日本書紀 神代上

 

『日本書紀』巻第一(神代上)を徹底解説!

最新の学術成果をもとに分かりやすい解説をお届けします。

以下記事を参考に、本文を確認いただければ整理しやすくなります。

●参考→ 日本書紀の目的と編纂方法|神代から歴史へ直通!それアリ??『日本書紀』の目的と編纂方法に隠されたヒミツを徹底解説!

●参考→ 日本書紀の一書とは?『日本書紀』神代の本伝と一書の読み解き方法を分かりやすく解説!

 

『日本書紀』巻第一(神代上)

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段

〔本伝〕天地開闢と三柱の神の化生

昔々、天と地がまだ分れず、陰と陽も分れていなかった。混沌として、まるで鶏の卵のようであり、ほの暗くぼんやりとして、事象が芽生えようとする兆しを内に含んでいた。

その中の清く明るいものが薄くたなびいて天となり、重く濁ったものがよどみ滞って地となるに及んでは、その軽やかで妙なるものは集まりやすく、重く濁ったものは凝り固まりにくい。だから、まず天ができあがり、その後で地が定まったのである。

そうして天と地が成り立った後に、その天地の中に神が生まれた。

それゆえに、具体的にいえばこういうことになる。天と地ができる初めには、のちにくにとなる土壌が浮かび漂う様は、まるで水に遊ぶ魚が水面にぷかりぷかり浮いているようなものだった。

まさにその時、天地の中に一つの物が生まれた。それは萌え出る葦の芽のような形状であった。そして、変化して神と成った。この神を国常立尊くにのとこたちのみことと言う。次に国狭槌尊くにのさつちのみこと。さらに豊斟渟尊とよくむぬのみこと。あわせて三柱みはしらの神である。天の道は、単独で変化する。だから、この純男、つまり男女対ではない純粋な男神が化生したのである。

『日本書紀』第一段

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

04/15/2018

 

〔一書1〕体系性を持つ一書群が展開

 ある書はこう伝えている。天地が初めて分かれ、その間のガランとした中に一つの物があった。その物のかたちは言い表しがたい。その中に物が変化して生まれた神があった。名を国常立尊くにのとこたちのみことと言う。また国底立尊くにのそこたちのみこととも言う。その次に国狭槌尊くにのさつちのみことまた国狭立尊くにのさたちのみこととも言う。さらに豊国主尊とよくにぬしのみことまた豊組野尊とよくむののみこととも言う。また豊香節野尊とよかぶののみこと浮経野豊買尊うかぶののとよかふのみこと豊国野尊とよくにののみこと、豊齧野尊、葉木国野尊はこくにののみこと、或いは見野尊みののみこととも言う。

〔一書2〕

 ある書はこう伝えている。昔、国も土地もできて間もなく幼かったころは、例えるなら水に浮かんだ脂の状態で漂っていた。そんな時、国の中に物が生まれた。その形は葦の芽が突き出たようであった。これにより変化して生まれた神があった。その名を可美葦牙彦舅尊うましあしかびひこぢのみことと言う。次に国常立尊。次に国狭槌尊。葉木国は、ここでは「はこくに」という。可美は、ここでは「うまし」という。

〔一書3〕

 ある書はこう伝えている。天と地が混じり合って成った時、初めに神人(神である人、神そのものとも言うべき人)がいた。その名を可美葦牙彦舅尊うましあしかびひこぢのみことと言う。次に国底立尊。彦舅は、ここでは「ひこぢ」という。 

〔一書4〕

 ある書はこう伝えている。天地が初めて分かれ、初めに倶に生まれた(双生の)神がいた。名を国常立尊と言う。次に国狭槌尊。またこうも伝えている。高天原たかまがはらに生まれた神の名は、天御中主尊あまのみなかぬしのみことと言う。次に高皇産霊尊たかみむすひのみこと。次に神皇産霊尊かむみむすひのみこと。皇産霊は、ここでは「みむすひ」という。 

〔一書5〕

 ある書はこう伝えている。天と地がまだ生まれる以前の時、例えるなら海上に浮かんでいる雲に根ざしつながる所がないような様だった。その中に一つの物が生まれた。葦の芽が初めて泥の中に生え出たようである。それが変化して人となった。名を国常立尊と言う。 

