頭八咫烏の導きと熊野越え|山で迷って進退窮まる!?天照による2度目の救援は「天孫降臨」の再現だった件|分かる!神武東征神話No.9

神武東征神話を分かりやすく解説するシリーズ

今回は9回目。頭八咫烏やたがらすの導きと熊野越えをめぐる神話をお届けします。

三重県熊野市大泊おおどまりから陸路を進み、荒坂あらさかで神の毒気にあたって意識不明の重体に陥った「彦火火出見ひこほほでみ」こと神武。
天照大神によって救援の手がさしのべられ、なんとか危機を脱しました。

このときゲットした剣は葦原中國あしはらのなかつくに平定時に使用された神剣、「韴霊剣(ふつみたまのつるぎ)」。

これにより「神武東征に葦原中國平定と同じ意味合いを重ね合わせようとした」、というのが前回のお話でした。

ここからさらに陸路を進みますが、深く険しい熊野の山を越える道が分からず、進退窮まります。

そこで再び、天照大神が救援の手をさしのべるのです。

頭八咫烏やたがらす」を遣わし、東征一行の道案内をさせます。
この烏(カラス)の飛来により、彦火火出見ひこほほでみは東征の成功を確信します。

ここで活躍するのが、「日臣命ひのおみのみこと」。
彼の活躍により、無事、熊野を抜け菟田下県うだ の しもつあがたへ到着。ここは、菟田野うだの大宇陀おおうだ榛原はいばらの南半分にあたる一帯です。

「日臣命」はこの功績により、「道臣みちのおみ」という名前をもらいます。

  • なぜ頭八咫烏やたがらすが登場するのか?
  • その頭八咫烏やたがらすが道案内し、臣下である「日臣命ひのおみのみこと」が道を切り拓く物語は何を伝えているのか?

これらの「謎」を探ることで、「熊野越え」の意味を考えます。

今回も『日本書紀』巻三「神武紀」をもとにお伝えします。ちなみに、前回の内容、これまでの経緯はコチラ↓をご確認ください。

熊野荒坂で全軍昏倒|神の毒気にヤラレて意識不明の重体に!?天照による危機救援は「葦原中國平定」再現の意味があった件|分かる!神武東征神話No.8

2016.01.25

 

頭八咫烏の導きと熊野越え|山で迷って進退窮まる!?天照による2度目の救援は「天孫降臨」の再現だった件

東征ルートと場所の確認

荒坂で神の毒気にあたったのが、大泊から42号線へ入る急坂付近。

ここから熊野の険しい山へ入ります。

熊野の山 (9)
▲熊野上空から。険しい山々が続きます。

本文をそのまま解釈すれば、「道が絶えてしまった」ということは、山の奥深くに入り込んだということ。恐らく309号線の途上。

熊野越えルート

309号線から北上し、北山村で169号線と合流、吉野に到って370号線→16号→166号線(伊勢街道)を辿るルート。

これにより熊野を越え、山間のやや開けた盆地的な場所にでます。
これが菟田下県うだ の しもつあがたで、この中の一つの村が菟田の「 穿邑うがちむら」。現在の宇賀志うかしです。

この「熊野越え」は、頭八咫烏やたがらすの道案内をもとに、臣下「日臣命ひのおみのみこと」の活躍により達成されました。
東征神話の中でも、臣下の活躍が具体的に記述される初めての箇所です。

この「日臣命」は、「天忍日命あまのおしひのみこと」の末裔。
天忍日命あまのおしひのみこと」は、天孫降臨で「瓊瓊杵尊ににぎのみこと」に随伴、神の先ばらいを担当しました。

  1. 熊野の山を越え人里に出る展開のなかで、天照による救援の手が差し伸べられた事、
  2. 神代・天孫降臨てんそんこうりんで活躍した神様の末裔が、降臨のときと同じように天孫(神武)の進む道を切り拓いた事。

これらの設定を踏まえると、先の荒坂と同じく、この「熊野越え」もまた、重要な意味が込められていることが分かります。

 

現代語訳:頭八咫烏の導きと熊野越え

東征一行はいよいよ世界の中心である「中洲ちゅうしゅう」に向かおうとした。

しかし、熊野の山道は険しく、途中で道がなくなってしまい、いよいよ進むことができなくなってしまった。
あちこち探しても、この深く険しい山を越えていく所が分からない。

まさにそのような状況の時。

ある夜、彦火火出見ひこほほでみは夢をみた。その中で、天照大神が現れこのように伝えた。

今から「頭八咫烏やたがらす」を遣わそう。この烏を道案内とするがよい。

果たして、その「おしえ」通り、頭八咫烏やたがらすが空から飛んできて舞い降りた。

この烏の飛来は、めでたい夢のとおりだ。(皇祖の威徳の)なんと偉大なことよ、輝かしいことよ。皇祖の天照大神が、東征の大業を成し遂げようと助けてくれたのだ。

と、彦火火出見ひこほほでみは感嘆の声をあげた。

そこで、臣下の「日臣命ひのおみのみこと」は山を踏みわけ道を通しながら、烏の飛び行く先を尋ね、仰ぎ見て追っていった。

日臣命ひのおみのみこと」は、大伴氏の遠祖で、勇猛果敢な軍隊(大来目おおくめ)と大きな戦車を率いる将軍である。この熊野において、中洲ちゅうしゅうへの突破口を見出し、山道を穿うがち、一行が通る道の整備を行った。

