奠供山|聖武天皇が和歌浦の景観に感動し明光浦と名付けた地!山頂からの景色は息をのむほどの美しさだった件|和歌山県和歌山市

 

奠供山てんぐやまは和歌山県和歌山市和歌浦にある小山。

ココ、「和歌の浦」の名前のベースとなった「あかのうら」発祥の地。

聖武天皇がココからの景色が美しすぎて感動。名前を変えてしまったっという経緯から。

登ったのはちょうど朝日が昇るころで、その美しさに拍車がかかっていた感じでした。

とにかく素敵な場所。いつも以上に前のめりでご紹介です。

 

奠供山|聖武天皇が和歌浦の景観に感動し明光浦と名付けた地!山頂からの景色は息をのむほどの美しさだった件

奠供山への道

玉津嶋神社境内に、登山口があります。

神社の詳細はこちらで!御祭神は奠供山てんぐやまと密接に関係しているので要チェックです!

玉津嶋神社|和歌三神の社!玉津嶋神社は「和歌の守護神」として和歌の上達御利益で信仰を集めます

2016.06.28

本殿を正面に見て、右奥。

玉津島神社 (1)

▲こちらが入口です。禁煙でお願いします。

 

奠供山 (3)

登る登る・・・

奠供山 (8)

登る登る・・・・・

奠供山 (10)

ぜーぜー・・・汗

奠供山 (11) 奠供山 (12)

結構登って(って5分くらいですが。。。)ようやく山頂へ。

奠供山 (15)

ああ、なんて美しい景色なんだ!!

 

奠供山の背景

神亀じんき元年(724年)聖武天皇は和歌浦へ行幸ぎょうこうし14日間滞在し、詔を発しました。

「山に登り海を望むに、此間最も好し。遠行を労せずして遊覧するに足る。故に「弱浜わかはま」の名を改めて「明光浦あかのうら」とす。宜しくし守戸を置きて荒穢こうわいせしむことなかるべし。春秋二時に官人を差し遣し、玉津島の神・明光浦の霊を奠祭てんさいせしめよ」(『続日本紀』)

この時の山が奠供山てんぐやまと言われています。

聖武天皇は和歌浦の景観に感動し、「明光浦あかのうら」と名付け、さらにこの地の景観を守るため守戸しゅこを置くことを命じたということですね。

で、玉津島の神・明光浦の霊は、山のふもとの玉津嶋神社の御祭神として祭られている訳です。

そして、天平神護元年(765年)称徳天皇行幸ぎょうこうの際には、奠供山てんぐやま南麗の「望海楼」で雅楽・雑技が演じられたとのこと。

奠供山 (20)

▲まさに「明光浦あかのうら」の景色。朝日に照らされてとても美しい景色です。

奠供山 (22) 奠供山 (23) 奠供山 (25)

朝の静謐な空気の中、輝く朝日に照らされる和歌の浦。息をのむ美しさとは多分このことを言うんだと思います。とにもかくにもステキなスポットでした!

 

まとめ

奠供山

和歌山県和歌山市和歌浦にある小山。

ココ、「和歌の浦」の名前のベースとなった「あかのうら」発祥の地。

聖武天皇がココからの景色が美しすぎて感動。名前を変えてしまったっという経緯から。

登ったのはちょうど朝日が昇るころで、その美しさに拍車がかかっていた感じでした。

とにかく素敵な場所なので和歌浦を訪れた際は是非お立ち寄りください。激しくオススメです!

 

〒641-0025 和歌山県和歌山市和歌浦中3丁目4−26

〒641-0025 和歌山県和歌山市和歌浦中3丁目4−26

 

 

和歌浦のまとめ記事はコチラ!

和歌浦観光オススメ スポットまとめ|『万葉集』にも詠まれた風光明媚な景勝地!和歌浦の観光スポットまとめ

2016.07.19

 

和歌山にお立ち寄りの際はコチラも是非!

竈山神社|神武の長兄「五瀬命」薨去の地!「理想」を追う東征に「報復」が追加された超重要スポット!!

2016.06.08

水門吹上神社|紀州の「十日戎」発祥の地!ですが神話的には神武の長兄「五瀬命」が雄叫び上げた地として重要な神社

2016.06.08

神武天皇聖蹟名草邑顕彰碑|発見ほぼ無理!どこから登って良いかわからない小山の上にひっそりと建っていた件|和歌山県和歌山市

2016.06.22

神社好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮|日本神話から伊勢神宮を紐解く!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。