日本書紀の一書とは?『日本書紀』本伝と一書の読み解き方法を徹底解説!

 

『日本書紀』の「一書いっしょ」とは何か?

『日本書紀』〔本伝〕と〔一書〕の読み解き方法を解説します。

『日本書紀』の巻一、二は「神代紀(神代上、下)」と呼ばれ、独特の編纂方法が採用されてます。

それが、

「本伝」とは別に
「一書」と呼ばれる異伝を併載している
、てこと。

これ、

「本伝」に対する「異伝」

として位置しているのですが、

  • 〔一書〕とは何か?
  • それは文献なのか?
  • なぜ「本伝」に付随するのか?

など、

『日本書紀』には何も語られておらず、よー分からんシロモノなのです。

「どれが本当の伝承なのか?」
という読み方をするとドツボにハマるいわく付き。

『日本書紀』最大の特徴であり、最大の難関でもある〔一書〕。

今回は、そんな困ったちゃん〔一書〕の読み解き方法を分かりやすく解説していきます。

 

『日本書紀』の「一書」とは?『日本書紀』本伝と一書の読み解き方法を徹底解説!

『日本書紀』巻一、二(神代紀)と〔一書〕

まずは、現状認識から。

『日本書紀』は、全30巻。結構なロングラン・シリーズですよね。

この中で、〔一書〕が存在するのは、
まき第一」と「まき第二」。つまり、最初の2巻分。通称「神代紀」。

その構成を確認。

こんな感じになっとります。

、、、スゴイよね。

一応、『日本書紀』は「日本の歴史書」
「正史」と呼ばれるオフィシャルに認められた書物です。

何この編纂スタイル、、、???

「本伝」とは別に「一書」と呼ばれる異伝を併載。

めっちゃ独特の編纂方法。

コレってつまり、こんな歴史もある、あんな歴史もある、いろんな歴史があるよー、ってことで。

「国の歴史書」としてアリなのか???

って話です。。。汗

ポイントは以下。

『日本書紀』巻第一、第二(神代紀)のポイント

  1. 〔一書〕は、『日本書紀』巻第一、第二、という「神代紀」に限定されている
  2. 〔一書〕は、体系性、統一性、系統性をもっている
  3. 本伝の内容を踏まえないと〔一書〕は読めないようになっている。逆に、〔一書〕の内容を踏まえないと後続の本伝は読めないようになっている。

各ポイントを、少し具体的に。

①〔一書〕は、『日本書紀』巻第一、第二、という「神代紀」に限定されてる

『日本書紀』全30巻のうち、1巻目と2巻目にだけ、〔一書〕という「異伝」を併載。

3巻目以降は、〔一書〕は無くなり、物語の流れは一本に。時間(年月日を明示する)記述も登場し、ガラリと雰囲気変化。

「こんな伝承がある、あんな伝承もある、そんな伝承もある、、、」
と言ってた人(巻一、二)が、

「こんな伝承です(これ以外ありません)」
と言うようになる(巻三以降)。

つまり、

多角的で多彩で、相対的な世界から
明確で他にない、絶対的な世界へ。

『日本書紀』巻1,2にだけ存在する〔一書〕。
限定的に「一書」を登場させている、つまり、何らかの「伝えたいこと」を感じさせる編纂方法ですよね。

次!

②〔一書〕は、体系性、統一性、系統性をもっている

各〔一書〕は、すべて「一書曰いっしょいはく」という枕詞的なワードからスタート。

体系をもち、形式にも統一性があり、系統で分類することができる。

実は〔一書〕のみなさん、そんな性質を持ってるんす。

コレ、結構重要で。一番簡単な例を一つ。

例えば、

『日本書紀』巻一の第一段は、〔本伝〕とは別に〔一書〕が6つアリ。

この6つの〔一書〕は、本伝の内容をもとに分類、体系化できたりします。

こんな感じ。

(第一段)

〔本伝〕前半――故、天先成而地後定。然後、神聖生其中焉。

  • 〔書一〕―天地初判、一物在於虚中。
  • 〔書四〕―天地初判、始有倶生之神。
  • 〔書六〕―天地初判、有物。

からの

〔本伝〕後半――(故曰)開闢之初、洲壌浮標、譬猶游魚之浮水上也。于時、天地之中生一物。

  • 〔書二〕―古国稚地稚之時、譬猶浮膏而漂蕩。于時、国中生物。
  • 〔書三〕―天地混成之時、始有神人焉。
  • 〔書五〕―天地未生之時、譬猶海上浮雲無所根係。其中生一物。

