等彌(とみ)神社|大嘗祭発祥の地!鳥見山霊畤を背後に鎮座する等彌神社は日本神話的超絶パワースポット!

 

等彌とみ神社」は、奈良県桜井市桜井にある神社。

ココ、大嘗祭だいじょうさい発祥の地とされ、

初代天皇である「神武天皇」が、東征ミッション達成後、

途上でいただいた神助に対する「こう(孝行)」として、

つまり、日本神話版「御恩と奉公」の位置づけで、皇祖神・天神を祀った場所(霊畤れいし)がある超絶パワースポット。

鳥見山の山頂付近にある霊畤れいし場(斎場)は日本神話ファンとしては鉄板のビジットスポットであります。

今回は、そんな神代と歴史の転換点に由来する超重要神話スポット「等彌とみ神社」をご紹介します。

 

等彌神社|大嘗祭発祥の地!鳥見山霊畤を背後に鎮座する等彌神社は日本神話的超絶パワースポット!

等彌神社に関わる日本神話

まずは、当サイトならではの、「等彌とみ神社」に関連する日本神話からご紹介。

これをチェックすれば、
等彌とみ神社」の超絶な重要性がご理解いただけるはず!マジヤバいすよ、ココ。

で、

等彌とみ神社」、より正確に言うと、
等彌とみ神社」が擁する背後の鳥見山の斎場は、なんと、

大嘗祭発祥の地

とされてます。神話的に。いや、即位後だから歴史的にか。。。ま、それはともかく。もう、コレだけでその凄さがご理解いただけるはず。

必読:大嘗祭(だいじょうさい)とは?天皇一代につき一度だけ斎行!日本神話に根ざす大嘗祭の全貌を徹底解説!

歴代の天皇が天照大神はじめ天神地祇を祭っている理由、宮中祭祀の起源がココにあって。

今でこそ、なんだか寂しい感じになってますが、しっかり重要感をもってチェックいただきたい!

関連する神話は、

日本の建国神話である「神武東征とうせい神話」にあり。

↓まずは、コレで全体の流れをチェック。

必読:神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

この壮大な建国神話の最後、
東征を果たし、日本を建国、初代天皇として即位したところで、

神武天皇が、これまでのことを振り返って、総括するシーンがあります。

そこで、東征の途上でいただいた「神助しんじょ(天照の救援、天神の支援)」に対する孝行を宣言し実行。コチラ。

 四年春月の二十二日、(天皇は)みことのりして仰せられた。「我が皇祖の御霊みたまが天からくだりご覧になって、我が身を照らし助けてくださった。今、すでに諸々の賊を平定し、天下は何事もなく統治されている。そこで天神あまつかみ郊祀まつって、大孝たいこうの志を申しあげよう。

 そこで、斎場(靈畤まつりのにわ鳥見山とみのやまに設けて、その地を名付けて上小野うえつおの榛原はりはら下小野したつおの榛原はりはらといい、もって皇祖である天神を祭られた。 (『日本書紀』巻三〔神代紀〕より一部抜粋)

