神武天皇のもとになぜ金のトビが飛んできた?神武東征神話をもとに金鵄飛来の理由と意味を分かりやすく解説!

神武東征神話

 

日本神話にほんしんわに登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話にほんしんわ解説シリーズ」。

今回は、

神武じんむ天皇のもとに金のトビが飛んできた理由と意味

をテーマにお届けします。

神武東征じんむとうせい神話におけるクライマックス。最大の敵「長髄彦ながすねびこ」との最終決戦。なかなか勝利を得られないところに突然、空がかき曇りひょうが降ってくる。すると、金色の霊妙なとびが飛来し、神武じんむ天皇の弓のはず に止まる。そのとびは燃える火のように輝き、稲妻のように光を放った。。。と。

後世に語り継がれ、数々の絵画にも描かれたシーンです。

今回は、なぜ神武じんむ天皇のもとに金のトビが飛んできたのか?その理由と意味を、『日本書紀にほんしょき』をもとにディープに解説します。

 

神武天皇のもとになぜ金のトビが飛んできた?神武東征神話をもとに金鵄飛来の理由と意味を分かりやすく解説!

神武天皇のもとに金のトビが飛んできた場面

まずは、実際の、神武じんむ天皇のもとに金のトビが飛んできた場面をチェック。

登場するのは『日本書紀にほんしょき』巻三、通称「神武紀じんむき」と呼ばれる箇所。この最後のところで大和やまと最大の敵「長髄彦ながすねびこ」との戦いが描かれてるのですが、ここで金のトビが登場。以下。

12月4日に、東征軍はついに長髄彦を攻撃した。ところが、続けて幾度となく戦っても勝利を得ることができなかった。

その時、突然、空がかき曇りひょうが降ってきた。すると、金色の霊妙なとびが飛来し、彦火火出見の弓のはず に止まった。その鵄は燃える火のように輝き、稲妻のように光を放った。この光に打たれ長髄彦の軍兵はみな目がくらみ惑って、もはや反撃して戦うことができなくなった。

十有二月癸巳朔丙申、皇師遂擊長髄彥、連戰不能取勝。時忽然天陰而雨氷、乃有金色靈鵄、飛來止于皇弓之弭、其鵄光曄煜、狀如流電。由是、長髄彥軍卒皆迷眩、不復力戰。(『日本書紀』巻三 神武紀より抜粋)※原文中の「天皇」という言葉は、即位前であるため、生前の名前であり東征の権威付けを狙った名前「彦火火出見」に変換。

▲橿原神宮で公開中の「神武天皇御一代記御絵巻」から。

東征神話とうせいしんわ最大の劇的なシーン。後世に語り継がれ多くの絵画に描かれた場面。

非常にドラマチックですよね。その時、突然、空がかき曇りひょうが降ってきた。すると、金色の霊妙なとびが飛来し、神武じんむの弓のはず に止まった。そのとびは燃える火のように輝き、稲妻のように光を放った。。。と。

以下、少し原文もふまえて解説。

突然、空がかき曇り(忽然天陰)」の「天陰」は、『漢書かんじょ五行志ごぎょうしに「天陰、昼夜不見日月」とあり、闇に閉ざされること。金鵄きんしの出現を劇的なものとする演出として使われてます。しかも、「ひょうが降ってきた(雨氷)」とあり、確かに12月なんでひょう、氷の粒がザーっと降ってきたと。そこに登場、「金色の霊妙なとび(金色靈鵄)」。暗闇とひょうに対して非常にコントラストが効いてます。

弓のはず に止まった」とあるように、弓は武力、軍事力の象徴ですから、天が神武じんむの軍勢に加勢しているということを強調してる訳です。

ちなみに、「はず」とは、弓の両端の弦を懸ける金具のこと。弓を射る時、上になる末筈うらはずを指します。

真っ暗な中にそんな金鵄きんしが登場し「燃える火のように輝き、稲妻のように光を放った」なんてことされたら、、そりゃ「長髄彦ながすねびこの軍兵はみな目がくらみ惑って、もはや反撃して戦うことができなくなった」のも納得で。

苦戦しなかなか勝利を得られなかった戦いも一変。一気にマウントゲット。非常に大きな転換点として位置づけられてます。

 

神武天皇のもとになぜ金のトビが飛んできたのか?