いきなり、

漢字ばっかですが、原文が漢文なので、ここでは雰囲気だけ。

第一段の本伝は、その内容から前半と後半に分けることができるのですが、
この前半と後半、それぞれの内容に対応するように、〔一書〕を分類、体系化することができるんです。

ぱっと見て分かる、整理整頓感

これが、
〔一書〕は、体系性、統一性、系統性をもっている、という意味。これも、何らかの「伝えたいこと」を感じさせる編纂方法と言えますね。

コレ、第一段だけでなく、ほかの段の〔一書〕の皆さんにも言えます。詳しくは「『日本書紀』読み解きシリーズ」で。

 

・本伝の内容を踏まえないと〔一書〕は読めないようになっている。逆に、〔一書〕の内容を踏まえないと後続の本伝は読めないようになっている。

最後3つめ。これが一番のポイント。

『日本書紀』をめちゃくちゃ難解に、
そして、めちゃくちゃオモロー!にしてるポイントです。

つまり、

本伝だけを読んでいっても、よー分からんようになるのです。

 

本伝だけを読んでいっても、この神様いつ登場したの???
本伝だけを読んでいっても、この言葉いつ登場したの???

ってなる。

そんな時に登場するのが、先行する〔一書〕。

前段の〔一書〕で伝えている内容を踏まえると、あ、なるほどね、と理解できるようになる。

そんな構成になってるんです。

例えば「高天原」。

天照大神の統治する最重要スポットなのですが、本伝で最初に登場するのは第6段。

本伝だけ読んでいると、「え?何この高天原、、、どこで出てきたん???」ってなる。

でも、

第一段の一書第4、そして、第五段の一書第6を読んでおけば「あ、前に出てきた例のアレね(納得)」ってなる。

つまり、

一書を踏まえないと、本伝は読み解けない、ということ。

この時点で、「一書」は意味の無いお話ではなく、
本伝と一体的に扱わないと読み解けない、本伝と同じくらい大事な「異伝」
ということになる訳です。

 

本伝があっての一書
であり、
一書あっての本伝

この関係、構成をしっかりチェック。

 

ということで、

神代紀(『日本書紀』巻一、二)のポイント

  • 〔一書〕は、『日本書紀』巻一、二、という「神代紀」に限定されている
  • 〔一書〕は、体系性、統一性、系統性をもっている
  • 本伝の内容を踏まえないと〔一書〕は読めないようになっている。逆に、〔一書〕の内容を踏まえないと後続の本伝は読めないようになっている。

以上の3つの現状認識をもとに、以下〔一書〕とは何か?を解説していきます。

 

『日本書紀』〔一書〕の解釈の歴史・経緯

まずは、〔一書〕がどのように解釈されてきたのか、

その代表的なところを、めっちゃかいつまんで。

歴史的にも、学問的にも、大きく見方は2つに分かれます。

  • 「一書」を「存在していた」記録、あるいは文献、伝承とする見方
  • 「一書」を「創りあげた」記録、あるいは文献、伝承とする見方

現在の学術ワールドの大勢は「一書」を「存在していた」記録、あるいは文献、伝承とする見方であり、『日本書紀』はそれらを取り込んでまとめ上げた成果物とされます。

ところが、、、

先にご紹介した、〔一書〕は体系性、統一性、系統性をもっている、というのがコレでは説明ができない、、、

というのが実際のところで。。。

だって、もともとあった伝承をまとめた、というなら、もっとバラバラな伝承になるはず。

体系性や統一性、系統性をもっている、てことは、もともとあったものをまとめました的なものではなく、明確な意図をもってまとめられてる、てことです。

本サイトは、この意図を読み解き、その構造を解き明かすことで、古代日本人の創意工夫のスゴさとか、日本の素晴らしさとかを伝えていきたい次第。

話がズレますが、、、

よく「日本書紀偽書説」とかありますが、つまんねー!って思います。偽書と暴いた(つもりになってる)ところで何になるのでしょうか? むしろ、現代の私たちは、古代日本人の構想力とか発想力とか、その先に夢見た「素晴らしい国をつくろう」という情熱とかを見習うべきであって、揚げ足取り的な論調は基本シカト。そんなスタンスでお届けしていきたいと思ってます。

ま、ここでは、こんな論点があるんだよ、ということだけ、まずはチェック。

 

