神武紀|大和上陸!難波碕から白肩の津へ|激しい潮流に難儀しながら生駒山の白い崖を目印に進軍した件|分かる!神武東征神話No.4

難波碕から白肩の津へ

 

多彩で豊かな日本神話にほんしんわの世界へようこそ!

正史『日本書紀にほんしょき』をもとに、
最新の文献学的学術成果も取り入れながら、どこよりも分かりやすい解説をお届けします。

今回は、

神武東征神話じんむとうせいしんわを分かりやすく解説するシリーズ4回目。

テーマは、

大和やまと上陸!難波碕なにわのみさきから白肩しらかた

日向ひむかを出発し、瀬戸内せとうちを進んできた神武東征じんむとうせい一行。岡山おかやま高嶋たかしまみや」で3年間準備したのち、いよいよ大和やまとに入ります。

初めて上陸した大和やまとの地。神武じんむはどんな想いだったのか?

そんなロマンを探る事で「大和上陸」が伝える意味を読み解きます。

今回も、概要で全体像をつかみ、ポイント把握してから本文へ。最後に、解説をお届けしてまとめ。

現代の私たちにも多くの学びをもらえる内容。日本神話にほんしんわから学ぶ。日本の神髄がここにあります。それでは行ってみましょう!

 

神武紀|大和上陸!難波碕から白肩の津へ|生駒山の白い崖を目印にドキドキしながら進軍した件

神武紀|大和上陸!難波碕から白肩の津へ の概要

今回も日本書紀にほんしょき』巻三「神武紀じんむきをもとにお届け。ちなみに、前回の内容、これまでの経緯はコチラ↓をご確認ください。

東征順風・戦闘準備

神武紀|東征順風。臣下を得て戦闘準備|半年かけて岡山まで移動。3年じっくり準備した件 分かる!神武東征神話No.3

01/20/2016

日向ひむかを出発し、瀬戸内せとうちを進んできた神武東征じんむとうせい一行。

岡山おかやま高嶋たかしまみや」で3年間準備した東征とうせい軍は、「難波なにわみさき」からさかのぼって河内国かわちのくに草香邑くさかむらの「白肩津しらかたのつ 」に上陸。「」は港の事。ここから陸路で世界の中心へ入ろうとします。

 

神武紀|東征ルートと場所の確認

今回ご紹介するシーンは、現在の大阪おおさか府が舞台。

日本書紀にほんしょき』をもとに地名を辿ると神武じんむが「当初」目指した橿原かしはらへのルートは以下の通り。

難波から白肩津へ

高嶋たかしまみや」から大阪湾おおさかわんを抜け「難波なにわみさき」へ、更に「白肩しらかた」に上陸し、そこから陸路で橿原かしはらへ進軍するルート。

ここでのポイント2つ。

①古代の大阪湾おおさかわんは、広大な潟湖せきこが平野の奥深くまで入り込んでいた!?

なんと、現在の姿とは全然ちがっていて、この周辺は、大阪湾おおさかわんから東へ「生駒山いこまやま」西麓までいたる広大な潟湖せきこが広がっていたようです。

図1

↑7世紀前後の古代想定地図(枚方市教育委員会主催「シンポジウム淀川流域の交通史」より)

潟湖せきことは、現在は「ラグーン」と呼ばれ、湾が砂州によって外海から隔てられて湖沼化した地形のこと。上町台地うえまちだいちが半島のように突き出ており、「難波なにわみさき」はこの潟湖せきこの入口付近にある岬だった模様。

今回は神話の時代のお話。それでも、上記古代地図と重ねてみると以下の通り。

進軍ルート

あくまで7~8世紀ごろの地形なので、神話の時代は別でしょ、てのが大前提。ですが、参考にはなると思います。

潮流が激しく進軍に難儀したようですが、大軍を大和やまとの地深くまで上陸させるために、このルートが選ばれたのだと推測されます。

生駒山いこまやま山麓の「白い砂礫の崖」が目印になっていた!?

白肩津しらかたのつ」付近は生駒山いこまやま山麓の「白い砂礫されきの崖」となっていて、神武じんむはこれを目印に草香江くさかえ潟湖せきこの中の地名)を進軍します。

実地調査結果はコチラ!

生駒山はやっぱり白かった!?草香村周辺は白い崖と巨岩がゴロゴロしている件|神武東征ルートを行く

02/10/2016

神武じんむにとって「大和やまと」は右も左もわからない土地。そこで必要なのは「目立つ目標物」であり、生駒いこまの白い崖は進軍するうえでの目印になったと思われます。

以上のポイントと位置関係・地形等をつかんだうえで読み進めるようにしましょう。

 

神武紀|大和上陸!難波から白肩の津へ

戊午つちのとうまの年(紀元前663年)、春2月の11日に、東征軍は遂に東に向けて出発した。前の船の「とも」と、後ろの船の「さき」が互いに接するほど多くの船が続く。いよいよ「難波のみさき」に到ると、非常に速い潮流に遭遇した。そこで、その国を名付けて「浪速なみはや国」という。(また「浪花なには」ともいう。今、「難波なにわ」と言うのは、なまりである。)

