忍坂|大室を建てて八十梟帥残党の掃討作戦を実行した地。忍阪街道と合わせて見どころまとめてみた件

神武東征ルートを行くシリーズ

どこまでもアツく奥ゆかしい日本建国神話である「神武東征神話」。でも、「それってホントにあったの?」「ウソでしょ!?」「実際どこよ?」的な興味と疑問にお答えするシリーズ。

なんと、嬉しいことに西日本を中心に「多分ココ的なところ」を集めたスポットがあるのです!

それが、顕彰碑けんしょうひとか伝承碑でんしょうひの皆さんm9( ゚Д゚) ドーン!

日本建国神話の舞台ですから、超パワースポットであります。その地その地が選ばれたのは理由があるからで、それらの謎とかを神話ロマンと合わせて探っていこうという、これまた激しく奥ゆかしい取組みが本シリーズであります!

今回は、「忍坂(おっさか)」を取り上げます。

「忍坂」

今の地名は「忍阪(おっさか)」となっていて、「坂→阪」へ変わってます。

ま、そんなこと誰も知らねーよ状態ですが、東征神話においてはまあまあ重要スポットです。

  • 「忍坂」の地が持つ意味とは?神武東征神話においてどのような意味があるのか?

この謎を探ることで、この地が伝える神話的意味を明らかにします。

 

忍坂(おっさか)|大室を建てて八十梟帥残党の掃討作戦を実行した地。忍阪街道と合わせて見どころまとめてみた件

忍坂の神話的背景

この地にちなむ神話はコチラ↓でご確認いただくとして、

国見丘の戦いと忍坂掃討作戦|すごいぞスーパー彦火火出見!敵軍撃破!残党掃討!そのパワーほんと流石な件|分かる!神武東征神話 No.14

02/21/2016

ポイントをまとめると、

  • 忍坂は、山と平地の間に位置する場所。
  • 山の敵は、山で決着をつける。そのために、その境界に位置する忍坂で饗宴を催し、残党を集め一挙に殲滅したという事。
  • 担当は、将軍「道臣(みちのおみ)」。武力の象徴。対「山の敵」対策ですね。

 

東征神話的には、この忍坂掃討作戦以降、いよいよ大和平野へ入っていく展開であり、「山→平野への転換スポット」ということです。

そんな忍坂、行ってみると「記紀万葉の里」として、そこはかとなく観光地が形成されていたので見どころあわせてご紹介します。

 

忍坂の場所

奈良県桜井市忍阪です。

奈良県桜井市忍阪1631

↑こちら、「忍阪(おっさか)」交差点そばの郵便局の場所。まずは目印として。

忍坂 神武東征 (6) 忍坂 神武東征 (3)

▲交差点の名前に「忍阪(おっさか)」!

 

忍坂 神武東征 (16)

▲166号線沿い。奈良から榛原方面へ向かう道。このあたりが忍坂。奥の山々は、国見丘とかです。あの山から、八十梟帥(やそたける)残党をこの地におびき寄せた訳ですね。

大室(おおむろ)を建てて残党を集めようとした訳で、しかも山からおびき寄せるくらいなんで、相当デカイ建物だったはず。しかも相当すごい饗宴だったはず。。。って、コレ、神話ロマンでしょう。

そして、忍阪交差点から166号線沿いに榛原方面へ向かうと、、、

忍坂 (14) 忍坂 (15)

▲左へ入る道(忍坂街道)の角に「歴史街道」の立札が立っているところがあります。

それを入ると、、、

忍坂 (1) 忍坂 (6)

あ!あれだ!

 

忍坂 (7)

ま、まじか。。。傾いとる。。。(;゚Д゚)

 

忍坂 (8)

▲忍坂道伝承地道 の文字

 

このあたりは、、、

忍坂 (9)

▲うっそうと生い茂る草、、、「大室(おおむろ)」どのへんに建てたんでしょうね?想像はどこまでも広がります。

 

ということで、忍坂については以上。。。

なんか、、、とてつもない寂寥を感じるのはなぜだろう?

