鏡山|山頂から和歌浦を一望!和歌浦の美しさを一番感じられる超おススメスポット!|和歌山県和歌山市

 

鏡山は和歌山県和歌山市和歌浦にある小さな山。

塩竃しおがま神社の背後の山で、石の階段を上っていった先、山頂からは和歌の浦が一望できます。

ココ、多分和歌浦の美しい景観を一番感じられるところだと思います。

今回は、そんな穴場的なスポットをご紹介します。

 

鏡山|山頂から和歌浦を一望!和歌浦の美しさを一番感じられる超おススメスポット!

鏡山への道

和歌浦の湾すぐそば。

「和歌浦」は和歌山市の南西部に位置する景勝地。国の名勝指定あり。

詳しくはこちらから。

和歌浦観光オススメ スポットまとめ|『万葉集』にも詠まれた風光明媚な景勝地!和歌浦の観光スポットまとめ

2016.07.19

 

IMG_1009 (1024x768)

▲151号線を東方面、海側へ向かうシーンから。左手に玉津嶋神社への入口があります。まずは玉津嶋神社を目指しましょう。

ちなみに玉津嶋社の詳細はこちら!

玉津嶋神社|和歌三神の社!玉津嶋神社は「和歌の守護神」として和歌の上達御利益で信仰を集めます

2016.06.28

 

IMG_1007 (1024x768)

▲コチラ、玉津嶋神社の駐車場。左手が神社。右手が今回ご紹介する「鏡山」の登山口です。

 

鏡山 (15)

▲こちらが鏡山へ登る石段の入り口。5分もかからないので一気に登っていきましょう。

 

鏡山 (3)

ぜーぜー はーはー

5分もかからないという割に、結構急な坂だったりして。

鏡山 (5) 鏡山 (6)

はい、到着です。

 

そして、こらが鏡山ビューだ!

妹背山ビュー@和歌の浦

鏡山ビュー@和歌の浦

う、美しーーーーーーー!!!

 

空海絶妙。右にすーっと伸びてる半島は片男波です。こちらも山部赤人が詠んだ歌から。

まさに、和歌に謡われ、古代から朝廷はじめ皆さんに愛されてきた景勝地。ホントに素晴らしいです。

 

鏡山 (12)

▲パノラマで。

 

鏡山 (13)

▲縦で。

登ったのがちょうど朝だったのが良かったです。静謐な空気と美しい景観。サイコーでした!

ちなみに、

ここ鏡山、その岩肌は荒れた木理(木目)のような薄墨色で、香木「伽羅」に似ていることから「伽羅岩きゃらいわ」と呼ばれています。山と言ってますが、実際は岩山。

江戸時代の本草学者貝原益軒かいばらえきけんは著書『諸州めぐり』で

和歌の浦の石は皆木理有りて甚だ美也。他州にては未だ見ざる所なり。

と、その美しさに感嘆しています。

また、この鏡山=岩山のふもとにあるのが塩竃神社。

詳しくはこちらから!

鹽竃神社|安産・子授けの御利益で信仰をあつめる「しおがまさん」は岩穴「輿の窟」に鎮座している件

2016.06.29

この地方で行われていた・いる「浜降り神事」の際に神輿みこしが奉置される場所が、この鏡山にある岩穴だったという訳で。ここから塩竃神社は昔「輿ノ窟こしのいわや」と呼ばれていました。

なんとも奥ゆかしい経緯あり。

 

まとめ

鏡山は和歌山県和歌山市和歌浦にある小さな山。

塩竃神社の背後の山で、石の階段を上っていった先、山頂からは和歌の浦が一望できます。

ココ、多分和歌浦の美しい景観を一番感じられるところとして激しくおススメのスポットです!

和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26

住所:和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26

駐車場 隣の玉津嶋神社にあり

トイレ なし

 

和歌浦のまとめ記事はコチラ!

和歌浦観光オススメ スポットまとめ|『万葉集』にも詠まれた風光明媚な景勝地!和歌浦の観光スポットまとめ

2016.07.19

 

和歌山にお立ち寄りの際はコチラも是非!

竈山神社|神武の長兄「五瀬命」薨去の地!「理想」を追う東征に「報復」が追加された超重要スポット!!

2016.06.08

水門吹上神社|紀州の「十日戎」発祥の地!ですが神話的には神武の長兄「五瀬命」が雄叫び上げた地として重要な神社

2016.06.08

神武天皇聖蹟名草邑顕彰碑|発見ほぼ無理!どこから登って良いかわからない小山の上にひっそりと建っていた件|和歌山県和歌山市

2016.06.22

万葉好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮|日本神話から伊勢神宮を紐解く!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。