宇摩志阿斯訶備比古遅神|国土浮漂のとき、葦芽のように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代として化成した独神で、身を隠していた別天つ神

 

『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」です。

『古事記』では「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」、『日本書紀』では「可美葦牙彦舅尊うましあしかびひこぢのみこと」として登場。

名義

立派な葦の芽の男性。

宇摩志うまし」は、良いものを心に感じて讃ほめる語。

阿斯訶備あしかび」は春先に萌え出る葦の芽。

訶備かび」は「かび」と同源の言葉で、物が発酵すること、芽吹くこと。

比古遅ひこぢ」は、男性への親称。

活動と位置づけ

国土浮漂のとき、葦芽あしかびのように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代よりしろとして化成した独神ひとりがみで、身を隠していた別天ことあまつ神。

独神ひとりがみなので、男女の性別以前の神なのに、「比古遅ひこぢ」という男性への親称をつけるのは矛盾します。

しかし、これは、葦芽あしかびの形態と勢いから、陽神ようしんとして捉えたことによる命名と思われます。

この神を天つ神としたのは、あしの芽が中空にあってなお天を志向しているから。

『日本書紀』神代紀上では、「国常立尊くにのとこたちのみこと」とともに化成し、国土神として位置づけし、「始めて神人有り」と述べているように、人格神としているので、その意味からも「彦舅ひこぢ」をつけてもおかしくはありません。

葦芽ひこぢが神名となったのは、葦の芽の勢いのよさにありますが、葦は元来、邪気を払う植物であったこと、また葦の生える土壌であれば必ず稲が育つという信仰に支えられてのことです。

始祖とする氏族

無し

登場箇所

『日本書紀』神代上:「可美葦牙彦舅尊」

『古事記』上:「宇摩志阿斯訶備比古遅神」

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より 一部分かりやすく現代風修正。

 

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

『古事記』本文より「天地開闢」の語訳とポイント|天に五柱の別天つ神、地に七代の神々出現。神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

2016.09.16

『日本書紀』版☟

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

日本神話の概要をコチラで是非☟

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

日本神話好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。