日本神話版御恩ごおん奉公ほうこう

簡単に言うと、

助けてもらったおかげで、日本を建国できました。なので、親孝行ならぬ「天神あまつかみ孝行」を実践します

という内容。

具体的には、

我が皇祖の御霊みたまが天からくだりご覧になって、我が身を照らし助けてくださった。」とある御恩の数々、、、東征過程でこんなに神助いただきました。

熊野荒坂で全軍昏倒|神の毒気にヤラレて意識不明の重体に!?天照による危機救援は「葦原中國平定」再現の意味があった件|分かる!神武東征神話No.8

01/25/2016

頭八咫烏の導きと熊野越え|山で迷って進退窮まる!?天照による2度目の救援は「天孫降臨」の再現だった件|分かる!神武東征神話No.9

01/26/2016

香具土採取と顕斎|天神降臨!守護パワーゲットによりスーパーサイヤ人状態になって敵を撃破しようとした件|分かる!神武東征神話No.13

02/12/2016

さらに、天神あまつかみそのものではありませんが、こちらも天の支援ということで。おまけ。

金鵄飛来=祥瑞応見|「瑞(みつ)」は王の聖徳に天が応えて示す「しるし」。古代にはそれなりのもんげー制度があった件|分かる!神武東征神話 No.18

03/28/2016

ほんとありがたい。。。

で、

チェックいただきたいのは、

日本の建国は、神武天皇というリーダー一人のチカラで成し遂げられた訳じゃない。

って事。

そこには、優秀な部下の貢献や、天照や天神の支援があって。皆様の貢献や支援をいただいてようやく建国を果たすことができました。ありがとうございます。一同礼!

だからこその、

天神あまつかみ郊祀まつって、大孝たいこうの志を申しあげよう。」(天神あまつかみ郊祀こうしし、ちて大孝たいこうもうすべし。(原文:可以郊祀天神、用申大孝者也。)という内容。

これがつまり、

郊祀こうし=郊外で天を祭る儀礼」による「大孝たいこう(最大の孝行)」の実践。

であります。

論功行賞と国見|エピローグ!論功行賞を行い、国見をして五穀豊饒の国「秋津洲(あきづしま)」を望み見た件|分かる!神武東征神話 No.26

04/18/2016

具体的には、

靈畤まつりのにわ鳥見山とみのやまに立てて天神あまつかみを祭る

というもので。

靈畤まつりのにわ」とは、斎場のこと。鳥見山とみやまに、お祭り用の祭壇を立て皇祖である天神を祀った。

コレが大嘗祭の起源とされてるのです。

ポイントは、この祭祀が

おん」に対する「こう」としてお祭りした

という事。「孝」とは親孝行の「孝」。

これはまさに、

「即位した天皇のありかた」を物語っている

って事であり。

神武天皇が即位し「孝」を実践したように、歴代の天皇が即位にあたっては大嘗の場で、五穀豊穣、国民国家の安寧とあわせて、皇祖である天神へのお祭りを実践する、という事になるのです。

天皇が祭祀を継承している根拠がココにあり。

ということで、超重要事項であります。まさに、その場所が、「等彌とみ神社」の背後にある鳥見山、という訳。

スゴイでしょ?「靈畤まつりのにわ」。激しくチェックです。

 

等彌神社の場所

そんな、「靈畤まつりのにわ」を擁する「等彌とみ神社」。場所は、奈良県桜井市大字桜井字能登1178番地。

スゴイよね、神話と歴史が交差するロマン発生地帯、それが奈良にある。

直ぐ近くには、これまた神代から続く大神おおみわ神社があって。地理的にも、山地と平地の境界の所で。まさに、神武が山から下りてて来て平地の敵を蹴散らした重要スポットであります。

参考:兄磯城討伐|やっとだよ。。。やっとたどり着いた大和平野(中洲)。感慨に浸る暇なく目の前の敵に集中するでござるの巻|分かる!神武東征神話No.15

場所については後ほど再度解説しますので、チェックしといてくださいね。

 

▲宇陀—桜井—橿原を結ぶ大動脈166号線から、薬師町交差点を南へ。37号沿いにあります。

 

キタでー!!こちらが「等彌とみ神社」の入り口です!

駐車場が、右手にあります。

が、狭いのでご注意を。

 

等彌神社の創建経緯

神社自体の創建経緯は不詳。

まず、鳥見山での祭祀、並びに祭祀場があって、その後、神社として成立していった経緯。なお、『延喜式神名帳』には「大和国城上郡等彌神社」の名があり、これに比定されております。

天永3年(1112年)、山崩れがあり、これにより社殿を現在の地に移したようで。また、明治時代までは「能登宮」と呼ばれていたそうな。この住所が「桜井字能登」だけに。

最近の「等彌とみ神社」的一大イベントは、昭和15年(1940年)。これは神話ファンなら鉄板チェック年で、つまり、神武天皇即位2600年記念の年。

必読:神武天皇聖蹟調査(昭和15年)による「聖蹟顕彰碑」まとめ|大人の事情満載だけど確かなものもきっとある件 (マニア限定)

この年、旧村社から県社に昇格!

