神武紀|熊野灘 海難と兄の喪失|なぜ!?兄達は暴風雨の中で歎き恨み逝ってしまった件|分かる!神武東征神話No.7

 

多彩で豊かな日本神話にほんしんわの世界へようこそ!

正史『日本書紀にほんしょき』をもとに、
最新の文献学的学術成果も取り入れながら、どこよりも分かりやすい解説をお届けします。

今回は、

神武東征神話じんむとうせいしんわを分かりやすく解説するシリーズ7回目。

テーマは、

熊野灘くまのなだ 海難と兄の喪失

長兄「五瀬命いつせのみこと」を竈山かまやまの地に葬り、東征とうせいを続ける神武じんむ一行。

紀伊半島きいはんとうをぐるっと回り、「神邑みわのむら」に到ります。

ここで天磐盾あまのいわたてに登り、ただならぬ気配を察知。軍を引いて注意深く進みますが、暴風雨に遭遇。このなかで兄達2名を亡くします。

天磐盾あまのいわたてに登ったあと、なぜ軍を引いたのか?

なぜ「突然」暴風雨に遭遇し、兄たちを失ったのか?

これらのロマンを探ることで、「熊野灘くまのなだ海難の意味」を考えます。

今回も、概要で全体像をつかみ、ポイント把握してから本文へ。最後に、解説をお届けしてまとめ。

現代の私たちにも多くの学びをもらえる内容。日本神話にほんしんわから学ぶ。日本の神髄がここにあります。それでは行ってみましょう!

 

神武紀|熊野灘海難と兄の喪失|なぜ!?兄達は暴風雨の中で歎き恨み逝ってしまった件

神武紀|野灘 海難と兄達の喪失 の概要

今回も日本書紀にほんしょき』巻三「神武紀じんむきをもとにお届け。前回の内容、これまでの経緯はコチラ↓をご確認ください。

長兄「五瀬命」の死

神武紀|長兄「五瀬命」の死|「ますらお」なのに復讐できず無念すぎたので、東征に復讐を追加した件|分かる!神武東征神話No.6

01/23/2016

長兄「五瀬命いつせのみこと」を竈山かまやまの地に葬り、東征とうせいを続ける神武じんむ一行。

名草邑なぐさむらでは、地方の族長で女性の「名草戸畔なぐさとべ」を討伐。当時、地方にはこのような女性の族長が跋扈していて、東征とうせい軍に帰順しなかったため誅伐ちゅうばつを加えたという訳。

その後、紀伊半島きいはんとうをぐるっと回るルートですが、「神武紀じんむき」においては詳細の記載はありません。

名草なぐさの次はいきなり「狭野さの」に到り、ここを越えて現在の和歌山わかやま新宮市しんぐうしである「神邑みわのむら」に到着します。

ここで天磐盾あまのいわたてに登り、ただならぬ気配を察知。軍を引いて注意深く進みますが、暴風雨に遭遇。このなかで兄達2名を亡くします。

長兄「五瀬命いつせのみこと」の喪失に続き、全ての兄を失うという状況に追い込まれる訳です。

 

神武東征ルート、場所の確認

神策しんさく発動中。紀伊半島きいはんとうをぐるっと回る迂回コースを進行。

図示すると以下。

今回のポイントは「神邑みわのむら」。

ここで「彦火火出見ほほでみ」は、東征とうせい神話上の重要な位置づけである「天磐盾あまのいわたて」に登ります。

天磐盾から熊野灘方面を眺める

↑天磐盾から熊野灘方面を眺める

眼下に広がる熊野灘くまのなだをはるかに仰ぎ見て、ただならぬ気配を察知。

これは、暴風雨の前兆か?はたまた。。。

以後、軍を引いて注意深く進軍。しかし、その先で暴風雨に遭い、兄達二人を失います。

ここで伝える「軍を引く」という表現は、孔舎衛くさえ敗戦直後の「軍を引いて引き返した」と同じで、東征とうせい神話においては、これら2か所にしかでてきません。

東征とうせい=前に進むが大前提であり、「引く」とか「撤退」は逆方向の動きとして「本来はあり得ない」訳。

そう考えると、その「コトの重大性」が理解できると思います。

本来ありえない行動を取る必要があったのは、この地が「特別な意味」を持っていたという事であり、だからこそ兄達がいなくなってしまうところに繋がります。

 