〔一書6〕

 ある書はこう伝えている。天地が初めて分かれ、物があった。葦の芽が空中に生じたようであった。これによって変化した神は、天常立尊あまのとこたちのみことと言う。次に可美葦牙彦舅尊。また、物があった。浮かぶ脂が空中に生じたようであった。これによって変化した神は、国常立尊と言う。

『日本書紀』第一段

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 一書第1~6 〜体系性を持つ一書群が本伝をもとに展開〜

05/01/2019

 

『日本書紀』巻第一(神代上)第二段

〔本伝〕男女耦生の八神

 次に現れた神は、泥土煑尊うひぢにのみこと※1沙土煑すひぢに※2。次に現れた神は、大戸之道尊おほとのぢのみこと※3大苫辺尊おほとまべのみこと※4。次に現れた神は、面足尊おもだるのみこと惶根尊かしこねのみこと※5。次に現れた神は、伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみこと

※1:土、これを「うひぢ」と読む。
※2:沙土、これを「すひぢ」と読む。別名は、泥土根尊うひぢねのみこと沙土根尊すひぢねのみこと
※3:ある書では、大戸之辺おほとのべと言う。
※4:または大戸摩彦尊おほとまひこのみこと大戸摩姫尊おほとまひめのみこと大富道尊おほとまぢのみこと大富辺尊おほとまべのみこととも言う。
※5:または吾屋惶根尊あやかしこねのみこと忌橿城尊いむかしきのみこと青橿城根尊あをかしきねのみこと)吾屋橿城尊あやかしきのみことと言う。

※注の1~5は、本来は文中に。ココでは分かり易いように切り出して列挙してます

『日本書紀』第二段

『日本書紀』巻第一(神代上)第二段 本伝 ~男女耦生の八神~

05/02/2019

 

〔一書1〕親が子を生みなすニュージェネレーション登場

 ある書はこう伝えている。この二柱の神は、青橿城根尊あおかしきねのみことの御子である。 

〔一書2〕

 ある書はこう伝えている。国常立尊が、天鏡尊あまのかがみのみことを生んだ。天鏡尊が、天万尊あめよろづのみことを生んだ。天万尊が、沫蕩尊あわなぎのみことを生んだ。沫蕩尊が、伊奘諾尊いざなきのみことを生んだ。沫蕩、これを「あわなぎ」と読む。 

『日本書紀』第二段

『日本書紀』巻第一(神代上)第二段 一書第1,2 親が子を生みなすニュージェネレーション登場

05/04/2019

 

『日本書紀』巻第一(神代上)第三段

〔本伝〕神世七代

 合わせて八柱の神である。これは陰の道と陽の道が入り混じって現れた。それゆえ男と女の性となったのである。そして、国常立尊くにのとこたちのみことから、伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことに至るまでを、神世七代かみよななよと言う。

『日本書紀』第三段

『日本書紀』巻第一(神代上)第三段 本伝 ~神世七代~

05/09/2019

 

〔一書1〕新しい時代へ向けた準備

 ある書はこう伝えている。男女が対になって現れた神は、まず泥土煮尊うひぢにのみこと沙土煮尊すひぢにのみこと。次に角樴尊つのくひのみこと活樴尊いくくひのみこと。次に面足尊おもだるのみこと惶根尊かしこねのみこと。次に伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみこと。樴はくいの意味。 

『日本書紀』第三段

『日本書紀』巻第一(神代上)第三段 一書第1 〜新しい時代へ向けた準備〜

05/16/2019

 

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段

〔本伝〕聖婚、洲国生み

 伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみこと二柱ふたはしらの神は、天浮橋あまのうきはしの上に立って共にはかり、「この下の底に、きっと国があるはずだ。」と言った。そこで、天之瓊矛あまのぬほこけいとは玉である。ここではという)を指し下ろして探ってみると海を獲た。そのほこの先から滴り落ちた潮が自然に凝り固まり、一つの嶋と成った。それを名付けて「磤馭慮嶋おのごろしま」といった。

