神武天皇成績熊野神邑顕彰碑|何をしでかすか分からない荒ぶる神々が棲む魔界の入口であり境界の地。なので恐る恐る訪れるべし。|和歌山県新宮市

神武東征神話をもとに「東征ルート」を辿り、書紀文献とあわせて検証してみた件

シリーズでお伝えしている神話をめぐる伝承地を巡る旅。

今回は、和歌山「熊野神邑みわのむら」。

ここは、神武こと「彦火火出見ひこほほでみ」が紀伊半島をぐるっと一周して最初に立ち寄った場所。

このあと発生する「恐るべき事態」の前ぶれを告げる重要なスポットです。

実際行ってみたのですが、神話の時代のおどろおどろしさは一切無く、極めて平和な雰囲気でした。それはそれでホッとしましたが。。。

今回はそんないわくつきのスポットをご紹介します。

 

神武天皇成績熊野神邑顕彰碑|何をしでかすか分からない荒ぶる神々が棲む魔界の入口であり境界の地。なので恐る恐る訪れるべし。

熊野神邑にまつわる神話的背景

この地の前、経緯的には、東大阪の孔舎衛坂くさえさか敗戦と神策により、紀伊半島をぐるっと一周。潮岬を越えて現在の和歌山県新宮市にたどり着いた次第。

神武こと「彦火火出見ひこほほでみ」は4人兄弟。

敗戦により長兄を亡くし、失意の中でやってきた未知の土地。

そして、この後起きることは以下の通り。

  • 天磐盾あまのいわたて」に登る。そのとき、前方にあるただならぬ気配を察知、そこで軍を引いて徐々に進む。「軍を引く」は孔舎衛坂敗戦の時とここの2か所でしか出てこない重要表現。
  • さらに熊野灘を進むと、突然、暴風雨に遭い一行の船は木の葉のように揺れ漂う。
  • このとき、次兄の「稲飯命いなひのみこと」 が剣を抜き、荒れ狂う海に身を投じて「鋤持神さいもちのかみ」となる。
  • 次いで、3兄の「三毛入野命みけいりののみこと」もまた、恨み言を言い、波の先を踏んで常世とこよの国に往ってしまった。これにより兄たちの全てを失う。

と、まあ「熊野灘の受難」とも言うべき恐ろしいことが発生するわけです。

で、実はこれらの受難を引き起こしたのが神話的解釈からすると伊弉冉尊いざなみのみこと(♀)いう訳です。

詳しい解説はコチラで。

熊野灘海難と兄の喪失|なぜ!?兄達は暴風雨の中で歎き恨み逝ってしまった件|分かる!神武東征神話No.7

2016.01.24

花窟神社|黄泉の国=死を司る伊弉冉尊を祭る!高さ45mの圧倒的な巨岩が必要な理由を日本神話的背景から全部まとめてご紹介!

2016.08.18

あと、神倉神社=日本神話的に「天磐盾」もチェックです。神邑と一体的なスポット。

神倉神社|垂直の石段とゴトビキ岩に驚愕!神倉神社は日本屈指の超絶パワースポット!

2016.08.06

ここ、熊野神邑みわのむらは、そうした恐るべき事態が発生する直前に訪れた場所。

言い換えると、伊弉冉系の荒ぶる神が待ち受ける領域への入り口とも言える場所なのです。

「神邑」という地名も、そうした「何をしでかすかわからない荒ぶる神々が棲む入り口、境界の地」といったイメージが重ねられているように思います。

 

聖蹟熊野神邑顕彰碑が建つ場所

そんな背景を持つ「熊野神邑」は、和歌山県新宮市の新宮川の河口付近、阿須賀あすか神社の境内にあります。

阿須賀神社についてはコチラで!

阿須賀神社|新宮発祥の地!阿須賀神社は航海・延命・生産・発育の御神徳

2016.08.05

コレはこれで結構重要な神社なので要チェックです。

 

阿須賀神社 神邑顕彰碑 (2) (1024x768)

▲コチラ、阿須賀神社の入口。鳥居の右手に、、、???

 

阿須賀神社 神邑顕彰碑 (4) (1024x768)

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

 

阿須賀神社 神邑顕彰碑 (33) (1024x768)

ありました! 聖蹟熊野神邑顕彰碑であります!

 

阿須賀神社 神邑顕彰碑 (6) (1024x768)

神武天皇戊午年皇軍ヲ率ヰテ熊野神邑ニ至リ給ヘリ聖蹟は此ノ地方ナルベシ

ん?

「地方」?

、、、他の碑と比べて指定する点の範囲が広くなっとる。。。

 

それにしても、、、

阿須賀神社 神邑顕彰碑 (31) (1024x768)

静かで平和な場所だ。。。

神話的なおどろおどろしさ一切無し。。。

 

と、いうことで参りましょう。

恒例の。。。

勝手に認定結果

委員会の皆様には大変恐縮ではございますが、

こちら、

nintei

とさせていただきます。

ご査収の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

まとめ

神武天皇聖蹟熊野神邑顕彰碑

ココは、神武こと「彦火火出見ひこほほでみ」が紀伊半島をぐるっと一周して最初に立ち寄った場所。

神話的には、熊野神邑のあと、暴風雨に遭うわ、お兄さんたちを亡くすわと、とんでもない事態が発生するわけで。その意味では、伊弉冉系の荒ぶる神が待ち受ける領域への入口とも言える場所。

「神邑」という地名も、そうした「何をしでかすかわからない荒ぶる神々が棲む入り口、境界の地」といったイメージが重ねられているはずで、そうした神話ロマンを感じながら訪ねてみるといいと思います。

 

新宮市阿須賀1-2-25

住所:新宮市阿須賀1-2-25

JR新宮駅から北東に徒歩10分。

駐車場あり

 

こちらの記事も是非。オススメ関連エントリー

和歌山県の神社巡りオススメスポット|和歌山は神武東征神話の舞台!熊野信仰とも結びついた東征神話を中心に日本神話から入る和歌山の神社の御祭神・御利益をまとめ!

2016.10.19

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

2016.01.03

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

神社好きの皆様へ。当サイトオススメの神社の皆さん

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。