皇子原神社|神武天皇誕生の地!日本建国への道はココから始まった•••皇子原神社は神話ロマンあふれる超絶スポット!

皇子原神社

 

皇子原おうじばる神社は、宮崎県西諸県郡にしもろかたぐん高原たかはる町にある神社。

ココ、実は、神武天皇誕生の地として日本神話ファンとしては鉄板のビジットスポット。

神社の後ろには「産婆石うべいし」があり、この付近で生まれたと。母の玉依姫命たまよりひめのみことが神武天皇を出産した産屋の跡でもあり、、、もうコレだけでロマンがどこまでも広がります。

今回は、神武天皇誕生の地、皇子原おうじばる神社の全貌を日本神話とあわせて現地レポします。

 

皇子原神社|神武天皇誕生の地!日本建国への道はココから始まった•••そんな神話ロマンに浸りまくって至福の時を過ごせる超絶スポット!

皇子原神社に関連する日本神話

まずは、当サイトならでは。皇子原おうじばる神社に関連する日本神話をご紹介。

皇子原おうじばる神社は、神武天皇誕生の地とされてるのですが、実は、『日本書紀』や『古事記』にはそのことを伝える記述はありません。

参考として正史『日本書紀』から2つご紹介。

1つ目は、「狭野」と言う言葉が登場する『日本書紀』第十一段から。

 まず彦五瀬ひこいつせ命を生んだ。次に稲飯いなひ命。次に三毛入野みけいりの命。次に狭野さの尊。または神日本磐余彦かむやまといはれびこ尊と言う。狭野というのは、年少の時の名である。後に天下を平定して八洲やしまを治めた。そのため、名を加えて神日本磐余彦かむやまといはれびこと言う。 (『日本書紀』第十一段〔一書1〕より一部抜粋)

ということで、

次に狭野さの尊。狭野というのは、年少の時の名である。」とあり、幼少期は「狭野尊」と呼ばれていたことを伝えてます。なお、「狭野尊」はこの地の名である「狭野」からきているとされてます。

次に、

日本の建国神話である神武東征神話を伝える『日本書紀』巻三(神武紀)から冒頭の箇所をご紹介。

神日本磐余彦天皇かんやまと いわれひこ の すめらみことは「彦火火出見ひこほほでみ」をいみなとし、彦波激武鸕鷀草葺不合尊ひこなぎさたけ うがやふきあえずの みことの4番目の子である。母は玉依姫たまよりひめで、海神の娘である。

火火出見ほほでみは生まれついて聡明で、何事にも屈しない強い心を持っていた。十五歳で皇太子となり、さらにちょうじて、日向国の吾田邑あたむら吾平津媛あひらつ ひめめとって妃とし、手研耳命たぎしみみ のみことを生んだ 『日本書紀』巻三 神武紀より一部抜粋)

神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016

ということで、

彦火火出見ひこほほでみ」をいみなとし」とあり、「いみな」とは生前の名前で、崩御ほうぎょ後はその名をむため使われます。つまり、神武天皇は生前は「彦火火出見ひこほほでみ」という名前だったとしてる訳です。

いずれにしても、『日本書紀』では、神武天皇がどこで生まれたとか細かいところは伝えてないんです。コレ、『古事記』も同様で。なので、神武天皇の誕生については、それこそ神話ロマンの一つとしてチェック。

 

皇子原神社の場所

皇子原おうじばる神社は、宮崎県西諸県郡にしもろかたぐん高原たかはる町にあります。

高原たかはる町は「神武の里」として、町をあげて神武推しを展開中。神話的にアツい町。個人的に激しく応援しております。

住所は、宮崎県西諸県郡にしもろかたぐん高原たかはる蒲牟田かまむた3-251

奥霧島皇子原公園キャンプ場の敷地内。なんで、参拝がてらキャンプもできちゃったりしますぞ!

 

皇子原神社

皇子原おうじばる神社の駐車場は、皇子原公園駐車場です。無料で停められるので利用されてください。

 

皇子原神社

▲皇子原公園駐車場からすぐの所に、皇子原おうじばる神社の入口があります。ここから先に、神武天皇が誕生した聖地が、、、ドキドキが止まりません!

 

皇子原神社の創建経緯

皇子原神社

第5代の孝昭こうしょう天皇代(前475-前393)に、神武天皇誕生の霊跡として創建されました。

本来ここに社殿がありましたが、ココ、霧島連峰の麓にあるため、何度も火山噴火の災禍に見舞われてきた歴史あり。

第50代桓武天皇代、延暦7年(788年)高千穂霧島嶽が噴火。その後も何度も災禍に遭った記録あり。さらに、文暦元年(1234年)にも噴火発生、降ってきた熱石により社殿が焼失、、、

そんなこんなで、慶長15年(1610)に社殿を造営・還座し狭野神社とし、一方、皇子原おうじばる神社は、狭野神社の元宮とされました。現在も、皇子原おうじばる神社は、狭野神社の元宮&境外末社として位置付けられてます。

狭野神社

狭野神社(宮崎神社別宮)御祭神は神武天皇!皇子原神社をルーツに持つ狭野神社は静謐な空気が満ちてます

07/18/2022

 

皇子原神社の境内

皇子原神社

▲ 皇子原おうじばる神社の最初の鳥居をくぐると、ゴツゴツした石の階段が続きます。スゴイ、、、神秘的!