そうしてついに、菟田うだ下県しもつあがた[1]に到着した。(道を穿うがちながら進んだので、これにより、その到達した所を名付けて菟田の「穿邑うがちのむら[2]」という。)

この時、彦火火出見ひこほほでみ日臣命ひのおみのみことに詔をくだし、大いに褒め称えて言った。

お前は、忠実で勇猛な臣下だ。その上、よく導いてくれた。この功績をもとに、お前の名を改めて、以後『道臣みちのおみ』とせよ。

 

注釈

[1]伊那佐山(榛原)と西山岳(大宇陀)とを結ぶ東西ラインより南側、現在の菟田野と大宇陀・榛原の南半分にあたる地。

[2]菟田下県のなかにあるひとつの村(邑)。現在の地名の「宇賀志」は、穿邑の「穿(うがち)」に由来しています。「宇賀志」は、かつての「穿邑」の中心地だったと思われます。

 

原文

既而皇師、欲趣中洲、而山中嶮絶、無復可行之路、乃棲遑不知其所跋渉。

時夜夢、天照大神訓于天皇曰

「朕今遣頭八咫烏、宜以爲鄕導者。」

果有頭八咫烏、自空翔降。天皇曰

「此烏之來、自叶祥夢。大哉、赫矣、我皇祖天照大神、欲以助成基業乎。」

是時、大伴氏之遠祖日臣命、帥大來目、督將元戎、蹈山啓行、乃尋烏所向、仰視而追之。遂達于菟田下縣、因號其所至之處、曰菟田穿邑。

于時、勅譽日臣命曰

「汝忠而且勇、加能有導之功。是以、改汝名爲道臣。」

『日本書紀』巻三 神武紀より

 

まとめ

頭八咫烏の導きと熊野越え

烏菟うと」という言葉があります。日と月の別名で、太陽の中に3本足のカラスが住み、月の中にウサギがいるという中国古代の伝説によるもの。

月のウサギは日々慣れ親しんでますよね。実は「月のウサギ」は、「太陽のカラス」とセットだったのです。

そもそも、「頭八咫烏やたがらす」自体はこうした伝説にちなむもの。天照大神が太陽神なので、太陽神の使者として頭八咫烏が飛来した、という訳。

ここでの重要事項は、これにより「神武が東征の成功を確信した事」

頭八咫烏の飛来には、それまで個人レベルの決意だった「東征」に、天照大神による「お墨付き」を与える意味があったという事です。一種のギャランティー。これはデカイです。

天上における最高神であり、皇祖でもある天照大神が東征の成就を支援する。これほど大きな後ろ盾はありませんよね。

最終的に、橿原で即位したとき、神武天皇は天照大神を祭りますが、それは、この援助に対する「孝」の位置づけとして行うのです。

これが皇室が行っている祭祀の根拠になっています。

 

そして、「日臣命ひのおみのみこと」の活躍。

冒頭でもお伝えしましたが、日臣は「天忍日命あまのおしひのみこと」の末裔。
天忍日命は、天孫降臨で「瓊瓊杵尊ににぎのみこと」に随伴し、神の先ばらいを担当しました。

つまり、神代・天孫降臨で活躍した神様の末裔が、降臨と同じように天孫(神武)の進む道を切り拓く設定になっている、という事です。

これが意味するのは「天孫降臨の再現」です。
熊野越えのエピソードを通じて天孫降臨を再現し、東征の正当性や神武の権威付けを狙ってる訳です。

◎天孫降臨
・主役 瓊瓊杵(ににぎ)(天孫)
・随伴先ばらい担当 天忍日命(日臣の先祖)
・状況 天から地へ、天孫が降臨する

◎熊野越え
・主役 神武(天孫)
・道の切り拓き担当 日臣命(天忍日の末裔)
・状況 山から人里へ、天孫が降りてくる

熊野越えと天孫降臨は、同じような背景をもつ登場人物たちによる、同じような物語展開になってることがわかりますよね。

 

陸路へ転換し、荒坂で「韴霊剣ふつみたまのつるぎ」を手に入れたのは「葦原中國あしはらのなかつくに平定神話の再現」でした。

そして、熊野越えでは、天照による頭八咫烏派遣によって東征へのお墨付きを与え、さらに「天孫降臨神話を再現」したわけです。

こうして読むと、非常に良く練られた神話だということが分かりますし、より面白く、立体的にみえてくると思います。

 

続きはこちらから!

兄猾と弟猾|弟は聡く帰順したが、兄は謀(はかりごと)を企んだのでさらして斬った件|分かる!神武東征神話No.10

2016.01.27

目次はコチラ!

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

2016.01.03

橿原神宮|日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

2016.09.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。