畝尾坐健土安神社|建国神話の事績伝承に由来!土の神様をお祭りする由緒ある神社です

 

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」は、奈良県橿原市にある神社。

天香具山の北西麓に鎮座、土の神様をお祭りし、日本の建国神話にも由来する由緒ある神社です。

社名である「畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」の、「畝」は、田んぼの「畝」。うねってるところ。「尾」は、先っぽ。

天香久山から小さな山裾がうねうねと連なってる先っぽのあたりにす=鎮座する「健土安たけはにやす神社」、という意味。

実際、地形を俯瞰してみると、たしかに、天香久山から小高い丘のような感じでうねうねと続いてる先っちょのところに鎮座。

で、「健土安たけはにやす神社」の「健土安たけはにやす」が神話的に重要。

「健」は、力強い、といった意味で、「土安」の名称が建国神話に由来。簡単に言うと、この土のパワーで天下が平定された、という経緯。スゴイ神なんです「土の神」。詳細後ほど。

今回は、そんな「畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」について、その神話的背景も含めてご紹介します。

 

畝尾坐健土安神社|建国神話の事績伝承に由来!土の神様をお祭りする由緒ある神社です

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」の神話的背景

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」の社名で重要なのは、「土安はにやす」。

コレ、日本の建国神話である「神武東征神話」に登場するめっちゃ重要ワード。

神武東征神話についてはコチラで!

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

で、

土安はにやす」が登場するのは、『日本書紀』巻三(神武紀)の最後。

東征にちなむ土地を、「地名の起源伝承」として伝えている箇所あり。

中洲平定と事蹟伝承|大和平野各地の土蜘蛛さんを叩いて平定完了!あとは東征の事蹟を伝えておきたい件|分かる!神武東征神話 No.20

04/06/2016

古代において重視された考え方や価値観として、
歴史的事蹟や人々の関心を寄せる事物などを、後の世に語り伝える

というのがあって。

その一環として、東征の過程を振り返り、中でも重要な事績があった場所を、起源伝承として記述する訳です。

それがコチラ。

天皇は前年の秋九月に、ひそかに天香山あまのかぐやま埴土はにつちを取って八十平瓮を作り、自ら斎戒さいかいして諸神を祭り、ついに天下を平定することができた。それゆえ土を取った所を名付けて「埴安はにやす」という。

天皇、以前年秋九月、潛取天香山之埴土、以造八十平瓮、躬自齋戒祭諸神、遂得安定區宇、故號取土之處、曰埴安。 (『日本書紀』巻三 神武紀より)

と。

天香山あまのかぐやま埴土はにつちを取って八十平瓮を作り、自ら斎戒さいかいして諸神を祭り、」の箇所はコチラでチェック↓

香具土採取と顕斎|天神降臨!守護パワーゲットによりスーパーサイヤ人状態になって敵を撃破しようとした件|分かる!神武東征神話No.13

02/12/2016

要は、

天香山あまのかぐやま埴土はにつち」を使った祭祀が非常に重要で、この祭祀によってスーパーパワーをゲット。これにより戦局を一気に逆転、以後連戦連勝によって建国を果たす、というストーリー。

神武紀に伝える、

「遂に区宇あめのした安定しずむること得たまふ」(原文:遂得安定區宇)

とは、

その意味で、めっちゃ重要で。この土のパワーで天下が平定された、という事。

めちゃんこスゴイ土。それが「土安はにやす」の本当の意味なんですね。コレ、しっかりチェック。

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」、神話ファンとしては鉄板参拝スポットであります。

ちなみに、

すぐ近くには、「畝尾都多本神社うねおつたもとじんじゃ」があり、これまた日本神話に登場する超重要神社。

畝尾都多本神社|最愛の人へ寄せる涙から生まれた愛の女神「啼沢女命」を祭る!畝尾都多本神社の全貌を日本神話的背景も含めてまとめてご紹介!

