神武東征ルートを行く|聖蹟菟田穿邑顕彰碑|地元農家さんの敷地内?山を穿ってたどり着いた村は榛原街道(166号)から離れてしまった件

神武東征神話をもとに「東征ルート」を辿り、書紀文献とあわせて検証してみた件

どこまでもアツく奥ゆかしい日本建国神話である「神武東征神話」。でも、「それってホントにあったの?」「ウソでしょ!?」「実際どこよ?」的な興味と疑問にお答えするシリーズ。

なんと、嬉しいことに西日本を中心に「多分ココ的なところ」を集めたスポットがあるのです!

それが、顕彰碑けんしょうひとか伝承碑でんしょうひの皆さんm9( ゚Д゚) ドーン!

日本建国神話の舞台ですから、超パワースポットであります。その地その地が選ばれたのは理由があるからで、それらの謎とかを神話ロマンと合わせて探っていこうという、これまた激しく奥ゆかしい取組みが本シリーズであります!

今回は、「菟田 穿邑(うだ  うがちのむら)」。

ここは、頭八咫烏の導きをもとに、山を穿って(うがって)=穴をあけ道を通してたどり着いた場所。

「穿つ(うがつ)」

あまり使わない言葉ですね。

「穿邑(うがちのむら)」は、そんなドリル感をビシビシ感じるスポット。

 「神武天皇 聖蹟 顕彰碑」のマニアックな詳細はコチラ↓でご確認いただくとして

神武天皇聖蹟調査(昭和15年)による「聖蹟顕彰碑」まとめ|大人の事情満載だけど確かなものもきっとある件 (マニア限定)

2016.02.01

以下、実際に行ってみたので、どうなのよ?的なところをご紹介です。 

聖蹟菟田穿邑顕彰碑|地元農家さんの敷地内?山を穿ってたどり着いた村は榛原街道(166号)から離れてしまった件

 菟田穿邑顕彰碑の神話的背景

詳しくはこちら↓で確認ください。

頭八咫烏の導きと熊野越え|山で迷って進退窮まる!?天照による2度目の救援は「天孫降臨」の再現だった件|分かる!神武東征神話No.9

2016.01.26

ポイントは

  • 天照大神が派遣した頭八咫烏の導きでたどり着いた場所であること
  • 将軍「日臣(ひのおみ)」が烏の後を追い、山を穿ち(うがち)、道を通してたどり着いた場所であること

の2点。

特に、頭八咫烏は神聖な鳥ですから道を間違えるなんてことはあり得ず、合理的かつ安全な道を案内したのだと思われます。一方で、人力で山を穿ち、つまりトンネルのようなものを掘る感じで道を通してきたわけで、できる限り最短コースが望ましいですよね。敵と戦う前に消耗してはお話になりません。

以上の事をふまえると、大泊から最短コースでたどり着く「穿邑」は、果たしてココなのか?!という疑問がぬぐえず。。。

ツッコミどころを豊富にもつ顕彰碑であります。

 

菟田穿邑顕彰碑への道

場所はこちら。菟田野宇賀志。

34.459949, 135.986403

榛原街道から横道に入った先にあります。

穿邑顕彰碑 (7)

▲こちら榛原街道(166号線)。南から北へむかう方向。

 

穿邑顕彰碑 (6)

▲横道に入るところあります。青蓮寺の標識が建っているので、この道を入っていきます。

 

穿邑顕彰碑 (8)

▲奥へ進みます。右は廃校。。。

 

これ、道を進んでいくと、北上してきたけど、右斜め後ろに下がる感じです。

ちなみに、この顕彰碑の場所のさらに奥に、古事記が伝える「おどの(大殿)」伝承地があり、血原橋もあり、要はこの一帯が、兄猾・弟猾の支配領域だった感じですかね。

まっすぐ行けばいいのに、わざわざこの辺りへ攻め込んできたというのがどうにも分からない。。。

ま、後ろからやられてはたまらないということかもしれませんが。。。頭八咫烏としては、そうなってはマズイのでヤッとけという事なのかもしれませんね。

穿邑顕彰碑 (9)

▲超がつくほどの田舎道。のんびり行きましょう。って、おや?あの棒は・・・

 

穿邑顕彰碑 (11)

▲でたー!!!

 

ということで、車を降りて、、、

穿邑顕彰碑 (12)

▲徒歩で登っていきます。

 

穿邑顕彰碑 (15)

▲この辺の田畑は全てこうやって防御ネットが。地元の方によると、イノシシ対策だそうです。ホントすごいんだって!

 

穿邑顕彰碑 (18)

▲小高い丘の上って感じで見晴らしイイね!

 

穿邑顕彰碑 (19)

▲なるほどなるほど

 

穿邑顕彰碑 (20)

▲写メでは撮りませんでしたが、地元の民家の敷地内と思わせるところです。

 

穿邑顕彰碑 (22)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

 

菟田穿邑顕彰碑

 穿邑顕彰碑 (24)

穿邑顕彰碑 (27)

神武天皇戊午年頭八咫烏ノ郷導ニ依リ道臣命ヲ皇軍ノ将トシテ菟田穿邑ニ至リ給ヘリ聖蹟ハ此ノ地方ナルベシ

 そうですか。

 

と、言っても、、、この辺りはホント何もなくて。。。

穿邑顕彰碑 (34)

▲ただ見晴らしだけはいいねー

 

穿ってきたということは、なにかい?あのあたりを穿ってきたってことかい?

 

うーん。。。

 

勝手に認定結果

と、

いうことで、物語の展開、場所等を踏まえると、、、

 

委員会他関係者の皆様、こちら、

穿邑神武東征認定

とさせていただきます。

ご確認の程、何卒よろしくお願い申しあげます。

 

まとめ

菟田穿邑顕彰碑

頭八咫烏の導きでたどり着いた場所、それが「穿邑(うがちのむら)」。

神聖な鳥が連れてきたにしては、ややメインストリームから離れすぎてる感否めず。

ほんとにココなの?というツッコミどころ満載なスポットです。

この辺りは、兄猾誅殺にちなむ伝承地も残っているので、ここ1か所だけでなく他のスポットも含めて全体的に把握するようにしましょう。兄猾・弟猾の本拠地です。

 

菟田穿邑顕彰碑

菟田野宇賀志

34.459949, 135.986403

榛原街道(166号線)を青蓮寺へ向かう道に入った先にあります。

トイレ:無し

駐車場:1台分くらい?あり

 

その他のスポットはコチラで!

神武東征神話の聖蹟顕彰碑・伝承碑まとめ|実際に行ってみて、確かめてみたところを全部まとめてみた!(マニア限定)

2016.02.22

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

2016.01.03

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

2016.09.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。