国之水分神くにのみくまりのかみ|国土の水の分配を司る神。速秋津日子神と速秋津比売神が持ち場を分担して生んだ子

国之水分神

 

『古事記』神話をもとに、日本神話に登場する神様を分かりやすく解説します。

今回は

国之水分神くにのみくまりのかみ

です。速秋津日子神はやあきつひこのかみ速秋津比売神はやあきつひめのかみの二柱の神が生んだ神として、『古事記』上巻、神生み神話で登場。

本エントリでは、国之水分神くにのみくまりのかみの神名の名義、誕生にまつわる神話を分かりやすく解説します。

 

本記事の独自性

  • 日本神話全体の流れや構造を解き明かしながら解説。他には無い分かりやすい記事です
  • 現代語訳のほか原文も掲載。日本神話編纂当時の雰囲気を感じてもらえます
  • 登場する神様や重要ワードへのリンク付き。より深く知りたい方にもオススメです

 

国之水分神くにのみくまりのかみ|国土の水の分配を司る神。速秋津日子神と速秋津比売神が持ち場を分担して生んだ子

国之水分神くにのみくまりのかみとは?その名義

国之水分神くにのみくまりのかみ」= 国土の水の分配を司る神

『古事記』では、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことによる神生みで、速秋津日子神はやあきつひこのかみ速秋津比売神はやあきつひめのかみの二柱の神が生まれ、この、速秋津日子はやあきつひこ速秋津比売はやあきつひめの生んだ神として、配水の神「国之水分神くにのみくまりのかみ」を伝えます。

「国之」は、「国土(地上)」の意。

「水分」は、水を配る=「くまり」のこと。配水。

なので、「国之水分神くにのみくまりのかみ」は、直前に誕生した「天之水分神あめのみくまりのかみ」とともに、水の分配を神格化したものとされてます。

  • 天之水分神あめのみくまりのかみ・・・天からの水の分配を司る
  • 国之水分神くにのみくまりのかみ・・・国土(地上)の水の分配を司る

二項対立で整理されてる。合理的でロジカルな神様設定です。

「天之」「国之」について。「天」を水源に近い河に、「国」を陸に近い海に配した命名とする説もあり。これは、「速秋津日子、速秋津比売の二柱の神が、かはうみを分担して生んだ神の名は」と伝えてることが根拠

 

国之水分神くにのみくまりのかみが登場する日本神話

国之水分神くにのみくまりのかみ」が登場するのは、『古事記』上巻、神生み神話。以下のように伝えてます。

此の速秋津日子、速秋津比売の二柱の神、かはうみによって場所を分けて生んだ神の名は、沫那芸神あわなぎのかみ、次に沫那美神あわなみのかみ、次に頬那芸神つらなぎのかみ、次に頬那美神つらなみのかみ、次に天之水分神あめのみくまりのかみ、次に国之水分神くにのみくまりのかみ、次に天之久比奢母智神あめのくひざもちのかみ、次に国之久比奢母智神くにのくひざもちのかみ(沫那藝神より國之久比奢母智神に至るまで、幷せて八神ぞ。)

此速秋津日子・速秋津比賣二神、因河海、持別而生神名、沫那藝神(那藝二字以音、下效此)、次沫那美神(那美二字以音、下效此)、次頰那藝神、次頰那美神、次天之水分神(訓分云久麻理、下效此)、次國之水分神、次天之久比奢母智神(自久以下五字以音、下效此)、次國之久比奢母智神。自沫那藝神至國之久比奢母智神、幷八神。 (引用:『古事記』上巻の神生みより一部抜粋)

『古事記』上巻神生み

ということで。

かはうみを分担して生んだ」とあり、速秋津日子、速秋津比売の二柱の神が、持ち場を分担して神を生んだと伝えてます。コレ、『古事記』独特の表現。

系譜は以下の通り。

国之水分神

▲「国之水分神くにのみくまりのかみ」の親である速秋津日子はやあきつひこ速秋津比売はやあきつひめの二柱は水戸(水門)の神。この二神が、持ち場を分担して生んでいきましたの系譜。水門の男女神についてなぜ系譜を??って、コレ、実は正直よく分かっていません。

ココでのポイントは、『古事記こじき』神生みの特徴である「持別」。つまり分担して生む、という内容。

速秋津日子はやあきつひこ速秋津比売はやあきつひめが、それぞれの持ち場を分担して神を生んでいく。

N 神名 どんな神?
沫那芸神あわなぎのかみ沫那美神あわなみのかみ 水戸(水門)にたつ泡の、男女神
頬那芸神つらなぎのかみ頬那美神つらなみのかみ 水戸(水門)の水面の、男女神
天之水分神あめのみくまりのかみ国之水分神くにのみくまりのかみ 水の分配の、天と地の神
天之久比奢母智神あめのくひざもちのかみ国之久比奢母智神くにのくひざもちのかみ 水の分配の容器をもつ、天と地の神