 3月10日に、その急流をさかのぼり、河内の国の草香くさかの邑の青雲の白肩しらかたの津に到る。

 戊午年春二月丁酉朔丁未、皇師遂東、舳艫相接。方到難波之碕、會有奔潮太急。因以名爲浪速國、亦曰浪花、今謂難波訛也。訛、此云與許奈磨盧。

 三月丁卯朔丙子、遡流而上、徑至河內國草香邑靑雲白肩之津。 (『日本書紀』巻三 神武紀より抜粋)

▲橿原神宮で公開中の「神武天皇御一代記御絵巻」から。

 

神武紀|大和上陸!難波から白肩の津への解説

岡山おかやまで3年の準備のあと、初めて上陸した大和やまとの地。神武じんむはどんな想いだったのでしょうか?どこまでも広がる神話ロマンに想いを致しながら、、

以下、詳細解説。

  • 戊午つちのとうまの年(紀元前663年)、春2月の11日に、東征軍は遂に東に向けて出発した。前の船の「とも」と、後ろの船の「さき」が互いに接するほど多くの船が続く。
  • 原文: 戊午年春二月丁酉朔丁未、皇師遂東、舳艫相接。

岡山おかやまの「高嶋宮たかしまのみや」を出発。

丁酉ひのととりついたちにあたる丁未ひのとひつじ」は、2月11日のこと。

原文「皇師こうし」は天皇の軍隊、東征軍のこと。

前の船の「とも」と、後ろの船の「さき」が互いに接するほど多くの船が続く(舳艫相接)」とあります。

「師」とは、軍隊のこと。参考として、しゅう代、軍隊の単位として「旅=500人」「師=五旅=2500人」「軍=五師=12500人」といったものがありました。てことは、その規模2500人??いや、もっといたような。。。いずれにしても、ひしめきあう大船団だったことが伺えます。

次!

  • いよいよ「難波のみさき」に到ると、非常に速い潮流に遭遇した。そこで、その国を名付けて「浪速なみはや国」という。(また「浪花なには」ともいう。今、「難波なにわ」と言うのは、なまりである。)
  • 原文: 方到難波之碕、會有奔潮太急。因以名爲浪速國、亦曰浪花、今謂難波訛也。訛、此云與許奈磨盧。

難波なにわみさきに到ったところで、はなはだ速い潮流に、行く手を阻まれる。

現在の、大阪おおさか府「浪速区なにわく」や「難波なんば」の地名はこれが由来。つまり、とても速い潮流=浪が速い=浪速、という事。

冒頭でも触れましたが、古代の難波なにわ周辺は、現在の姿とは全然違ってたようで。。

大阪湾おおさかわんから東へ「生駒山いこまやま」西麓までいたる広大な潟湖せきこが広がり、上町台地うえまちだいちが半島のように突き出ていた、、、「難波なにわみさき」はこの潟湖せきこの入口付近にある岬だったようです。

今回お伝えしているのは神話の時代なので、それでも、例えば、7世紀前後の古代想定地図と重ねてみると以下の通りになります。

進軍ルート

枚方市教育委員会主催「シンポジウム淀川流域の交通史」より

で、

ココでは、ひしめきあう大船団が潮の急流に難渋して進めない状態を伝えてるのですが、、、2月11日に吉備きびを出発し、3月10日に河内国かわちのくにの「白肩しらかた」に着くまで、ほぼ一ヶ月を要したということに。。どんだけ難渋しただよ。。。

コレ、岡山おかやま大阪おおさかとの距離の上ではやや不自然とも言えて、、

そこで、当サイトならではの文献学的考察を。

歴史の時代ですが、以下の伝承が参考になります。

実は、この難波なにわの江(堀江ほりえ)は、仁徳にんとく天皇が「茨田堤まむたのつつみ」を築いた所なんですが、築いてもすぐ崩れてふさぐことができなかった、と伝えてるんです。

その際、「河伯かはく(川の神)」が天皇の夢にあらわれ、「武蔵人強首むさしのひとこわくび」と「河内人茨田連衫子かわちのひとまむたのむろじこどものこ」の二人を「人身御供ひとみごくう」に求めます。天皇は二人を求めて河伯かはくを祭ったところ、堤を完成させることができた、、ということで、。

ココから推測するに、、

すなわち、この難渋は神のしわざだった!?とも考えられます。大船団が草香江くさかえ.潟湖せきこ)に入っていくにあたって、堤やら土手のようなものを築こうとしたが潮流が激しくなかなか築けなかった、、そこには、実は「河伯かはく(川の神)」の存在が、、、?? って、このあたり、神話と歴史が交錯する超絶ロマン地帯であります。

次!