『日本書紀』〔一書〕とは

さて、ここから本題に入っていきます。

まずは〔一書〕とは何か? 結論から。

〔一書〕とは、、、

本伝の内容をもとに
多角的、多面的に展開させた異伝。

ポイントは、

「本伝+異伝」「ひとかたまり」、切り離すことはできない。って事。

本伝があっての一書

であり、

一書あっての本伝

というように、

お互いにつながり合って、関連し合って、踏まえ合って、多様で豊かな日本神話世界を構築している。

まずは、このイメージをしっかりチェック。

そのうえで、〔一書〕の持つ役割について3つ解説します。

 

『日本書紀』〔一書〕の役割①「差違化」

本伝の内容をもとに、多角的、多面的に展開させた異伝。それが〔一書〕。

この、

伝承を一つに収斂しゅうれんしない編纂方針

こそ、神代紀(巻第一、第二)最大の特徴。

むしろ、積極的に変化していく、変化させていく。

この変化を学術用語で差違化さいかと言います。違いを生んでいく、変えていく、ということ。

この変化は、縦軸方向として整理できます。

本伝をもとに違いを生んでいく、変えていく差違化さいか

例えば、

先ほどの第一段の例。

〔本伝〕前半――故、天先成而地後定。然後、神聖生其中焉。

  • 〔書一〕―天地初判、一物在於虚中。
  • 〔書四〕―天地初判、始有倶生之神。
  • 〔書六〕―天地初判、有物。

これも差違化。

要は、

〔本伝〕前半の「天先成而地後定」が、〔一書1,4,6〕では「天地初判」に変化。

〔本伝〕後半の「神聖生其中焉」が、〔一書1,4,6〕では「一物在於虚中」「始有倶生之神」「有物」に変化。

って事。

本伝をもとに違いを生んでいく、変えていく差違化さいかですね。

これにより、、、

多様で多彩な神話世界を創出しつつ
その一つひとつを、それ自体固有の伝承として共存させることに成功してるのです。

ほんと、日本のご先祖様はスゴイことを発想しました。

くどいようですが、だって、神様の時代のお話ですから。

これだけしかありません、って伝えるより
これもあるよ、あれもあるよ、って伝えるほうが

え?そんないっぱいあるの?なんかスゴくない??ってなるし。

古代日本人の着想し構想したポイント、その創意工夫に、誇りを感じると同時に、凄くてビビる。

 

『日本書紀』〔一書〕の役割② 新概念の導入

2つめは、大きく捉えると「差違化」の一つかも、

なんだけど、変えるとかではなくて、新しく導入する、といった内容。

本伝の内容にも無い、まったく新しい概念や世界観を導入する役割のことです。

突然登場。ちょ、、ナニコレ??の巻。

ポイントは、

新しい概念を導入する理由。

何故、今までの流れや経緯と関係ない伝承を組み込むのか?

その理由は、

物語の多様な展開を生み出すため。

日本神話の多様な展開

例えば、第五段〔一書6〕。

ココでは、「人間モデルの神」という全く新しい新種が登場。

これにより、

神だとできない、ありえないことが、人間モデルだとできる、ありえる。ようになる。

この可能性をもとに新しい概念を導入させてるって事。

具体的には、、、、

尊貴な神(理によって、原理によって動く神)は、
基本間違いを犯さない。起こしたとしても原理に基づき修正が入る。

これは、

物語的には、それ以上の展開は生まれない、ってこと。

矛盾するんです。

尊貴な神を生み出せば生み出すほど、
崇高な原理によってしか活動しなくなり、
物語として面白くなくなる。日本の持つ多彩さや豊かさがなくなる。

逆に、

人間みたいに、喜怒哀楽を表現する神を生み出すほど、
物語として多様な展開が生まれ、面白くなるけど、尊貴さがなくなる。それは、日本という国の尊貴さがなくなる、ということでもあります。

尊貴性と親近性

一元性と多様性

矛盾するテーマの両立。。。

『日本書紀』編纂チームも、この無謀すぎる課題に向き合ってたんじゃないかと思うんす。

で、

どうする???