神武紀|熊野灘 海難と兄達の喪失 現代語訳と原文

6月23日、東征軍は「名草邑なぐさむら」 に至った。そこで「名草戸畔なぐさとべ」に誅伐ちゅうばつを加える。

ついに 狭野さのを越えて熊野の「神邑みわのむら」 に至る。そして「天磐盾あまのいわたて」に登る。そこで軍を引いて徐々に進む。

ところが海中で、突然暴風に遭い 、一行の舟は木の葉のように揺れ漂った。

その時、次兄の「稲飯命いなひのみこと」 が、「ああ、私の祖先は天神で、母は海神である。それなのにどうして私を陸で苦しめ、また海でも苦しめるのか」と嘆いた。言い終ると、剣を抜き荒れ狂う海に身を投じて「鋤持神さいもちのかみ」 となった。

三兄の「三毛入野命みけいりののみこと」 もまた、「我が母と姨とは共に海神である。それなのにどうして波濤を立てて溺らせるのか」と恨み言を言い、波の先を踏んで常世とこよの国に往ってしまった。

火火出見ほほでみは、たった独りで皇子の「手研耳尊たぎしみみ のみこと」 と軍を率いてさらに進み、熊野の「荒坂あらさか」に至った。(又の名を丹敷浦という)丹敷戸畔にしきとべ」という者に誅罰を加える。

六月乙未朔丁巳、軍至名草邑、則誅名草戸畔者。遂越狹野而到熊野神邑、且登天磐盾、仍引軍漸進。 海中卒遇暴風、皇舟漂蕩、時稻飯命乃歎曰「嗟乎、吾祖則天神、母則海神。如何厄我於陸、復厄我於海乎。」言訖、乃拔劒入海、化爲鋤持神。 三毛入野命、亦恨之曰「我母及姨並是海神。何爲起波瀾、以灌溺乎。」則蹈浪秀而往乎常世鄕矣。天皇獨與皇子手硏耳命、帥軍而進、至熊野荒坂津、亦名丹敷浦、因誅丹敷戸畔者。 (『日本書紀』巻三 神武紀より抜萃)
※原文中の「天皇」という言葉は、即位前であるため、生前の名前であり東征の権威付けを狙った名前「彦火火出見」に変換。

熊野灘海難

▲橿原神宮で公開中の「神武天皇御一代記御絵巻」から。

 

神武紀|海難と兄達の喪失 の解説

熊野灘くまのなだで暴風雨に遭遇。このなかで兄達を失う。。長兄「五瀬命いつせのみこと」の喪失に続き、全ての兄を失うという状況に追い込まれる訳です。神武じんむの悲痛はいかばかりか、、、

そんなロマンに想いをいたしながら、以下詳細解説です。

  • 6月23日、東征とうせい軍は「名草邑なぐさむら」 に至った。そこで「名草戸畔なぐさとべ」に誅伐ちゅうばつを加える。
  • 六月乙未朔丁巳、軍至名草邑、則誅名草戸畔者。

→6月の「乙未きのとひつじついたちにあたる丁巳ひのとみ」は、6月23日のこと。

名草邑なぐさむら」とは、和歌山市わかやまし西南の「名草山なぐさやま」付近。

名草山なぐさやまは標高229m。飛鳥あすか三輪山みわやまに似て、まろやかにやさしい山容です。この山が、鏡のように波静かな「和歌わかうら」の水面にゆったりと影を落としている景色はオススメ。

万葉集まんようしゅうにも「名草山 言にしありけり 我が恋の 千重の一重も 慰めなくに(一二一三)」と歌われる名所です。

名草山|春の名草山は「関西一の早咲き桜」が満開!咲き誇る桜と紀三井寺とを合わせてご紹介!|和歌山県和歌山市

07/25/2016

そこで「名草戸畔なぐさとべ」に誅伐ちゅうばつを加える。」とあります。

名草戸畔なぐさとべ」とは、女性の地方首領の名前。女賊。

古代、地方にはこのような女性の酋長・族長が跋扈してたようです。

誅した理由は、反抗したから。従わないならイテコマス。。。

類例として、、

景行けいこう天皇の西征せいせい九州きゅうしゅう熊襲くまそを主な標的とする討伐)では、周芳すおうの国の沙麼さば神夏磯媛かむなついそひめ碩田おおきたの国の速見邑はやみむらでは速津媛はやつひめが天皇を迎えます。

