兄猾と弟猾|弟は聡く帰順したが、兄は謀(はかりごと)を企んだのでさらして斬った件|分かる!神武東征神話No.10

神武東征神話を分かりやすく解説するシリーズ

今回は10回目。兄猾えうかし弟猾おとうかしをめぐる神話をお届けします。

頭八咫烏やたがらすの道案内と、「日臣ひのおみ」改め「道臣みちのおみ」による活躍によって、熊野越えを果たした神武一行。

現在の奈良県宇陀市の宇賀志うかしに到ります。

ここから大和をめざす訳で、「先住勢力=敵の制圧」を中心に物語が展開します。

制圧にあたっては2名の忠臣「道臣みちのおみ」と「椎根津彦しいねつひこ」が大活躍。

東征神話自体は、天孫である「彦火火出見ひこほほでみ=神武」を主役として展開しますが、これはこれで当然として、一方で注目すべきは、神武以外の臣下が活躍するところ。

これは、天孫、または神々の流れを汲む者(彦火火出見ひこほほでみ)以外の、「人間」にスポットライトが当たるという事でもあります。

 

さて、最初の制圧ターゲットは「兄猾えうかし」と「弟猾おとうかし」兄弟。

この2名は、宇陀に勢力を張る在地豪族的存在。

兄の兄猾は反抗し、弟の弟猾は恭順します。

これは、「兄の邪悪・劣弱、弟の善良・優強」という古代兄弟譚の類型によるもの。

いつの時代も、兄は何をしでかすかわからない存在なんですよね。弟はそんな兄の言動を見て冷静に対処する感じ。。。汗

兄猾えうかしは「はかりごと」を企てます。

新しい宮を造り、その建物の中に圧殺機を仕掛ける。その上で、神武一行を饗宴に誘い、何も知らずに宮に入ってきた彦火火出見ひこほほでみを圧殺しようという訳。なんて恐ろしい。。。

ところが、弟猾おとうかしがこれを密告。マジか。。。弟よ(;゚д゚)

彦火火出見ひこほほでみは、将軍「道臣みちのおみ」を派遣し、逆に兄猾えうかしを自ら作った圧殺機で殺すわけです。「引きずり出してさらしてバラバラに斬る」といった血なまぐさい表現も出てきます。

反抗した兄のケリがついた後、弟は饗宴を催し、神武一行をねぎらいます。流石、弟。あっぱれにも程がある。。。

 

ということで、

  • 兄猾・弟猾討伐は何を伝えているのか?

この「謎」を探ることで、「兄猾・弟猾攻略」の意味を考えます。

今回も『日本書紀』巻三「神武紀」をもとにお伝えします。ちなみに、前回の内容、これまでの経緯はコチラ↓をご確認ください。

頭八咫烏の導きと熊野越え|山で迷って進退窮まる!?天照による2度目の救援は「天孫降臨」の再現だった件|分かる!神武東征神話No.9

2016.01.26

 

兄猾と弟猾|弟は聡く帰順したが、兄は謀(はかりごと)を企んだのでさらして斬った件

神武東征ルートと場所の確認

今回のお話では、長距離移動は伴わないので、位置関係だけ整理しておきます。

まず、敵布陣の位置関係。

あとで判明しますが、高倉山に登ると敵は「ての字陣形」を展開していました。

宇陀敵布陣図

宇陀一帯に入るルートは2つ。

  • 370号線を北上し入るルート
  • 16号→166号線を北上し入るルート

なので、上記「手の字陣形」を踏まえると、370号線は敵が多すぎるため選択できなかったと考えられます。なので、16号→166号線で宇賀志へ入るルートになります。

宇陀敵布陣図と進入ルート

まずは山越えを優先し、盆地に出られる場所を探った訳です。頭八咫烏は神の使いですから、そんなところも踏まえて道案内したのでしょう。

ちなみに、宇賀志へ入ったあとは高倉山を経てさらに北上。現在の宇陀市榛原へ。

そこから大和の地へ進軍するわけです。これぞまさしく「神策しんさく」どおりで、東から西へ大和へ攻め込む、つまり太陽を背に戦うという事ですね。

なんとしてでも榛原はいばらの地を攻略する必要があった。そのための前哨戦として今回のシーンが位置づけられます。

 

