久久能智神くくのちのかみ・句句迺馳くくのち|木の精霊・神!大八嶋国における自然物の生起プロセスで誕生し、風神の存在を木々の揺らぎによってそれと知らせる

久久能智神

 

『古事記』神話をもとに、日本神話に登場する神様を分かりやすく解説します。

今回は

久久能智神くくのちのかみ

伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二柱の神が生んだ「木の精霊」として、『古事記』上巻、神生み神話で登場。

 

久久能智神くくのちのかみ・句句迺馳くくのち|木の精霊・神!大八嶋国における自然物の生起プロセスで誕生し、風神の存在を木々の揺らぎによってそれと知らせる

久久能智神くくのちのかみとは?その名義

久久能智神くくのちのかみ」= 木の精霊・神

伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことが生んだ「木の精霊」。もともとの言葉のつくり的には、木の精霊。『古事記』的に「神」を後付けし、神化してます。

「久々」は、大きく2つ説アリ。

①「茎」の意

「上つ毛野 佐野のくく立ち 折りはやし 我れは待たむゑ 来とし来ずとも(可美都氣野 左野乃九久多知 乎里波夜志 安礼波麻多牟恵 許登之許受登母)」(巻14-3406)にある、「立(九久多知・くくたち)」から、茎の意。

他にも、「伎波都久の岡のくく韮我れ摘めど籠にも満たなふ背なと摘まさね(伎波都久乃 乎加能久君美良 和礼都賣杼 故尓毛美多奈布 西奈等都麻佐祢)」(巻14-3444)にある、「くく韮(久君美良・くくみら)」など。

②「木木」の古形・・・木を「く」というのは「木の物(くだもの)」の「く」と同じとする。『日本書紀』神代でも、「木の祖句句廼馳」「木神きのかみ等は名を句句迺馳くくのちと言う」ともある。

「智」は「精霊」の意で、「大蛇(をろち)」や「雷(いかづち)」の「ち」と同じ。ちなみに、「海神(わたつみ)」 や 「山神(やまつみ)」の「み」(神霊)より神格が低い。

 

久久能智神くくのちのかみが登場する日本神話

久久能智神くくのちのかみ」が登場するのは、『古事記』上巻、神生み神話。以下のように伝えてます。

次に風の神、名は志那都比古神しなつひこのかみを生み、次に木の神、名は久久能智神くくのちのかみを生み、次に山の神、名は大山津見神おほやまつみのかみを生み、次に野の神、名は鹿屋野比売神かやのひめののかみを生んだ。またの名は野椎神のづちのかみという。(志那都比古神より野椎に至るまで、幷せて四神ぞ)。

次生風神・名志那都比古神(此神名以音)、次生木神・名久久能智神(此神名以音)、次生山神・名大山上津見神、次生野神・名鹿屋野比賣神、亦名謂野椎神。自志那都比古神至野椎、幷四神。 (引用:『古事記』上巻の神生みより一部抜粋)

『古事記』上巻神生み

『古事記』神生みの原文と現代語訳|神生みの果てに誕生する火神と伊耶那美の死

11/08/2021

ということで。

系譜は以下の通り。

久久能智神

▲「久久能智神くくのちのかみ」は、大事忍男神から始まる10柱の神々のあとに誕生。あくまで、伊耶那岐命と伊耶那美命の2神が生んだ神として。

大八嶋国に生起する自然現象のような神だったのが、段階的に、より具体的な自然物を表すようになっていくプロセスで誕生。さらに、「(志那都比古神より野椎に至るまで、幷せて四神ぞ)。」とあり、ひとつのカタマリとして位置づけられてる。

ポイント2つ。

①『古事記こじき』ならではの、壮大なストーリーらしきものあり!

実は、ココで誕生する4神には、『古事記』的なストーリーらしきものがあって。。

最初の風神かぜのかみは、大八嶋国おおやしまくにを生んだ後だからこそ何もない状態、きっと生まれたての神々と朝霧が立ちこめてるだけの状態で、それを吹き払った気息が化して神(志那都比古神)となったイメージ。 そして、木の神(久久能智神)は、風神かぜのかみの存在を、木々の揺らぎによってそれと知らせるもの。 さらに、山の神(大山津見神)は、山林、豊かに木々の繁る山だから、国土が豊かに成長しているさまを表象。 最後に、野の神(鹿屋野比賣神(野椎神))は、山・野・原という大地を構成する3つの場の中間地帯。このあと、葦原中国あしはらのなかつくに葦原あしはらが生まれることを予定する。そしてきっとそこには人間の姿も・・・

そのために、風、木、山、野という4柱の神が誕生してる。修理固成のための壮大なストーリーをチェック。

次!

②『日本書紀にほんしょき』をベースに作られてる??比較すると分かりやすい!

久久能智神くくのちのかみ」誕生のシーンは、実は、『日本書紀にほんしょき』第五段〔一書6〕の冒頭部分と同じになってます。参考として以下。

その後に、伊奘諾尊は、「私が生んだ国は朝霧だけがかすんで立ちこめ満ちていることよ。」と言った。そこで吹き払った気が化して神となった。名を級長戸辺命しなとべのみことと言う。また級長津彦命しなつひこのみことと言う。これが、風の神である。また飢えた時に子を生んだ。名を倉稲魂命うかのみたまのみことと言う。また、海神わたのかみ等を生んだ。名を少童命わたつみのみことと言う。山神やまのかみ等は名を山祇やまつみと言い、水門神みなとのかみ等は名を速秋津日命はやあきつひのみことと言い、木神きのかみ等は名を句句迺馳くくのちと言い土神つちのかみは名を埴安神はにやすのかみと言う。その後に、ことごとくありとあらゆるものを生んだ。(引用:『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書6〕より)

ということで。

日本書紀にほんしょき』をベースに『古事記こじき』風にアレンジされてるんです。

ポイントは、いずれの神も、大八嶋国おおやしまくにに必要な神であり、それは、将来的には「瑞穂みずほの国」になっていくために必要な神として生んでる、ってこと。

なんせ神生みという重要局面ですから。これからの神話展開につながる神が選ばれてる、ってことでチェックです。

 

久久能智神くくのちのかみを始祖とする氏族

なし

 

久久能智神くくのちのかみ」が登場する日本神話はコチラ!

『古事記』上巻神生み

『古事記』神生みの原文と現代語訳|神生みの果てに誕生する火神と伊耶那美の死

11/08/2021

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より一部分かりやすく現代風に修正。

 

久久能智神くくのちのかみ」をお祭りする神社

● 公智神社 久々智氏族が木の祖神久久能智神(句句廼馳神)を氏神として奉祀!

住所:兵庫県西宮市山口町下山口3丁目14−30

 

● 志等美神社 伊勢神宮豊受大神宮の摂社!

住所:三重県伊勢市辻久留1丁目13

 

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
『古事記』現代語訳

古事記 神話 現代語訳 天地初発から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016
神武天皇

神武天皇とは?どんな人物だったのか?『日本書紀』をもとに神武天皇を分かりやすく解説!

04/26/2022

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

 


追加開催決定!!朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義(秋冬)のご案内 10/29, 11/26, 12/24

日本神話講座

白熱講義 追加開催決定! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っている!? この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。10/29, 11/26, 12/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


久久能智神

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他