しかも!

直ぐ近くに、聖蹟顕彰碑が建てられるという名誉に、、、

必読:神武天皇聖蹟 鳥見山中霊畤 顕彰碑|斎場(靈畤)を鳥見山に設けて皇祖天神を祭る!宮中祭祀、大嘗祭発祥の地となった超重要スポット!

ありがとうございます。ようやっと光が、、、(この時は)

 

等彌神社の境内

等彌とみ神社」については、いわゆる「境内」という概念ではなくて、

背後の「鳥見山とみやま」も含めた全体を含めてチェックをいただきたい!

コチラ!

つまり、

一番左上の、靈畤まつりのにわ」まで含めて等彌とみ神社の境内ですから! 参拝に当たっては登山覚悟で参られたし!!!

山頂、最重要スポットまで約30分ちょっと!

絶対登ってや

 

ということで、

さっそくリアルな現場をチェックです。

▲こちら、等彌とみ神社入り口の様子。ほんわりした雰囲気。

 

▲こちらが等彌とみ神社の社務所。入り口はいってすぐ左。

 

等彌とみ神社の手水舎。登山用の棒まで用意されております。登ってや、絶対やで

 

さーここからです!

 

等彌とみ神社境内には、160余基の石燈篭が並立。これも特徴的。

参道を進んで、左へ上社「上津尾社」に至り、右へ「下津尾社」に至ります。

 

等彌とみ神社 下社「下津尾社」

石段を上がって奥です。2社あり、右殿が八幡社、左殿が春日社です。

 

御祭神

八幡社(右殿):磐余明神いわれみょうじん(神武天皇)・品陀和気命(応神天皇)

春日社(左殿):高皇産霊神・天児屋根命

 

ポイントは、磐余いわれ明神(神武天皇)。

日本神話をチェックされた後なら、なんで神武天皇がお祭りされているかお分かりいただけるはず。そして、「磐余いわれ」の由来はコチラでチェック。

必読:中洲平定と事蹟伝承|大和平野各地の土蜘蛛さんを叩いて平定完了!あとは東征の事蹟を伝えておきたい件|分かる!神武東征神話 No.20

ポイントは、

  • 敵を打ち破った東征軍の兵卒があふれて「いわめり」と、
  • 逆に、東征軍に打ち滅ぼされた八十梟帥やそたけるの「屯聚居いわみゐたり」

という、異なる地名起源伝承から。

あふれるぐらい多くの強大な敵をやっつけた=オレ様スゴイぜ、ってことですね。

こちらも是非:神武天皇聖蹟 磐余邑 顕彰碑|磐余は山から平地への転換スポット!つまり、自然から文明へ、少し頭が良くなった気がする件

そして、

さらに左奥へ進むと、、、

緑が美しい静寂なる境内。秋には紅葉がめっちゃ美しくなります。是非。

 

等彌とみ神社 上社「上津尾社」

コチラが、本社にあたる上社「上津尾社」です。

 

 

御祭神:大日霊貴尊おおひるめのむちみこと(天照皇大神)

本殿はもともと鳥見山中にあり、天永3年(1112)に現在地に遷移。こちらも、神話をチェックしたあとであれば、なんで天照大神がお祭りされてるのか、ご理解いただけるはず!

ということで、

等彌とみ神社のメインとなる2社。「上津尾社」に天照大神が、「下津尾社」に神武天皇が、それぞれお祭りされてる訳で。まさに、日本神話で伝える「靈畤まつりのにわ」祭祀が根拠。しっかりチェック。

他、

境内社八社は以下。「靈畤まつりのにわ」へのルートは八社紹介のあとで!

