熊野荒坂で全軍昏倒|神の毒気にヤラレて意識不明の重体に!?天照による危機救援は「葦原中國平定」再現の意味があった件|分かる!神武東征神話No.8

神武東征神話を分かりやすく解説するシリーズ

今回は8回目。熊野荒坂あらさかで全軍昏倒した神話をお届けします。

さて、

熊野灘で暴風雨に遭遇し、兄の2人を亡くした「彦火火出見ひこほほでみ」こと神武。

さらに進んで「荒坂あらさか」に到ります。

陸路を進もうとすると突然、熊野の神が現れ、「毒気」を吐いて襲いかかります。

この毒気の威力はすさまじく、彦火火出見ひこほほでみはじめ東征軍の将兵はみな意識不明の重体に陥ります。

この危機を救ったのは天照大神。「武甕雷神たけみかづちのかみ」を通じて東征一行の救援に当たらせます。

  •  なぜ唐突に熊野の神が現れ意識不明の重体に陥るのか?
  • なぜ天照が武甕雷神たけみかづちのかみを通じて彦火火出見の救援にあたらせるのか?

 これらの「謎」を探ることで、「荒坂あらさかでの全軍昏倒」の意味を考えます。

今回も『日本書紀』巻三「神武紀」をもとにお伝えします。ちなみに、前回の内容、これまでの経緯はコチラ↓をご確認ください。

熊野灘海難と兄の喪失|なぜ!?兄達は暴風雨の中で歎き恨み逝ってしまった件|分かる!神武東征神話No.7

2016.01.24

 

熊野荒坂で全軍昏倒|神の毒気にヤラレて意識不明の重体に!?天照による危機救援は「葦原中國平定」再現の意味があった件

東征ルートと場所の確認

熊野灘で海難に遭ってから「さらに進んで熊野の荒坂あらさかに到った」と伝えます。

東征の旅は、この「荒坂あらさかの津」から陸路を行くことになります。

この荒坂の津は、本文をそのまま解釈すれば現在の三重県熊野市の「大泊おおどまり」。

根拠は、

  1. 海難に遭ってから「さらに進んだ」と記述されている事、
  2. 大泊おおどまりから熊野街道(42号線)に入るとすぐに「急坂」が続く事

からです。

東征陸路ルート

東征一行は、大泊おおどまりに着岸、ここから42号線を通じて陸路を行き、309号線に入ってさらに北上、北山村で169号線と合流、吉野に到って370号線→166号線で菟田野うだの宇賀志うかし)、さらに北上して榛原はいばら(宇陀)に出るルートを辿りました。

東征神話の物語の中で、この「荒坂津」は「海路から陸路への転換点」として位置づけられます。

その転換の場において、熊野の神が現れ東征一行に毒気を吹きかける訳です。

突然すぎる。。。(;゚д゚)

猛毒にヤラレた彦火火出見ひこほほでみはじめ将兵たちは危篤きとく状態に陥りますが、天照大神が救援の手をさしのべます。

武甕雷神たけみかづちのかみ」を通じ、神代・葦原中國あしはらなかつくに平定時に使用された「韴霊剣ふつみたまのつるぎ」を使い、ようやく覚醒。危機脱出、という訳です。

こうした設定を踏まえると、

  1. 陸路転換の地で、
  2. 葦原中國平定の神話にちなむ神様とアイテムが使用され、
  3. 危篤状態だった神武が復活する、

という物語だという事であり、その設定には重要な意味が込められていることが分かります。

 

語訳:熊野荒坂で全軍昏倒

彦火火出見ひこほほでみ」は、たった独りで皇子の「手研耳尊たぎしみみ のみこと[1]」 と軍を率いてさらに進み、熊野の「荒坂あらさか[2]」に到った。そこで「丹敷戸畔にしきとべ[3]」という者に誅罰を加えた。

この時、熊野の神[4]が毒気を吐き、この毒気により将兵はみな正気を失い、気力を奮い起こすことができなくなってしまった。

丁度そのころ、熊野の「高倉下たかくらじ[5]」 という者がいて、その者がこのような夢をみた。

(夢のなかで)「天照大神」は「武甕雷神たけみかづちのかみ」に伝えた。
葦原中國あしはらのなかつくにはなお騒然として、うめき苦しむ声が聞こえてくる。武甕雷神たけみかづちのかみよ、お前がまた[6]かの国へ行き征伐してくるがいい』。

すると武甕雷神たけみかづちのかみは答えて、『私が直接行かなくても、私が国を平定した剣[7]を下せば、国はおのずと平安をとりもどすでしょう。』と申し上げたところ、天照大神は、『よろしい。ではそうするがいい。』と承諾した。