現代語訳:兄猾と弟猾

秋、8月2日[1]に、「彦火火出見ひこほほでみ」は、「兄猾えうかし」と「弟猾おとうかし[2]という者を召し出させる。この二人は「菟田県うだのあがた」を支配下に置く首領である。

兄の「兄猾えうかし」は姿を見せず、弟の「弟猾おとうかし」はすぐにやってきた。

弟猾おとうかしは軍門を拝し、告げて言う。

私の兄「兄猾えうかし」が反逆をくわだてております。

天孫(彦火火出見)がこの地にたどり着こうとしている事を聞き、直ちに兵を起こして襲おうとしていたところ、東征軍の威勢をはるかに望み見て、まともには戦えないと怖れたのです。

そこで企てを案じ、兵をひそかに伏せ、仮の新しい宮を造り、その建物の内に「人を圧殺するからくり機」を用意しております。それで饗宴に招待すると偽って誘い出し、待ち構えて殺そうとしているのです。

どうかこの偽りと企てを知り、しっかりと備えてください。

彦火火出見は道臣命みちのおみのみことを遣わし、その反逆の企ての始終を確認させた。

道臣命みちのおみのみこと」は「兄猾えうかし」には確かに彦火火出見ひこほほでみを殺害しようとする「心」があるのを知って激怒し、

「こいつめ!うぬが造った宮に、うぬが自分で入ってみろ!」

と荒々しい声で叱責した。さらに剣の柄をぎゅっと固く握り、弓を強く引きしぼり、兄猾えうかしを追いたてた。

兄猾えうかしは、天によって罰を受けるのと同じようにどうにも言い訳ができなくなり、そこで自ら中に入りからくり機を踏み、圧死したのである。

それから道臣命みちのおみのみこと兄猾えうかしの屍を引き出し、さらしてバラバラに斬った。流れ出る血はくるぶしまで達した。それゆえ、その地を「菟田血原うだのちはら」という。

兄猾反抗のケリがつき、弟猾は、今まで見た事のないような酒や肴を取り揃え、饗を催し彦火火出見ひこほほでみをねぎらった。彦火火出見はその酒肴しゅこうを兵士達に分け与え、そこで「御謡みうた」を詠んだ。

菟田の猟場である「高城たかき」に「鴫罠しぎなわ」をかけた。獲物がかかるのを待っていると、しぎはかからず、なんとくじら[3]がかかった。先に娶った妻がさかなを所望すれば、ソバグリのような実のほとんどないものをいっぱい(与えておこう)、後添えの妻が所望すれば、イチサカキのような実の多いものをいっぱい(与えてやろう)。

これを来目歌くめうた [4]と言う。今、「楽府うたのつかさ [5]」でこの歌を演奏するときは、大小の手の動きと、太細の声とがある。これは古式が今に残ったものである。

 

注釈

[1]甲午が朔(ついたち)にあたる乙木

[2] えうかし・おとうかし兄弟は、「兄の邪悪・劣弱、弟の善良・優強」という兄弟譚の類型によるものです。

[3]天皇を獲る罠に逆に罠を仕掛けた兄猾(鯨)がかかったという事です。ここでは弟猾がふるまった素晴らしいご馳走の意味も含まれています。

[4]来目は熊野から大和へ入る際に、道臣が率いてきた戦士集団を指し、彼らに天皇が謳いかけた歌にちなむ名称

[5]宮廷の音楽・歌謡を司る役所の名。持統天皇元年正月朔条に楽宮(うたまいのつかさ)の例がある

 

原文

秋八月甲午朔乙未、天皇使徵兄猾及弟猾者。是兩人、菟田縣之魁帥者也。時、兄猾不來、弟猾卽詣至、因拜軍門而告之曰

「臣兄々猾之爲逆狀也、聞天孫且到、卽起兵將襲。望見皇師之威、懼不敢敵、乃潛伏其兵、權作新宮而殿內施機、欲因請饗以作難。願知此詐、善爲之備。」

天皇卽遣道臣命、察其逆狀。時道臣命、審知有賊害之心而大怒誥嘖之曰

「虜、爾所造屋、爾自居之。」

因案劒彎弓、逼令催入。兄猾、獲罪於天、事無所辭、乃自蹈機而壓死、時陳其屍而斬之、流血沒踝、故號其地、曰菟田血原。

已而弟猾大設牛酒、以勞饗皇師焉。天皇以其酒宍、班賜軍卒、乃爲御謠之曰、

于儾能多伽機珥 辭藝和奈陂蘆 和餓末菟夜 辭藝破佐夜羅孺 伊殊區波辭 區旎羅佐夜離 固奈瀰餓 那居波佐麼 多智曾麼能 未廼那鶏句塢 居氣辭被惠禰 宇破奈利餓 那居波佐麼 伊智佐介幾 未廼於朋鶏句塢 居氣儾被惠禰。