景行けいこう天皇はこれら地方の女酋長の手助けを得て討伐を進める訳ですが、神武じんむはむしろ、有無を言わせず誅伐ちゅうばつを加え、容赦しません。。。この後の、熊野くまのでは「丹敷戸畔にしきとべ」、大和やまとでは「新城戸畔にいきとべ」が登場し、同様に討ち果たします。

次!

  • ついに 狭野さのを越えて熊野の「神邑みわのむら」 に至る。そして「天磐盾あまのいわたて」に登る。そこで軍を引いて徐々に進む。
  • 遂越狹野而到熊野神邑、且登天磐盾、仍引軍漸進。

→回ってきました紀伊半島きいはんとう

狭野さの」は、現在の新宮市しんぐうし佐野さの万葉集まんようしゅうに、

「苦しくも 降り來る雨か みわの崎 狭野のわたりに 家もあらなくに(二六五番)」という歌にあるように、次の熊野くまのの「みわのむら」と一体的な土地です。

神邑みわのむらは、新宮市しんぐうしのあたり。「神邑」を「みわのむら」と訓読みするのが通例。

天磐盾あまのいわたては、新宮市しんぐうし神倉山かみくらやま。この地に「神倉神社かみくらじんじゃ」があり、切り立った崖に建ってます。その頂上からは熊野灘くまのなだが遠望できます。

天磐盾から熊野灘方面を眺める

神倉神社|天磐盾(ゴトビキ岩)がご神体の神倉神社は日本神話的超絶パワースポット!

08/06/2016

この「天磐盾あまのいわたて」を、通説は「たてのようないわ」(新編日本古典文学全集など)としていますが、、むしろ「饒速日命にぎはやひのみこと」が天から降ったという「天磐船あまのいわふね」と表現上は通じます。つまり、天から降ったいわたて、文字通り「いわでできたたて」を表す訳です。

で、たてについては次のような例をチェック。

壬申じんしんの乱のさなか、天武てんむ天皇側の将軍大伴吹負おおとものふけい荒田尾直赤麻呂あらたおのあたいのあかまろの進言に従い、古京(近江おうみ遷都以前に宮室を置いた飛鳥あすか)を守らせた際、劣勢の赤麻呂らは一計を案じ、橋を解体してたてに作り、京のほとりちまたてて守り、敵を欺いてひき返させた。

②儀礼でも、持統じとう天皇四年正月一日の即位に際して、物部麻呂朝臣もののべのまろのあそみが大たててた。

崇神すじん天皇の夢に神人が立ち、あかたて赤矛あかほこをもって墨坂神すみさかのかみをそれぞれまつれとおしえる(崇神すじん天皇九年三月条)。墨坂すみさか忍阪おっさかやまと大和やまと)から東の伊勢いせ、西の難波なにわへ通じる要路の境界に当たり、やまとを守る境界の神を祀るさい、たてほこを供物とする。

と、「天磐あまのいわたて」もこれらのたてに機能上は通じる訳です。つまり、境界に防衛のために立てたもの

ポイントは、

その境界の向こう側に何がいるのか?

ってことで。

天磐あまのいわたて」の向こう側は、、熊野くまの。そして、、そこには実は、魔物がうごめいている。。。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

イヤ、コレ結構マジで言ってます。場所に関する神話的設定の話なので。

実際、この後、熊野くまのの神が突然毒気を吹きかけてきて神武じんむ一行全員昏倒するとか、、神ってるイベントが発生する訳で。

神武紀|熊野荒坂で全軍昏倒|神の毒気にヤラレて意識不明の重体に!?天照による危機救援は「葦原中國平定」再現の意味があった件|分かる!神武東征神話No.8

01/25/2016
熊野の山 (9)

熊野の山々を上空から。。深く険しい山は人知の及ばない神の領域です。。

この地に立つ「天磐盾あまのいわたて」は、その意味で、境界に立って、なんなら、この魔物、魔界を遮断するものとして位置づけられてる訳です。それより手前は人間世界。向こう側は魔物というか神が支配する世界、人知の及ばない世界であります。

