が登場します。

死んだ伊弉冉尊を追って、伊弉諾尊が黄泉の国へ行く神話。

ざっくり言うと、

  • 死んだ伊弉冉尊いざなみのみこと(♀)は、やってきた伊弉諾尊いざなきのみこと(♂)に「私の姿を見ないで」と言いますが、伊弉諾いざなきは見てしまう。
  • すると伊弉冉いざなみの体はうみでただれうじがわいていた。なんてこった。ビックリした伊弉諾いざなきは逃げ帰ろうとする。
  • ところが、見られたことに怒った?伊弉冉いざなみは手下を繰り出し伊弉諾いざなきを追いかける。
  • そして、黄泉平坂よもつひらさかという「この世界と黄泉よみ(死)の世界の境界の地」で、伊弉諾いざなきは岩で境界を封じ、今生の別れを言い渡す。
  • すると伊弉冉いざなみは岩の向こう側から「お前の世界の民を日に千人殺してやる」と呪いをかけた。それに対して伊弉諾は「それなら、こちらは日に千五百人生もう」と言い渡す。てか言い返す。

といった神話。

島根では「出雲には出雲神話がある」「日本神話ではなく(あくまで)出雲神話」といった雰囲気を感じます。

それは、荒神谷遺跡こうじんだにいせき等に代表されるように、この地域には大和に匹敵する強大な勢力・文化圏があったと言われてる事もあるかと。此の地にはこの地の神話や信仰があったはずで。

それを、大和政権の神話=日本神話の中に、いかに取り込んでいくか非常に大きな課題であったはず。

ま、そのなかで、『出雲国風土記』の中で地元の人が「黄泉の坂」と呼んでいる、という記述は、「死の世界」=「黄泉(国)」、「死の世界へ至る道」=「黄泉の坂」といった「共通の概念や言葉」をもっていたと言える訳ですね。大和と出雲の別はあれど、死に関する概念や言葉は同じ、的な。

古代人が「死」について、猪目洞窟のような洞穴や、地下、地底といった場所、そしてそこに広がる闇といったイメージを共有していたというのは非常に興味深くおもしろいなと思います。

話がズレました。

そんな背景をもとに、さっそく恐るべき洞窟の中をご紹介です。

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-19

▲小さな祠があって、その奥が斜めに穴があいて中へ続きます。洞窟は幅30m、奥行きは30mで、奥へ行くにつれ天井が低くなって、、、

 

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-21

 

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-24

 

%e6%b4%9e%e7%aa%9f%e3%81%ae%e4%b8%ad

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ ブルブル!

 

ちょ、マジ???この暗闇。マジで怖いんですけど。。。

自分、無理っす。この先は、ご自身でどうぞ。涙。

 

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-25

▲洞窟の中から外を見たpic。日の光をこれほどありがたいと思ったことは無い、、、なんて。

あー、助かった。。。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

この洞窟遺跡は、1948(昭和23)年に、漁船の船置場として利用するため入口の堆積土を取り除いた時に発見されたものです。

凝灰岩の絶壁にできたこの洞窟は、東に向かって開口しており、幅約30m、奥行き30mあります。

この遺跡は、縄文時代中期の土器片も少量採集されていますが、弥生時代以降、古墳時代後期まで(2,300~1,400年前)の埋葬と生活の遺跡といえます。

埋葬の遺跡としては、人骨が13体以上見つかっており、特に注目されるものとしては、南海産のゴホウラ製貝輪をはめた弥生時代の人骨や、舟材を使った木棺墓に葬られた古墳時代の人骨、稲籾入りの須恵器を副葬した人骨などがあります。

生活の遺跡としては、各種木製品、土器、骨角器などの道具や、食料の残滓ざんしと思われる貝類、獣骨、鳥骨、木の実など、また多量の灰などがあります。発見当時、大社考古学会により調査が行われた関係から、出土品は現在、大社町の史跡猪目洞窟遺物包含層出土品収蔵庫で保管されています。

2008(平成20)年3月 出雲市・出雲市教育委員会

とのことで、さっき入った穴には人骨もあったんかい!!!

一応、

国指定史跡 1957(昭和32)年7月27日指定「猪目洞窟遺物包含層いのめどうくついぶつほうがんそう」、県指定文化財 1974(昭和49)年12月27日指定「猪目洞窟遺跡出土遺物」として登録されております。

どんなに指定されようと、個人的にはもう二度と中には入りたくない。。。(((( ゚д゚))))ガクブル

 

周辺の様子

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-17

船着き場、、、 上を通る道路が県道23号線です。

 

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-30

▲朝日の様子。美しい。。。 って、足元には変なムシがうぞうぞ動いていて気持ちわるーー!!

 

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-32

上を見上げてみる。

 

恵比須神社

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-46

▲県道に戻り、洞窟の反対側に入口があります。こじんまりとした神社が建っておりました。

 

猪目海水浴場

%e7%8c%aa%e7%9b%ae%e6%b4%9e%e7%aa%9f-53

▲美しい風景です。キャンプをされてる方が何組かいらっしゃいました。静かな波で子供連れにはもってこいのスポットであります。

 

まとめ

猪目洞窟

出雲市猪目町にある洞窟で、「黄泉の穴」として伝えられ、「夢で猪目洞窟を見た者は必ず死ぬ」といわれている恐ろしいスポットです。実際怖かった。。。

「死」に関連するミステリアスな洞窟。神話好きが高じた方、そういう系が好きな方、是非チェックしていただければと思います。

あと、大社町の「史跡猪目洞窟遺物包含層出土品収蔵庫」も要チェック。コチラには猪目洞窟から発掘された遺物が保管されており、なんと1700年前とされる女性の全身白骨も保存されております。キャー!

 

島根県出雲市猪目町1338

住所:島根県出雲市猪目町1338

出雲大社から車で約20分ほど。

一畑バス【鵜鷺線】「出雲大社連絡所」~「猪目本町」下車(約25分)、徒歩5分ほど。

駐車場無し

 

コチラで☟島根の神社をまとめております!

島根県の神社巡りオススメスポット|出雲は八岐大蛇退治や国譲り神話など数々の神話の舞台!出雲大社を中心に日本神話から入る島根のおススメ神社とご祭神・ご利益をまとめ!

2016.11.11

 

日本神話好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。