古事記

日本最古の歴史書『古事記』をもとに、
最新の学術成果も取り入れながら、どこよりも分かりやすい解説をお届けします。

現代の私たちにも多くの学びをもらえる内容。日本神話から学ぶ。日本の神髄が、日本の心がココにあります。

『古事記』 中巻古事記 中巻

神武東征神話|東征発議から吉備の高嶋の宮までを『古事記』中巻のポイントとあわせてご紹介!|分かる!神武東征神話『古事記』編No.1

  『古事記』中巻をもとに、神武東征神話をお届けします。 2016年は神武天皇が亡くなってから2600年の年。当サイトでは、先行して『日本書紀』版神武東征神話をお届けしてまいりましたが、今後『古事記』版をご紹介…

古事記 天地開闢古事記 上巻

『古事記』本文より「天地開闢」の語訳とポイント|天に五柱の別天つ神、地に七代の神々出現。神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

  『古事記』より現代語訳とポイントをお届けします。今回は「天地開闢てんちかいびゃく」。 天地の初発から次々に神が誕生し、神世七代かみよななよまで続く『古事記』版「天地創生神話」であります。   『古…