是謂來目歌。今樂府奏此歌者、猶有手量大小、及音聲巨細、此古之遺式也。

『日本書紀』巻三 神武紀より

 

まとめ

兄猾と弟猾

ここでのポイントは3つ。

  1. 本シーンは、これ以降、大和入りへ向けた「在地豪族の制圧」が主要テーマになる転換点である事。
  2. 制圧にあたっては、臣下が活躍。これは、「神代から人代への大転換」を象徴している事。
  3. 彦火火出見は、先の孔舎衛坂敗戦から学び、まずは使者を立てて恭順の意向を確認している事。

 

東征軍が目指す大和へ進軍するためには、奈良県榛原宇陀の地を攻略する必要がありました。

これは、東から西へ攻め込む、つまり太陽を背に戦い日神の力を受けて勝ち進める為。孔舎衛坂くさえさか敗戦時にめぐらせた「神策しんさく」が根拠ですね。

熊野の山を越え、人が住む「人界」に入っていった先には、多くの在地豪族が勢力を張っている訳で。

このシーン以後、戦闘に次ぐ戦闘。軍勢や策略がモノをいう人界ならではの展開という事ですね。

そんな展開だからこそ、彦火火出見ひこほほでみ自ら手を汚す事はせず、臣下の活躍を通じて敵を殺し制圧を進めていくのです。

この結果、臣下の活躍が目を引くことになりますし、結果的にそれほどの臣下を率いている彦火火出見の価値が上がっていく仕掛けになっています。

非常に良く練られた構成だと思います。

一方で、臣下=人間の活躍は、神代の流れを引き継いでいた神話に新たな要素を付加していきます。

それが「神代から人代への転換」

この転換は突然行われるのではなく、このような「必要性をもった経緯」から段階的に行われます。

なので、最終的に橿原即位に至って、本格的な「人代」がスタートするときもスムースに移行されるようになっている訳です。

 

最後に、もう一つのポイントとして、「召し出す」という所にふれておきます。

これは、使者を立てて恭順きょうじゅんの意向を確認したという事。

今までに無い、初めて出てくる言葉です。

このシーン以降、主要な敵キャラには全て、使者を立てて意向を確認する作業が入ってます。

これは、先の敗戦である「孔舎衛坂の戦い」とは全く異なるやり方。

孔舎衛坂では、右も左もわからずとにかく突っ込んでいった感じで、戦い方として非常に稚拙でした。

情報不足と己への過信・驕りもあって、見事に敗戦を喫すわけですが、ある意味当然とも言えますね。

一方、本シーンでは、まず使者を立てる行動を取り、それでも帰順しないのであれば徹底的に叩く、というやり方ですね。

ここに彦火火出見ひこほほでみ成長を見ることができます。

訳も分からずとにかく突っ込んでいくやり方から、使者を立て相手の意向を確認した上で対応を決めるやり方へ。

この点も大きな転換であり、成長であり、非常に面白いポイントだと思います。

 

オススメ伝承地

古事記中心のスポットですが、以下。

神武ゆかりの地|小字「をどの」「血原」|兄猾を追いこんで自滅させ、引きずり出して斬ったら、その血はくるぶしまで、、、ってなんて恐ろしい場所な件

2016.03.02

そして、民間伝承として以下。わざわざ山に登る意味が。。。

神武ゆかりの地|菟田の高城|書紀にも古記にも記載無し。まじりっけなしの民間伝承地は、山登りがモーレツだった件

2016.03.07

 

 

続きはこちらから!

吉野巡幸|先は敵ばっかりなので、まずは南の境界を固めようと思い立った件|分かる!神武東征神話No.11

2016.02.04

目次はコチラ!

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

2016.01.03

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

2016.09.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。