イザナギとイザナミはなぜ国生みで失敗したのか?その意味とは?日本神話が伝える国生みの失敗を分かりやすく解説!

イザナギとイザナミはなぜ失敗したのか?

 

日本神話に登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話解説シリーズ」。

今回は、

イザナギとイザナミはなぜ国生みで失敗したのか?その意味とは?

をテーマにお届けいたします。

イザナギ=伊邪那岐命、イザナミ=伊邪那美命の国生みの失敗を伝えるのは『古事記こじき』。または『日本書紀にほんしょき』第四段〔一書1〕。

今回は、『古事記こじき』をもとに、伊邪那岐いざなき命と伊邪那美いざなみ命の国生みの失敗とは?その意味するところは?についてディープに解説します。

 

イザナギとイザナミはなぜ国生みで失敗したのか?その意味とは?日本神話が伝える国生みの失敗を分かりやすく解説!

イザナギとイザナミが失敗する場面

伊邪那岐いざなき命と伊邪那美いざなみ命はなぜ国生みで失敗したのか?

その謎を探るべく、まずは、失敗の現場をチェック。どういった経緯で、どういう内容なのかを確認です。

ご紹介するのは『古事記こじき』上巻。「国生み神話」と呼ばれる伝承箇所から。

経緯としては、

天神あまつかみと呼ばれる非常に尊貴な神々によって、国の修理固成を命じられた伊邪那岐いざなき命、伊邪那美いざなみ命。

二神は、しまに天下り、あめ御柱みはしらを見立てます。そのうえで、身体問答しんたいもんどうで互いの体の形状確認をしてから、あめ御柱みはしらを回り、交合こうごうして出産しようとするところから。

イメージは以下。

『古事記』柱巡りと出産の現場

※陽=伊邪那岐いざなき命、陰=伊邪那美いざなみ

なお、『古事記こじき』でも、しまにでの結婚と出産は、一連の儀式として描かれており、具体的には、

  1. 身体問答しんたいもんどう
  2. 天之御柱あめのみはしら左旋させん右旋うせん
  3. 先唱後和せんしょうこうわ
  4. 交合結婚こうごうけっこん

といった手順を踏むことになってます。それをもとに以下、失敗の場面。

そこで伊邪那岐命が詔して「然らば、と是の天の御柱を行きめぐり逢って、美斗能麻具波比みとのまぐはひをしよう。」と仰せになった。このようにちぎって、さっそく「汝は右より廻り逢へ。は左より廻り逢はむ。」と仰せになり、ちぎり終えて廻る時、伊邪那美命が先に「ほんとうにまあ、いとしいお方ですことよ。」と言い、そのあとで伊邪那岐命が「なんとまあ、かわいい娘だろうか。」と言った。

おのおの言い終えた後、其のいもに「女人おみなが先に言ったのは良くない。」とお告げになった。しかし、寝床で事を始め、子の水蛭子ひるこを生んだ。此の子は葦船に入れて流し去てた。次に淡嶋あはしまを生んだ。これもまた、子のかずには入れなかった。

是に二柱の神、はかって「今、が生める子は良くない。やはり天神の御所みもとまをしあげるのがよい。」と仰せになって、すなはち共にまいのぼって、天つ神のめいを仰がれた。ここに天神の命をもって、太占に卜相うらなって「をみなの言葉が先立ったことにり良くないのである。再びかへくだって改めて言いなさい。」と仰せになった。

ゆえにかへり降りて、更にの天の御柱を先の如く往きめぐった。是に伊邪那岐命、先に「なんとまあ、かわいい娘だろうか。」と言い、その後にいも伊邪那美命が「なんとまあ、いとしいお方ですこと。」と言った。

このように言ひ終わって御合みあひして(結婚して)、生んだ子は、淡道之穗之狹別嶋あはぢのほのさわけのしま。~中略~ ゆえに、此の八嶋やしまを先に生んだことに因って、大八嶋国おほやしまくにという。

爾伊邪那岐命詔「然者、吾與汝行廻逢是天之御柱而、爲美斗能麻具波比此七字以音。」 如此之期、乃詔「汝者自右廻逢、我者自左廻逢。」約竟廻時、伊邪那美命、先言「阿那邇夜志愛上袁登古袁。此十字以音、下效此。」後伊邪那岐命言「阿那邇夜志愛上袁登賣袁。」各言竟之後、告其妹曰「女人先言、不良。」雖然、久美度邇此四字以音興而生子、水蛭子、此子者入葦船而流去。次生淡嶋、是亦不入子之例。 於是、二柱神議云「今吾所生之子、不良。猶宜白天神之御所。」卽共參上、請天神之命、爾天神之命以、布斗麻邇爾上此五字以音ト相而詔之「因女先言而不良、亦還降改言。」故爾反降、更往廻其天之御柱如先、於是伊邪那岐命先言「阿那邇夜志愛袁登賣袁。」後妹伊邪那美命言「阿那邇夜志愛袁登古袁。」如此言竟而御合生子、淡道之穗之狹別嶋。~中略~ 故、因此八嶋先所生、謂大八嶋國。 (『古事記』上巻より一部抜粋)