だからこそ、続いて「そこで軍を引いて徐々に進む。(仍 引軍 漸進)」とあり。。

「軍を引く」とは、あの孔舎衛くさえで敗北を喫した直後の「軍を引きて還る」と同じく、撤退さえ暗示する言葉。

警戒して少しずつしか進まざるを得ないというのも、いわたてに登り、この地が荒ぶる神々の息づく、その霊気のただよう気配を察知したからこそ。。

で、、日本神話にほんしんわ的に言うと、その荒ぶる神々の中心におられるのが、、、

伊奘冉尊いざなみのみこと!!!

キタ――(゚∀゚)――!!

神邑みわのむら」の近隣に有馬ありま村があります。ココ、火神ひのかみを生んで焼死し、黄泉よみでは伊奘諾尊いざなきのみことに絶縁された伊奘冉尊いざなみのみことを埋葬して祭祀を行ってます。

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第2,3,4,5 ~卑の極まりと祭祀による鎮魂~

08/19/2019

すでに神代じんだいで登場し、この地が設定されてる訳です。日本神話にほんしんわ的に。

有馬ありま村の伊奘冉尊いざなみのみこと祭祀は、第五段〔一書5〕で伝えていて、神代じんだいの話なのに突如リアルな地名と祭祀を伝えるという特別な伝承。

雰囲気的には、伊奘冉いざなみ祭祀の重要性、そしてそれを特に、有馬ありま村に指定したかった感じがぷんぷんなんです。

花窟神社|伊奘冉尊の鎮魂祭祀の場!高さ45mの圧倒的な巨岩と神代から続く花の祭りが神話ロマンすぎる件

08/18/2016

三重みえ熊野市くまのし有馬ありまに鎮座する花窟神社はなのいわやじんじゃ。コチラ、伊奘冉尊いざなみのみことの埋葬地であり、死神の霊気や祟などを鎮めるための祭祀(花の祭り)が行われてます。

構造的に整理すると以下。

神武じんむ(彦火火出見ほほでみ)は「天照大神あまてらすおおかみ」の子孫。天照あまてらすは「伊奘諾尊いざなきのみこと」が生んだ神です。

つまり、

神武じんむ伊奘諾いざなきの系統にあり、黄泉よみ=死の国の伊奘冉いざなみとは対立する訳です。コレ、生(伊奘諾いざなき)と死(伊奘冉いざなみ)の対立構造。

で、死を代表する伊奘冉いざなみの鎮まってる地に足を踏み入れちゃった、、、というのが今回の内容。

荒ぶる神、死、その代表格である伊奘冉尊いざなみのみことからしたら、あの時、ヒドイ別れをした旦那の子孫がやってきた訳で、、神武じんむ一行につかみかかろうとして、虎視眈眈こしたんたんとねらっていたと考えるべきで、、、それがこの後の暴風雨につながっていく。。コレ、壮大な神話ロマン。

なので、ココでの訳出は「そのとき、前方にあるただならぬ気配を察知、そこで軍を引いて徐々に進む。」と訳出するのが○。

神武じんむとしては、是が非でもここを通り抜けなければならない事情がある訳です。最初に敗北を喫した直後の神策しんさく発動中。東征とうせいの成否が、これにかかっている訳ですから、、、

熊野灘 (11)

花窟神社周辺の熊野灘の様子。緩やかなカーブを描く美しい海岸線なのですが、、、

次!

  • ところが海中で、突然暴風に遭い、一行の舟は木の葉のように揺れ漂った。その時、次兄の「稲飯命いなひのみこと」 が、「ああ、私の祖先は天神で、母は海神である。それなのにどうして私を陸で苦しめ、また海でも苦しめるのか」と嘆いた。言い終ると、剣を抜き荒れ狂う海に身を投じて「鋤持神さいもちのかみ」 となった。
  • 海中卒遇暴風、皇舟漂蕩、時稻飯命乃歎曰「嗟乎、吾祖則天神、母則海神。如何厄我於陸、復厄我於海乎。」言訖、乃拔劒入海、化爲鋤持神。