 二柱の神は、ここにその島に降り居ると、共に夫婦となり、国を産もうとした。そこで、磤馭慮嶋おのごろしまを、国の中心である柱(柱、ここでは美簸旨邏みはしらという)とし、陽神をかみは左から巡り、陰神めかみは右から巡った。分かれて国の柱を巡り、同じ所であい会したその時、陰神めかみが先に唱え、「ああ嬉しい、いい若者に会ったことよ。」と言った。(少男、日本では烏等孤をとこという)陽神をかみはそれをよろこばず、「私が男だ。ことわりの上では、まず私から唱えるべきなのだ。どうして女が理に反して先に言葉を発したのだ。これは全く不吉な事だ。改めて巡るのがよい。」と言った。

 ここに、二柱の神はもう一度やり直してあいかいした。今度は陽神をかみが先に唱え、「ああ嬉しい。可愛い少女をとめに会ったことよ。」と言った。(少女、ここでは烏等咩をとめという)。そこで陰神に「お前の身体には、なにか形を成しているところがあるか。」と問うた。それに対し、陰神が「私の身体には女の元のところがあります。」と答えた。陽神は「私の身体にもまた、男の元のところがある。私の身体の元のところを、お前の身体の元のところに合わせようと思う。」と言った。ここで陰陽(男女)が始めて交合こうごうし、夫婦となったのである。

 産む時になって、まず淡路洲あはぢのしまえなとしたが、それはこころに不快なものであった。そのため「淡路洲あはぢのしま」と名付けた。こうして大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしま(日本、日本では耶麻騰やまとという。以下すべてこれにならえ)を産んだ。次に伊予二名洲いよのふたなのしまを産んだ。次に筑紫洲つくしのしまを産んだ。そして億歧洲おきのしま佐渡洲さどのしまを双児で産んだ。世の人に双児を産むことがあるのは、これにならうのである。次に越洲こしのくにを産んだ。次に大洲おほしまを産んだ。そして吉備子洲きびのこしまを産んだ。これにより、はじめて八洲を総称する国の「大八洲国おほやしまぐに」の名が起こった。このほか、対馬嶋つしま壱岐嶋いきのしま、及び所々の小島は、全て潮の泡がり固まってできたものである。また水の泡が凝り固まってできたともいう。

 

〔一書1〕天神ミッションと無知な二神

 ある書はこう伝えている。天神あまつかみ伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことに、「豊かな葦原あしはら永久とわににたくさんの稲穂の実る地がある。お前達はそこへ行き国の実現に向けた作業をしなさい。」と言って、天瓊戈あまのぬほこを下された。そこで二柱の神は、天上の浮橋うきはしに立ち、ほこを投げて地を求めた。それで青海原あをうなはらをかき回し引き上げると、ほこの先からしたたり落ちた潮が固まって島となった。これを磤馭慮嶋おのごろしまと名付けた。

 二柱の神はその島に降り居て、八尋之殿やひろのとのを化し作った。そして天柱あまのみはしらを化し立てた。そして陽神をかみ陰神めかみに、「お前の身体は、どんな形を成しているところがあるのか。」と問うた。それに対して「私の身体に備わっていて、(女)の元と称するところが一カ所あります。」と答えた。そこで陽神をかみは、「私の身体にも備わっていて、(男)の元と称するところが一カ所ある。私の身体の元を、お前の身体の元に合わせようと思う」と言った。

 さっそく天柱あまのみはしらを巡ろうとして約束し、「お前は左から巡れ。私は右から巡ろう。」と言った。さて、二柱の神が分かれて天柱を巡り、半周してあい会すると、陰神めかみは先に唱えて「ああ、なんとすばらしい、いい少男をとこ(若者)ではないか。」と言った。陽神をかみは後に和して、「ああ、なんとすばらしい、いい少女をとめではないか。」と言った。ついに夫婦いもせとなり、まず蛭児ひるこを産んだ。そこで葦船あしふねに載せて流した。次に淡洲あはのしまを産んだ。これもまた子供の数には入れなかった。