①弓張社

ご祭神:櫻井弓張皇女さくらいのゆみはりのひめみこ

実は地元的には超重要な神。

この神の名が、「櫻井(現:桜井)」の地名発祥の一つとされてます。

櫻井弓張皇女さくらいのゆみはりのひめみこ」は、第三十代敏達びだつ天皇の第七皇女。もともと、磐余山東光寺の鎮守の神だったのが、この寺が廃寺となり、ここに遷座した経緯。

「夜泣きの神様」として信仰あつめていたようで、子供、にわとりを描いた絵馬が掲げられてます。

 

②恵比須社

御祭神:事代主大神ことしろぬしのおおかみ

古来、「磐余いわれ市場いちば守護神」として信仰をあつめ、「磐余市立いわれいちたちの宮」として独立したお宮さんでした。時代の変遷により転々とし、明治7年に当地に鎮座。

いまでも、市場守護の大神として市内商工の繁栄を祈願されてます。

 

③金毘羅社

 

④黒龍社

上津尾社から山手右へ少し上ったところにあります。季節はずれの大蛇を見たことからお祭り。昭和32年のこと。

 

⑤稲荷社

上津尾社から山手左へ少し上ったところにあります。

 

⑥猿田彦大神社

昭和55年に、伊勢市鎮座の猿田彦神社より勧請。猿田彦大神は、みちひらき、交通安全の神。

 

⑦愛宕社

 

⑧桃神社

社務所東側に桃神池とよばれる小さい池があり、この中島にある祠。ご祭神は「意富加牟豆美おほかむづみのみことの命」。『古事記』で、黄泉国から逃げるときに、伊邪那岐神が投げた「桃」の名前、それにちなむ神。

以上、境内社八社。

ともう一社。

桜井市護国神社

桜井市より出征し、戦没された1860余柱の御英霊を奉斎。昭和30年代に創建。

 

ということで、以上が、狭い意味での境内の様子でした。

ここから、お待ちかね、鳥見山中「靈畤まつりのにわ」へのルートをご紹介!!

 

鳥見山靈畤まつりのにわへのルート

鳥見山中「靈畤まつりのにわ」へは、上津尾社の左手に登山道口があります。ココから登っていきます。

鳥見山は標高245m、面積約50ha余りのなだらかな山容で、登るにつれ北に三輪山、南に音羽山系、東に外鎌山や初瀬谷などを眺めながら山頂へと至ります。途中、靈畤まつりのにわ拝所(是より160m、庭殿(同650m)、白庭(同890m)等を通り、山頂(同1000m)に至ります。

古より多くの方々が登下山された道で、広葉樹林では春の新緑や秋の紅葉など四季折々の自然を満喫していただくことができる散策路です。また、万葉歌碑などを楽しみながら、古代のロマンを味わっていただけます。

植林された中を通過しますので、火の用心、ごみの持ち帰りなど、入山者は十分に気をつけてください。

鳥見山中靈畤顕彰会

とのことで、

ココからは神聖な場所になりますので、ゴミとか喫煙とかご法度でお願いしますね。

 

登山道口の様子。早速、看板が豪快に倒れてますが気にせずGO!

 

  • 靈畤拝所 110m
  • 庭殿 560m
  • 白庭山 835m
  • 靈畤 990m

ということで、

最終ゴールの「靈畤れいし」へはおよそ1㎞。途中に、拝所、庭殿(祭りの饗宴に供された場所)、白庭山頂があります。

 

登山道はこんな感じ。ハイキングな感じで♪

 

▲途中、左手に三輪山が見えます。ほんとすぐ近くな感じ。これも何か意味があるのでしょうか。

 

登り始めて10分ちょっと、最初のポイント、靈畤拝所があります。

 

靈畤拝所

ココより靈畤れいしを拝す。靈畤れいしは見えないが。

万葉歌碑もあり。

うかねらふ 跡見山雪の いちしろく 恋ひば妹が名 人しらむかも(『万葉集』巻10-2346 作者不詳)

鳥見山に降り積もった白雪のようにはっきりと人目につくような恋の態度を示したら、人々は私の恋人の名を知ってしまうだろうか。

ということで。

拝したあとは、先へずんずん進みましょう。

 

さらに深くなっていく山。、。

 

 案内板があると安心しますよね。。。

 

庭殿

登り始めて15分ちょっと。ようやく庭殿へ到着。この場所は、祭りの饗宴に供された場所として伝えられてます。

この広場で、、、饗宴が、、、???