→図示すると以下。

海中で、突然暴風に遭い、一行の舟は木の葉のように揺れ漂った。」とあります。

海の遭難は、海神わたつみの仕業です。

類例として「日本武尊やまとたけるのみこと」が相模さがみから上総かずさに渡る海上で、海神わたつみにより遭難したという伝承あり。

で、

次兄の「稲飯命いなひのみこと」 が、「ああ、私の祖先は天神で、母は海神である。それなのにどうして私を陸で苦しめ、また海でも苦しめるのか」と嘆いた。」とあり、かなり嘆いてます。。

嘆きの理由は、神武じんむ兄弟の出自が絡むお話で。神武じんむは兄たち含め、海神わたつみの孫である訳で、その意味で、本来海神わたつみの庇護や援助があって然るべき。。という考え方なんです。

神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016

日向ひむかを出発して、海路を東征とうせいしてきたんですが、これまで海上で一度もトラブルに巻き込まれてなかったのは、海神わたつみの庇護があったからこそ、とも言えます。母方のおじいちゃんが守ってくれてた、、的な。

ところが、、、

ココで初の海上トラブル。暴風雨に遭遇する訳です。

おかしい!

守ってくれてたはずのおじいちゃんが守ってくれない、、、なんでだ!??ってなりますよね。

それが「それなのにどうして私を陸で苦しめ、また海でも苦しめるのか」と嘆いた。」という発言。

ま、これは、先ほど解説したとおり、この一帯は荒ぶる神、死、その代表格である伊奘冉尊いざなみのみことが鎮まる地。。花の祭りでなんとか鎮まっていただいてますけど、、流石に伊奘冉いざなみも、伊奘諾いざなきの子孫が来たとなったら脊髄反射、荒ぶってみたんじゃないかと。。。それが暴風雨。

本来、起こるはずのない海難が起きたってことは、海神わたつみ神威しんいを超える神の存在、それはつまり伊奘冉いざなみがいるから、と考えられる訳です。コレも壮大な神話ロマン。

海神わたつみは、伊奘諾いざなき伊奘冉いざなみが生んだ神。海神わたつみからしたら、伊奘冉いざなみは親な訳で、、(;゚д゚)ツエー

でだ、

剣を抜き荒れ狂う海に身を投じて「鋤持神さいもちのかみ」 となった」とあり、稲飯命いないのみことは、剣を抜いて海に入り鋤持神さいもちのかみに化す、シンカする訳ですが。。

突然どうした???

って、、まず、

鋤持神さいもちのかみ」については、次のような例があります。

古事記こじき海幸うみさち山幸やまさちをめぐる所伝

山幸やまさちが自分を乗せて海神わたつみみやから陸に送ってくれた一尋鮫ひとひろわに小刀ひもかたなくびに著けて返したことにちなみ、この一尋鮫ひとひろわに「さひ持神」(小刀を持つ神)と称すると伝えてる。この「さひ持神」と「鋤持神さいもちのかみ」との対応上、「鋤」(さひ)は「小刀」に当たります。

日本書紀にほんしょき神代上第八段一書第三・第二

素戔嗚尊すさのおのみことによる八岐大蛇やまたのをろち退治に際して、毒酒によってむらせた大蛇の、頭・腹・尾を斬った剣を「蛇韓をろちのからさひのつるぎ」といいます。そして、今に「断蛇之剣」として吉備神部きびのかむとものもとにあると付け加えてる。同じく〔一書2〕でも、この剣を「蛇之麁正をろちのあらまさ」となづけて石上神宮いそのかみじんぐうに在ると伝えてる。コレ、単に現存するってことだけでなく、共に、威力ある呪器・神器として伝世してきたことを言ってる訳です。

つまり、、、

剣を抜いて海に入った稲飯命いないのみこと鋤持神さいもちのかみに化したというのは、非常に威力のある剣を持つ神に化した、シンカしたってこと。

コレ、もちろん、慨嘆という激越した心情に基づいて化す運動です。コレまでの神話解説の通り、神が誕生するパターンの中で、非常に激しいシーンで誕生するというのがありました。今回の稲飯命いないのみこと鋤持神さいもちのかみ化もソレ。

で、

荒れ狂う海に身を投じて」とある訳で、東征とうせい神話では、その後どうなった??的な結果を伝えてないのですが、鋤持神さいもちのかみが向かう先は、海難をひき起す海神わたつみのはずなので、その「神剣に化した神」として、強く海神わたつみのしわざを牽制するに違いない訳であります。

現に、この直後、皇船は危機を脱するという流れ。コレ、鋤持神さいもちのかみ神威しんいによると考えるのが◎。コレもまた、壮大な神話ロマンであります。

次!

