天浮橋とは? 天にあって下界全体が見渡せる橋

 

天浮橋あまのうきはしは、日本神話に伝える「天空に浮かぶ橋」のこと。

天上から地上世界へ降りてくる途中にある橋で。ここから地上世界の様子がまー良く見えるらしい。

天と地をつなぐのは、神話的に言えば「柱」。第五段で「天柱」として登場。天浮橋はあくまで天上にある橋で、地上と繋がってるわけではありません。

日本神話で登場するのは以下2つ。そのリアルな現場から「天浮橋」をご紹介します。

天浮橋とは? 天にあって下界全体が見渡せる橋

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段〔本伝〕

 伊弉諾尊いざなきのみこと伊弉冉尊いざなみのみこと二柱ふたはしらの神は、天浮橋あまのうきはしの上に立って共にはかり、「この下の底に、きっと国があるはずだ。」と言った。そこで、天之瓊矛あまのぬほこを指し下ろして探ってみると海を獲た。そのほこの先から滴り落ちた潮が自然に凝り固まり、一つの嶋と成った。それを名付けて磤馭慮嶋おのごろしまといった。

 伊弉諾尊・伊弉冊尊、立於天浮橋之上、共計曰、底下豈無国歟。廼以天之瓊矛、指下而探之。是獲滄溟。其矛鋒滴瀝之潮、凝成一嶋。名之曰磤馭慮嶋。 (『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝より一部抜粋)

必読:『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝 ~聖婚、洲国生み~

 

『日本書紀』巻第二(神代下)第九段〔一書1〕

この時、勝速日天忍穂耳尊かちはやひあめのおしほみみのみこと天浮橋あまのうきはしに立って見下ろし、「かの地はまだ平定されていない。こちらになびいていない頑強な国だ」と言って、再び還り登って、降りなかった理由を詳しく申し上げた。

是時勝速日天忍穂耳尊。立于天浮橋而臨睨之曰。彼地未平矣。不須也。頗傾也凶目杵之国歟。乃更還登。具陳不降之状。 (『日本書紀』巻第二(神代下)第九段〔一書1〕より一部抜粋)

 

天浮橋あまのうきはし」=天にあって下界全体が見渡せる橋

ということで、日本神話に登場する2つのシーンから、天浮橋をお届けいたしました。

2つの伝承に共通するところから、以下ポイントをまとめておきます。

 

天浮橋あまのうきはしは、天空に浮かぶ橋。天上から地上世界へ降りてくる途中にある橋

文字通り、「天空に浮く橋」ということで「天浮橋」。天神が、天上から地上世界へ降りてくる途中にある橋のことです。あくまで天にあります。

天と地をつなぐのは、神話的に言えば「柱」で。第五段で「天柱」として登場します。ココ一緒にしないでね。

天は、少なくとも二層構造になっていて。

  • 上層:高天原
  • 下層:天の原

天浮橋は、高天原から天の原にかけて架かっていた橋と思われます。

根拠は、第九段〔一書1〕。

地上への降下にあたって、勝速日天忍穂耳尊かちはやひあめのおしほみみのみこと天浮橋あまのうきはしに立って見下ろしますが、葦原中国がまだ平定されていない=安全でない状態だとして、再び還り登って報告をします。

「還り登って(原文:還登)」とあるわけで、橋からは上へ登る動きが伴うわけですね。

勝速日天忍穂耳尊かちはやひあめのおしほみみのみことは天照大神の子として位置づけられているので、住んでいた場所は当然、高天原。

で、そこから地上へ降下するために、天浮橋に行って地上を見下ろす。そして還ろうとして登った訳ですね。つまり、天浮橋は高天原から天の原にかけて架かっていた可能性が高いと言う訳です。

天神が地上へ降りてくる途中にある橋であり、より正確に言うと、高天原から天の原にかけて架かっている橋、というイメージですね。

 

天浮橋あまのうきはしは、あくまで天空にあり、天神が天上から下界の様子を察知する場合のみ登場

天浮橋からは、地上世界のことが良く分かるようです。

神話世界の考え方として、

尊いお方はまず、これから向かう先の状況確認できるナイススポットに立つもんなんす。

尊いお方になにかあっては大変です。事前にこれから行くところについて察知する、というのは重要事項。そのために、天浮橋が登場するというわけです。

 

まとめ

天浮橋あまのうきはしは、日本神話に伝える「天空に浮かぶ橋」のこと。

天上から地上世界へ降りてくる途中にある橋で。ここから地上世界の様子がまー良く見えるらしい。

天浮橋あまのうきはしは、天空に浮かぶ橋。天上から地上世界へ降りてくる途中にある橋

天浮橋あまのうきはしは、あくまで天空にあり、天神が天上から下界の様子を察知する場合のみ登場

以上の2つのポイントをしっかりチェックされてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とも

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他