高御産巣日神|造化三神の一柱!独神、別天神であり「産霊」「産日」の霊能を発動する高御産巣日神を徹底解説!

高御産巣日神

 

日本神話に登場する様々な神様を、どこよりもディープに、分かりやすく解説します。

今回は、『古事記』を中心に

高御産巣日たかみむすひ神」

です。

『古事記』では「高御産巣日たかみむすひ神」、『日本書紀』では「高皇産霊尊たかみむすひのみこと」として登場。

高天原を統治する天照大御神が「あめ石屋いはや」に籠り、「高天原皆暗く、葦原中つ国ふつくくらし。これによりて常夜きき。」という危機に際して、八百万の神がこぞって打開策を練りますが、このときに打開するための神事を統括するのが「高御産巣日たかみむすひの神」の子の「思金神おもいかねのかみ」です。

高御産巣日たかみむすひの神」自身は、天孫降臨に際して、子の「思金神おもいかねのかみ」とともに葦原中国あしはらのなかつくにの平定に尽力する一方、天照大御神とともに降臨を命じてもいる。尚、降臨する天孫の「日子番能邇邇芸命ひこほのににぎのみこと」は、「高御産巣日たかみむすひの神」の外孫。

このあたりが、「高御産巣日たかみむすひの神」が高天原系代表と言われる所以です。

今回は、そんな「高御産巣日たかみむすひ神」について、『古事記』を中心にディープに解説していきます。

 

高御産巣日神|造化三神の一柱!独神、別天神であり「産霊」「産日」の霊能を発動する高御産巣日神を徹底解説!

高御産巣日神の名義

高く神聖な生成の霊力

「高」は「高い」の意味の美称。この神の別名は「高木たかぎの神」(高い木を依代よりしろとして降臨する神)と言われています。ここから、「高所から降臨する」という特徴に基づいた命名。

産巣日むすひ」の「産巣むす」は「こけす」などの「むす」で、「生成する」意味の自動詞。

「日」は「霊的なはたらき」を意味する語で、神名の接尾語としてよく用いられます。

以上のことから、この神名の中核は、「す」にあると言えますが、一方で、「日」に中核があると考えることもでき、その場合は「高く神聖な、生成して止まぬ太陽」の意味となります。

ちなみに、この「産霊むすひ」としての霊能と「産日むすひ」(太陽神)としての霊能とが『古事記』の文脈のなかで交錯するところがでてきます。

また、神産巣日神との対応関係もチェックです。

→参考:「神産巣日神|造化三神の一柱で3番目に高天の原に化成した独神。生命体の蘇生復活を掌る至上神

 

高御産巣日神の活動と位置づけ

造化三神の一柱で、天之御中主あめのみなかぬし神に次いで二番目に高天の原に成りました独神ひとりがみで、身を隠している別天ことあまつ神。

『古事記』ではその誕生を以下のように伝えてます。

 天地初めておこりし時に、高天たかあまの原にりませる神の名は、天之御中主あめのみなかぬしの神。次に、高御産巣日たかみむすひの神。次に、神産巣日かみむすひの神。此の三柱みつはしらの神は、みな独神ひとりがみと成りまして、身を隠したまひき。

天地初發之時、於高天原成神名、天之御中主神。次高御產巢日神、次神產巢日神。此三柱神者、並獨神成坐而、隱身也。(『古事記』上巻より一部抜粋)

詳細解説はコチラで!

⇒「造化三神|天と地ができた原初の時に、初めて高天原に成りました三柱の神々

⇒「独神|単独で誕生し、男女の対偶神「双神」と対応する神。

⇒「別天神|神世七代に先立って特別に誕生した五柱の神々。

で、

高御産巣日たかみむすひ神」は

最高神の天照大御神と形影相伴うごとく登場し、皇祖神として重要なはたらきをします。

はたらきは、先ほども触れた通り2つ。

産霊むすひ」としての「生成的霊能」と「産日むすひ」としての「司令者・至上神的霊能」です。

まず「天照大御神の天の石屋戸ごもり」の条では、その子「思金おもいかね神」に命じて、衰えた太陽の蘇生復活をさせます。

これは「産霊むすひ」の発動によるもの。

次に、

「葦原の中つ国のことむけ」の段では、「あめやすの河原」における会議の招集主催者となり、「天孫の誕生と降臨の神勅」の条では、娘の万幡豊秋津師比売命よろずはたとよあきずしひめのみことを「あめ忍穂耳おしほみみ命」の妻にし、その子「邇邇芸命ににぎのみこと」を降臨させる司令者となります。

これは「産日むすひ」の霊能によるもので、皇祖神的地位にあることを示しています。

神武東征神話においては、「高倉下たかくらじの献剣」の条では神剣を降し神武の危機を救い、「八咫烏やたがらすの先導」の条においては、八咫烏を派遣し神武を大和に導かせています。

これは、「産霊むすひ」ならびに「産日むすひ」の発動でもあると言えます。先ほどの、交錯するとは、このことを言います。

 

高御産巣日神を始祖とする氏族

新撰姓氏録しんせんしょうじろく』によれば、

  • 宿禰すくね」姓:大伴、佐伯さえき弓削ゆげ大伴大田おおとものおおた斎部いむべ玉祖たまのや、等。
  • むらじ」姓:忌玉作いみたまつくり家内やぬち、小山、等。
  • あたい」姓:久米くめ葛木かずらき荒田あらた、等。
  • 他:葛木忌寸かずらきのいみき伊予部いよべ恩智神主おんぢのかむぬし波多祝はたのはふり、等。

 

高御産巣日神の登場箇所

高皇産霊尊 『日本書紀』神代上、神武紀

→「『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 一書第1~6 体系性、統一性、系統性を持つ一書群が本伝をもとに様々に展開

高御産巣日神 『古事記』上

『古事記』の天地開闢|原文、語訳とポイント解説!神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より 一部分かりやすく現代風修正

 

天地開闢まとめはコチラで!必読!

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016

『古事記』版☟

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳、解説!神名を連ねる手法で天地開闢を物語る。

09/16/2016

『日本書紀』版☟

『日本書紀』第一段

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

04/15/2018

日本神話の概要をコチラで是非☟

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

01/08/2016

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

分かる!神武東征神話|神武の生い立ち|天照大神の第五世代 子孫(来孫)であり、海神の孫でもある件

01/20/2016

本記事監修:(一社)日本神話協会理事長、佛教大学名誉教授 榎本福寿氏
参考文献:『古事記』(新潮日本古典集成)、『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

【中古】 日本書紀 史注(巻第1) /山田宗睦(著者) 【中古】afb

 

高御産巣日神

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他