 こうしたことから、また天に詣り帰って、こと細かに天神あまつかみに申し上げた。その時、天神は太占ふとまにで占い、「女の言葉が先に揚がったからではないか。また帰るがよい。」と教えた。そして帰るべき日時を定め、二柱の神を降らせた。

 かくて二柱の神は、改めてまたみはしらを巡った。陽神をかみは左から、陰神めかみは右から巡り、半周して二柱の神があい会した時に、今度は陽神が先に唱えて、「ああ、なんとすばらしい、いい少女をとめではないか。」と言った。陰神がその後に和して「ああ、なんとすばらしい、いい少男をとこではないか。」と言った。

 このあと、同じ宮に共に住み、子を産んだ。その子を大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしまと名付けた。次に淡路洲あはぢのしま。次に伊予二名洲いよのふたなのしま。次に筑紫洲つくしのしま。次に億歧三子洲おきのみつごのしま。次に佐渡洲さどのしま。次に越洲こしのしま。次に吉備子洲きびのこしま。これにより、この八洲やしま大八洲国おほやしまのくにと言う。

 瑞、ここでは弥図みづと言う。妍哉、ここでは阿那而恵夜あなにゑやと言う。可愛、ここではと言う。太占、ここでは布刀磨爾ふとまにと言う。

『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第1 〜天神ミッションと無知な二神〜

06/01/2019

 

〔一書2〕多彩に展開する国生み

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊と伊奘冉尊の二柱の神は天霧の中に立って、「私は国を得ようと思う。」と言い、天瓊矛あまのぬほこを指し下ろして探り、磤馭慮嶋おのごろしまを得た。そこで矛を抜き上げると、喜んで「良かった。国がある。」と言った。

〔一書3〕

 ある書はこう伝えている。伊奘諾・伊奘冉尊の二神は高天原たかまのはらいまして、「国があるはずだ」と言った。そこで天瓊矛あまのぬほこでかきまわして磤馭慮嶋おのごろしまを成した。

〔一書4〕

 ある書はこう伝えている。伊奘諾と伊奘冉の二柱の神は互いに言った。「物がある。浮かんでいる油のようだ。その中に国があると思う」。そこで、天瓊矛あまのぬほこで探って一つの嶋を成した。名付けて「磤馭慮嶋おのごろしま」という。

〔一書5〕

 ある書はこう伝えている。陰神が先に唱えて、「ああ、なんとすばらしい、いい少男をとこではないか。」と言った。その際、陰神が先に言葉を発したので、不吉とした。もう一度改めて国柱くにのみはしらを巡ると、陽神をかみが先に唱え、「ああ、なんとすばらしい、いい少女をとめではないか。」と言った。そしてついに交合しようとしたが、その方法を知らなかった。その時、鶺鴒にはくなぶりが飛んで来て、そのあたまと尾を揺り動かした。二柱の神はそれを見て学び、すぐに交合の方法を得た。

〔一書6〕

 ある書はこう伝えている。二柱の神は交合して夫婦となった。まず淡路洲あはぢのしま淡洲あはのしまえなとして、大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしまを生んだ。次に伊予洲いよのしま、次に筑紫洲つくしのしま、そして億歧洲おきのしま佐渡洲さどのしまとを双児で生んだ。次に越洲こしのしま、次に大洲おほしま、そして子洲こしま

〔一書7〕

 ある書はこう伝えている。まず淡路洲を生んだ。次に大日本豊秋津洲、次に伊予二名洲いよのふたなのしま、次に佐渡洲、次に筑紫洲、次に壱岐洲いきのしま、次に対馬洲つしま

〔一書8〕

 ある書はこう伝えている。磤馭慮嶋を胞(えな)として、淡路洲を生んだ。次に大日本豊秋津洲。次に伊予二名洲。次に筑紫洲。次に吉備子洲きびのこしま。次に億歧洲と佐渡洲を双児で生んだ。次に越洲。

〔一書9〕

 ある書はこう伝えている。淡路洲を胞として、大日本豊秋津洲を生んだ。次に淡洲。次に伊予二名洲。次に億歧三子洲おきのみつごのしま。次に佐渡洲。次に筑紫洲。次に吉備子洲。次に大洲。