●詳細はコチラで→ 『古事記』国生み原文と現代語訳と解説|伊邪那岐命と伊邪那美命の聖婚と大八嶋国誕生の物語

と、いうことで、

伊邪那岐いざなき命と伊邪那美いざなみ命の失敗とは、

失敗の内容 大八嶋国を生むはずが、水蛭子と淡嶋が生まれてしまったこと。
失敗の原因 天之御柱を廻ったあと、伊邪那美命(女神)が先に声をあげてしまったこと。

ということなんす。

水蛭子ひるこは葦船に入れて流し去て、淡嶋あわしまも子のかずには入れなかった。とあり、生んだにも関わらず、流すか認知しないということになってます。

本文では2か所、失敗の原因を指摘するところがあり、

  • おのおの言い終えた後、其のいもに「女人おみなが先に言ったのは良くない。」とお告げになった。
  • 天神あまつかみの命をもって、太占に卜相うらなって「をみなの言葉が先立ったことにり良くないのである。

と、伝えてます。

どうやら、結婚、いよいよ交合こうごうというときになって、女神めかみが先に声をあげることはNG。先に男神おかみが声をあげないといけないルールがあるようで。。

これを破ると、水蛭子ひるこ淡嶋あわしまが生まれてしまい、

逆に、きちんと手順を守ると、大八嶋国おおやしまくにが生まれる、

という伝承になってる。

古事記こじき』の伝承、伊邪那岐いざなき命と伊邪那美いざなみ命の結婚と国生みと、ステキなロマンス的なイメージがあるかと思いますが、実は全然違うくて、きちんとした手順やルールを守らないといけない、破るとおかしなことになる、という、ある意味、厳しい神世界の掟を伝えてるとも言えますよね。

 

イザナギとイザナミはなぜ失敗したのか?

と、いうことで、伊邪那岐いざなき命と伊邪那美いざなみ命がどんなふうに失敗したのか?理解できたところで、ココからは、なぜ失敗したのか?について、さらにディープに掘り下げます。

なぜ失敗したのか?を探るためにも、じゃ、なにが成功なのよ?ってことを分かってないと話になりません。

てことで、以下、

まずは国生みにおける成功の定義を確認し、そのうえでなんで失敗したのか?について解説します。

国生みの成功の定義、国生みでの成功とは?

一言でいうと、

結婚=神聖な儀礼

ってことでチェック。国生みにおける大前提として押さえておきたいポイント。

儀礼には、きちんとした手順、ルールがある訳で、ココでいう「結婚の儀礼」とは、

  1. 身体問答しんたいもんどう
  2. 天之御柱あめのみはしら左旋させん右旋うせん
  3. 先唱後和せんしょうこうわ
  4. 交合結婚こうごうけっこん

といった手順のこと。

儀礼なんで、踏むべき手順(①〜④)がある、、

しかも!

各手順でのっとるべきルール細目があって、、

そのルールとは

えきの概念に基づく「陽主導」であること。

(陽=伊邪那岐命いざなきのみこと。陰=伊邪那美命いざなみのみこと。ただし、本文にはそこまで明確に陰陽理論は謳われておりません。)

●必読→ 日本神話的易の概念|二項対立の根源とその働きによって宇宙はつくられ動いている

なので、先ほどの手順に当て込むと、

  1. 身体問答しんたいもんどう・・・陽が先、陰が後
  2. 左旋させん右旋うせん・・・陽が左旋させん、陰が右旋うせん
  3. 先唱後和せんしょうこうわ・・・陽が先、陰が後
  4. 交合結婚こうごうけっこん・・・ここは、、、特になし。二人で交合こうごうだから。

となるわけです。コレが成功パターン。成功の定義です。

結婚=神聖な儀礼であり、えきの概念に基づく「陽主導」であること。

これがまず大前提としてあり、だからこそ、各手順で陰が先行することがNGとされる訳ですね。

なので、国生みでなんで失敗したの?ってことについては、つまり

陰先行は手順的に間違いでありダメだから、それをやっちまったから失敗なんだよ

というお話なんです。

なので、天神あまつかみの是正指導を通じて正しい手順で国生みをしたよ、という流れにつながっていく訳です。

歴史書編纂中

イザナギとイザナミの失敗が意味すること

ということで、なぜ失敗したのか?について理解できたところで、最後に、その失敗が意味するところはどういうことなのよ?について解説。

結論から言うと、2つ。

  1. 手順を間違えると、変なことになるよ
  2. 手順通りにやれば、ちゃんとした結果が生まれるし、それは神聖なものだよ

と。

一つ目の、間違えると変なことに、というのは淡嶋あわしま水蛭子ひるこの誕生として伝えてます。そして、水蛭子ひるこは葦船に入れて流し去て、淡嶋あわしまも子のかずには入れなかった。とあり、生んだにも関わらず、流すか認知しないということに。

