今年の厄は今年のうちにお祓いを。年末年始の特別祈願。

上立神岩|国生み神話の舞台!「天の御柱」と伝える高さ30mの鋭く切り立つ巨岩は伊弉諾尊と伊弉冉尊が周囲をまわって結婚した超絶パワースポット!

 

上立神岩かみたてがみいわ」は、沼島にある高さ30mの巨岩。

ココ、日本神話における「国生み神話」の舞台として知られるスポットで、伊弉諾尊と伊弉冉尊の2神が結婚した場所。ま、縁結び的には日本最古にして最強のパワースポットでしょう。

沼島港から歩いて30分ほど、山を越えた先に広がる海にそびえたっています。

今回は、日本神話ファンとしては泣いて喜ぶスポットを日本神話とあわせてご紹介です。

 

上立神岩|国生み神話の舞台!「天の御柱」と伝える高さ30mの鋭く切り立つ巨岩は伊弉諾尊と伊弉冉尊が周囲をまわって結婚した超絶パワースポット!

上立神岩の場所

兵庫県南あわじ市にある沼島にあります。

沼島へは、淡路島にある「土生湊」から「沼島汽船」で10分の船旅。

詳しくはコチラで⇒「沼島へは沼島汽船でゴー!伊弉諾尊と伊弉冉尊による国生み神話の舞台「沼島」へ向かう唯一の交通手段「沼島汽船」の全貌をご紹介します

沼島自体は、こんな感じの島で、今回ご紹介する上立神岩は港から見て反対側。

▲「現在地」である沼島港からみて、山を越えて向こう側であります。

 

港を出るとこんな感じ。

先のエントリでも書きましたが、島内を観光する前に、帰りの船の時間をチェックしておきましょう。間違えると大変やで。

港のターミナル内に置いてある地図と、標識を頼りに進みます。イメージ的には、住宅街を抜けて、山を越えて向こう側。

のんびりとした時間が流れる沼島漁港。なんせ神話の舞台とされる場所ですから、時間軸は神話で行きましょう。

 

こっちだよと誘う標識がありますので、それに従って進んでいきます。

 

▲住宅地を抜けると荒野が、、、いや、畑が。。。

 

▲途中、沼島中学校と沼島小学校があります。私さるたひこは平日に素通りしたので、授業してましたよ。

 

小学校の先からは、山道に入ってきます。

ゆるやかな坂道。

おおおおおおお! 坂道が切れるところが見えてきた! なんか海が広がってる??!

 

キタ━(゚∀゚)━! 海!

ってことは、、、?

キタ━(゚∀゚)━!‼‼‼‼‼ あれが上立神岩かみたてがみいわ!!! とうとうやってきました!!うれしー!!!

 

上立神岩(天の御柱)

「矛先」のような形をした沼島のシンボルの岩です。高さ30mで国生み神話の「天の御柱」とも言われております。主として、緑泥片岩からなる巨岩で海鵜の休息場となっています。和漢三才図会では、竜宮城伝説の表門ともいわれ、国生み神話の舞台となっています。

※和漢三才図会(わかんさんさいずえ)とは、1712年(正徳2年)頃出版された日本の百科事典です。いわば、絵入りの百科事典とでもいうもので、項目ごとに異なった執筆者により記事が執筆されています。

現地立て札説明文より

とのことで、こちらが、

国生み神話で、伊弉諾と伊弉冉が周囲を回って結婚した「天の御柱」!

と伝えられる地!

嗚呼、感動。。。

それにしても岩な感じがハンパない。。。辺り一面「緑泥片岩」!

 

上立神岩にちなむ日本神話

日本神話そのものについては、コチラで概要をまとめてますので、チェックされてください⇒「『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

今回は、せっかくなので正史『日本書紀』でご紹介。

「国生み神話」が登場するのは、第四段です。本伝と、異伝である一書がありますが、今回は本伝からご紹介。

以下、国生み部分を抜粋します。

伊弉諾尊いざなきのみこと伊弉冉尊いざなみのみことの二柱の神は、天浮橋あまのうきはしの上に立ち相談した。「この下に、国があるはずだ。」と言って、天之瓊矛あまのぬほこを指し下ろし国を探した。

するとそこに広大な海原があった。

そして、その矛の先から滴った潮が自然に固まり一つの島になった。これを名付けて「馭廬嶋おのごろしま」とした。

二柱の神はその島に降り、そこで結婚し新たに国を産もうとした。そこで馭廬嶋おのごろしまを国の中心であるみはしらとして見立て、原理に従い、陽神おかみは左から巡り、陰神めかみは右から巡った。

