兄磯城討伐|やっとだよ。。。やっとたどり着いた大和平野(中洲)。感慨に浸る暇なく目の前の敵に集中するでござるの巻|分かる!神武東征神話No.15

神武東征神話を分かりやすく解説するシリーズ

日本神話.comでは、天地開闢てんちかいびゃくから橿原即位までを「日本神話」として定義。東征神話は、その中で最大のクライマックスを彩るアツく奥ゆかしい建国神話であります。

言うと、
これを知らずして日本も神話も語れない!m9( ゚Д゚) ドーン!

ということで、今回は15回目。

兄磯城(えしき)殲滅をお届けします。この神話、やや長いので3回に分けてお届け。今回はその第一回目です。

経緯を確認。

前回の内容はコチラ。

国見丘の戦いと忍坂掃討作戦|すごいぞスーパー彦火火出見!敵軍撃破!残党掃討!そのパワーほんと流石な件|分かる!神武東征神話 No.14

02/21/2016

丹生川上で「スーパー彦火火出見(ひこほほでみ)」になった神武。「天神パワー(あまつかみパワー)」で敵の殲滅へ乗り出します。

殲滅にあたっては、大きく2段階で進行。

  • まずは、国見丘を中心とした八十梟帥(やそたける)を殲滅
  • その後、磐余(いわれ)にいる兄磯城(えしき)を殲滅

高倉山に登ったときに判明した絶望的状況をホップステップでクリアしていった訳ですね。

 

今回の神話は、2段階目、磐余の兄磯城(えしき)殲滅のお話。

 

磐余(いわれ)の兄磯城(えしき)

磐余は、地名。

兄磯城は、敵の名前。

「兄磯城」はこのあたりの八十梟帥(やそたける=屈強な敵兵士の意味)のドン。実は兄弟。弟に「弟磯城(おとしき)」がいます。二人合わせて「磯城彦(しきひこ)」です。

ヤンボー、マーボー、天気予報。

みたいな感じ。分からなければ結構です。

 

コレ、宇陀の宇賀志で登場した「兄猾(えうかし)・弟猾(おとうかし)」と同じパターン。

つまり、「兄の劣弱、弟の優秀」という「兄弟譚(きょうだいたん)」の類型

例によって、兄は神武に抵抗し、弟は従順な態度を取ります。

相変わらず、兄は良く分からない事をやり、

弟はそんな兄を見て、状況を良く見て、冷静に判断し、結果的に正しい選択をする訳で。

 

流石だ、弟よ。

兄はそんなお前をみて嬉しいぞ・・・ゴブッ←神武に討伐された

 

兄磯城討伐|やっとだよ。。。やっとたどり着いた大和平野(中洲)。感慨に浸る暇なく目の前の敵に集中するでござるの巻

さて、そんな敵が陣取っていた「磐余(いわれ)」ですが、場所自体は、現在の奈良県桜井市桜井付近。

奈良県桜井市桜井

ココ、

御多分に漏れず、顕彰碑も立っております。

神武天皇聖蹟 磐余邑 顕彰碑|磐余は山から平地への転換スポット!つまり、自然から文明へ、少し頭が良くなった気がする件

02/22/2016

その他、交差点にも、、、

磐余 (2)

▲磐余橋北詰交差点。橿原から宇陀方面へ向かう165号線上にあります。

 

 

この地の重要性を確認です。

前回、その他のエントリでも指摘しましたが、神武は初めて大和平野の地を踏む訳です。

日向で東征発議し、東大阪の孔舎衛坂で打ちのめされて、さまざまな苦難を経てようやっとたどり着いた中洲(ちゅうしゅう)=世界の中心地=約束の地。

イッツア大和平野!

 

もう何年経ったの?

5年くらい?

ずいぶん遠くまで来たもんだ、と。。。

大和平野。

IMG_7582 (1024x768)

実際に行っていただくと分かりますが、この地がもつ時間のおおらかな感じ、青山に囲まれた鷹揚な地。やっぱ違いますよね。

忍坂で残党を殲滅し、いよいよ大和平野に入った神武の胸に去来した想いとは・・・

ココ、神話ロマンを感じるポイントです。

 

 

ま、そんな感慨に浸る暇なんてなかったんですが、、、

目の前の敵、あふれんばかりの八十梟帥(やそたける)、兄磯城に集中する彦火火出見。

約束の地での最初の敵が「兄磯城(えしき)」だったという訳で。平野初戦。決して負けられない戦いがそこにはある!状態。

 

この磐余での戦いは、そんな背景をもとに読み解くと良いと思います。

次はコチラ!

兄磯城討伐・磐余制圧②|これで大和の東を全て制圧!日を背に戦うと不思議なくらい勝ててしまう件|分かる!神武東征神話 No.16

03/10/2016

 

本シリーズの目次はコチラ!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

01/03/2016

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した地「橿原神宮」を徹底解説!

01/18/2016

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

09/26/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他