ということで、

創意工夫されたのが、

異伝併載スタイルってことですね。

本筋(本伝)では尊貴な神による尊貴な展開を伝え、

別の伝承(一書)でより人間に近い神による新たな展開を準備しておく。

さらに、

それらを複雑に組み合わせ、相互リンクを張り、関連させてる。

これによって

尊貴性と親近性

一元性と多様性

の解決だけじゃない、ものすごい、立体的な神話を生み出すことに成功してるわけです。

唯一無二。

だから、難しい、

だから、面白い。

 

『日本書紀』〔一書〕の役割③「わたり」

『日本書紀』〔一書〕の持つ役割、ポイントの3つめ。

「差違化」が縦軸の展開だとすると、これからご紹介する「わたり」は横軸展開。

まず、

代表的な例を。

第一段 一書第4 に「高天原」が先行して登場、
それを承けて
第6段 本伝 で「高天原」を舞台とした「誓約」神話が展開。

 

第5段 一書第6 に「天照大神」が先行して登場、
それを承けて
第6段 本伝以降、「天照大神」が展開。

といった形。

これが学術用語でいう「わたり」

先行する段の〔一書〕が、「布石」や「前フリ」として立ち
次段以降で展開する内容や語句などに繋がっていくこと。

逆に言うと、

後段で展開する内容や語句は、
前段で布石や前フリとして登場している内容や語句を踏まえないと読み解けない、って事。

図示するとこんな感じ。

スゴくない?この世界観!

くどいようですが、

本伝+異伝

で「ひとかたまり=『日本書紀』」であり、切り離すことはできません。

本伝があっての一書
であり、
一書あっての本伝

縦(差違化)だけでなく、横(わたり)へも展開し、本伝から一書へ、一書から本伝へ、お互いにつながり合って、関連し合って、踏まえ合って、多様で豊かな日本神話世界を構築してる

こんなスゴイ世界が日本神話の内部に展開し、日本の歴史書(正史)として位置づけられてる。

私たちが生まれ、育った日本という国の、際だった英知と奥深さをビシビシ感じるポイントですよね。

 

『日本書紀』〔一書〕の目的

縦(差違化)だけでなく、横(わたり)へも展開し、本伝から一書へ、一書から本伝へ、お互いにつながり合って、関連し合ってる構造イメージがご理解いただけたところで、

なんでこんな構造に?

を考えることで、そこに込められた目的、狙いを解説。

なんでこんな構造に?に対する答えのヒントが、

〔一書〕が、
「神代紀」と呼ばれる「神の時代」に限定されてる

ことにあります。

〔一書〕が、
「神代紀」と呼ばれる「神の時代」に限定されてる

つまり、

神の世の、そのあり方や神自身をはじめ、

本来的に超自然、不可知に属するような内容については、

その伝え方・伝承は一つではあり得なかった

ってこと。

歴史に対する神話、という枠組み。

歴史が一つの絶対的な内容、伝え方

であるのに対して

神話はいくつかの相対的な内容、伝え方

そんな視点なんですね。

つまり、

歴史に先行する「神神の事蹟(神話)」として

多様なあり方に積極的な意義を認め、

その伝承、つまり神話を多角的、多面的に展開する「一書」として実現した、

ということであります。

 

人智の及ばない神代のお話。

これだけしかありません、って伝えるより

これもあるよ、あれもあるよ、って伝えるほうが

なんかスゴイ感じ出てくるし。

そんなにあるの?ヤバくない???

あの国ヤバいよ、という風になりますよね。

つまり、これが〔一書〕の目的。

日本という国の多彩さ、豊かさ、奥深さを表現するために〔一書〕が創られた、ということ。

ココをしっかりチェック。

この背景には、編纂当時の歴史が絡んでくるのですが、、そのあたりはコチラで。

 

『日本書紀』〔一書〕の元ネタ

そんな奥ゆかしい編纂スタイルを持つ『日本書紀』、日本神話。

実は、元ネタと思われるものがあったりします。

ポイントは、

『日本書紀』が編纂された8世紀における東アジアの最先端理論を取り込み、創意工夫によってジャパンオリジナルを創り出している、という点。

私たちのご先祖様は、とにかく創意工夫がスゴイんす。

 

『日本書紀』の本伝と一書の関係に通じる独特の編纂スタイルをもつ書物。

それが『三国志』の「注」、一般的に裴松之注はいしょうしちゅう(西暦429年)と呼ばれる書物です。

この「裴松之注」、とにかくとんでもない書物なのですが、

その最大の特徴は、

異同のある史料も含めて、当時伝わっていたものを全て掲載し、検証し、注釈をつけているところ。

 

