花窟神社|黄泉の国=死を司る伊弉冉尊を祭る!高さ45mの圧倒的な巨岩が必要な理由を日本神話的背景から全部まとめてご紹介!

 

花窟はなのいわや神社」は三重県熊野市にある神社。

ココ、「黄泉よみの国」を統治する伊弉冉尊いざなみのみこと(♀)が祀られている「ただならぬ地」。

高さ約45メートルの巨岩と古代から続く祭祀でもって「黄泉よみの国を司るお方」を鎮めているという「曰くつき」スポットです。

実際、その巨大さは圧倒される感じで、黄泉の国=死のきな臭さすら感じる静謐さを感じました。

今回は、そんな日本神話ファンなら絶対に外してはならない超重要スポットを、神話的背景や位置づけも含めてぜんぶまとめてご紹介します。

 

花窟神社|黄泉の国=死を司る伊弉冉尊を祭る!高さ45mの圧倒的な巨岩が必要な理由を日本神話的背景から全部まとめてご紹介!

花窟神社とご祭神・伊弉冉尊をめぐる長―い背景理解

少々長くなりますが、「花窟はなのいわや神社」の日本神話的背景をご紹介します。

コレ、当サイトならでは。

長いので紹介する部分を先に。

日本神話は『日本書紀』『古事記』に記されていますが、特に「花窟はなのいわや神社」に関連するのは『日本書紀』から。

で、

  • 『日本書紀』第五段のテーマ
  • 第五段一書第二
  • 第五段一書第五
  • 第五段一書第六

これらを通じて、「花窟はなのいわや神社」の日本神話的背景をチェックしていきます。

 

『日本書紀』第五段のテーマ

第五段のテーマは、「天照大神・月夜見尊・素戔嗚尊の誕生」。

経緯としては、伊弉諾尊いざなきのみこと(♂)と伊弉冉尊いざなみのみこと(♀)が大八州国おおやしまぐに山川草木さんせんそうもくを生んだところから。

大八州国おおやしまぐにとは、要は日本列島のこと。

で、国を生んだので次は「天下あめのした主者きみたるもの」を生もう、ということになり「天照大神・月夜見尊・素戔嗚尊」を生む流れ。

特に、天照と素戔嗚は、第五段以降の神話全体の展開に関わるメインキャラ。その意味でも、この第五段って結構大事。

第五段自体の解説は別稿で行いますので、以下「花窟はなのいわや神社」に関連する処に絞ってお伝えします。

 

第五段の一書第五

そんな大事な段、第五段の、5つ目の異伝で「花窟はなのいわや神社」の創建経緯につながる神話を伝えます。

一書に伝えていう。伊弉冉尊は、火の神をお生みになった時に、火傷をして亡くなられた。

それで、紀伊国きのくにの熊野の有馬村ありまのむらに葬り申しあげた。その土地の人々は、この神の霊魂を祭るのに、花の時期には花を供えて祭る。また鼓・笛。幡旗をもって、歌舞を演じて祭っている。

『日本書紀』第五段一書第五

と。

一書第五はこれだけ。ほんと、伊弉冉いざなみのために書かれたような段であります。

『日本書紀』の神代において、具体的な地名とそこでの祭祀方法まで記載されているのは結構珍しくて、それだけ「伊弉冉祭祀」が重要な位置づけだったことが伺えるという訳。ここ要チェック。

 

第五段の一書第六

次に、6つ目の異伝、一書第六をチェック。

ここでは、有名な、「黄泉の国へ行ってきた神話」が登場。死んだ伊弉冉尊いざなみのみこと(♀)を追って、伊弉諾尊いざなきのみことが黄泉の国へ行く神話ですね。

詳細は別稿で。ざっくり言うと、

  1. 死んだ伊弉冉尊いざなみのみこと(♀)は、やってきた伊弉諾尊いざなきのみこと(♂)に「私の姿を見ないで」と言いますが、伊弉諾尊は見てしまう。
  2. すると伊弉冉尊の体は膿でただれ蛆がわいていた。なんてこった。ビックリした伊弉諾尊は逃げ帰ろうとする。
  3. ところが、見られたことに怒った?伊弉冉尊は手下を繰り出し伊弉諾尊を追いかける。
  4. そして、黄泉平坂よもつひらさかという「この世界と黄泉の世界の境界の地」で、伊弉諾尊は岩で境界を封じ、今生の別れを言い渡す。
  5. すると伊弉冉尊は岩の向こう側から「お前の世界の民を日に千人殺してやる」と呪いをかけた。
  6. それに対して伊弉諾尊は「それなら、こちらは日に千五百人生もう」と言い渡す。

