大山祇神とは?伊奘諾尊の火神斬断により誕生し、娘の神吾田鹿葦津姫を天孫に嫁がせる。日本神話をもとに大山祇神を分かりやすく解説します。

 

 

『古事記』や『日本書紀』もとに、日本神話に登場する神様を分かりやすく解説します。

今回は

大山津見神おほやまつみのかみ大山祇神おおやまつみのかみ

『古事記』では、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二柱の神が生んだ「山の神」として、神生み神話で登場。

『日本書紀』でも同じく、山の神として登場するのですが、伝承ごとに神名がさまざまに変化します。

今回は、『古事記』で伝える内容と、『日本書紀』で伝える内容を分けてそれぞれ解説します。

 

『古事記』の大山祇神とは?

大山津見神おほやまつみのかみとは?その名義

大山津見神おほやまつみのかみ」= 偉大な、山の神霊

伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことが、大八嶋国における自然物の生起プロセスで生んだ「山の神霊」。

「大」は、美称で、「偉大な」の意。

「山」は、そのまま「山」の意。

「津」は、連体助詞。

「見」は、「神霊」の意で、「精霊」よりも神格が高い存在。

ということで

大山津見神おほやまつみのかみ」=「偉大な」+「海」+助詞+「神霊」= 偉大な、山の神霊

 

『古事記』で伝える大山津見神おほやまつみのかみ

大山津見神おほやまつみのかみ」が登場するのは、『古事記』上巻、神生み神話。以下のように伝えてます。

次に風の神、名は志那都比古神しなつひこのかみを生み、次に木の神、名は久久能智神くくのちのかみを生み、次に山の神、名は大山津見神おほやまつみのかみを生み、次に野の神、名は鹿屋野比売神かやのひめののかみを生んだ。またの名は野椎神のづちのかみという。(志那都比古神より野椎に至るまで、幷せて四神ぞ)。

次生風神・名志那都比古神(此神名以音)、次生木神・名久久能智神(此神名以音)、次生山神・名大山上津見神、次生野神・名鹿屋野比賣神、亦名謂野椎神。自志那都比古神至野椎、幷四神。 (引用:『古事記』上巻の神生みより一部抜粋)

『古事記』上巻神生み

『古事記』神生みの原文と現代語訳|神生みの果てに誕生する火神と伊耶那美の死

11/08/2021

ということで。

系譜は以下の通り。

大山津見神

▲「大山津見神おほやまつみのかみ」は、大事忍男神から始まる10柱の神々のあとに誕生。あくまで、伊耶那岐命と伊耶那美命の2神が生んだ神として。

大八嶋国に生起する自然現象のような神だったのが、段階的に、より具体的な自然物を表すようになっていくプロセスで生まれます。さらに、「(志那都比古神より野椎に至るまで、幷せて四神ぞ)。」とあり、ひとつのカタマリとして位置づけられてる。

ポイント

古事記こじき』ならではの、壮大なストーリーらしきものあり!

実は、ココで誕生する4神には、『古事記』的なストーリーらしきものがあって。。

最初の風神かぜのかみは、大八嶋国おおやしまくにを生んだ後だからこそ何もない状態、きっと生まれたての神々と朝霧が立ちこめてるだけの状態で、それを吹き払った気息が化して神(志那都比古神)となったイメージ。 そして、木の神(久久能智神)は、風神かぜのかみの存在を、木々の揺らぎによってそれと知らせるもの。 さらに、山の神(大山津見神)は、山林、豊かに木々の繁る山だから、国土が豊かに成長しているさまを表象。 最後に、野の神(鹿屋野比賣神(野椎神))は、山・野・原という大地を構成する3つの場の中間地帯。このあと、葦原中国あしはらのなかつくに葦原あしはらが生まれることを予定する。そしてきっとそこには人間の姿も・・・