  • 三毛入野命みけいりののみこと」 もまた、「我が母と姨とは共に海神である。それなのにどうして波濤を立てて溺らせるのか」と恨み言を言い、波の先を踏んで常世とこよの郷に往ってしまった。
  • 三毛入野命、亦恨之曰「我母及姨並是海神。何爲起波瀾、以灌溺乎。」則蹈浪秀而往乎常世鄕矣。

→三兄の三毛入野命みけいりののみことも恨みのなかで去っていく。。。

三毛入野命みけいりののみことの場合は、兄の稲飯命いないのみことが剣を抜き海に身を投じたのとは対照的に、波のを踏んで常世とこよの郷へ往ってしまう。。

常世とこよの国といえば、遥か海上彼方にある理想郷!

常世國

常世の国とは?海上遥か彼方にある理想郷!日本神話的「常世国」を徹底解説!

08/28/2019

自由だな!3男坊!!

類例を。

日本書紀にほんしょき』神代上第八段〔一書6〕より。国造り神話において、熊野くまの御碕みさきに至ると少彦名命すくなびこなのみことは、常世とこよの郷へってしまう、、という神話を伝えます。

大己貴神おおあなむちのかみとの国造りの途中、熊野くまの御碕みさきに至ると少彦名命すくなびこなのみことは、それまで共に国造りしてきた大己貴神おおあなむちのかみを見捨てて、ついに常世とこよの郷へってしまう、、

協働の相手を後に残し、同じ熊野くまのから常世とこよの郷をめざすという点で、両者は同じ設定な訳です。

三毛入野命みけいりののみことは恨みに駆られる余り、少彦名命すくなびこなのみことと同じように途中で任務を投げ出して常世とこよをめざした。。兄の稲飯命いないのみことがみせた、剣を抜いて海に入るという積極的行動とは非常に対照的に描かれてる。ある意味キャラ立ってます。。

ま、コレ、三男坊の自由な気質というか、なんというか、、男4兄弟を育てたことのある方ならお分かりいただけるはず。。3人目って、何かと自由ですよね、、

次!

  • 火火出見ほほでみは、たった独りで皇子の「手研耳尊たぎしみみ のみこと」 と軍を率いてさらに進み、熊野の「荒坂あらさか」に至った。(又の名を丹敷浦という)丹敷戸畔にしきとべ」という者に誅罰を加える。
  • 天皇獨與皇子手硏耳命、帥軍而進、至熊野荒坂津、亦名丹敷浦。因誅丹敷戸畔者。
東征ルート2

→兄弟を失い独りとなった彦火火出見ほほでみ。息子の「手研耳尊たぎしみみ のみこと」とともに東征とうせいを続けます。

手研耳尊たぎしみみ のみこと」は神武じんむの息子。本シリーズ第一回目で登場。

神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016

神武じんむが、日向国ひむかのくに吾田邑あたのむら吾平津姫あひらつひめを娶って生んだ長子でした。実は、東征とうせいに同行してた次第。

熊野荒坂津くまのあらさかのつ」は、諸説ありますが、地理的な関係上、熊野市くまのし大泊おおどまりの辺りと考えられます。

  1. 神邑みわのむら新宮しんぐう)から海難に遭いつつ「さらに進んだ」と伝えてること
  2. 大泊おおどまりから熊野街道くまのかいどう(42号線)に入るとすぐに「急坂」が続くこと

からです。

ここにも、女性の地方首領がいたようで、、要所だったからか、、その名も「丹敷戸畔にしきとべ」。前段での「名草戸畔なぐさとべ」同様に討ち果たします。

で、大事なポイント2つ。

まずは、「熊野荒坂津くまのあらさかのつ」について。

東征とうせい神話全体の中では、「熊野荒坂津くまのあらさかのつ」は2つ意味があり。

1つは、海路から陸路への転換点であること。2つ目は、最東端の地であること。コレ、結構重要で。

孔舎衛坂くさえさかの敗戦で、神策しんさく発動。西から東ではなく、東から西へ攻め込むという戦術の大転換を行う訳ですが、そのためにもまず、東の端へいく必要がある訳です。

