天照大神

顕見蒼生用語解説

顕見蒼生(うつしきあをひとくさ)|目に見えるこの世界に生きるたくさんの人たち。日本神話が伝える顕見蒼生の意味とメッセージを読み解き!

  日本神話に登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話解説シリーズ」。 今回は、 顕見蒼生 をテーマにお届けいたします。 「顕見蒼生」とは、「目に見えるこの世界に生きる多くの人々、民…

お祭り・神事

大嘗宮の儀(悠紀殿供饌の儀・主基殿供饌の儀)(ゆきでんきょうせんのぎ、すきでんきょうせんのぎ)とは?|神に奉る・いただくがセットの共食!天照大神と繋がる大嘗祭の中心儀式

    「悠紀殿供饌ゆきでんきょうせんの儀」と「主基殿供饌すきでんきょうせんの儀」は、大嘗祭だいじょうさいの中心的儀式。2つあわせて「大嘗宮だいじょうきゅうの儀」と呼ばれます。 大嘗祭だいじょうさい(…

神社

日御碕神社|日の本の夜を守る神社!素盞鳴の奇魂と天照の和魂の御霊威により国家安泰・厄除け・縁結びなど幅広く霊験あらたかな件

  「日御碕ひのみさき神社」は、島根県出雲市大社町日御碕にある神社。 島根半島の西端に位置し、美しい夕日で有名な日御碕ひのみさきにあります。 上の宮「神の宮」と下の宮「日沈宮ひしずみのみや」の上下二社を総称して…