10/08/2019

やっぱ、天香久山周辺は、古来より非常に重要な意味をもつエリアだったって感じですよね。

 

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」の場所

ということで、「畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」の日本神話背景をチェックしたところで、ココからはリアルな現場をご紹介。

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」は奈良県橿原市にあります。奈良県橿原市下八釣町138。

▲こちら、神社周辺の様子。近くに奈良文化財研究所。コミュニティバス「別所町」下車徒歩約15分くらいのところにあります。

位置的には、天香久山あまのかぐやまの西側。

このあたり、大和三山を結ぶ三角形の中にあって、例えば、橿原神宮からの散策コースとして、藤原宮跡とかを回りながら来れたりします。是非。

 

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」の境内

境内といっても、、、現在は非常にさみしい感じになっております。。。

『延喜式』神名帳十市郡の「畝尾坐健土安神社」に比定(大和志)され、旧村社。古くは格式のある神社だった模様。近世には、「天照大神社」と称されたことも。

 

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」の御祭神

埴山姫はにやすひめ健土安比売命たけはにやすひめのみこと)、天児屋根命あまのこやねのみこと

『日本書紀』では「埴山姫」。『古事記』では「健土安比売命」と伝えます。

御祭神誕生経緯は、以下。

『日本書紀』第五段〔一書2〕より。

 次に、火神軻遇突智かぐつちを産んだ。しかし、伊弉冉尊いざなみのみことはこの時、軻遇突智の火に焼かれかむさった。その、まさに臨終する間、倒れ臥し糞尿を垂れ流し、土神埴山姫はにやまひめと水神罔象女みつはのめを産んだ。

 そこで、軻遇突智かぐつち埴山姫はにやまひめめとって稚産霊わくむすひを産んだ。この神の頭の上に、かいこくわが生じた。また、へその中に五穀が生じた。 『日本書紀』巻一(神代上)第五段〔一書2〕より)

と。

火神に焼かれ臨終する間際、伊弉冉尊が産んだのが、土神と水神。

そして、火神は土神を娶って「稚産霊わくむすひ」を産み、ここから五穀が誕生した、という神話。

つまり、

伊弉冉尊いざなみのみことという母なる存在が、
火の神を受け容れる土神と、逆に鎮め止める水神とを生み、
蚕や五穀誕生への道を拓いた、ということでもあって。

母の生んだ土台

そのうえで、

火神が土神を選び取り結婚、それが「稚産霊」の誕生につながり、
さらに、水神のはたらきにより農産物の発生に至る、、、という、穀物の起源譚であります。

確かに、

蚕や五穀の生成には、
肥沃ひよくな土と水が必要で。

その「肥沃な土づくり」のために行われるのが焼畑で。

これには、土壌改良としての焼畑が背景にあって。それゆえの火と土と水ってことで伝えています。

詳細はコチラで↓

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第2,3,4,5 ~卑の極まりと祭祀による鎮魂~

08/19/2019

御祭神誕生にまつわる神話、是非チェックされてください。

 

ちなみに、、、

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」で、お田植神事を開催中。コチラも合わせて是非チェックされてください。

お田植神事

天香具山 御田植祭|御田植神事と田植え体験&神話紙芝居!当日の様子を詳しくレポ!

05/14/2018

古式ゆかしい伝統行事。神社の再興、地域活性化へ向けた取り組みです。私さるたひこも絶賛参加中!

 

まとめ

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」は、奈良県橿原市にある神社。

天香具山の北西麓に鎮座し、土の神様をお祭りし、日本の建国神話にも由来する由緒ある神社です。

社名である「畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」の、「畝」は、田んぼの「畝」。うねってるところ。「尾」は、先っぽ。

天香久山から小さな山裾がうねうねと連なってる先っぽのあたりにす=鎮座する「健土安たけはにやす神社」、という意味。

で、「健土安たけはにやす神社」の「健土安たけはにやす」が神話的に重要。

「健」は、力強い、といった意味で、「土安」の名称が建国神話に由来し、この土のパワーで天下が平定されたという、めちゃんこスゴイ土。それが「土安はにやす」の本当の意味であります。

畝尾坐健土安神社うねおにますたけはにやすじんじゃ」、神話ファンとしては鉄板チェックの神社。是非ご参拝されてください。

 

周辺のオススメ神社はコチラ!

畝尾都多本神社|最愛の人へ寄せる涙から生まれた愛の女神「啼沢女命」を祭る!畝尾都多本神社の全貌を日本神話的背景も含めてまとめてご紹介!

10/08/2019

天香山神社|神意を伺う占いの神「櫛眞命」を祭る!天石屋戸神話で使われる波波迦の木が境内に生える?超絶神話ロマンスポット!

01/18/2016

橿原に来たらココ!鉄板参拝神社

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

01/18/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他