神武天皇聖蹟盾津顕彰碑|住宅地のなかに忘れ去られたように建っている碑が寂しすぎたので、こちらもそっとしておく件|神武東征ルートを行く

神武東征神話をもとに「東征ルート」を辿り、書紀文献とあわせて検証してみた件

どこまでもアツく奥ゆかしい日本建国神話である「神武東征神話」。でも、「それってホントにあったの?」「ウソでしょ!?」「実際どこよ?」的な興味と疑問にお答えするシリーズ。

なんと、嬉しいことに西日本を中心に「多分ココ的なところ」を集めたスポットがあるのです!

それが、顕彰碑けんしょうひとか伝承碑でんしょうひの皆さんm9( ゚Д゚) ドーン!

日本建国神話の舞台ですから、超パワースポットであります。その地その地が選ばれたのは理由があるからで、それらの謎とかを神話ロマンと合わせて探っていこうという、これまた激しく奥ゆかしい取組みが本シリーズであります!

今回は、盾津たてつ

東大阪周辺は一旦これで終了。

 「神武天皇聖蹟顕彰碑じんむてんのう せいせき けんしょうひ」のマニアックな詳細はコチラ↓でご確認いただくとして、

神武天皇聖蹟調査(昭和15年)による「聖蹟顕彰碑」まとめ|大人の事情満載だけど確かなものもきっとある件 (マニア限定)

2016.02.01

以下、実際に行ってみたので、どうなのよ?的なところをご紹介です。

 

盾津の概要

そもそものお話、「盾津たてつで雄叫び」についてはコチラ↓でご確認ください。

孔舎衛坂激戦、敗退|スネの長い関西人に初戦敗退。神策めぐらし紀伊半島を迂回することにした件|分かる!神武東征神話No.5

2016.01.22

要は、最初の戦闘で敗戦を喫したあと、草香江の津まで戻り、雄叫びをあげたというお話。

盾を立てて雄叫びしたので「盾津たてつ」。

 

シャレ??(;・∀・)

一般的には、敗戦後の停滞した士気を鼓舞するための雄叫び、という事なんですが、個人的にはこちら↓で書いた通り、

神武東征ルートの「孔舎衛坂激戦地」を探してたら、ガチで山で迷った件(だけど、とても大事な気づきを得た気がする)

2016.02.01

きっと、自責の念を含む、深くて悲しい雄叫びだったのではないかと思っております。

 

そんな「盾津たてつ」。ひと昔前は「盾津村」とか「盾津町」といった地名で残っていたのですが、近隣町村との合併により消滅。現在は、「盾津中学校」や「盾津交番」といった感じで残るだけとなっとります。

ですが!実はこのような神話的背景を持つ場所だという事です。

 

盾津顕彰碑への道順

盾津顕彰碑たてつけんしょうひ」が建つ場所は、孔舎衙小学校の東。住宅地の中にぽつんと見捨てられたようにあります。

こちら170号線から孔舎衙小学校を北側角から見たところ。

盾津 (20) 盾津 (22)

生駒山の方へ入っていく細い道がありますので、ここを行きます。

盾津 (23)

孔舎衙小学校を右手に見ながら進みます。

 

そして、小学生たち。。。
盾津 (18)
がんばれ。

盾津 (3)

ぎゃ、逆光。。。
盾津 (4)

で、これ。

盾津 (15)

ありました!

盾津 (5)

・・・てか、あるけどさ。。。

 

なんか、すんごい見捨てられた感満載なんすけど。。。

ゴミ。。。

捨てんなよー。

 

盾津顕彰碑

盾津 (7)
碑には

神武天皇戌午年三月皇軍ヲ率イテ青雲白肩津二至リ給ヒ翌四月孔舎衛坂二戦ハセラレ其ノ津二還リテ盾ヲ植テテ雄誥遊バサレシ二因リ地名ヲ盾津ト改メタリ聖蹟ハ此ノ地附近ナリト推セラル

と刻んでます。

 

そうですか。

それにしても、見捨てられ過ぎではありませんか?

盾津 (13)

もともとの「盾津村」とかからも離れてるし、、、「調査委員会」からも「丙!」って言われてるし。。。

 

と、いうことで参りましょう。

恒例の。。。

勝手に認定結果

委員会の皆様には大変恐縮ではございますが、

こちら、、、

 

 

そっとしておきます盾津

とさせていただきます。

 

乙!

 

まとめ

盾津顕彰碑

盾津たてつ」は、最初の戦闘で敗戦を喫したあと、草香江の津まで戻り、雄叫びをあげたというお話から。盾を立てて雄叫びしたので「盾津」。

孔舎衛坂くさえさかの激戦の後なので、孔舎衛坂くさえさかから近いところのはず。且つ、草香江の津=港の近くでもあるはず。本当にここかどうかは、やや怪しい感じが否めず。。。

でも、寂しそうに建ってるので、そっとしておきます。ゴミを捨てるのは止めましょうね。

 

大阪府東大阪市日下町6丁目10+神武天皇聖蹟盾津顯彰碑

場所:大阪府東大阪市日下町6丁目10

駐車場無し
トイレ無し

 

その他のスポットはコチラで!

神武東征神話の聖蹟顕彰碑・伝承碑まとめ|実際に行ってみて、確かめてみたところを全部まとめてみた!(マニア限定)

2016.02.22

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

橿原神宮|日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

2016.01.03

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

2016.09.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。