と、

一覧整理はしてみたものの、、、男神と女神、天と国など、対比構造的なものはあるようですが、かといって、なぜこういう神が誕生してるのかは、実際は不明。

水門からの水の分配という流れになってることから、人間の生命維持に必要不可欠な水の重要性を伝えてる、、と解釈できなくもないのですが、、、

あるいは、河と海があわさるところに生じる泡とその水面、からの、、水が蒸発して天へ、そして雨となって国土に降り注ぎ、湧き出す、、といったプロセスを天之水分神・国之水分神が司り、天之久比奢母智神・国之久比奢母智神がそれを補助して水を分かち与える、という水の恵みを讃えたものとする説も。。

ちなみに、、、

水分みくまりは、飛鳥あすか奈良ならの都に水を供給する水源(吉野よしの宇太うた都祁つげ葛城かつらぎ等)に祭る、水分みくまりの神として有名。水分神みくまりのかみ祈念祭きねんさいにも登場。

臨時祭式「祈雨の神の祭八十五座」において、大和国の「葛木水分社」「都祁水分社」「宇陀水分社」「吉野水分社」を伝えてます。雨乞い祈願、豊作祈願の社として、古代、非常に重要な役割を担っていたと思われます。

 

国之水分神くにのみくまりのかみを始祖とする氏族

なし

 

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より一部分かりやすく現代風に修正。

 

国之水分神くにのみくまりのかみ」が登場する日本神話はコチラ!

『古事記』上巻神生み

 

国之水分神くにのみくまりのかみ」をお祭りする神社

全国の「国之水分神くにのみくまりのかみ」をお祭りする代表的な神社は以下の通り。

葛木水分かつらぎみくまり神社 奈良県御所市関屋にある式内社(名神大社)

 

都祁水分つげみくまり神社 奈良県奈良市都祁友田町にある式内大社

 

宇陀水分うだのみくまり神社 奈良県宇陀市菟田野古市場にある式内社

 

吉野水分よしのみくまり神社 奈良県吉野郡吉野町子守地区にある神社。ユネスコ世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』を構成する資産の一部として登録

 

● 建水分神社 金剛葛城の山麓に水神として奉祀

大阪府南河内郡千早赤阪村水分357

 

コチラも是非!日本神話の流れに沿って分かりやすくまとめてます!

日本神話の神様一覧|『古事記』をもとに日本神話に登場し活躍する神様を一覧にしてまとめ!

 

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく解説!

日本書紀 現代語訳
『古事記』現代語訳
天地開闢
国生み神話

ついでに日本の建国神話もチェック!

神武東征神話1
神武天皇

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮
藤原宮跡

 



この際なので、日本神話にちなむグッズを集めてみました。こんな楽しみ方もあり!?日本神話と合わせてチェック!

▼日本神話といえば出雲。出雲といえば出雲大社。その聖域「北山」の黒松を使ってブレスレットに

 

▼神話の郷・高千穂町で、棚田米と稀代の銘水で仕込んだ御神水源どぶろく!

 

▼八岐大蛇を退治した須佐之男命と櫛名田比売をデザインした日本製・国産Tシャツ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SAKAKI 須佐之男命と櫛名田比売 国産Tシャツ
価格:6,190円(税込、送料別) (2023/5/3時点)

楽天で購入

 

 

▼書家の荒木田守明氏は「日本書記」にも登場する天見通命(あまみのとおしのみこと)の末裔??伊勢神宮天見通命裔の家系に生まれ、御神号を謹書する役職にあって秘伝の書法を体得す。マジのやつです。。

 

▼神話のまち・宮崎県高千穂産の水晶。素朴な天然石そのままの原石。なんか良いことあるかも!?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高千穂産・水晶原石(小)
価格:5,500円(税込、送料無料) (2023/5/3時点)

楽天で購入

 

 

▼「天水之分神(あめのみくまり)」を冠にしたブレスレット。トップに大粒φ14mmの龍の彫刻をあしらったオニキス、ロンデルとクラック水晶。美しすぎる、、

▼日本神話をモチーフにした朱印帳。表紙と背表紙は国産の檜を使用、檜の厚みは約5mmと高級感あり。檜の香に癒されます

▼日本神話古事記に登場する八百万の神の中の24柱50枚のカードです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
アバター画像
さるたひこ

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他
error: Content is protected !!