〔一書10〕

 ある書はこう伝えている。陰神が先に唱えて、「ああ、なんとすばらしい、いい少男をとこではないか。」と言った。そこで陽神の手を握り、遂に夫婦となって、淡路洲を生んだ。次に蛭児。

『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第2~10 〜多彩に展開する国生み〜

06/04/2019

 

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段

〔本伝〕天下之主者生み(神生み)

 次に海を生んだ。次に川を生む。次に山を生む。次に木のおや句句廼馳くくのちを生む。次に草の祖、草野姫かやのひめを生む。またの名を野槌のつちと言う。

 そして伊奘諾尊・伊奘冉尊は共にはかり、「我々はすでに大八洲国おほやしまぐにをはじめ山川草木さんせんそうもくまで生んでいる。どうして地上世界の統治者を生まないでいようか。」と言った。

 そこで、共に日神ひのかみを生む。名を大日孁貴おほひるめのむちと言う。(大日孁貴、ここでは於保比屢咩能武智おほひるめのむちと言う。孁は、音は力丁りょくていかへしである。ある書には、天照大神あまてらすおほかみと言う。ある書には、天照大日孁尊あまてらすおほひるめのみことと言う。)このは、光り輝くこと明るく色とりどりで、世界の内を隅々まで照らした。それで、二柱ふたはしらの神は喜び「我々の子供は多いけれども、まだこのように霊妙不可思議な子はいない。長くこの国に留め置くのはよくない。すぐに天に送り、天上の事を授けるべきだ。」と言った。この時は、天と地がまだたがいに遠く離れていなかった。それで天柱あまのみはしらを使って、天上に送り挙げたのである。

 次に、月神つきのかみを生んだ。(ある書には、月弓尊つくゆみのみこと月夜見尊つくよみのみこと月読尊つくよみのみことと言う。)その光りの色どりは日神に次ぐものであった。日神とならべて天上を治めさせるのがよいとして、また天に送った。

 次に蛭児ひるこを生んだが、三歳になっても脚が立たなかった。それゆえ天磐櫲樟船あまのいはくすぶねに乗せ、風のまにまに捨てた。

 次に素戔鳴尊すさのをのみことを生んだ。(ある書には、神素戔鳴尊かむすさのをのみこと速素戔鳴尊はやすさのをのみことと言う。)この神は勇ましく残忍であった。そして、いつもくことをわざとしていた。このため、国内の多くの民を早死にさせ、また青々とした山を枯らしてしまった。それゆえ父母の二神は素戔嗚尊に勅して、「お前は、全く道に外れて乱暴だ。この世界に君臨してはならない。当然のこと、はるか遠く根国ねのくにへ行かなければならない。」と命じ、遂に放逐したのである。

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 本伝 天下之主者生み(神生み)

06/16/2019

 

〔一書1〕御寓之珍子生み

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなぎのみことが「私は天下を統治する優れて貴い子を生もうと思う。」と言い、左の手で白銅鏡ますみのかがみを持つと、そこから化し出る神があった。これを大日孁尊と言う。右手に白銅鏡を持つと、また化し出る神があった。これを、月弓尊と言う。また首を廻らせて見たその瞬間に、化す神があった。これを、素戔嗚尊と言う。

 先に化し出た大日孁尊および月弓尊は、ともに性質が明るく麗しかった。それゆえ、伊奘諾尊は両神に天地を照らし治めさせた。素戔嗚尊は、生まれつき残酷で害悪なことを好む性格であった。それで根国に下して治めさせた。

 珍、ここでは「うづ」と言う。顧眄之間、ここでは「みるまさかりに(顧みるまさにその瞬間に)」と言う。

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第1 〜御寓之珍子生み〜

08/07/2019

 

〔一書2〕卑の極まりと祭祀による鎮魂

 ある書はこう伝えている。日と月は既に生まれた。次に蛭児ひるこを産んだ。この子は三年経っても足腰が立たなかった。これは初めに、伊奘諾いざなき伊奘冉尊いざなみのみことが御柱を巡った時に、陰神が先に喜びの声を発したからである。陰陽の原理に背いてしまったのだ。そのせいで今蛭児が生まれた。