東征ルート

東征とうせい神話的には、この最東端の地が「熊野荒坂津くまのあらさかのつ」。コレ以降、逆方向への進軍、つまり東から西へ進むことになる。これは大きくいうと、日神ひのかみの威力を背に負う形になる訳で、神武じんむに、東征とうせい一行に大きな支援の力を与えることになる訳です。

東征ルート

その意味で、非常に重要な転換点であり、コレ以降、なんなら天の道に逆らってた状態、半目になってた状態を脱し、天の道に沿った追い風状態に突入していくんです。コレ、しっかりチェック。

2つ目。

改めて、、長兄(五瀬命いつせのみこと)の戦死、海難に際しての次兄(稲飯命いないのみこと)、三兄(三毛入野命みけいりののみこと)と、協力者が次々に戦線を離脱していった。。。神武じんむの無念や憤りはいかばかりか、、、「独り皇子手研耳命と軍をひきゐて進む」とつたえる通り、「独り」になってしまったことに万感の思いを込めている、、

なんですが、一方で、兄の全てをうしなってもミッションに向けて邁進することは変わりません。東征とうせい神話的には、この対照(喪失の一方でへこたれない)を際立たせるのが、実は、海難をつたえる狙いだったりする訳ですが、。試練が、逆に東征とうせいの決意をいっそう強固なものとしてる訳ですね。コレも重要事項としてチェック。

 

まとめ

海難と兄達の喪失

ポイントは、やはり「天磐盾あまのいわたて」。

天磐盾あまのいわたて」は、境界に立って、この先にうごめく魔物、魔界を遮断するものとして位置づけられてます。神話的に。

ココに登り、その後、軍を引いて少しずつ進んだのも、「敗戦時に軍を引いた」のと同じくらい危険を感じさせるものだったから。

日本書紀にほんしょき』第五段〔一書5〕では、この地で「伊奘冉尊いざなみのみこと黄泉よみ(死)の国にいる神」を鎮め、祭る地として位置づけてます。日本神話にほんしんわ全体を俯瞰して繋がりを考えると、神武じんむ一行の察知した「危険」とは、「死」とつながるきな臭さであったと推測されます。

「突然」暴風雨に遭遇した理由も、「伊奘諾いざなきの末裔」である神武じんむが足を踏み入れてきたことで、ここに鎮まっていた「荒ぶる神」が東征とうせい一行に襲い掛かったという事。暴風雨はその象徴として。

それゆえ、唐突とも言えるようなタイミングで、兄達は突然いなくなってしまう。

海神わたつみの末裔ということで守られていると思ってたのに荒ぶる神が襲いかかってきた、荒れ狂う海と暴風雨のなかで、そのショックは大きく、彼らは歎き、恨み、いなくなってしまうという流れ。

神武じんむの歎きや悲しみは記載されていないですが、想像に難くありません。身内を失う事、協力者がいなくなる事というのは、誰にとっても辛い事ですよね。

一方で、兄の全てをうしなっても、東征とうせいはやめません。「独り」になってもビジョン実現に向かって邁進する。逆に、試練が、東征とうせいの決意をいっそう強固なものとしてる訳です。

そして、最後。

熊野荒坂津くまのあらさかのつ」は、東征とうせい神話全体の中では、海路から陸路への転換点であること、最東端の地であること、の2つの意味があります。

特に、戦術上、東から西へ向かう必要があり、そのための折り返し地点、最東端の地が「熊野荒坂津くまのあらさかのつ」として位置付けられてる。

熊野荒坂津くまのあらさかのつ」以降、東征とうせいは、コレまでとは逆方向への進軍、つまり東から西へ進むことになり、これは大きくいうと、日神ひのかみの威力を背に負う形になる訳で、神武じんむに、東征とうせい一行に大きな支援の力を与えることになるんです。

その意味で、非常に重要な転換点であり、コレ以降、なんなら天の道に逆らってた状態、半目になってた状態を脱し、天の道に沿った追い風状態に突入していく。コレも、しっかりチェック。

 

神話を持って旅に出よう!

