宇摩志阿斯訶備比古遅神|国土浮漂のとき、葦芽のように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代として化成した独神で、身を隠していた別天つ神

宇摩志阿斯訶備比古遅神

 

『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」です。

『古事記』では「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」、『日本書紀』では「可美葦牙彦舅尊うましあしかびひこぢのみこと」として登場。

 

宇摩志阿斯訶備比古遅神|国土浮漂のとき、葦芽のように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代として化成した独神で、身を隠していた別天つ神

『古事記』における宇摩志阿斯訶備比古遅神の誕生

 天地初めておこりし時に、高天たかあまの原にりませる神の名は、天之御中主あめのみなかぬしの神。次に、高御産巣日たかみむすひの神。次に、神産巣日かみむすひの神。此の三柱みつはしらの神は、みな独神ひとりがみと成りまして、身をお隠しになった。

 次に、国がわかく、浮ける脂のごとくして、海月クラゲなすただよへる時に、葦牙あしかびのごとく萌えあがる物によりて成りませる神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遅うましあしかびひこぢの神。次に、天之常立あめのとこたちの神。此の二柱ふたはしらの神も、みな独神ひとりがみと成りまして、身をお隠しになった。 かみくだりの五柱の神は、別天ことあまつ神ぞ。

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳、解説!神名を連ねる手法で天地開闢を物語る。

09/16/2016

 

『日本書紀』における可美葦牙彦舅尊の誕生

参考として:『日本書紀』巻第一(神代上)第一段〔一書2〕

 ある書はこう伝えている。昔、国も土地もできて間もなく幼かったころは、例えるなら水に浮かんだ脂の状態で漂っていた。そんな時、国の中に物が生まれた。その形は葦の芽が突き出たようであった。これにより変化して生まれた神があった。その名を可美葦牙彦舅尊うましあしかびひこぢのみことと言う。次に国常立尊。次に国狭槌尊。葉木国は、ここでは「はこくに」という。可美は、ここでは「うまし」という。

『日本書紀』第一段

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 一書第1~6 〜体系性を持つ一書群が本伝をもとに展開〜

05/01/2019

 

葦の芽

宇摩志阿斯訶備比古遅神の名義

立派な葦の芽の男性。

宇摩志うまし」は、良いものを心に感じて讃ほめる語。

阿斯訶備あしかび」は春先に萌え出る葦の芽。

訶備かび」は「かび」と同源の言葉で、物が発酵すること、芽吹くこと。

比古遅ひこぢ」は、男性への親称。

宇摩志阿斯訶備比古遅神の活動と位置づけ

国土浮漂のとき、葦芽あしかびのように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代よりしろとして化成した独神ひとりがみで、身を隠していた別天ことあまつ神。

『古事記』天地開闢で誕生した神々

天地開闢に誕生した神々の中で、4代目の神で、天に誕生、別天神であり独神。

独神ひとりがみなので、男女の性別以前の神なのに、「比古遅ひこぢ」という男性への親称をつけるのは矛盾します。しかし、これは、葦芽あしかびの形態と勢いから、陽神ようしんとして捉えたことによる命名と思われます。

この神を天つ神としたのは、あしの芽が中空にあってなお天を志向しているから。

『日本書紀』神代紀上では、「国常立尊くにのとこたちのみこと」とともに化成し、国土神として位置づけし、「始めて神人有り」と述べているように、人格神としているので、その意味からも「彦舅ひこぢ」をつけてもおかしくはありません。

葦芽ひこぢが神名となったのは、葦の芽の勢いのよさにありますが、葦は元来、邪気を払う植物であったこと、また葦の生える土壌であれば必ず稲が育つという信仰に支えられてのことです。

始祖とする氏族

無し

登場箇所

『日本書紀』神代上:「可美葦牙彦舅尊」

『古事記』上:「宇摩志阿斯訶備比古遅神」

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より 一部分かりやすく現代風修正。

 

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳、解説!神名を連ねる手法で天地開闢を物語る。

09/16/2016
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
古事記 現代語訳

古事記 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016

参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

宇摩志阿斯訶備比古遅神

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他