祓川|神武天皇がお祓いの儀式でこの川の水を使った!?集落のあいだを流れる祓川を現地レポ!

祓川

 

祓川はらいがわは、祓原から流れている川で、神武天皇がお祓いの儀式の際に、この川の水を使ったとされてます。

宮崎県西諸県郡高原たかはる町にあり、集落のあいだを流れてます。

いずれも、『日本書紀』や『古事記』にはその記載はなく地元の伝承として受け継がれてる川。

今回は、それでも日本神話ファンとしては気になってしまうスポット「祓川はらいがわ」の様子を現地レポします。

 

祓川|神武天皇がお祓いの儀式でこの川の水を使った!?集落のあいだを流れる祓川を現地レポ!た

祓川に関連する日本神話

祓川はらいがわ」は、神武天皇がお祓いの儀式の際に、この川の水を使ったとされてるのですが、『日本書紀』や『古事記』にはそのことを伝える記述はありません。

参考として、『日本書紀』巻三、通称「神武紀」から冒頭の箇所を抜粋してみます。

火火出見ほほでみ(神武天皇)は生まれついて聡明で、何事にも屈しない強い心を持っていた。十五歳で皇太子となり、さらにちょうじて、日向国の吾田邑あたむら吾平津媛あひらつ ひめめとって妃とし、手研耳命たぎしみみ のみことを生んだ。 (『日本書紀』巻三 神武紀より一部抜粋)

神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016

ということで、

『日本書紀』では、儀式でどこの川の水を使ったとか細かいところは伝えてないんですね。コレ、『古事記』も同様で。「祓川はらいがわ」は地元で語り継がれてる神話伝承地ということでチェックです。

 

祓川の場所

宮崎県西諸県郡高原たかはる町にあります。

祓川は、ひむか神話街道から、少し入った集落の間を流れてます。

ちなみに、、

高原町は「神武の里」として、町をあげて神武推しを展開中。個人的に、激しく応援しております。

ひむか神話街道

▲こちら、ひむか神話街道入り口付近の様子。「ようこそ神武の里 たかはる」ということでウェルカム感満載です。

 

祓川とは、神武天皇がお祓いの儀式にこの川の水を使ったとされる

祓川は、「ひむか神話街道」から少し入った、集落の間にひっそりと流れてます。

祓川

▲コチラ、祓川伝承地の様子。立て看板に休憩スペースもあり、至れり尽くせり感でお出迎え中。

祓川

祓原より流れ出る水は清く美しい川で狭野尊(神武天皇)はお祓いをされる時、この川で水を汲み使用されたと伝えられこの地名がある。

とのことです。

この川の上流に、祓原がありまして、ココから徒歩5分くらいのところ。合わせてチェック。

祓原

祓原|神武天皇誕生時に不浄を祓った地!?集落のあいだにひっそりと広がる祓原は夢みたいにステキな場所でした

07/14/2022

 

祓川 祓川

▲とても綺麗な水。お祓いにはもってこいだったのかもね。

 

祓原の方へ向かう場合は、川に沿って上流へ。

祓川 祓川 祓原
祓原

祓原|神武天皇誕生時に不浄を祓った地!?集落のあいだにひっそりと広がる祓原は夢みたいにステキな場所でした

07/14/2022

ということで、現場からは以上です。

 

まとめ

祓川はらいがわ

祓原から流れている川で、神武天皇がお祓いの儀式の際に、この川の水を使ったとされてます。

宮崎県西諸県郡高原たかはる町にあり、集落のあいだを流れてます。

いずれも、『日本書紀』や『古事記』にはその記載はなく地元の伝承として受け継がれてる川。

 

●祓川伝承地

住所
宮崎県西諸県郡高原たかはる町の集落の中
駐車場 なし
トイレ なし

 

近くには祓原がありますので、コチラも合わせてチェックです!

祓原

祓原|神武天皇誕生時に不浄を祓った地!?集落のあいだにひっそりと広がる祓原は夢みたいにステキな場所でした

07/14/2022

 

神武東征神話を分かりやすく解説。必読オススメエントリー!

神武天皇

神武天皇とは?どんな人物だったのか?『日本書紀』をもとに神武天皇を分かりやすく解説!

04/26/2022

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

神武天皇聖蹟顕彰碑・伝承碑・伝承地まとめ|実際に行ってみて、確かめてみたところを全部まとめてみた!(マニア限定)

02/22/2016

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した橿原宮=橿原神宮を日本神話とあわせて徹底解説!

01/18/2016
神武東征神話

読み聞かせ 無料 絵本 日本神話 日本の建国神話「神武東征神話」を『日本書紀』をもとにつくりました

12/25/2020

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
『古事記』現代語訳

古事記 神話 現代語訳 天地初発から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

日本神話編纂の現場!奈良にもカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021
祓川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他