続けて本題。神武じんむ天皇のもとに金のトビが飛んできた理由と意味を解説。

金のトビが飛んできた理由、結論を一言で言うと、、

天が味方してるから。

天が味方してるから金のトビが飛んできた。

って、まずはコレ、古代、それこそ『日本書紀にほんしょき編纂へんさん当時の考え方をチェックする必要あり。

まず押さえていただきたいのが祥瑞応見しょうずいおうけんという言葉。考え方。

  • 祥=めでたい
  • 瑞(ずい=みつ)=しるし

つまり、

すばらしい徳をもって、素晴らしい政治を行えば、天がその聖徳に応えて「しるし」となるモノがこの世界に登場する、という考え方のこと。

古代にはこんな考え方があったんですね。。

コレ、そもそも論は古代中国ちゅうごくの文献が根拠になってます。

天道聰明てんどうそうめい、善をたすけ、悪にわざわいし、瑞異ずいい(=瑞祥や変異)を以て符效ふこうす。 『漢書』元后伝より

要は、

  • 天が、善を助け、悪にわざわいを降らす
  • その際には、「符效ふこう=しるし」を示す

という考え方。つまり、

  • 良い行い、良い政治には、良いしるしを。
  • 悪い行い、悪い政治には、悪いしるしを。

それぞれ天が示しますよ、と。

その良いしるしを示して天が応えてくれるというのが祥瑞応見しょうずいおうけんという訳です。

特に、鳥で現れるのが多かったようです。

珍鳥登場=めでたいしるし=聖徳の証

という訳。で、古代中国ちゅうごくの鳥類の「瑞」には、「瑞燕(つばめ)」「瑞応鳥(鳳凰)」「瑞鶴(つる)」「瑞雁(かり)」「瑞禽(鸞=らん の類)」「瑞鵲(かささぎ)」「瑞雉(きじ)」などがあるのです。めっちゃある・・・(゚A゚;)ゴクリ 

神武じんむ天皇のもとに飛んできた金のトビの理解にはこうした知識が必要不可欠。逆に言うと、金のトビがとんできたってことは、天が神武じんむ天皇に味方してるという意味であり、分かってる人には分かるという形になってます。

 

古代日本における祥瑞応見の制度概要

この祥瑞応見しょうずいおうけんですが、実は、古代においては制度化されてたりするので、それを補足解説。概念とか理想とかいう話ではなく、昔の人は結構マジです。

祥瑞応見しょうずいおうけん」について、例えば、『儀制令ぎせいりょう養老令ようろうりょう)』ではその取扱を定めています。

基本的には、

  • 発見→報告→認定→奏上→褒賞

という流れ。

祥瑞応見しょうずいおうけん=祥瑞、とてもめでたいみつ、しるし的なものを、天が聖徳に応じてこの世界に見せてくれた的な感じなので、、

発見された「瑞=みつ」はまずは報告する訳です。

しかも、この「瑞=みつ」にはランクがあって、、

  • 大瑞、中瑞、下瑞

に分けられていたようです。

儀制令ぎせいりょう』第十八では、「玄鵄、青鳥、赤鳥、三足鳥、赤鷲、赤雀」を「上瑞じょうずい」としており、つまり、「金鵄きんし」は「大瑞だいずい」にあたる訳で。天の示す「みつ」の中でも上物じょうものであります。

今回ご紹介してる神武じんむ天皇のもとに金のトビが飛んできた意味は、つまり、天の示す「みつ」の中でも上物じょうものであり、スゴイ勢いで天が味方してるんだよと、それを伝えてる訳です。

話を戻して。

みつ発見。中でも、「大瑞だいずい」であれば、これはもんげーめでたい事なので、ソッコーで奏上。天皇にご報告!で、それをみことのりによって発表。中、下のみつなら、翌年の「元日がんじつ」に発表という流れ。

とにもかくにも、発見したらすぐ報告。しかも、報告に当たっては、品目や発見場所を知らせる事!