 次に素戔鳴尊すさのをのみことが生まれた。この神は、神としての性質が悪く、常にいて怒りをあらわにしてばかりいた。それで国の民がたくさん若死にし、青々とした山は枯れた。そのため父母は、「もしお前がこの国を治めたならば、必ず多くの人々を殺し傷つけるだろう。だからお前はここから遠く離れた根国を治めよ」と命じた。

 次に鳥磐櫲樟橡船とりのいはくすぶねを産んだ。この船に蛭児を乗せ、流れにまかせ棄てた。次に、火神軻遇突智かぐつちを産んだ。しかし、伊奘冉尊はこの時、軻遇突智の火に焼かれかむさった。その、まさに臨終する間、倒れ臥し糞尿を垂れ流し、土神埴山姫はにやまひめと水神罔象女みつはのめを産んだ。

 そこで、軻遇突智かぐつち埴山姫はにやまひめめとって稚産霊わくむすひを産んだ。この神の頭の上に、かいこくわが生じた。また、へその中に五穀が生じた。

 罔象、これを「みつは」という。 

〔一書3〕

 ある書はこう伝えている。伊奘冉尊は火産霊ほむすびを産む時に、子のために焼かれ神退かむさった。又は神避ると言う。その神退る時に、水神 罔象女と土神 埴山姫を生み、また天吉葛あまのよさづらを産んだ。

 天吉葛は「あまのよさづら」と言う。又は「よそづら」とも言う。

〔一書4〕

 ある書はこう伝えている。伊奘冉尊は火神 軻遇突智かぐつちを産もうとした時に、その火の熱に悶絶懊悩もんぜつおうのうした。それにより嘔吐おうとした。これが神に化成した。名を金山彦と言う。次に小便を漏らした。これも神と成った。名を罔象女と言う。次に大便を漏らした。これも神と成った。名を埴山媛と言う。

〔一書5〕

 ある書はこう伝えている。伊奘冉尊は火の神を生んだ時に焼かれ死んだ。そこで紀伊国の熊野の有馬村に葬った。その土地では、習俗としてこの神の魂を祭る時には、花をもって祭り、そして鼓や笛や旗を用いて歌い舞って祭るのである。

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第2,3,4,5 ~卑の極まりと祭祀による鎮魂~

08/19/2019

 

〔一書6〕人間モデル神登場による新たな展開

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことは共に大八洲国おほやしまぐにを生んだ。

 その後に、伊奘諾尊は、「私が生んだ国は朝霧だけがかすんで立ちこめ満ちていることよ。」と言った。そこで吹き払った気が化して神となった。名を級長戸辺命しなとべのみことと言う。また級長津彦命しなつひこのみことと言う。これが、風の神である。また飢えた時に子を生んだ。名を倉稲魂命うかのみたまのみことと言う。また、海神わたのかみ等を生んだ。名を少童命わたつみのみことと言う。山神やまのかみ等は名を山祇やまつみと言い、水門神みなとのかみ等は名を速秋津日命はやあきつひのみことと言い、木神きのかみ等は名を句句迺馳くくのちと言い、土神つちのかみは名を埴安神はにやすのかみと言う。その後に、ことごとくありとあらゆるものを生んだ。

 その火神ひのかみ軻遇突智かぐつちが生まれるに至って、その母の伊奘冉尊はかれ、化去かむさった。その時、伊奘諾尊いざなきのみことは恨み「このたった一児と、私の愛する妻を引き換えてしまうとは。」と言った。そこで伊奘冉尊いざなみのみことの頭の辺りを腹ばい、脚の辺りを腹ばいして、いて激しくなみだを流した。その涕が落ちて神と成る。これが畝丘うねを樹下このもとす神である。名を啼沢女命なきさわめのみことと言う。

