神武天皇

神話史跡高千穂宮神話伝承地

高千穂宮(宮の宇都)|神武天皇が幼少期に父・鵜葺草葺不合命と住んでいた宮跡!?高千穂宮跡は神話ロマンあふれるオススメスポット!

  高千穂宮(宮の宇都)は、宮崎県 西諸県郡 高原町にある神話伝承地。 コチラ、神武天皇が幼少期に、父・鵜葺草葺不合命と共にお住みになった宮の跡地と伝えられてます。 現地は巨大なイチョウの木が立っていて秋には黄…

饒速日命ニギハヤヒノミコト神様解説

饒速日命(ニギハヤヒノミコト)とは?天神で物部氏のご先祖!神武東征神話で長髄彦を殺して神武天皇に帰順した饒速日命を解説!

  饒速日命にぎはやひのみこととはどんな神だったのか? 正史『日本書紀にほんしょき』をもとに、最新の文献学的学術成果も取り入れながら、饒速日命にぎはやひのみことの神様像をディープに解説します。   饒…

神武天皇船出の地神話伝承地

神武天皇御舟出の地|東征の航海はココから始まった。。。日本建国のロマンに思いを馳せる至福のスポット

  「神武天皇御舟出の地」は、宮崎県日向市の美々津海岸にあります。 ココ、神武天皇が東征の航海に漕ぎ出した地として、日本神話ファン的には鉄板のビジットスポット。 天下を統治するに相応しい地「中洲」を目指し、ココ…

崗水門顕彰碑神話伝承地

神武天皇聖蹟崗水門顕彰碑|情勢偵察&宗像はじめ在地豪族が敵対・寝返りしないことを見極めていたに違いない件

  神武東征神話じんむとうせいしんわをもとに「東征とうせいルート」を辿り、書紀しょき文献とあわせて検証するシリーズ 本企画は、 シリーズでお伝えしている神武東征神話じんむとうせいしんわ、その物語をもとに、 神話…

皇宮神社神社

皇宮神社(皇宮屋・宮崎神宮摂社)東征発議の地!?神武天皇が15歳から宮居してた皇宮屋跡とされる神話ロマン全開スポット!

  「皇宮こうぐう神社(皇宮屋こぐや・宮崎神宮摂社)」は宮崎県宮崎市にある神社。 ココ、神武天皇が15歳から45歳まで宮居していたとされる皇宮屋伝承地。てことは、東征発議の地!?とされる神話ロマン全開のスポット…

皇子原神社神社

皇子原神社|神武天皇誕生の地!日本建国への道はココから始まった•••皇子原神社は神話ロマンあふれる超絶スポット!

  皇子原おうじばる神社は、宮崎県西諸県郡にしもろかたぐん高原たかはる町にある神社。 ココ、実は、神武天皇誕生の地として日本神話ファンとしては鉄板のビジットスポット。 神社の後ろには「産婆石うべいし」があり、こ…

神話伝承地

鳥見山靈畤|神武天皇が斎場(靈畤)を設けて皇祖である天神を祭った場所!神武東征神話と合わせて鳥見山靈畤を現地レポ!

  鳥見山とみやま霊畤れいしは、奈良なら県桜井さくらい市桜井さくらいにある鳥見山とみやまにある斎場。 ココ、初代しょだい天皇である「神武じんむ天皇」が、東征とうせいミッション達成後、途上でいただいた神助しんじょ…

祓原神話伝承地

祓原|神武天皇誕生時に不浄を祓った地!?集落のあいだにひっそりと広がる祓原は夢みたいにステキな場所でした

  祓原はらいはらは、神武じんむ天皇が生まれた時に不浄ふじょうを祓はらったとされる地。 宮崎みやざき県西諸県郡にしもろかたぐん高原町たかはるちょうにあり、集落の中にひっそりとあります。 『日本書紀にほんしょき』…

神様解説

椎根津彦(珍彦)とは?倭国造(倭直部)の祖!神武東征神話で文官として活躍した椎根津彦を分かりやすくまとめ!

  椎根津彦しいねつひこ(珍彦うづひこ)とはどんな人物だったのか? 正史『日本書紀にほんしょき』をもとに、最新の文献学的学術成果も取り入れながら、椎根津彦しいねつひこ(珍彦うづひこ)の人物像をディープに解説しま…

神様解説

道臣命(日臣命)とは?天忍日命の子孫で大伴氏の祖!神武東征神話で武官として活躍した道臣命を分かりやすくまとめ!

  道臣命みちのおみのみこと(日臣命ひのおみのみこと)とはどんな人物だったのか? 正史『日本書紀にほんしょき』をもとに、最新の文献学的学術成果も取り入れながら、道臣命みちのおみのみこと(日臣命ひのおみのみこと)…

神武東征神話補足解説

神武天皇のもとになぜ金のトビが飛んできた?神武東征神話をもとに金鵄飛来の理由と意味を分かりやすく解説!

  日本神話にほんしんわに登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話にほんしんわ解説シリーズ」。 今回は、 神武じんむ天皇のもとに金のトビが飛んできた理由と意味 をテーマにお届けします…