沼島八幡宮|海上安全、四季豊漁ご利益で地元の皆さんの信仰を集める八幡宮社!御影石の石段が続く山の上、沼島漁港を眺められるナイスなスポットにあります。|兵庫県南あわじ市

 

兵庫県南あわじ市の沼島にある「沼島天満宮」。

ココ、御影石の石段が続く山の上、沼島漁港を眺められるナイスなスポットにあります。

天満宮といえば、菅原道真をご祭神とする神社系列ですが、沼島の天満宮は「誉田別命」。つまり応神天皇。全国の天満宮とは一線を画すユニークさ。

今回は、そんな沼島にあるフツーじゃない天満宮をご紹介です。

 

沼島八幡宮|海上安全、四季豊漁ご利益で地元の皆さんの信仰を集める八幡宮社!御影石の石段が続く山の上、沼島漁港を眺められるナイスなスポットにあります。

沼島天満宮の場所

兵庫県南あわじ市にある沼島にあります。

沼島へは、淡路島にある「土生港」から「沼島汽船」で10分の船旅。

詳しくはコチラで⇒「沼島へは沼島汽船でゴー!伊弉諾尊と伊弉冉尊による国生み神話の舞台「沼島」へ向かう唯一の交通手段「沼島汽船」の全貌をご紹介します

沼島自体は、こんな感じの島で、淡路島の南4.6kmの紀伊水道北西部に浮かぶ島。

▲今回ご紹介する「沼島天満宮」は港(現在地)から見て右手、住宅街の真ん中にあります。

港を降りたら、右手へ。

先のエントリでも書きましたが、島内を観光する前に、帰りの船の時間をチェックしておきましょう。間違えると大変やで。

▲沼島の漁港風景。とてものんびりした雰囲気であります。

ターミナル内に置いてある地図と、標識を頼りに進みます。

▲漁港から山手へ入って直ぐのビュー。沼島の住宅街の真ん中に鎮座されております。

 

▲堂々たる鳥居と敷地の風。神門を中心に、下段と上段の石段の名前が変わります。

 

沼島天満宮の境内

▲鳥居すぐそばにある馬の像。

戦時の金物不足より砲身・弾丸用として徴用されてしまったものを、平成2年、島内外の氏子の皆さんの発起と支援により再建されたものであります。

 

▲神門までの御影石の石段。神門から下、42段の男坂です。

 

神門より上、33段の石段が女坂と呼ばれてます。

 

▲階段を登りきったところのビュー。

当社の経緯は、永享8年(1436年)、梶原景俊の創建と伝えられてます。

 

▲立派な社殿ですね。左手の入口から中に入れます。

 

ご祭神とご利益

ご祭神:誉田別命ほんだわけのみこと

配祀 足仲津彦尊、息長足姫命

ご利益:海上安全、四季豊漁

「誉田別命(応神天皇)」は「八幡大神」として知られてますね。

「八幡大神」=八幡信仰とは、鎌倉時代前後から広まった信仰で、「八幡神はちまんしん」を信仰し、源氏や平氏など全国の武家から「武運の神(弓矢八幡)」として崇敬を集めました。その中心地は宇佐神宮。

「八幡神」とは、多くは「応神天皇(誉田別命ほんだわけのみこと)」を主神として、応神天皇の母である「神功皇后」や「比売神」を合わせて「八幡三神」として祀ります。

当社もそうした背景があったものと推察されます。昔は、「八幡大菩薩」と呼ばれていたとか。

 

▲左右には、八坂神社や住吉神社の小祠があります。

 

天井にはド派手な絵が。。。

 

▲同じく、コチラの絵も。沼島は国生み神話の舞台と伝えられる島ですから!

 

▲コチラ、境内からのビュー。沼島漁港が眺められます。海上安全や豊漁の神様として今も地元の皆さんを見守っておられます。

 

まとめ

兵庫県南あわじ市の沼島にある「沼島天満宮」。

ココ、御影石の石段が続く山の上、沼島漁港を眺められるナイスなスポットにあります。

天満宮といえば、菅原道真をご祭神とする神社系列ですが、沼島の天満宮は「誉田別命」。つまり応神天皇。全国の天満宮とは一線を画すユニークさ。

沼島にあるフツーじゃない天満宮、是非チェックされてください。

 

神社好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。