 遂に、帯びていた十握剣とつかのつるぎを抜き、軻遇突智かぐつちを三段にった。それぞれ化してその各部分が神と成った。また剣の刃からしたたる血は、天安河辺あまのやすのかはらにある五百箇磐石いほついはむらと成った。これが経津主神ふつぬしのかみおやである。また、剣のつばから滴る血がほとばしって神と成った。名付けて甕速日神みかはやひのかみと言う。次に熯速日神ひのはやひのかみ。その甕速日神は武甕槌神たけみかづちのかみおやである。(または、甕速日命みかはやひのかみ、次に熯速日命ひのはやひのみこと、次に武甕槌神たけみかづちのかみと言う。)また、剣の先から滴る血がほとばしって神と成った。名付けて磐裂神いはさくのかみと言う。次に根裂神ねさくのかみ。次に磐筒男命いはつつのをのみこと(一説には磐筒男命いはつつのをのみこと磐筒女命いはつつのめのみことと言う。)また、剣のつかから滴る血がほとばしって神と成った。名付けて闇龗くらおかみと言う。次ぎに闇山祇くらやまつみ。次に闇罔象くらみつは

 こうした後に、伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことを追って黄泉よもつくにに入り及びいたって共に語った。その時、伊奘冉尊は「私の愛しい夫よ、どうして来るのがこんなに遅かったのですか。私は黄泉よもつくにで煮炊きした物をすでに食べてしまったのです。でも、私はこれから寝ようと思います。お願いですから、けっして私をご覧にならないでください。」と言った。伊奘諾尊はそれを聴かず、こっそり湯津爪櫛ゆつつまぐしを取り、櫛の端の雄柱をばしらを引き折り松明たいまつとして見ると、うみがわき、蛆虫がたかっていた。今、世の人が夜に一つを灯すことをみ、また夜に投げ櫛をすることを忌むのは、これが由縁ゆえんである。

 その時、伊奘諾尊はおおいに驚き、「私は、思いもよらず何と嫌な汚穢きたない国に来てしまったことだ。」と言い、すぐに急いで走り帰った。その時、伊奘冉尊は恨んで「どうして約束を守らず私に恥をかかせたのか。」と言い、泉津醜女よもつしこめ(一説では泉津日狭女よもつひさめと言う)八人を遣わし、追い留めようとした。ゆえに、伊奘諾尊は剣を抜き、後ろ手に振りながら逃げた。さらに、黒い蔓草つるくさの頭飾りを投げた。これがたちまち葡萄ぶどうと成った。醜女しこめはこれを見て採って食べた。食べ終えると、更に追った。伊奘諾尊はまた湯津爪櫛ゆつつまぐしを投げた。たちまち竹の子に成った。醜女はまたも、これを抜いて食べた。食べ終えるやまた追ってきた。最後には、伊奘冉尊もまた自ら来て追ってきた。この時には、伊奘諾尊はすでに泉津平坂よもつひらさかに至っていた。(一説では、伊奘諾尊が大樹に向かって小便をした。するとこれがすぐに大河と成った。泉津日狭女がその川を渡ろうとしている間に、伊奘諾尊はすでに泉津平坂に至った、という。)そこで、伊奘諾尊は千人力でやっと引けるくらいの大きないわでその坂路を塞ぎ、伊奘冉尊と向き合って立ち、遂に離縁を誓う言葉を言い渡した。

 その時、伊奘冉尊は「愛しい我が夫よ、そのように言うなら、私はあなたが治める国の民を、一日に千人くびり殺しましょう。」と言った。伊奘諾尊は、これに答えて「愛しい我が妻よ、そのように言うならば、私は一日に千五百人生むとしよう。」と言った。そこで「これよりは出て来るな。」と言って、さっと杖を投げた。これを岐神ふなとのかみと言う。また帯を投げた。これを長道磐神ながちわのかみと言う。また、衣を投げた。これを煩神わずらいのかみと言う。また、はかまを投げた。これを開齧神あきぐひのかみと言う。また、くつを投げた。これを道敷神ちしきのかみと言う。その泉津平坂よもつひらさか、あるいは、いわゆる泉津平坂はまた別に場所があるのではなく、ただ死に臨んで息の絶える間際、これではないか、とも言う。

 伊奘諾尊は黄泉から辛うじて逃げ帰り、そこで後悔して「私は今しがた何とも嫌な見る目もひどいけがらわしい所に行ってしまっていたものだ。だから我が身についたけがれを洗い去ろう。」と言い、そこで筑紫つくし日向ひむか小戸をどたちばな檍原あはぎはらに至り、禊祓みそぎはらえをした(身のけがれを祓い除いた)。