二つ目の、ちゃんとやると良い結果が生まれる、というのは大八嶋国おおやしまくにの誕生として。これは、子として認知できるものであったと。

それぞれ、きちんと分けて伝えてます。

全体にただよう手続き臭さは、そのためで。意味があってわざわざやってるんです。

その意味とは、

原理原則に基づく手順やルールにのっとる=神聖である

ってこと。つまり、最終的に成功として誕生する大八嶋国おおやしまくにの神聖化が狙いとしてあるわけですね。

失敗があるからこそ、成功が引き立つ、

失敗があるからこそ、学びがある

コントラスト的な技法を駆使して非常に分かりやすく伝えている訳です。

古事記こじき』は天皇家の私的な歴史書として、皇太子教育のテキストとして編纂へんさんされた経緯があり。その目的に沿って、失敗事例と成功事例を並べることで、やっていいこととやってはダメなことを伝えようとしてるんです。その意味で、非常に良く練られた神話になってる。

古代の日本人が創意工夫によって生み出した構想力、知恵のスゴさに感動。現代の私たちも学びたいところですよね。

 

まとめ

イザナギとイザナミはなぜ国生みで失敗したのか?その意味とは?

をテーマにお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか?

国生みの失敗を伝えるのは『古事記こじき』で、その内容とは、

失敗の内容 大八嶋国を生むはずが、水蛭子と淡嶋が生まれてしまったこと。
失敗の原因 天之御柱を廻ったあと、伊邪那美命(女神)が先に声をあげてしまったこと。

ということ。

水蛭子ひるこは葦船に入れて流し去て、淡嶋あわしまも子のかずには入れなかった。とあり、生んだにも関わらず、流すか認知しないということになってます。

コレ、国生みの成功の定義が、

結婚=神聖な儀礼

ということであり、

結婚=神聖な儀礼であり、えきの概念に基づく「陽主導」であること。

これがまず大前提としてあり、だからこそ、各手順で陰が先行することがNGとされる訳です。

原理原則に基づく手順やルールにのっとる=神聖である

つまり、最終的に成功として誕生する大八嶋国おおやしまくにの神聖化が狙いとしてあるんです。

失敗があるからこそ、成功が引き立つ、

失敗があるからこそ、学びがある

コントラスト的な技法を駆使して非常に分かりやすく伝えてます。

古事記こじき』は天皇家の私的な歴史書として、皇太子教育のテキストとして編纂へんさんされた経緯あり。その目的に沿って、失敗事例と成功事例を並べることでやっていいこととやってはダメなことを伝えようとしてる。

その意味で、非常に良く練られた神話であり、古代の日本人が創意工夫によって生み出した構想力、知恵のスゴさに感動。現代の私たちも学びたいところです。

 

国生み神話の詳細解説!必読です!

『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝 ~聖婚、洲国生み~

05/26/2019
『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第1 〜天神ミッションと無知な二神〜

06/01/2019
『古事記』国生み

『古事記』国生み原文と現代語訳と解説|伊邪那岐命と伊邪那美命の聖婚と大八嶋国誕生の物語

09/22/2021

 

神話を持って旅に出よう!

国生み神話の伝承地はコチラです!

上立神岩|国生みの舞台!伊奘諾尊と伊奘冉尊が柱巡りをした上立神岩を日本神話と合わせて現場レポ!

12/17/2016

沼島の自凝神社(おのころ神社)|伊奘諾尊と伊奘冉尊の結婚スポット!国生み神話から縁結びご利益満載の神社は山全体が御神体の恋愛系パワースポットです。

12/19/2016

沼島へは沼島汽船でゴー!伊奘諾尊と伊奘冉尊による国生み神話の舞台「沼島」へ向かう唯一の交通手段「沼島汽船」の全貌をご紹介します

12/16/2016

絵島|国生み神話の舞台!?古代より歌人を魅了してきた絵になる小島「絵島」

10/31/2019

伊弉諾(いざなぎ)神宮|伊奘諾尊の隠居地「幽宮」!伊弉諾神宮の魅力と日本神話をまとめてご紹介!

12/26/2016

花窟神社|伊奘冉尊の鎮魂祭祀の場!高さ45mの圧倒的な巨岩と神代から続く花の祭りが神話ロマンすぎる件

08/18/2016

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

 

本シリーズの目次はコチラ!

日本書紀の目的と編纂方法|神代から歴史へ直通!それアリ??『日本書紀』の目的と編纂方法に隠されたヒミツを徹底解説!

05/06/2019

日本神話とは

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|分かる!神武東征神話|天照大神の第五世代 子孫(来孫)であり、海神の孫でもある件

01/20/2016

参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

【中古】 日本書紀 史注(巻第1) /山田宗睦(著者) 【中古】afb

 

 

イザナギとイザナミはなぜ失敗したのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他