碑、傾きまくってたしな。。。

 

とにかくこれで終わると後味が悪すぎるので、、、

実は、忍阪交差点から、こんな感じで、「忍阪街道」というのが整備されていますのでご紹介しておきます。

忍坂 神武東征 (49) 忍坂 神武東征 (17)

▲忍阪交差点から166号線を榛原方面へ歩いていくと、すぐ小道に入るところがあります。

 

忍坂 神武東征 (26)

▲忍阪街道(おっさか かいどう)。平和な田舎の雰囲気満載やー。

 

以下、主要な見どころです。

忍阪坐生根神社(おっさかに います いくねじんじゃ)

忍坂 神武東征 (32)

三輪の大神神社と同じく本殿がなく、後ろの宮山(忍坂山の一部)を御神体とした神社。

少彦名命と額田部氏の祖先・天津彦根命(あまつひこねのみこと)を祀っています。

忍坂 神武東征 (35) 忍坂 神武東征 (28)

▲ちょっとした広場になってます。

 

神籠石(通称:ちご石)

忍坂 神武東征 (43)

神武が八十梟帥掃討するときに、この石にかくれ、石垣をめぐらし盾としたらしいです。

 

そうですか。

 

舒明天皇陵

舒明天皇陵 (17)

第34代天皇。629年即位。天武天皇、天智天皇のお父さん。舒明ファミリーを形成。この舒明陵、とてもユニークな形です。八角形。

忍阪街道から山の方へ入っていった奥にあります。

 

舒明天皇陵 (13)

三段ある四角形の土台の上に、八角形の上円部が乗っかってる形だそうです。イメージ図は以下の通り。

舒明天皇陵 (18)

▲たしかに、これは珍しい!

 

ということで、再び166号線に出てきます。

忍坂 神武東征 (51)

ほんと、ちょっとした観光地形成されてる感じで、ただ、今となってはそんな訪れる人いないんだろーな感満載でした。

 

まとめ

忍坂(おっさか) 伝承地

国見丘で撃破した八十梟帥(やそたける)の残党らを殲滅するために、この地に大室を建て饗宴をひらいておびき寄せ、一気にやっつけた場所。

東征神話的には、忍坂掃討作戦以降、いよいよ大和平野へ入っていく展開であり、「山→平野への転換スポット」ということ。結構重要なスポットであります。

 

そんな忍坂は、今では「記紀万葉の里」として、そこはかとなく観光地が形成されてますので、お時間がございましたらお立ち寄りいただければ幸いです。ご確認の程よろしくお願い申しあげます。

 

忍坂伝承地

奈良県桜井市忍阪1631

橿原から宇陀へ向かう道、166号線上にあります。交差点「忍阪(おっさか)」が目印です。

駐車場:なし
トイレ:なし

その他のスポットはコチラで!

神武東征神話の聖蹟顕彰碑・伝承碑まとめ|実際に行ってみて、確かめてみたところを全部まとめてみた!(マニア限定)

02/22/2016

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

01/18/2016

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

01/03/2016

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

09/26/2016

開催中!大阪よみうり文化センター天満橋教室
御代替わりの祭儀をめぐる日本神話との関わり

日本神話.comの神話記事監修をしていただいている佛教大学名誉教授榎本先生の講座が大阪の天満橋で開催中です!代替わりの節目となる年。「古事記」「日本書紀」「万葉集」などの文献に沿って天皇との関わりや即位をめぐる歴史・制度の変遷をたどり、古代~近代日本の本質について読み解きます。骨太な熱血講義でお届け中!
月1回開催。3000円前後。途中からのご参加も可能です。詳しくは大阪よみうり文化センター天満橋教室へお問い合わせください。ぜひお気軽にご参加くださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです! 日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。 「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信中。最新の学術情報を踏まえしっかりとした日本神話解釈をお届け。是非チェックしてくださいね。