神武天皇聖蹟 鳥見山中霊畤 顕彰碑|斎場(靈畤)を鳥見山に設けて皇祖天神を祭る!宮中祭祀、大嘗祭発祥の地となった超重要スポット!

 

神武東征神話をもとに「東征ルート」を辿り、書紀文献とあわせて検証するシリーズ!

本企画は、

シリーズでお伝えしている神武東征神話、その物語をもとに、

神話からリアルへ、各地の伝承地を巡って「実際のところどうなのよ?」的なところを検証する、極めて奥ゆかしくマニアックな内容であります。

今回は、奈良「鳥見山霊畤とみやまれいし」。

ココ、「彦火火出見ひこほほでみ」改め「神武天皇」が、

東征ミッション達成後、
その東征途上でいただいた神助に対する「こう(孝行)」として、皇祖神・天神を祀った場所(霊畤れいし)がある超絶パワースポット。

歴代の天皇が祭祀を行っている理由、その起源につながる地であって、

鳥見山の山頂付近にあるリアル霊畤れいし場(斎場)とあわせて、日本神話ファンとしては鉄板のビジットスポットであります。

今回は、そんな神代と歴史の転換点に由来する「神武東征神話的神様ありがとうスポット」をご紹介です。

 

神武天皇聖蹟 鳥見山中霊畤 顕彰碑|斎場(靈畤)を鳥見山に設けて皇祖天神を祭る!宮中祭祀、大嘗祭発祥の地となった超重要スポット!

神武天皇聖蹟 鳥見山中霊畤 顕彰碑が建つ場所

顕彰碑けんしょうひが建つ場所は、奈良県桜井市桜井にある「等彌とみ神社」境内。

「神武天皇 聖蹟せいせき 顕彰碑けんしょうひ」のマニアックな詳細はコチラ↓でご確認いただくとして、

神武天皇聖蹟調査(昭和15年)による「聖蹟顕彰碑」まとめ|大人の事情満載だけど確かなものもきっとある件 (マニア限定)

02/01/2016

場所は、奈良県桜井市大字桜井字能登1178番地。

宇陀—桜井—橿原を結ぶ大動脈166号線から、薬師町交差点を南へ。37号沿いにあります。

▲こちら、「等彌とみ神社」の入り口。今回ご紹介する顕彰碑は、この右手奥にあります。

 

▲「等彌とみ神社」の本社にあたる上社「上津尾社」。静謐な空気の中で鎮座する美しい神社です。是非ご参拝されてください。

詳しくはこちらで。

等彌(とみ)神社|大嘗祭発祥の地!鳥見山霊畤を背後に鎮座する等彌神社は日本神話的超絶パワースポット!

10/29/2019

少し戻って、「等彌とみ神社」の入り口の右手。駐車場があります。この右手奥に石碑が建っとります。

駐車場からも、境内の手水舎のところからも入れる顕彰碑へ続く小道。

 

のんびり散策しながらどうぞ。

 

 

少し行くと、石段が見えてきます。目指す顕彰碑はこの上!

見えてきました!神武天皇聖蹟 鳥見山中霊畤 顕彰碑であります!

 

おおおおおおおおおおおおお!!!これが鳥見山中霊畤とみやまなかれいし 顕彰碑!!!

 

裏側見てみましょ。

神武天皇御東征ノ鴻業ヲ遂ケサセ給ヒ橿原宮ニ御即位ノ後四年二月鳥見ノ山ノ中ニ靈畤ヲ立テテ皇祖天神ヲ祭ラセラレ大孝ヲ申ベ給ヘリ聖蹟ハ此ノ地附近ニアリト傳ヘラル

鴻業とは、大きな事業の事。
※靈畤とは、斎場の事。

この、「鳥見ノ山ノ中ニ靈畤ヲ立テテ皇祖天神ヲ祭ラセラレ大孝ヲ申ベ給ヘリ」というのがまさに『日本書紀』で伝えてる内容。この後詳細をご紹介。

 

鳥見山霊畤にまつわる神話的背景

鳥見山中霊畤とみやまなかれいし 顕彰碑に関連する神話は、

日本の建国神話である「神武東征とうせい神話」にあり。

↓神話全体の流れはコレをチェック。

必読:神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

この壮大な建国神話の最後、
東征を果たし、日本を建国、初代天皇として即位したところで、

神武天皇が、これまでのことを振り返って、総括するシーンがあります。

そこで、東征の途上でいただいた「神助しんじょ(天照の救援、天神の支援)」に対する孝行を宣言し実行。コチラ。

 四年春月の二十二日、(天皇は)みことのりして仰せられた。「我が皇祖の御霊みたまが天からくだりご覧になって、我が身を照らし助けてくださった。今、すでに諸々の賊を平定し、天下は何事もなく統治されている。そこで天神あまつかみ郊祀まつって、大孝たいこうの志を申しあげよう。

 そこで、斎場(靈畤まつりのにわ鳥見山とみのやまに設けて、その地を名付けて上小野うえつおの榛原はりはら下小野したつおの榛原はりはらといい、もって皇祖である天神を祭られた。 (『日本書紀』巻三〔神代紀〕より一部抜粋)