 

皇子原神社

▲ って、、、結構な石段で、、、ゼーハーゼーハー、、、

 

皇子原神社

▲ 皇子原おうじばる神社の2つ目の鳥居ビュー。奥に本殿というか祠というか、、とても静謐な空気が漂ってます。

 

 皇子原おうじばる神社の御祭神

皇子原神社

御祭神:神武天皇(幼名ようめい狭野尊さののみこと

正史『日本書紀』巻3では、「神日本磐余彦天皇かんやまと いわれひこ の すめらみこと彦火火出見ひこほほでみ」をいみなとし、彦波激武鸕鷀草葺不合尊ひこなぎさたけ うがやふきあえずの みことの4番目の子である。母は玉依姫たまよりひめで、海神の娘である。」と伝えてます。

  • 父:彦波激武鸕鷀草葺不合尊ひこなぎさたけ うがやふきあえずの みこと
  • 母:玉依姫たまよりひめ

4番目の末っ子として誕生したってことですね。幼名として伝える「狭野尊」は、同じく『日本書紀』巻2の最後、第11段で伝えてる名前、いや神名です。

御祭神:神武天皇の詳しい人柄とか神格とかはコチラで!

神武天皇

神武天皇とは?どんな人物だったのか?『日本書紀』をもとに神武天皇を分かりやすく解説!

04/26/2022

 

皇子原神社

▲ 皇子原おうじばる神社の本殿の裏手にある「産婆石うべいし」!!!この辺りで誕生されたと伝えられてます。

まさに、、超絶聖地!!!

感動に胸の震えが止まりませぬ、、ちなみに、、ココ、はは玉依姫命たまよりひめのみことが神武天皇を出産した産屋跡うぶやあとともされてます。

 

さて、ココからです。

神話ロマンの時間。

周辺を散策しながら、幼き神武が、3人のお兄ちゃん達と遊び、学び、武芸に励む、そんな兄弟たちの様子を、父神である彦波激武鸕鷀草葺不合尊ひこなぎさたけ うがやふきあえずの みことと母神である玉依姫たまよりひめが優しく見守ってる、、、、嗚呼、、コレ、神話ロマン。。

って、、

皇子原神社

▲ん??? 社殿の後ろ、、、家が建ってる!そして人がいる??? コレって、、、、

 

皇子原神社

▲コ、コレは、、、まさかの、、神武天皇の生家を模した皇子原の様子!??

 

とりあえず家の中に入ってみた。。

皇子原神社

▲おおおおおおっ!ココで、幼き神武天皇が煮炊きをしていたと!???

 

皇子原神社

▲こ、、コレが多分幼き神武天皇。。。具体的にしていただいて、、、ありがたいやらなんやら、、、

てか、

少なくとも神武天皇は4人兄弟だから!!!なんで2体しかないのだ!???他どこいった??

ロマンてのは、見えないものを見ようとする創造性の中で羽ばたくものであって、、、

 

って、ま、、、いいか。。

 

そのほかの見どころとしては、コチラ!

皇子原神社  

▲ 皇子原おうじばる神社のすぐそばには、宮崎県指定史跡「高原町古墳」!!皇子原公園内に6基あり。

 

皇子原神社

▲春は桜、秋は紅葉とヒガンバナがとてもキレイな場所。皇子原神社参拝と合わせて是非チェックされてください。

 

まとめ

皇子原おうじばる神社

宮崎県西諸県郡にしもろかたぐん高原たかはる町にある神社。

神社の後ろには「産婆石うべいし」があり、この付近で生まれたと。母の玉依姫命たまよりひめのみことが神武天皇を出産した産屋の跡でもあり、、、もうコレだけでロマンがどこまでも広がります。

神武天皇誕生の地として日本神話ファンとしては鉄板のビジットスポット。

是非チェックされてください。コレ、間違いなく、ロマンです!

住所
宮崎県西諸県郡にしもろかたぐん高原たかはる蒲牟田かまむた3-251

駐車場 あり。皇子原公園駐車場を利用されてください。
トイレ あり。同じく、皇子原公園駐車場のところに休憩所があります。その中に。

 

関連する日本神話はコチラ!必読です!!!

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

神武天皇

神武天皇とは?どんな人物だったのか?『日本書紀』をもとに神武天皇を分かりやすく解説!

04/26/2022

道臣命(日臣命)とは?天忍日命の子孫で大伴氏の祖!神武東征神話で武官として活躍した道臣命を分かりやすくまとめ!

06/01/2022

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した橿原宮=橿原神宮を日本神話とあわせて徹底解説!

01/18/2016

神武天皇聖蹟顕彰碑・伝承碑・伝承地まとめ|実際に行ってみて、確かめてみたところを全部まとめてみた!(マニア限定)

02/22/2016
神武東征神話 現代語訳

『日本書紀』神武紀 神武東征神話 現代語訳

11/30/2021
『古事記』 中巻

『古事記』神武東征神話|東征発議から吉備「高嶋の宮」までの神話を現代語訳付きで分かりやすく解説!

10/03/2016
神武東征神話

読み聞かせ 無料 絵本 日本神話 日本の建国神話「神武東征神話」を『日本書紀』をもとにつくりました

12/25/2020

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
『古事記』現代語訳

古事記 神話 現代語訳 天地初発から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

 

皇子原神社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他