歴史書に記載されることは事実であり、一つだと思いますよね。

ところが、

「裴松之注」は、『三国志』で伝えている内容の他に、様々な異説を併載しているのです。

まさに

『日本書紀』の本伝と一書の関係と同じ。

しかもそこに、検証作業を入れることによって、コレは正しい・正しくないといったことまで伝えている。

 

比較検討の材料をすべて記録に残すことで、

  • 著者の立場や時代によって、様々な伝承や説、主張が生まれること、
  • そして立場や時代が違うと、往々にして様々な食い違いが発生すること

が分かるようになってる。

 

ある意味、「歴史は一つでない」ということがビシビシ感じられる書物ですし、

大本の『三国志』よりも各段に「オモロー!」な内容になっているんですよね。

ということで、

  • 当時の最先端の叡智をもとに、それを神話世界に持ち込んで
  • 本来的に超自然、不可知に属するような内容を説明しようとした、
  • それにより、結果的に日本という国のスゴさ、多彩さ、奥深さが伝わるように工夫された、

それが『日本書紀』編纂の実態、ということ。

編纂に関わった日本人の、ご先祖様の創意工夫の結晶、それが日本神話。

この点を是非チェックいただければと思います。

 

まとめ

『日本書紀』の「一書」とは何か?
『日本書紀』本伝と一書の読み解き方法を解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

『日本書紀』の巻一、二、の合計2巻は通常「神代紀」と呼ばれ、めっちゃ独特の編纂方法が採用されています。

ポイントは

  • 「一書」は、『日本書紀』巻一、二、という「神代紀」に限定されている
  • 「一書」は、体系性、統一性、系統性をもっている
  • 本伝の内容を踏まえないと一書は読めないようになっている。逆に、一書の内容を踏まえないと後続の本伝は読めないようになっている。

 

このことから、

「一書」とは、「本伝」に対して
その内容を多角的、多面的に展開する異伝であり、
文献として独立するのではなく、あくまで「本伝の異伝」というかたちをとって成り立たせたもの、ということが分かります。

本伝の内容をもとに多角的、多面的に展開する異伝、それが一書。

本伝+異伝
で「ひとかたまり=『日本書紀』」であり、切り離すことはできない。

本伝があっての一書
であり、
一書あっての本伝

というように、お互いにつながり合って、関連し合って、踏まえ合って、多様で豊かな日本神話世界を構築していること、是非チェックされてください。

それにより

神の世を、そのあり方や神自身をはじめ、
本来的に超自然、不可知に属するようなことを伝えようとしたということ。

歴史に先行する神神の事蹟(神話)として
多様なあり方に積極的な意義を認め、
そのあり方を多角的、多面的に展開する「一書」として実現した、

ということ。

こちらも是非チェックされてください。

参考文献:『古代神話の文献学』(榎本福寿著 塙書房)、『新編日本古典文学全集』(小学館)

続きはコチラから!

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 一書第1~6 体系性、統一性、系統性を持つ一書群が本伝をもとに様々に展開

05/01/2019

 

『日本書紀』の読み解きシリーズはコチラで!

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

04/15/2018

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

 

本シリーズの目次はコチラ!

『日本書紀』とは?『日本書紀』が伝える日本神話を分かりやすく解説!

05/06/2019

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

本記事監修:(一社)日本神話協会理事長、佛教大学名誉教授 榎本福寿氏
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)、他


大阪よみうり文化センター天満橋教室
日本神話からのメッセージ

日本神話.comの神話記事監修をしていただいている佛教大学名誉教授  榎本先生の人気講座が大阪の天満橋で開催中!ご好評につき、2019年秋講座の開催も追加決定!

日本のルーツや、生きる知恵がつまっている神話からのメッセージを読み解きます。

▽日本の神さまの正体とは?▽日本という国はどのようにできたのか?▽人はなぜ生まれ、死ぬのか▽罪と穢れ、禊と祓いとは?▽日本人の衣と食の起源は?ほか。最先端の研究成果を骨太な熱血講義でお届け中!

月1回開催。1回2800円。秋講座の初回は10月末の土曜日から!途中からのご参加も可能です。

詳しくは、大阪よみうり文化センター天満橋教室へお問い合わせください。

ぜひお気軽にご参加くださいませ。日本神話の深く豊かな世界を一緒に楽しみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです! 日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。 「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信中。最新の学術情報を踏まえしっかりとした日本神話解釈をお届け。是非チェックしてくださいね。