、、、たしかに大事だ。

ちなみに、動物で生きたまま捕獲された場合は、そのまま山野に放ちます。もったいない気もしますが、超めでたいしるしですから。殺さないための措置だったようです。代わりに、図を描いて送れと。この判断は、祥瑞しょうずいを受け付けた役所=国郡とその役人に委ねられてました。発送先は、治部省じぶしょう。ここでは、祥瑞しょうずいの扱いを決定することが職務として含まれていました。で、めでたすぎる場合は、なんらかの賞を発生させることになります。これは、臨時のみことのりによってなされます。

と、、実際は『儀制令ぎせいりょう養老令ようろうりょう)』は漢文によるガチガチの法律なのですが、概要としてはこんな感じです。

実際の運用事例としては、例えば、

大化たいか改新かいしんを断行した孝徳こうとく天皇の時代に「白雉しろきぎす」が出現!みことのりに、「聖王出でて、天下を治むる時に、天応えて其の瑞祥ずいしょう(みつ)を示す。」と記述あり。で、皇太子は「よごと」を奉り、「陛下、清平なる徳を以て天下を治むるが故にここに白雉 西の方(長門)より出づること有り。」と伝えます。

そして、白雉しろきぎすの出現を天の示しためでたいしるしとして、元号げんごう大化たいかから「白雉はくち」に改めてもいます。

他、例えば、天武てんむ天皇15年にも「朱鳥あかみとり」を得て改元かいげんしています。他にも、発見された場所を担当する役人さんの人事考課が良くなったり。。。このあたりの対応は今も昔も変わりませんね。

 

まとめ

神武天皇のもとになぜ金のトビが飛んできたのか?

神武東征じんむとうせい神話におけるクライマックス。最大の敵「長髄彦ながすねびこ」との最終決戦において、神武じんむ天皇のもとに突然飛来した金のトビ。

この意味は、ズバリ、天が神武じんむ天皇に味方してる、ということ。

背景には、祥瑞応見しょうずいおうけんという考え方があり。

  • 祥=めでたい
  • 瑞(ずい=みつ)=しるし

すばらしい徳をもって、素晴らしい政治を行えば、天がその聖徳に応えて「しるし」となるモノがこの世界に登場する、という考え方。古代において、律令りつりょうで制度化され、実際に「祥瑞応見しょうずいおうけん」があった場合、改元かいげんしたりしてました。

ポイントは、金のトビは、天の示す「みつ」の中でも上物じょうものであり、スゴイ勢いで天が味方してるんだよ、という意味が込められてるってこと。しかも!!「弓のはず に止まった」とあるように、弓は武力、軍事力の象徴ですから、神武じんむの軍勢に天が加勢しているということを、ことさらに強調してる訳ですね。このあたりもしっかりチェックです。

 

神武天皇のもとに金のトビが飛んできたシーンの詳しい解説はコチラ!必読です!

『日本書紀』神武紀

長髄彦最終決戦|分からんちんども とっちめちん!手前勝手な理屈ばかりで道理無しのスネ長男をイテこました件|分かる!神武東征神話 No.16

03/28/2016

 

神武東征神話を丸ごと解説中!アツい日本の建国神話をチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

本記事監修:(一社)日本神話協会理事長、佛教大学名誉教授 榎本福寿氏
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)、他

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した橿原宮=橿原神宮を日本神話とあわせて徹底解説!

01/18/2016

神武天皇聖蹟顕彰碑・伝承碑まとめ|実際に行ってみて、確かめてみたところを全部まとめてみた!(マニア限定)

02/22/2016
『古事記』 中巻

『古事記』神武東征神話|東征発議から吉備「高嶋の宮」までの神話を現代語訳付きで分かりやすく解説!

10/03/2016
神武東征神話

読み聞かせ 無料 絵本 日本神話 日本の建国神話「神武東征神話」を『日本書紀』をもとにつくりました

12/25/2020

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
『古事記』現代語訳

古事記 神話 現代語訳 天地初発から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

追加開催決定!!朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義(秋冬)のご案内 10/29, 11/26, 12/24

日本神話講座

白熱講義 追加開催決定! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っている!? この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。10/29, 11/26, 12/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


神武東征神話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他