鹽竃神社|安産・子授けの御利益で信仰をあつめる「しおがまさん」は岩穴「輿の窟」に鎮座している件

 

鹽竃しおがま神社は、和歌山県和歌山市和歌浦わかのうらにある神社。

「安産・子授けの神様」として、地元の皆さんから「しおがまさん」の愛称で親しまれています。

和歌の浦の入江にあって、その昔「輿の窟こしのいわや」と呼ばれた岩穴に鎮座。社内の雰囲気は独特です。

今回は、そんな岩山の岩穴に建つ安産・子授け系神社をご紹介します。

 

鹽竃神社|安産・子授けの御利益で信仰をあつめる「しおがまさん」は岩穴「輿の窟」に鎮座している件

鹽竃神社の場所

和歌の浦のすぐそば。

「和歌の浦」は和歌山市の南西部に位置する景勝地。国の名勝指定あり。

鹽竃神社

▲151号線を東方面、海側へ向かうシーンから。玉津嶋神社の隣、岩山のふもとにあります。

コチラ、すぐ隣の玉津嶋神社と一体的に運営されています。もとは玉津嶋社のはらい所だったとか。

ちなみに玉津嶋社の詳細はこちら!

玉津嶋神社|和歌三神の社!玉津嶋神社は「和歌の守護神」として和歌の上達御利益で信仰を集めます

06/28/2016

 

鹽竃神社 (1) 鹽竃神社 (18)

 

鹽竃神社 (5)

▲背後の岩山=鏡山と一体化。社殿を守るため鉄製の屋根が。。。岩と松の組み合わさった風景がかなり独特です。

鹽竃神社の創建経緯

鹽竈しおがま神社としての確立は、結構最近の事。といっても、大正時代ですが。。。

大正6年(1917年)、鹽竈しおがま神社は「玉津嶋神社の祓所」から神社になりました。

この祓所、「輿ノ窟こしのいわや」と呼ばれていたそうで、これはその昔、この地方で行われていた「浜降り神事」に由来。

「浜降り」とは、毎年9月16日に高野山の地主神である「天野丹生都比売神社にふつひめじんじゃ」の神輿みこしが、紀ノ川沿いをはるばる玉津嶋神社まで渡ってきて、同和歌山市内の日前神宮ひのくまじんぐうへと御行みゆきしてゆく神事のこと。すごい移動距離です。

この「浜降り神事」の際に神輿みこしが奉置される場所が、この岩穴だったという訳で。ここから「輿ノ窟こしのいわや」と呼ばれていた次第。

なんとも奥ゆかしい経緯ですね。

ちなみに、「鹽竈しおがま神社」の名前自体の由来は、御祭神の「鹽槌翁尊しおつちのおじのみこと」の故事、並びにこの地域で行われていた塩田で塩を焼く釜から付けられたものだそうです。

鹽竃神社 (7)

▲手水舎

鹽竃神社 (8)

▲すごいですよね?ホント洞窟の中って感じで。ひんやりした空気が流れ出てきます。

 

鹽竃神社 (10) 鹽竃神社 (11)

鹽竈しおがま神社の御祭神

  • 鹽槌翁尊しおつちのおじのみこと
  • 祓戸大神四座はらへどのおおかみよざ

※「鹽槌翁尊しおつちのおじのみこと」は、古事記「海幸彦・山幸彦」の神話で大きな役割を果たす「鹽稚神しおつちのかみ」。

兄に借りた釣り針を失くして兄の怒りにふれた山幸彦やまさちひこに、鹽稚神しおつちのかみは「海神わたつみのかみ」のところへ行けと教えます。これにより山幸彦やまさちひこは釣り針を見つけ、竜宮で海神の娘・豊玉姫とよたまひめと出会い結婚します。そして姫は安産により御子を授かりました。この神話と、潮の満ち引きが出産に関わることから、尊は安産・子授けの神となったとさ。

そしてそして、鹽稚神しおつちのかみは全国を回り製塩の方法を伝えたとか。この地はその一つで、大正後期まで製塩が盛んに行われていました。コレが神社の名前の由来になった訳ですね。

※「祓戸大神四座はらへどのおおかみよざ」は、社殿曰く「瀬織津比売神せおりつひめのかみ」「速開都比売神はやあきつひめのかみ」「速佐須良比売神はやさすらひめのかみ」「気吹戸主神いぶきどぬしのかみ」の四つの神様。すべての罪汚れを祓い清める神様との事です。

 

実際、安産祈願の絵馬がずらり。

鹽竃神社 (4)

そしてそして

鹽竃神社 (14)

▲こんな感じで、安産祈願、子授け祈願各種お守りがあります。

ということで、

とにもかくにも岩穴の中のひんやりした社殿といった感じで、とても神秘的な風が吹いておりました。

 

まとめ

鹽竃神社

和歌山県和歌山市和歌浦にある神社。

安産・子授けの神様として、地元の皆さんから「しおがまさん」の愛称で親しまれています。

和歌の浦の入江にあって、その昔「輿の窟こしのいわや」と呼ばれた岩穴に鎮座。社内の雰囲気は独特です。

あまり目立たない感じですが、その背景はとても奥ゆかしいものがあります。和歌の浦にいらっしゃったときは是非お立ち寄りください。

 

和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26

住所:和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26

駐車場 隣の玉津嶋神社にあり

トイレ なし

神社のHPはコチラです!

 

和歌浦のまとめ記事はコチラ!

和歌浦観光オススメ スポットまとめ|『万葉集』にも詠まれた風光明媚な景勝地!和歌浦の観光スポットまとめ

07/19/2016

 

和歌山にお立ち寄りの際はコチラも是非!

和歌山県の神社巡りオススメスポット|和歌山は神武東征神話の舞台!熊野信仰とも結びついた東征神話を中心に日本神話から入る和歌山の神社の御祭神・御利益をまとめ!

10/19/2016

竈山神社|神武の長兄「五瀬命」薨去の地!「理想」を追う東征に「報復」が追加された超重要スポット!!

06/08/2016

水門吹上神社|紀州の「十日戎」発祥の地!ですが神話的には神武の長兄「五瀬命」が雄叫び上げた地として重要な神社

06/08/2016

神武天皇聖蹟名草邑顕彰碑|発見ほぼ無理!どこから登って良いかわからない小山の上にひっそりと建っていた件|和歌山県和歌山市

06/22/2016

神社好きの皆様へ。当サイトオススメの神社の皆さん

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

10/23/2016

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

01/18/2016

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

05/06/2016

開催中!大阪よみうり文化センター天満橋教室
御代替わりの祭儀をめぐる日本神話との関わり

日本神話.comの神話記事監修をしていただいている佛教大学名誉教授榎本先生の講座が大阪の天満橋で開催中です!代替わりの節目となる年。「古事記」「日本書紀」「万葉集」などの文献に沿って天皇との関わりや即位をめぐる歴史・制度の変遷をたどり、古代~近代日本の本質について読み解きます。骨太な熱血講義でお届け中!
月1回開催。3000円前後。途中からのご参加も可能です。詳しくは大阪よみうり文化センター天満橋教室へお問い合わせください。ぜひお気軽にご参加くださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです! 日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。 「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信中。最新の学術情報を踏まえしっかりとした日本神話解釈をお届け。是非チェックしてくださいね。