国常立尊/国之常立神|国土が永久に立ち続けることを表象。神世七代の第一代として『日本書紀』『古事記』に登場

国常立尊 国之常立神

 

『日本書紀』『古事記』をもとに、日本神話に登場する神様を分かりやすく解説します。

今回は、

国常立尊/国之常立神

『日本書紀』では「国常立尊くにのとこたちのみこと」、『古事記』では「国之常立神くにのとこたちのかみ」として登場。いずれも、神世七代の第一代として同じような位置づけになってます。

 

国之常立神/国常立尊|国土が永久に立ち続けることを表象。神世七代の第一代として『日本書紀』『古事記』に登場

国常立尊/国之常立神の名義

国常立尊くにのとこたちのみこと国之常立神くにのとこたちのかみ=国土が永久に立ち続けること

日本書紀』『古事記』いずれも、神世七代の第一代。

『古事記』では、追加として、独神と成りまして身を隠した神として伝えてます。

なお、国常立尊/国之常立神が誕生するころは、『日本書紀』では「天と地ができる初めには、のちにくにとなる土壌が浮かび漂う様は、まるで水に遊ぶ魚が水面にぷかりぷかり浮いているようなものだった。」とあり、「洲譲」という、のちにくにとなる土壌がふわふわ漂っている状態が背景にあります。

『古事記』でも同様に、「国がわかく浮いている脂のように海月クラゲなすただよえる時に」と伝え、のちに国になっていく前段階の状態である「稚い国」がクラゲのようにただよっている状態を伝えてます。

つまり、天地開闢のはじめにおいては、「くに」または「稚い国」がふわふわ漂っていた状態だった。だからこそ、その最初に必要なのは、国土が、土台として永久に立ち続けることであり、そのための神様だということです。

 

国常立尊/国之常立神が登場する日本神話

日本書紀』では、巻一の第一段で登場。

まさにその時、天地の中に一つの物が生まれた。それは萌え出る葦の芽のような形状であった。そして、変化して神と成った。この神を国常立尊くにのとこたちのみことと言う。次に国狭槌尊くにのさつちのみこと。さらに豊斟渟尊とよくむぬのみこと。あわせて三柱みはしらの神である。天の道は、単独で変化する。だから、この純男、つまり男女対ではない純粋な男神が化生したのである。(引用:『日本書紀』巻一(神代上)第一段〔本伝〕より)

『日本書紀』第一段

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

04/15/2018

ということで。

天地開闢の最初の神を「国常立尊くにのとこたちのみこと」としています。『日本書紀』的には、「国常立尊くにのとこたちのみこと」のポイントは3つ。

1つ目。

①「最初の神」として国土神があるのは、国土の恒常的確立の予祝をからめているから

日本書紀』的には、天地開闢において最初に誕生した神が「国常立尊くにのとこたちのみこと」としています。これは、『日本書紀』においては、天界よりも、天皇や人民の住む現実の国土の原初を求めることに主眼が置かれていたためで、「最初の神」として国土神があるのは、国土の恒常的確立の予祝をからめてのこと。位置づけの重要性をチェックです。

2つ目。

②天の道が単独で変化することにより、純粋な男性神として誕生した

日本書紀』では、別箇所で「天の道は、単独で変化する。だから、この純男、つまり男女対ではない純粋な男神が化生したのである」と伝えてます。「天の道」とは「乾道」であり、天の徳、道理、本体、といったもの。ベースには、えきの概念があって、陽の気、陰の気が混じり合って世界がつくられている。で、「国常立尊くにのとこたちのみこと」は、坤とか陰とかが混ざらない、純粋な乾とか陽の要素から化生した神として、非常に尊い神として位置づけられてます。

3つ目。

天地の中に生まれた萌え出る葦の芽のようなモノが変化して神と成った

神は、完全な形では生まれません。神は、まず物として、葦の芽のような形をして生まれる。それが神に化す。「化=化ける」「生=生まれる、なる」。「国常立尊くにのとこたちのみこと」も同様に、「化す」という運動のなかで、葦の芽のような形のものが姿を変えて神様の形に変わったのです。コレ、超絶ジャパーン的。アニミズムの国だからこその神生成イメージ。

まとめます。

  1. ①「最初の神」として国土神があるのは、国土の恒常的確立の予祝をからめているから
  2. ②天の道が単独で変化することにより、純粋な男性神として誕生した
  3. 天地の中に生まれた萌え出る葦の芽のようなモノが変化して神と成った

以上3つ、『日本書紀』における「国常立尊くにのとこたちのみこと」のポイントとしてチェック。

尚、神代紀上の一書では、「国底立尊」の別名をあげてます。これは、「国土の土台の成立」の意味。

一方、

『古事記』では、上巻で登場。

次に、成った神の名は、国之常立神くにのとこたちのかみ。次に、豊雲野神とよくもののかみ。この二柱の神も、独神ひとりがみと成りまして、身を隱した。

 次に、成った神の名は、宇比地邇神うひぢにのかみ。次に、いも 須比智邇神すひちにのかみ。次に、角杙神つのぐひのかみ。次に、いも 活杙神いくぐひのかみ(二柱)。次に、意富斗能地神おほとのぢのかみ。次にいも 大斗乃辨神おほとのべのかみ。次に、於母陀流神おもだるのかみ。次に、いも 阿夜訶志古泥神あやかしこねのかみ。次に、伊耶那岐神いざなきのかみ。次に、いも 伊耶那美神いざなみのかみ

 かみくだりの、国之常立神くにのとこたちのかみより下、伊耶那美神いざなみのかみより前を、あわせて神世七代かみよななよという。 (引用:『古事記』上巻より)

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳|神名を連ねて物語る古事記の天地開闢を分かりやすく解説!