そのために、風、木、山、野という4柱の神が誕生してる。修理固成のための壮大なストーリーをチェック。

いずれの神も、大八嶋国おおやしまくにに必要な神であり、それは、将来的には「瑞穂みずほの国」になっていくために必要な神として生んでるんです。

ちなみに、、

『古事記』では他に「山津見」とつく八種の山の神が、伊耶那岐神の斬り殺した火神の死体から生まれてます。

それらは死体の各部位に成った神々で、山の特定の部位に関する名称を持つことから、山一般に関わる神格ではなく、山の一部や限定的な信仰の様態にまつわる山の神であると考えられてます。

一方の「大山津見神おほやまつみのかみ」は、そうした限定がなく、「大」という美称がついていることから、ひろく山一般に関わる、山津見の中の代表格のような存在とされてます。

 

『日本書紀』の「山祇やまつみ」とは?

続けて、『日本書紀』で伝える「山の神」をご紹介。

『日本書紀』では、誕生シーンで5つ。その後の活動で2つの神話を伝えます。

『日本書紀』で伝える「山の神」の誕生

まずは、一番の基本形から。

『日本書紀』第五段〔本伝〕から。

 次に海を生んだ。次に川を生む。次に山を生む。次に木のおや句句廼馳くくのちを生む。次に草の祖、草野姫かやのひめを生む。またの名を野槌のつちと言う。 (引用:『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔本伝〕より)

ということで。

ここでは、神とか神霊とかでもなく、自然物としての「山」誕生を伝えてます。

続けて、、、第五段〔一書6〕から。

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことは共に大八洲国おほやしまぐにを生んだ。

 その後に、伊奘諾尊いざなきのみことは、「私が生んだ国は朝霧だけがかすんで立ちこめ満ちていることよ。」と言った。そこで吹き払った気が化して神となった。名を級長戸辺命しなとべのみことと言う。また級長津彦命しなつひこのみことと言う。これが、風の神である。また飢えた時に子を生んだ。名を倉稲魂命うかのみたまのみことと言う。また、海神わたのかみ等を生んだ。名を少童命わたつみのみことと言う。山神やまのかみ等は名を山祇やまつみと言い、水門神みなとのかみ等は名を速秋津日命はやあきつひのみことと言い、木神きのかみ等は名を句句迺馳くくのちと言い、土神つちのかみは名を埴安神はにやすのかみと言う。その後に、ことごとくありとあらゆるものを生んだ。 (引用:『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書6〕より)

ということで。

山神やまのかみ等は名を山祇やまつみと言い、」とあるように、『日本書紀』的に初めて神化し、名を「山祇やまつみ」というようになります。

続けて、、、

第五段〔一書7〕より。

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなきのみことつるぎを抜き軻遇突智かぐつちを斬り、三つに刻んだ。そのうちの一つは雷神いかづちのかみとなった。もう一つは大山祇神おおやまつみのかみと成り、一つは高龗たかおかみと成った。 (引用:『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書7〕より)

ということで。

伊奘諾尊が火神「軻遇突智かぐつち」を3つに切り刻むという非常に激しいシーンのなかで、「大山祇神おおやまつみのかみ」として誕生しています。火神を3つに刻んだうちの一つから成ったわけで、、火山の表象として見る説もあったり。

続けて、、、

第五段〔一書8〕より。

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなきのみこと軻遇突智命を斬り、五つにばらした。これがそれぞれ五つの山祇やまつみに化成した。一つは首で大山祇おほやまつみと成った。二つは身体で中山祇なかやまつみと成った。三つは手で麓山祇はやまつみと成った。四つは腰で正勝山まさか やまつみ祇と成った。五つは足で䨄山祇しぎやまつみと成った。

 この時、斬った血がほとばしり流れ、石や礫、樹や草を染めた。これが草木や砂礫がそれ自体に火を含み燃えるようになった由縁である。

 麓は、山のふもとのことを言う。これを「はやま」と読む。正勝、これを「まさか」と読む。ある書では「まさかつ」とも読まれる。䨄これを「しぎ」と読む。音は烏含の反。 

ということで。

同じく火神「軻遇突智命」を、今度は5つに切り刻んだときに成った神として五種類の「山祇やまつみ」を伝えます。

 