といった神話。

その他の一書においても概ねこの話の筋を踏襲しています。

このことから、

  • 黄泉の国の統治者は「伊弉冉尊」であること。
  • 伊弉冉尊は「見るなの禁」を侵した伊弉諾尊を恨んでいること。
  • 「伊弉諾尊=この世界=生」、「伊弉冉尊=黄泉の国=死」、という対立構造があること。

が言えます。

とくに、「生と死の対立構造」はめちゃ大事。

まず、こうした背景を知っておくことがこの「花窟はなのいわや神社」理解には欠かせません。

また、後で解説しますが、こうした設定が、実は神武東征神話にもつながってくるようになるのです。

 

以上、第五段の位置づけと、一書の第五、六を通じて「花窟はなのいわや神社」の神話的背景を確認しました。

でだ、

本題はココから。

先ほど触れた、わざわざ一書を一つまるまる使って、伊弉冉尊祭祀を伝えている理由から。

それは、

  • 熊野の有馬村ありまのむらでずーっとお祭りをしている事をわざわざ伝えているという事は、それだけ祭祀が重要だという事=祭祀を止めるとアブナイ。
  • なぜなら、神話的背景から、死を司る伊弉冉尊は、伊弉諾に代表される生の世界に対する激しい恨みを抱いているから。
  • それを鎮めるためにお祭りが大事。だからこそ鎮めるためには巨大な岩が必要だった。

ということです。

こうした背景理解をもとに「花窟はなのいわや神社」を参拝すると、なんだか、おどろおどろしい感じがして。下手すると黄泉の国から伊弉冉尊がよみがえってくるんじゃないかって。。。なんて恐ろしい。。。

以上で、長い背景理解でした。

 

花窟神社の創建経緯

さて、リアルな「花窟はなのいわや神社」に戻りましょう。

花窟はなのいわや神社」は、古来より神殿がなく、巨岩を伊弉冉尊いざなみのみことの御神体としてお祭りをしてきた次第。神社として格を得たのは明治時代のこと。

ちなみに、熊野三山の中心である本宮大社は、主神が伊弉冉尊の子である「家津御子けつみこ神」であり、今も花を飾って祭りが始まります。このことから、「花の窟」は熊野三山の根源ともされております。

また、「花窟はなのいわや神社」の巨岩は、少し離れたところ、和歌山県新宮市にある神倉神社の巨岩とセットとして位置づけられていました。花窟が「陰石」、神倉のゴトビキ岩が「陽石」。いずれも、熊野の巨岩信仰がもとになっているという訳です。

神倉神社|垂直の石段とゴトビキ岩に驚愕!神倉神社は日本屈指の超絶パワースポット!

2016.08.06

平成16年には、世界遺産として「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部に「花窟はなのいわや神社」が登録されています。

 

花窟神社の場所

花窟はなのいわや神社」の場所は、三重県熊野市有馬町。

コレ、先ほどチェックした通り、実は『日本書紀』に記されている地名で。文献上は「熊野の有馬の村」。神代に具体的な地名で伝えているのは結構珍しいスポットです。

社伝曰く、「日本最古の神社」「神々が眠る日本最古の地・花の窟」というのもコレが根拠。

熊野灘を望む、ゆるやかなカーブを描く七里御浜(しちりみはま)の中央付近にドーンと立っております。

花窟神社 (64)

▲「花窟はなのいわや神社」の目の前に広がる熊野灘。美しい。。。

熊野灘についてはコチラで詳しく⇒「熊野灘のおすすめ観光スポット|日本神話的熊野灘の位置づけと要チェック観光スポットをまとめてご紹介!

花窟神社 (68)

▲パノラマで。ホント抜けるような空間が広がってます。

 

花窟神社 (69)

▲七里御浜の目の前に熊野街道が通ってます。道路を挟んですぐに花窟神社の入口があります。標識があるのですぐに分かります。

 

花窟神社 (5)

▲駐車場から「花窟はなのいわや神社」入り口方面を見る図。トイレとか売店とかあります。右奥が「花窟はなのいわや神社」の入口です。

 

花窟神社 (7)

▲さー来ましたよ!黄泉の国の統治者、伊弉冉尊いざなみのみことが鎮まる恐怖のスポット「花窟はなのいわや神社」です!!!

 

花窟神社の境内

ココから境内の様子をご紹介。なんども申し上げますが、黄泉の国=死を司る伊弉冉尊いざなみのみことを祭る神社です。注意して進みましょう。

花窟神社 (11) 花窟神社 (13)

▲見えてきました!あそこが、、、荒ぶる神、伊弉冉いざなみの鎮まる地!

 

花窟神社 (15)

▲手水舎

花窟神社 (18)

▲手水舎の横にも、岩が! どこまでも「岩推し」な感じ、サイコーです!

 

花窟神社 (17)

いよいよです!!!

 

花窟神社 (20)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

。。。写真に入りきりません!!

花窟神社 (29)

どどどどどどどどどどど!!!!