そこで武甕雷神たけみかづちのかみは、さっそく高倉下たかくらじに伝えた。『私の「韴靈ふつのみたま」という剣を、今、お前の倉に置こう。これを取って天孫に献じるがよい。』。高倉下たかくらじは「畏まりました」と申し上げた。

そこで目が覚めた。

明くる朝、高倉下たかくらじは夢に見た教えに従って「倉」をあけてみると、夢の通り天から落ちてきた剣があって、倉の底の板に逆さまに突き立っていた。

高倉下たかくらじはさっそくこの剣を取って、彦火火出見ひこほほでみに奉った。

その時、彦火火出見ひこほほでみは横になっていたが、たちまちに意識を取り戻し、

「私はどうしてこんなに長く寝ていたのか。」と言った。続いて毒気にあたっていた兵士たちもみな意識を取り戻し、目を覚まして起き上がった。

 

注釈

[1]彦火火出見の息子。日向国(ひむかのくに)吾田邑(あたのむら)の吾平津姫(あひらつひめ)を娶って生んだ長子。

[2]諸説ありますが、地理的な関係上、熊野市大泊町の辺りと考えられます。ここから熊野街道の急坂が続き、国道399号、169号を通って吉野宇陀に出ます。

[3] 女性の地方首領。女賊。地方にはこのような女性の族長が跋扈しており、東征軍に帰順しない事があったため誅伐を加えたという事です。前段での「名草戸畔 (なぐさとべ)」の他、大和では新城戸畔(にいきとべ)が登場し、同様に討ち果たします。

[4]熊野の遭難は、熊野の神の仕業。日本武尊(やまとたけるのみこと)が、胆吹山(いぶきやま)の神を討ちに行って、神の逆襲にあって遭難するという類例がある

[5]屋根の高い倉を持つ在地豪族。武甕雷神が剣をこの倉の屋根からおとし、それを高倉下が天皇に献じる

[6] 神代において葦原中國平定の際に、地上に降り立ったことを踏まえています。

[7] 「韴霊剣(ふつみたまのつるぎ)」で、葦原中國平定のときに使用された神剣。危篤状態に陥った東征一行を覚醒させる力を持つ。

原文

天皇獨與皇子手硏耳命、帥軍而進、至熊野荒坂津 亦名丹敷浦、因誅丹敷戸畔者。

時、神吐毒氣、人物咸瘁、由是、皇軍不能復振。

時彼處有人、號曰熊野高倉下、忽夜夢、

天照大神謂武甕雷神曰「夫葦原中國猶聞喧擾之響焉。聞喧擾之響焉。宜汝更往而征之。」武甕雷神對曰「雖予不行、而下予平國之劒、則國將自平矣。」天照大神曰「諾。」時武甕雷神、登謂高倉下曰「予劒號曰韴靈。今當置汝庫裏。宜取而獻之天孫。」高倉下曰「唯々」而寤之。

明旦、依夢中教、開庫視之、果有落劒倒立於庫底板、卽取以進之。

于時、天皇適寐。忽然而寤之曰「予何長眠若此乎。」尋而中毒士卒、悉復醒起。

『日本書紀』巻三 神武紀より

 

まとめ

熊野荒坂で全軍昏倒

上記物語をまとめるとポイントは以下の通り。

  1. 陸路転換の地で起こった物語である事。
  2. 葦原中國平定の神話にちなむ神様とアイテムが使用されている事。
  3. 危篤状態だった神武が復活する物語である事。

これらの要素を踏まえると、東征神話においてこの地のエピソードは非常に重要な意味を持っている事がわかります。

一言で言うと、「葦原中國平定の再現」

陸路を進み、世界の中心である「中洲」を目指す彦火火出見に、神代の神話と同じような設定を重ねることで、東征の正当性や権威付けを行っているのです。非常によく練られた物語ですよね。

そして、危篤状態の神武が「韴霊剣ふつみたまのつるぎ」で覚醒するのは、非常にドラマチックです。大げさにいえば、「神武は一度死に、復活した」という感じでしょうか。

西洋ではキリストの復活が伝えられていますが、まさにそれと同じか、もしくはそれ以上の意味があると思います。

この復活劇と神剣をゲットしたことにより、東征を果たし橿原即位・建国するですし、それによって私たちの平穏無事な生活が守られているという事だからです。

 

続きはこちらから!

頭八咫烏の導きと熊野越え|山で迷って進退窮まる!?天照による2度目の救援は「天孫降臨」の再現だった件|分かる!神武東征神話No.9

2016.01.26

目次はコチラ!

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

2016.01.03

橿原神宮|日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

2016.09.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。