『日本書紀』で伝える「山の神」の活動

第五段で誕生した「山の神」ですが、その後の活動は以下の通り。

その時、その国に美人たをやめがいた。名を鹿葦津姫かしつひめと言う。<またの名は神吾田津姫かむあたつひめ。またの名は木花之開耶姫このはなのさくやびめ>。皇孫がこの美人に、「おまえは誰の子か」と尋ねると、「私は天神あまつかみ大山祇おほやまつみ神を娶って生んだ子です。」と答えた。 (『日本書紀』第九段〔本伝〕より)

 

別伝、第九段〔一書2〕では以下のように伝えます。

そこで、天津彦火瓊瓊杵尊は日向の串日高千穂峯くしひのたかちほのたけに降り立ち、不毛の地を丘づたいに国を求めて通り、浮島のある平らな土地に立った。そして、國主くにのぬし事勝國勝長狭ことかつくにかつながさを呼んで尋ねると、「ここに国があります。どうぞご自由に」と答えた。そこで皇孫は宮殿を立て、そこで休息した後、海辺に進んで一人の美人をとめを見かけた。皇孫が、「おまえは誰の子か」と尋ねると、「私は大山祇おほやまつみ神の子です。名は神吾田鹿葦津姫かむあたかしつひめ、またの名は木花開耶姫このはなのさくやびめです」と答え、さらに、「また、私には姉の磐長姫いはながひめがいます」と申し上げた。皇孫が、「私はあなたを妻にしようと思うがどうか」と尋ねると、「私には父の大山祇おほやまつみ神がいます。どうかお尋ねください」と答えた。皇孫がそこで大山祇神に、「私はあなたの娘を見かけた。妻としたいと思う」と語ると、大山祇神は二人の娘に多くの飲食物を載せた机を持たせて進呈した。すると皇孫は、姉の方は醜いと思って招くこともなく、妹の方は美人であったので招いて交わった。すると一夜にして身籠った。そこで磐長姫は大いに恥じ、「もし天孫が私を退けずに招いていたら、生まれる子は長寿で、堅い岩のように長久とこしえに繁栄したことでしょう。今そうではなく妹だけを一人招いたので、生まれる子はきっと木の花のように散り落ちることでしょう」と呪詛を述べた。――あるいは、磐長姫は恥じ恨んで、唾を吐いて泣き、「この世の人々は木の花のように儚く移ろい、衰えることでしょう」と言った。これが世の人が短命であることの発祥であると言う。 (『日本書紀』第九段〔一書2〕より)

 

 

 

大山津見神おほやまつみのかみを始祖とする氏族

なし

 

大山津見神おほやまつみのかみ」が登場する日本神話はコチラ!

『古事記』上巻神生み

『古事記』神生みの原文と現代語訳|神生みの果てに誕生する火神と伊耶那美の死

11/08/2021

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より一部分かりやすく現代風に修正。

 

大山津見神おほやまつみのかみ」をお祭りする神社

● 大山祇神社 主祭神の大山祇神は「三島大明神」とも称され、当社から勧請したとする三島神社は四国を中心に新潟県や北海道まで分布

住所:愛媛県今治市大三島町宮浦3327

 

● 大山祇神社 一生に一度の願いは三年続けてお参りすれば、どんな願いもかなえてくれるの野沢の山の神様!

住所:福島県耶麻郡西会津町野沢大久保甲1445−2

 

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
『古事記』現代語訳

古事記 神話 現代語訳 天地初発から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016
神武天皇

神武天皇とは?どんな人物だったのか?『日本書紀』をもとに神武天皇を分かりやすく解説!

04/26/2022

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

 


追加開催決定!!朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義(秋冬)のご案内 10/29, 11/26, 12/24

日本神話講座

白熱講義 追加開催決定! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っている!? この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。10/29, 11/26, 12/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他