CATEGORY 日本神話

日本神話を読み解く|神代

『古事記』本文より「天地開闢」の語訳とポイント|天に五柱の別天つ神、地に七代の神々出現。神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

  『古事記』より現代語訳とポイントをお届けします。今回は「天地開闢てんちかいびゃく」。 天地の初発から次々に神が誕生し、神世七代かみよななよまで続く『古事記』版「天地創生神話」であります。

日本神話

宇摩志阿斯訶備比古遅神|国土浮漂のとき、葦芽のように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代として化成した独神で、身を隠していた別天つ神

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」です。 『古事記』では「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」、『日本書紀』では「可美葦牙…

日本神話

高御産巣日神|造化三神の一柱で天之御中主神に次いで2番目に成りました独神で別天つ神。「産霊」ならびに「産日」の霊能を発動。

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「高御産巣日たかみむすひ神」です。 『古事記』では「高御産巣日たかみむすひ神」、『日本書紀』では「高皇産霊尊たかみむすひのみこと」として登場。

日本神話的「熊野の巡り方」|よみがえりの聖地「熊野」の起源は神武東征神話にあり!?この地が持つ神話的意味や位置づけをまとめてみた

  「熊野」は、紀伊半島の南、和歌山県南部と三重県南部からなるエリア。 険しい紀伊山地と自然環境から、古来より神々が籠る深山の霊場として位置づけられてきました。 一言で言うと、よみがえりの聖地「熊野」。 熊野三…

日本神話

豊雲野神|国土神として化成し身を隠している神世七代の第二代。豊かな実りを約束する地味の肥えた、そして慈雨をもたらす雲が覆う原野。

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「豊雲野とよくもの神」です。 『古事記』では「豊雲野とよくもの神」、『日本書紀』では「豊斟渟尊とよくむぬのみこと」として登場。