天之常立神|国土浮漂のとき、葦芽に依って化成した独神。天空が永久に立ち続ける様子を現す。

 

『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「天之常立あめのとこたち神」です。

『古事記』では「天之常立あめのとこたち神」、『日本書紀』では「天常立あめのとこたち尊」として登場。

名義

天空が永久に立ち続けること。

あめ」は文脈から言えば「高天原」ではなく「天空」の意。

活動

国土浮漂ふひょうのとき、葦芽あしかびに依って化成した独神。

『古事記』では、宇摩志阿斯訶備比古遅うましあしかびひこじ神の次に化成した独神で、身を隠していた別天つ神。

『日本書紀』では一書第六で登場。

一書に曰く、天地あめつち初めてわかれしときに、物有り。葦芽あしかびの若くして空の中にれり。これに因りてれる神を天常立尊あめのとこたちのみことと号す。

位置づけ

『古事記』では、中空の宇摩志阿斯訶備比古遅うましあしかびひこじ神から、天空の天之常立あめのとこたち神へと上昇的に位置づけています。

『日本書紀』では、「国常立尊くにのとこたちのみこと」と対をなす神で、ここから、天界と国土との区別がはっきりしていたことが分かります。

「空の中に生れり」として「天常立尊」とあり、これは、葦芽あしかびが勢いよく伸びて空中にあるとの視点と思われます。

始祖とする氏族

無し

ただし、『新撰姓氏録』には「天底立あめのそこたち命」があって、これが「天常立尊」の音変化だとするなら、伊勢朝臣いせのあそみ(左京、神別、天神)の始祖ということになります。

登場箇所

天常立尊 『日本書紀』神代上

天之常立神 『古事記』上

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より 一部分かりやすく現代風修正。

 

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

『古事記』本文より「天地開闢」の語訳とポイント|天に五柱の別天つ神、地に七代の神々出現。神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

2016.09.16

『日本書紀』版☟

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

日本神話の概要をコチラで是非☟

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

日本神話好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。