 

歌碑も立ってます。

この饗宴について、桜井町の歌人がその心境を歌につづったものだそうで。

「見わたせば 大和國原ひとめにて 鳥見のゆ庭の跡ぞしるけき」と。そうですか。

 

さーどんどん行きましょう。

登ったり、下ったり、、、

って、やってるうちに、、、

 

お?!人工物!!来たか!?白庭山!

 

白庭山

うん、ここは特に説明なし。ちょっと休んだらとっととGO!

ここまでくればあともう少し!

 

 

そして、、、

お!あれか!?靈畤れいし!!!

 

おおお!これだ!!!

『日本書紀』によると、この鳥見山付近は、神武天皇が「橿原宮で即位後四年、皇祖天つ神を祭られた」と「靈畤」の由来を記しています。(巻第三)

靈畤れいし」とは、「まつりのにわ」を意味し大嘗祭だいじょうさいを行う場所をいいます。

また、鳥見山頂付近は、南北朝時代に戒重西阿氏が築いた鳥見山城の跡と云われています。

鳥見山中靈畤顕彰会

 からの、、、、

 

靈畤キタ――(゚∀゚)――!!!

ここが、、、

ここが、、かの、、、ワナワナ(;゚Д゚)、、

大嘗祭発祥の地!

天神あまつかみ郊祀まつって、大孝たいこうの志を申しあげた地!!

斎場(靈畤まつりのにわ)を設けて、皇祖である天神を祭られた超絶パワースポット!!!

草木うっそう、、、タラーリ( ゚Д゚)

、、、ま、

いいんだけどさ、、、

仕方ないので、ポイント確認

  • ココは、山と平地の境目に位置。山(未開)VS平地(文明)のちょうど境。を、見渡せる絶好の地。
  • 神武は、宇陀から166号線を通って山から降りてきた。で、磐余で大量の賊軍を打ち滅ぼした(と、東征を振り返って事績を伝えてる)。

マップはこんな感じ。

と。

 神武が何故、この地を選んで斎場(靈畤まつりのにわ)を設け皇祖天神を祭ったのか?

なんとなくですが、その理由が分かるような気がして。ようやっとたどり着いた大和の地。初めて踏んだ中洲、夢にまでみた中洲。。。

磐余いわれという地名が物語るようにあふれんばかりの賊軍を蹴散らした武勇伝もさることながら、この地にたどり着けたことへの感慨とか感謝とかがこのエリアの持つ意味だったのでしょう。

おりしも、すぐ北には超絶パワーを持つ三輪山もあり。これにより、北に三輪の神、南に靈畤まつりのにわ、という防衛線的なラインもできる訳で。いろんな意味とかロマンとかが感じられて、、、

最高♡

 

靈畤まつりのにわから忍阪を望む。嗚呼、神話ロマン。

参考:忍坂|大室を建てて八十梟帥残党の掃討作戦を実行した地。忍阪街道と合わせて見どころまとめてみた件

 

そして、帰りの道、、、

 

まとめ

等彌とみ神社」は、奈良県桜井市桜井にある神社。

大嘗祭発祥の地とされ、初代天皇である「神武天皇」が東征ミッション達成後、

途上でいただいた神助に対する孝として、皇祖神を祀った場所(霊畤)がある超絶パワースポットです。

霊畤のある鳥見山山頂までは、およそ30分ちょっと。山道で若干大変ですが、是非登っていただきたい、そして、ご自身なりの神話ロマンの翼を広げていただければと思います。

最高やで。ほんまに。

等彌とみ神社

住所 奈良県桜井市大字桜井字能登1178番地
奈良県桜井市大字桜井字能登1178番地
営業時間 無し
駐車場 あり
トイレ あり

 

コチラの記事も是非!

大神神社|三輪山が御神体のパワースポット!大神神社は国造り神話に由来する地鎮系神社!

02/13/2016

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

01/18/2016

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

天香山神社|神意を伺う占いの神「櫛眞命」を祭る!天石屋戸神話で使われる波波迦の木が境内に生える?超絶神話ロマンスポット!

01/18/2016

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他