用語解説

『日本書紀』『古事記』をもとに、
最新の学術成果も取り入れながら、どこよりも分かりやすい解説をお届けします。

本カテゴリは用語解説です。日本神話の中で登場する用語について掘り下げて解説します。

顕見蒼生用語解説

顕見蒼生(うつしきあをひとくさ)|目に見えるこの世界に生きるたくさんの人たち。日本神話が伝える顕見蒼生の意味とメッセージを読み解き!

  日本神話に登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話解説シリーズ」。 今回は、 顕見蒼生 をテーマにお届けいたします。 「顕見蒼生」とは、「目に見えるこの世界に生きる多くの人々、民…

国生み神話用語解説

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

  「国生み神話」とは、日本の土台となる「大八洲国おおやしまぐに」誕生の物語。 『日本書紀にほんしょき』や『古事記こじき』で伝えられていて、 伊奘諾尊いざなきのみことと伊奘冉尊いざなみのみことという男女の神が、…

真床追衾用語解説

真床追衾・真床覆衾(まとこおうふすま)とは?天孫の証明品!大嘗祭でも使用?される真床追衾の日本神話的起源をまとめてご紹介!

  「真床追衾まとこおうふすま(真床覆衾)」とは、日本神話に登場する皇孫すめみまの証明品。「衾きん」は布団の事。 ある時は、布団のようなものとして皇孫すめみまを包み、またある時は、座布団のようなものとして皇孫す…

大嘗宮の中心的神殿用語解説

悠紀殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)とは?|大嘗宮の中心的神殿!「御親供・御直会の儀」が行われる悠紀殿・主基殿のヒミツを大公開!

  「悠紀殿ゆきでん」「主基殿すきでん」とは、大嘗祭だいじょうさいの中心的神殿しんでん。二つあわせて「大嘗宮だいじょうきゅう」と呼ばれます。 大嘗祭だいじょうさいでは、 「悠紀殿ゆきでん」「主基殿すきでん」それ…

用語解説

高御座(たかみくら)とは?即位礼正殿の儀で壇上から即位を宣言!天皇の御座「高御座」の全貌を徹底解説!

  「高御座たかみくら」とは、古来、即位式そくいしきや朝賀ちょうがなど重要な儀式に用いられてきた天皇の御座ぎょざ。 尊貴な方の座す所。なので「御」をつけて「御座ぎょざ」。当然、天皇は一段と高いところにいらっしゃ…

用語解説

天磐櫲樟船(あまのいはくすぶね)鳥磐櫲樟船(とりのいはくすぶね)鳥之石楠船神(とりのいはくすふねのかみ)の詳細解説

  天磐櫲樟船、鳥磐櫲樟船 とは 「天磐櫲樟船あまのいはくすぶね」「鳥磐櫲樟船とりのいはくすぶね」は、蛭児ひるこを放棄するための「特別な船」。 言葉の構成 ①天、鳥 放棄用に「流れ」を生み出すものとして、 天=…