09/16/2016

ということで。

『古事記』でも国土神として「国之常立神くにのとこたちのかみ」を伝えてます。『古事記』的には、「国之常立神くにのとこたちのかみ」のポイントは2つ。

1つ目。

①神世七代に先立つ「別天神」という尊貴な神々の次に誕生

神世七代の第一代というのは『日本書紀』と同じですが、『古事記』では、神世七代より先だって天之御中主神をはじめとする別天神が誕生しています。このため、「国之常立神くにのとこたちのかみ」は次順の存在になってます。これは、『古事記』が、『日本書紀』よりもいっそう尊貴な神々の体系を構築しようとしたからです。

2つ目。

独神ひとりがみとして成りまして、身を隠す

『古事記』独特の表現。独神ひとりがみ」として身を隠すとは、「双神たぐへるかみ」に、彼らの活躍する世界を譲り、自らは立ち退くこと、をいいます。

双神たぐへるかみ」の代表格は、伊耶那岐と伊耶那美。まさに世界を創生する2神。国生みも神生みも、この世界を形作ったのは双神たぐへるかみ御業みわざで。それだけでも十分すぎるほど尊い話なんですが、それよりさらに尊い存在がいるってなれば、、、これはもう、、、よく分からない感じが必要で。

独神のあとに続けて誕生する「双神たぐへるかみ」に、彼らが活躍する世界を譲り、自らは立ち退く立場を取っている、というのは、まさにこの激しく奥ゆかしく神秘的な雰囲気が必要だから、とも言えます。やはり、、尊い存在はなかなか表には出てこないのです。。。だからこそ、なんかスゲーってなるんです。

まとめます。

  1. 神世七代に先立つ「別天神」という尊貴な神々の次に誕生
  2. 独神ひとりがみとして成りまして、身を隠す

以上2点、『古事記』における「国之常立神くにのとこたちのかみ」のポイントとしてチェック。

ちなみに、「天之常立の神(記)」「天常立尊あめのとこたちのみこと(紀)」と対をなす神としても位置付けられており、ここから、天界と国土との区別がはっきりしていたことが分かります。

天之常立神と国之常立神

天之常立神と国之常立神|「常立」=常に立つこと、恒常的確立を意味。両神を対応させ引き継がせることで、天と国の確立、世界の展開に道をつけています。

09/20/2016

 

国常立尊/国之常立神を始祖とする氏族

無し

 

国常立尊/国之常立神の登場箇所

国常立尊・国底立尊 『日本書紀』神代上

→「『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

→「『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 一書第1~6 体系性、統一性、系統性を持つ一書群が本伝をもとに様々に展開

国之常立神 『古事記』上

→「『古事記』天地開闢|原文と現代語訳|神名を連ねて物語る古事記の天地開闢を分かりやすく解説!

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より 一部分かりやすく現代風修正。

 

国常立尊/国之常立神をお祭りする神社

● 國常立神社くにとこたちじんじゃ 天香久山あまのかぐやまの頂上にある神社

住所:奈良県橿原市南浦町326

【保存版】天香久山|あもりつく天香具山。天香久山の歴史、歌、神社、散策コースなど総まとめ!

12/31/2019

● 玉置神社 第十代崇神天皇の時代に王城火防鎮護と悪神退散のため創建

住所:奈良県吉野郡十津川村玉置川1

熊野速玉大社 第三殿(証誠殿)ご祭神、家津美御子大神・国常立尊は、阿弥陀如来として

住所:和歌山県新宮市新宮1

熊野速玉大社|熊野信仰総本宮!熊野速玉大社は「薬師如来」と習合し過去世の救済を担う超絶パワースポット!

08/19/2016

● 御嶽神社 国土系の神々として国常立尊、大己貴命、少彦名命を祭る

住所:長野県木曽郡王滝村3315

● 日枝神社 日枝大神の一柱として国常立神くにのとこたちのかみを祭る

住所:東京都千代田区永田町2-10-5

山王日枝神社

07/17/2022

 

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
『古事記』現代語訳

古事記 神話 現代語訳 天地初発から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016
神武天皇

神武天皇とは?どんな人物だったのか?『日本書紀』をもとに神武天皇を分かりやすく解説!

04/26/2022

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

追加開催決定!!朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義(秋冬)のご案内 10/29, 11/26, 12/24

日本神話講座

白熱講義 追加開催決定! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っている!? この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。10/29, 11/26, 12/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


国常立尊 国之常立神

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他