って、なんて巨大なんだ!!! 見上げる首が痛くなるっ!!

花窟神社 (27)

 ▲コチラが「御綱掛け神事」でかけられる大繩。7本の縄で束ねられております。7つの意味は、伊弉冉尊が生んだ「7つの自然神」、風、海、木、草、火、土、水。

 

花窟神社 (37)

▲そして、ぶら下がっている幾何学模様の縦に細長いシロモノは、三貴神を意味する「旗縄」。太陽、月、暗黒。素戔嗚尊が暗黒の神だそうですが、、、

スゲー、、、なんかスゲーよマジで。

と、ここで!

 

花窟神社のご祭神

花窟神社 (22)
  • 伊弉冉尊

岩の下にある「ほと穴」。高さ6m、幅2.5m、深さ50cmほどの窪みです。ココが伊弉冉尊の葬地。玉砂利を敷きつめた祭場になってます。。。なしか死の気配が???

花窟神社 (35)

 

そして

  • 軻遇突智尊
2花窟神社

伊弉冉尊の巨岩の目の前。「王子の岩」と呼ばれる高さ12m程の岩。伊弉冉尊が生んだ軻遇突智尊かぐつちのみことを祭ります。子供なので「王子」の岩。

花窟神社 (25)

と、

母と子が一緒に祭られているという訳です。このあたりも神話ロマンをかきたててくれます。「花窟はなのいわや神社」サイコーです!

 

ところで、当神社には他にも重要事項が。それが祭祀です。

御綱掛け神事

花窟神社 (44)

花窟はなのいわや神社」では年2回、例大祭を行ってます。

神々に舞を奉納し、約170mの大綱(しめ縄)を、岩の上から境内の南にある松の御神木にわたす神事。三重県無形文化指定。

『日本書紀』の記述にあるように、花を添え、楽器を鳴らしてお祭りしてるんですね。

ちなみに、縄については、こちら。

花窟神社 (19)

▲「花窟はなのいわや神社」にあった紹介図から。大繩は、7本の縄を束ねる極太のシロモノ。これは、伊弉冉尊が生んだ7つの神を象徴しているんですね。

その他

稲荷大明神社

花窟神社 (46) 花窟神社 (50)

開運を呼ぶ「黄金竜神」も祭ってます!

 

そして、最後に、神武東征神話とのつながりを。

神武東征神話における花窟の位置づけ

まずは、コチラをチェック。

熊野灘海難と兄の喪失|なぜ!?兄達は暴風雨の中で歎き恨み逝ってしまった件|分かる!神武東征神話No.7

2016.01.24

要は、神話世界においては、この地が「伊弉冉=黄泉(死)の国にいる神」を鎮め、祭る地として位置づけられていたということ

これは、この地がいわゆる「黄泉の国=異界」と接する場所として、重要な位置づけをもっていた訳で、それは「死」とつながるきな臭さを持ってるのです。

だからこそ、東征において、突然暴風雨に遭遇し兄二人を喪失するところにつながるわけで。

彦火火出見ひこほほでみ(神武)」は「天照大神」の子孫。天照は「伊弉諾尊いざなきのみこと♂」が生んだ神です。

つまり、神武は伊弉諾いざなきの系統にあり、黄泉=死の国の伊弉冊いざなみとは対立する訳です。

これが、先ほど「花窟はなのいわや神社」の神話的背景理解でご紹介した「生と死の対立構造」

伊弉諾いざなきの末裔」である神武が足を踏み入れてきたことで、ここに鎮まっていた「荒ぶる神」が東征一行に襲い掛かったという事。暴風雨はその象徴という訳ですね。

日本神話をこうして解釈すると、すごい深みとか奥行きが出てくると思います。コレ、神話ロマン。

花窟はなのいわや神社」には、なので、神代と東征神話の2つをチェックして参拝されてくださいね。

 

まとめ

花窟神社

三重県熊野市にある神社で、黄泉の国を統治する伊弉冉尊が祀られています。

高さ約45メートルの巨岩と祭祀でもって「黄泉の国を司るお方」を鎮めているという「ただならぬ地」。

実際、その巨大さは圧倒される感じで、黄泉の国=死のきな臭さすら感じる静謐さを感じます。

日本神話ファンなら絶対に外してはならない超重要スポット「花窟はなのいわや神社」。是非、チェックされてください。

 

三重県熊野市有馬町上地130

住所:三重県熊野市有馬町上地130

駐車場あり

トイレあり

花窟神社のHPはコチラ!

 

コチラで☟三重県の神社をまとめております!

三重県の神社巡りオススメスポット|三重は理想郷である「常世国」に一番近くて美しい国!伊勢神宮を中心に日本神話から入る三重の神社の御祭神・御利益をまとめ!

2016.10.20

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

2016.01.03

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

神社好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮|日本神話から伊勢神宮を紐解く!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。