  •  3月10日に、その急流をさかのぼり、河内の国の草香くさかの邑の青雲の白肩しらかたの津に到る。
  • 原文: 三月丁卯朔丙子、遡流而上、徑至河內國草香邑靑雲白肩之津。

→「丁卯ひのとうついたちにあたる丙子ひのえね」は3月10日のこと。

「遡流而上」とは、流れに逆らって上ること。難波なにわみさきからさらに草香江くさかえを遡上した先が白肩しらかた

生駒いこま山麓まで迫っていた潟湖せきこ草香江くさかえ」、その砂れきが海岸線を形成していたようで、コレ、実は『万葉集まんようしゅう』でも歌われてたりします。

白砂しらまなご 御津みつの埴生の 色に出でて 言はなくのみぞ 我が恋ふらくは (万葉集2725番)』

と歌われたように、三津みつ難波なにわの三津、難波津なにわのつ)は白砂しろすなの名所でした。こと生駒山いこまやまの山麓から草香江くさかえに落ちこむ所に、船の着岸に適した場所があり、神武じんむ一行はそれを指したと思われます。草香江くさかえに入る船の目印ともなった訳ですね

なお、「青雲の白肩しらかた」という表現は、神武紀じんむきの最後に日本の国名をめぐって「玉牆たまがきうちつ国」「虚空そら見つ日本やまとの国」と枕詞を冠して表わした例と同じく、「青雲あおくも」が枕詞として「白肩しらかた」の「しろ」にかかるもの。

古代では、白馬あおうま節会せちえ(朝廷で白馬はくばを庭上に引き出して天覧の後、群臣に宴を賜う儀式で、この日に白馬はくばを見ると年中の邪気を祓うされた。古い風習による)を「あおうまのせちえ」と称するなど、「あお」は「しろ」の色の領域に重なる色名でした。

万葉集まんようしゅうにも、

「白雲の たなびく国の たなびく国の 青雲の 向伏むかぶす国の 天雲の 下なる人は のみかも 君に恋ふらむ」(3329番長歌)

と歌う「白雲しらくも」「青雲あおくも」「天雲あまくも」も意味的には互いに重なりあうものです。

その他、実地調査の結果はコチラで。

生駒山はやっぱり白かった!?草香村周辺は白い崖と巨岩がゴロゴロしている件|神武東征ルートを行く

02/10/2016

神話と歴史の交錯するロマン発生地帯であります。コレがサイコー!

 

まとめ

難波から白肩の津へ

いよいよ大和やまといりした「彦火火出見ほほでみ」こと神武じんむ

「前の船の「とも」と後ろの船の「さき」が互いに接するほど多くの船が続く」という表現から、大軍を率いて進軍した様子が目に浮かびます。

一方で、2月11日に吉備きびを出発し、3月10日に河内国かわちのくにの「白肩しらかた」に着くまで、ほぼ一ヶ月を要したと伝えており、潮流の速さに難渋したことを伝えてます。

当時の地形が、現在とは全然違ったってところも興味深いですよね。広大なラグーンが広がっていたなんて。。。

潮流に阻まれた一方で、これによって、大船団は内陸まで入り込むことができたという事なんですね。良くできてます。現在の日下くさか付近まで来たはずで、それはそれでビックリです。

 

神話を持って旅に出よう!

神武東征じんむとうせい神話のもう一つの楽しみ方、それが伝承地を巡る旅です。以下いくつかご紹介!

●「難波なにわみさき」伝承地

神武天皇聖蹟 難波之碕 顕彰碑|大阪天満宮敷地内に忘れ去られたように建っている碑が寂しすぎたので、そっとしておく件|神武東征ルートを行く

02/01/2016

 

●「白肩津しらかたのつ」を実地調査してみた件

生駒山はやっぱり白かった!?草香村周辺は白い崖と巨岩がゴロゴロしている件|神武東征ルートを行く

02/10/2016

 

つづきはコチラ!初戦で、、、??

孔舎衛坂激戦、敗退

神武紀|孔舎衛坂激戦、敗退|スネの長い関西人に初戦敗退。神策めぐらし紀伊半島を迂回することにした件|分かる!神武東征神話No.5

01/22/2016

神武東征神話のまとめ、目次はコチラ!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

本記事監修:(一社)日本神話協会理事長、佛教大学名誉教授 榎本福寿氏
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)、他

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

神武天皇

神武天皇とは?どんな人物だったのか?『日本書紀』をもとに神武天皇を分かりやすく解説!

04/26/2022

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した地「橿原神宮」を徹底解説!

01/18/2016

神武天皇聖蹟顕彰碑・伝承碑まとめ|実際に行ってみて、確かめてみたところを全部まとめてみた!(マニア限定)

02/22/2016
神武東征神話 現代語訳

『日本書紀』神武紀 神武東征神話 現代語訳

11/30/2021
『古事記』 中巻

『古事記』神武東征神話|東征発議から吉備「高嶋の宮」までの神話を現代語訳付きで分かりやすく解説!

10/03/2016
神武東征神話

読み聞かせ 無料 絵本 日本神話 日本の建国神話「神武東征神話」を『日本書紀』をもとにつくりました

12/25/2020

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
古事記 現代語訳

古事記 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

4/30, 5/28, 6/25 朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義のご案内

全3回の集中講義! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っています。 この実態と驚きの真相を、3回に分けてお届け。通説や常識とは全く違う世界を、驚きの現場を、本講座では徹底的に検証します。激しくオススメです!


難波碕から白肩の津へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他