コレ、日本神話版御恩ごおん奉公ほうこう

簡単に言うと、

助けてもらったおかげで、日本を建国できました。なので、親孝行ならぬ「天神あまつかみ孝行」を実践します

という内容。

具体的には、

我が皇祖の御霊みたまが天からくだりご覧になって、我が身を照らし助けてくださった。」とある御恩の数々、、、東征過程でこんなに神助いただきました。

熊野荒坂で全軍昏倒|神の毒気にヤラレて意識不明の重体に!?天照による危機救援は「葦原中國平定」再現の意味があった件|分かる!神武東征神話No.8

01/25/2016

頭八咫烏の導きと熊野越え|山で迷って進退窮まる!?天照による2度目の救援は「天孫降臨」の再現だった件|分かる!神武東征神話No.9

01/26/2016

香具土採取と顕斎|天神降臨!守護パワーゲットによりスーパーサイヤ人状態になって敵を撃破しようとした件|分かる!神武東征神話No.13

02/12/2016

さらに、天神あまつかみそのものではありませんが、こちらも天の支援ということで。おまけ。

金鵄飛来=祥瑞応見|「瑞(みつ)」は王の聖徳に天が応えて示す「しるし」。古代にはそれなりのもんげー制度があった件|分かる!神武東征神話 No.18

03/28/2016

ほんとありがたい。。。

で、

チェックいただきたいのは、

日本の建国は、神武天皇というリーダー一人のチカラで成し遂げられた訳じゃない。

って事。

そこには、優秀な部下の貢献や、天照や天神の支援があって。皆様の貢献や支援をいただいてようやく建国を果たすことができました。ありがとうございます。一同礼!

だからこその、

天神あまつかみ郊祀まつって、大孝たいこうの志を申しあげよう。」(天神あまつかみ郊祀こうしし、ちて大孝たいこうもうすべし。(原文:可以郊祀天神、用申大孝者也。)という内容。

これがつまり、

郊祀こうし=郊外で天を祭る儀礼」による「大孝たいこう(最大の孝行)」の実践。

であります。

論功行賞と国見|エピローグ!論功行賞を行い、国見をして五穀豊饒の国「秋津洲(あきづしま)」を望み見た件|分かる!神武東征神話 No.26

04/18/2016

具体的には、

靈畤まつりのにわ鳥見山とみのやまに立てて天神あまつかみを祭る

というもので。

靈畤まつりのにわ」とは、斎場のこと。鳥見山とみやまに、お祭り用の祭壇を立て皇祖である天神を祀った。

コレが、宮中祭祀、大嘗祭の起源とされてるのです。

▲コチラは、鳥見山頂上にあるリアル「靈畤まつりのにわ」の場。

ポイントは、

この祭祀が

おん」に対する「こう」としてお祭りした

という事。「孝」とは親孝行の「孝」。

これはまさに、

「即位した天皇のありかた」を物語っている

って事であり。

神武天皇が即位し「孝」を実践したように、歴代の天皇が即位にあたっては大嘗の場で、五穀豊穣、国民国家の安寧とあわせて、皇祖である天神へのお祭りを実践する、という事になるのです。

天皇が祭祀を継承している根拠がココにあり。

ということで、超重要事項であります。まさに、その場所が、「等彌とみ神社」の背後にある鳥見山、であり、こちらの顕彰碑はそれを顕彰しまっせ、というお話。

神話的に。いや、即位後だから歴史的にか。。。ま、それはともかく。もう、ほんと、その凄さとか重要性を是非チェックです。

こちらも参考・必読:大嘗祭(だいじょうさい)とは?天皇一代につき一度だけ斎行!日本神話に根ざす大嘗祭の全貌を徹底解説!

神話からの歴史ロマン。この地で全身で感じていただければと思います。

と、いうことで参りましょう。

恒例の。。。

勝手に認定結果

委員会の皆様には大変恐縮ではございますが、

こちら、

 

と、させていただきます。

御査収の程何卒よろしくお願い申しあげます。

 

まとめ

鳥見山中霊畤とみやまなかれいし 顕彰碑

ココ、「彦火火出見ひこほほでみ」改め「神武天皇」が、

東征ミッション達成後、
その東征途上でいただいた神助に対する「こう(孝行)」として、皇祖神・天神を祀った場所(霊畤れいし)がある超絶パワースポット。

歴代の天皇が祭祀を行っている理由、その起源につながる地であって、

鳥見山の山頂付近にあるリアル霊畤れいし場(斎場)とあわせて、日本神話ファンとしては鉄板のビジットスポットであります。

神代と歴史の転換点に由来する「神武東征神話的神様ありがとうスポット」、是非チェックされてください。

もちろん!

等彌とみ神社」参拝ならびに、鳥見山の山頂付近にあるリアル霊畤れいし場への踏破もお忘れなく。

 

神武天皇聖蹟鳥見山中霊畤とみやまなかれいし顕彰碑

住所 奈良県桜井市大字桜井字能登1178番地
奈良県桜井市大字桜井字能登1178番地
宇陀—桜井—橿原を結ぶ大動脈166号線から、薬師町交差点を南へ。37号沿い
営業時間 無し
駐車場 あり
トイレ あり

 

その他のスポットはコチラで!

等彌(とみ)神社|大嘗祭発祥の地!鳥見山霊畤を背後に鎮座する等彌神社は日本神話的超絶パワースポット!

10/29/2019

 

コチラの記事もどうぞ!オススメ関連エントリー

大嘗祭(だいじょうさい)とは?天皇一代につき一度だけ斎行!日本神話に根ざす大嘗祭の全貌を徹底解説!

10/25/2019

御代替りとは?日本神話に根ざす御代替りの全貌を徹底解説!

10/20/2019

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

01/18/2016

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

09/26/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他