神武東征神話じんむとうせいしんわのもう一つの楽しみ方、それが伝承地を巡る旅です。以下いくつかご紹介!

神武天皇聖蹟名草邑顕彰碑じんむてんのうせいせきなぐさむらけんしょうひ名草戸畔なぐさとべをイテコマした伝承地)

神武天皇聖蹟名草邑顕彰碑|発見ほぼ無理!どこから登って良いかわからない小山の上にひっそりと建っていた件|和歌山県和歌山市

06/22/2016

 

神武天皇聖蹟狭野顕彰碑じんむてんのうせいせきさのけんしょうひ紀伊半島きいはんとうぐるっと回って最初に至った場所)

 

神武天皇聖蹟熊野神邑顕彰碑じんむてんのうせいせきくまのみわのむらけんしょうひ熊野くまのとの境界の地)

神武天皇聖蹟熊野神邑顕彰碑|何をしでかすか分からない荒ぶる神々が棲む魔界の入口であり境界の地。なので恐る恐る訪れるべし。|和歌山県新宮市

08/05/2016

 

天磐盾あまのいわたて(境界に立つ天から降ったいわたて神倉神社かみくらじんじゃ

神倉神社|天磐盾(ゴトビキ岩)がご神体の神倉神社は日本神話的超絶パワースポット!

08/06/2016

 

伊奘冉尊いざなみのみこと祭祀の場所(花窟神社はなのいわやじんじゃ

花窟神社|伊奘冉尊の鎮魂祭祀の場!高さ45mの圧倒的な巨岩と神代から続く花の祭りが神話ロマンすぎる件

08/18/2016

熊野灘くまのなだの位置づけ常世国とこよのくにも含めてまとめ!

熊野灘のおすすめ観光スポット|日本神話的熊野灘の位置づけと要チェック観光スポットをまとめてご紹介!

08/22/2016

 

熊野荒坂津くまのあらさかのつ熊野市くまのし大泊港おおどまりこう

●地元的にはココだとされる「熊野荒坂津神社」

●いやむしろココだと石碑が建つ「熊野荒坂津」

 

おまけ、、、超絶ローカル伝承として

鋤持神さいもちのかみ化したはずの稲飯命いなひのみこと。その後、土民により発見され??室古神社むろこじんじゃに奉葬された、、

●同様に、常世とこよの郷にいってしまったはずの三毛入野命みけいりののみことも土民により発見され阿古師神社あこしじんじゃへ奉葬???そんなバカな!

 

続きはこちらから!突然、、熊野の神が毒気を・・??

神武紀|熊野荒坂で全軍昏倒|神の毒気にヤラレて意識不明の重体に!?天照による危機救援は「葦原中國平定」再現の意味があった件|分かる!神武東征神話No.8

01/25/2016

神武東征神話のまとめ、目次はコチラ!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

本記事監修:(一社)日本神話協会理事長、佛教大学名誉教授 榎本福寿氏
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)、他

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

神武天皇

神武天皇とは?どんな人物だったのか?『日本書紀』をもとに神武天皇を分かりやすく解説!

04/26/2022

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した地「橿原神宮」を徹底解説!

01/18/2016

神武天皇聖蹟顕彰碑・伝承碑まとめ|実際に行ってみて、確かめてみたところを全部まとめてみた!(マニア限定)

02/22/2016
神武東征神話 現代語訳

『日本書紀』神武紀 神武東征神話 現代語訳

11/30/2021
『古事記』 中巻

『古事記』神武東征神話|東征発議から吉備「高嶋の宮」までの神話を現代語訳付きで分かりやすく解説!

10/03/2016
神武東征神話

読み聞かせ 無料 絵本 日本神話 日本の建国神話「神武東征神話」を『日本書紀』をもとにつくりました

12/25/2020

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
古事記 現代語訳

古事記 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

4/30, 5/28, 6/25 朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義のご案内

全3回の集中講義! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っています。 この実態と驚きの真相を、3回に分けてお届け。通説や常識とは全く違う世界を、驚きの現場を、本講座では徹底的に検証します。激しくオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他