ところが、国の柱を巡り同じ所で相対した時、陰神が先に唱えたのである。「ああ嬉しい、こんないい男に会えるとは」と。陽神はそれを悦ばず、「私が男だ。原理に従えば、まず私から唱えるべきであろう。女であるのになぜ先に言葉を発したのだ。この儀礼はもはや台無しになってしまった。改めて巡ろう。」と言った。

そこで、二柱の神はもう一度やり直し、国の柱を巡り、同じ所で相対した。そして、今度は陽神が先に唱え、「嬉しいことだ。このような可愛い女に会えるとは。」と言った。

そして陰神に「お前の身体にはどんなところがあるか。」と問うた。それに対し陰神は「私の身体には女の元となるところがある。」と答えた。陽神は「私の身体には男の元となるところがある。私の身体の元となるところを、お前の身体の元となるところに合わせよう。」と言った。ここで男と女が始めて交合し、夫婦となったのである。

伊弉諾尊・伊弉冊尊、立於天浮橋之上、共計曰、底下豈無国歟、廼以天之瓊矛、指下而探之、是獲滄溟。其矛鋒滴瀝之潮、凝成一嶋。名之曰磤馭慮嶋。二神於是降居彼嶋、因欲共為夫婦、産生洲国。便以磤馭慮嶋、為国中之柱。而陽神左旋。陰神右旋。分巡国柱、同会一面。時陰神先唱曰。憙哉。遇可美少男焉。陽神不悦。曰。吾是男子。理当先唱。如何婦人反先言乎。事既不祥。宜以改旋。於是二神却更相遇。是行也陽神先唱曰。憙哉。遇可美少女。因問陰神曰。汝身有何成耶。対曰。吾身有一雌元之処。陽神曰。吾身亦有雄元之処。思欲以吾身元処、合汝身之元処。於是陰陽始遘合為夫婦。

『日本書紀』第四段 本伝より

ポイントをいくつか。

①「磤馭慮嶋」の場所は諸説あり

「磤馭慮」とは「自ずから凝り固まった」の意味。古くから場所が問題となり、代表的なところで、

  1. 和歌山県紀淡海峡中の沖ノ島
  2. 兵庫県三原郡南淡町の沼島
  3. 兵庫県津名郡淡路町の絵島

の3つがあり、諸説紛糾、逆に言うと神話ロマンをこれでもかと掻き立ててくれる島ですね。今回は、そんな名で、②の沼島を訪れているという訳です。

②陽神先唱、陰神後唱の大原則

日本神話を貫く大原則である「尊卑先後の序」。高貴なるものが卑なるものに先行するというルールであり、原則のこと。詳しくはコチラで⇒「天の道は単独で変化する。だから純粋な男神となった件|日本神話が伝える天地開闢 No.5

このルールを間違えると、とんでもイベントが発生。絶対に間違えてはいけないのです。詳しくは別稿で。

国生み神話でも、この「尊卑先後の序」が貫かれており、

  • 陽神(♂)が左まわり、陰神(♀)が右まわり
  • 陽神(♂)が先に唱和、陰神(♀)が後に唱和

となってます。 (古代の序列は左が上。例:左大臣のほうが右大臣より上)

この大原則があるからこそ、最初に柱を旋回したとき陰神の先唱を陽神は「あかんやんけ!」と注意、もう一回やり直したという訳。

こんなやりとりがこの上立神岩で行われていたかと思うと、もうサイコー!!ですね。どこまでも広がる神話ロマン。本エントリをお読みの皆様も是非。

なお、現地では、ここから派生した伝承があります。

イザナギ、イザナミの二神がおのころ島に降り立ちられ、イザナギが左より、イザナミが右より上立神岩の前にある「ゆるぎバエ」で夫婦になろうとしたところ、その営みの方法を知らなかったことに気づきました。するとどこからか二羽のセキレイが舞い降り、近くの岩にとまり尾をゆさぶって男神・女神に夫婦の道をさとしたというお話は今でも語り伝えられています。

沼島観光協会より

こうした発展形に触れるのも旅の楽しみの一つ。是非チェックされてください。

 

まとめ

上立神岩

沼島にある高さ30mの巨岩。

ココ、日本神話における「国生み神話」の舞台として知られるスポットで、伊弉諾尊と伊弉冉尊の2神が結婚した場所。ま、縁結び的には日本最古にして最強のパワースポットだと思います。

沼島港から歩いて30分ほど、山を越えた先に広がる海にそびえたっています。日本神話ファンとしては泣いて喜ぶスポット。是非チェックされてください。

 

この次は、オノコロ神社をご紹介します!お楽しみに!

日本神話好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮|日本神話から伊勢神宮を紐解く!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    さるたひこ

    こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。