高御産巣日神|造化三神の一柱で天之御中主神に次いで2番目に成りました独神で別天つ神。「産霊」ならびに「産日」の霊能を発動。

 

『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「高御産巣日たかみむすひ神」です。

『古事記』では「高御産巣日たかみむすひ神」、『日本書紀』では「高皇産霊尊たかみむすひのみこと」として登場。

名義

高く神聖な生成の霊力

「高」は「高い」の意味の美称。この神の別名は「高木たかぎの神」(高い木を依代よりしろとして降臨する神)と言われています。ここから、「高所から降臨する」という特徴に基づいた命名。

産巣日むすひ」の「産巣むす」は「こけす」などの「むす」で、「生成する」意味の自動詞。

「日」は「霊的なはたらき」を意味する語で、神名の接尾語としてよく用いられます。

以上のことから、この神名の中核は、「す」にあると言えますが、一方で、「日」に中核があると考えることもでき、その場合は「高く神聖な、生成して止まぬ太陽」の意味となります。

ちなみに、この「産霊むすひ」としての霊能と「産日むすひ」(太陽神)としての霊能とが『古事記』の文脈のなかで交錯するところがでてきます。

また、神産巣日神との対応関係もチェックです。

→参考:「神産巣日神|造化三神の一柱で3番目に高天の原に化成した独神。生命体の蘇生復活を掌る至上神

活動と位置づけ

造化三神の一柱で、天之御中主あめのみなかぬし神に次いで二番目に高天の原に成りました独神ひとりがみで、身を隠している別天ことあまつ神。

⇒「造化三神(ぞうかさんしん)|天と地ができたその原初の時に、高天原に成りました三柱の神神。あとに誕生する神神に、彼らが活躍する世界を譲り、自らは立ち退く立場を取る奥ゆかしすぎる神神。

⇒「独神(ひとりがみ)|単独で誕生し、男女の対偶神「双神」と対応する神。双神が生みなしたこの世界と神々とに関わり、その活躍を導き助力する存在

⇒「別天神(ことあまつかみ)|神世七代に先立って特別に誕生した五柱の神々。『日本書紀』との比較から眺めることで、その位置づけや解釈に奥行きや深みがでてきます。

最高神の天照大御神と形影相伴うごとく登場し、皇祖神として重要なはたらきをします。

はたらきは、先ほども触れた通り2つ。「産霊むすひ」としての「生成的霊能」と「産日むすひ」としての「司令者・至上神的霊能」です。

まず「天照大御神の天の石屋戸ごもり」の条では、その子「思金おもいかね神」に命じて、衰えた太陽の蘇生復活をさせます。

これは「産霊むすひ」の発動によるものです。

次に、「葦原の中つ国のことむけ」の段では、「あめやすの河原」における会議の招集主催者となり、「天孫の誕生と降臨の神勅」の条では、娘の万幡豊秋津師比売命よろずはたとよあきずしひめのみことを「あめ忍穂耳おしほみみ命」の妻にし、その子「邇邇芸命ににぎのみこと」を降臨させる司令者となります。

これは「産日むすひ」の霊能によるもので、皇祖神的地位にあることを示しています。

神武東征神話においては、「高倉下たかくらじの献剣」の条では神剣を降し神武の危機を救い、「八咫烏やたがらすの先導」の条においては、八咫烏を派遣し神武を大和に導かせています。

これは、「産霊むすひ」ならびに「産日むすひ」の発動でもあると言えます。先ほどの、交錯するとは、このことを言います。

始祖とする氏族

新撰姓氏録しんせんしょうじろく』によれば、

  • 宿禰すくね」姓:大伴、佐伯さえき弓削ゆげ大伴大田おおとものおおた斎部いむべ玉祖たまのや、等。
  • むらじ」姓:忌玉作いみたまつくり家内やぬち、小山、等。
  • あたい」姓:久米くめ葛木かずらき荒田あらた、等。
  • 他:葛木忌寸かずらきのいみき伊予部いよべ恩智神主おんぢのかむぬし波多祝はたのはふり、等。

登場箇所

高皇産霊尊 『日本書紀』神代上、神武紀

高御産巣日神 『古事記』上

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より 一部分かりやすく現代風修正

 

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

『古事記』本文より「天地開闢」の語訳とポイント|天に五柱の別天つ神、地に七代の神々出現。神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

2016.09.16

『日本書紀』版☟

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

日本神話の概要をコチラで是非☟

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

日本神話好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。