 こういう次第で、身の穢れをすすごうとして、否定的な言いたてをきっぱりとして「上の瀬は流れが速すぎる。下の瀬はゆるやかすぎる。」と言い、そこで中の瀬ですすいだ。これによって神を生んだ。名を八十枉津日神やそまがつひのかみと言う。次にその神のまがっているのを直そうとして神を生んだ。名を神直日神かむなおひのかみと言う。次に大直日神おほなほひのかみ

 また海の底に沈んで濯いだ。これによって神を生んだ。名を底津少童命そこつわたつみのみことと言う。次に底筒男命そこつつのおのみこと。また潮の中に潜ってすすいだ。これに因って神を生んだ。名を中津少童命なかつわたつみのみことと言う。次に中筒男命なかつつのおのみこと。また潮の上に浮いて濯いだ。これに因って神を生んだ。名を表津少童命うわつわたつみのみことと言う。次に表筒男命うわつつのおのみこと。これらを合わせて九柱の神である。その中の底筒男命・中筒男命・表筒男命は、これが住吉大神すみのえのおおかみである。底津少童命そこつわたつみのみこと中津少童命なかつわたつみのみこと表津少童命うわつわたつみのみことは、安曇連あずみのむらじらが祭る神である。

 そうして後に左の眼を洗った。これによって神を生んだ。名を天照大神あまてらすおおみかみと言う。また右の眼を洗った。これに因って神を生んだ。名を月読尊つくよみのみことと言う。また鼻を洗った。これに因って神を生んだ。名を素戔嗚尊すさのおのみことと言う。合わせて三柱の神である。

 こういう次第で、伊奘諾尊は三柱の御子に命じて「天照大神は、高天原たかあまのはらを治めよ。月読尊は、青海原の潮が幾重にも重なっているところを治めなさい。素戔嗚尊は天下あまのしたを治めなさい。」と言った。

 この時、素戔嗚尊はすでに年が長じていて、また握りこぶし八つもの長さもあるひげが生えていた。ところが、天下を治めようとせず、常に大声をあげて哭き怒り恨んでいた。そこで伊奘諾尊が「お前はどうしていつもそのように哭いているのだ。」と問うと、素戔嗚尊は「私は根国ねのくにで母に従いたいのです。だから、哭いているだけなのです。」と答えた。伊奘諾尊は不快に思って「気のむくままに行ってしまえ。」と言って、そのまま追放した。

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第6 ~人間モデル神登場による新たな展開~

12/11/2020

 

〔一書7〕激烈なシーンで化成する激烈な神

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊はつるぎを抜き軻遇突智かぐつちを斬り、三つに刻んだ。そのうちの一つは雷神いかづちのかみとなった。もう一つは大山祇神おおやまつみのかみと成り、一つは高龗たかおかみと成った。

 また別の言い伝えではこう伝えている。軻遇突智を斬った時に、その血がほとばしり、天八十河中あまのやそのかはらにあった五百箇磐石いほついはむらを染めた。それによって神が化成した。名付けて磐裂神いはさくのかみと言う。次に根裂神ねさくのかみ、次に磐筒男神いはつつのをのかみ、次に磐筒女神いはつつのめのかみ、そして経津主神ふつぬしのかみ

 倉稲魂、これを「うかのみたま」と読む。少童、これを「わたつみ」と読む。頭辺、これを「まくらへ」と読む。脚辺、これを「あとへ」と読む。熯は火のことである。音は「じぜん」の反。龗これを「おかみ」と読む。音は「りょくてい」の反。吾夫君、これを「あがなせ」と言う。泉之竈、これを「よもつへぐい」と読む。秉炬、これを「たひ」と読む。不須也凶目汚穢、これを「いなしこめききたなき」と読む。醜女、これを「しこめ」と読む。背揮、これを「しりへでにふく」と読む。泉津平坂、これを「よもつひらさか」と読む。尿、これを「ゆまり」と読む。音は「だいちょう」の反。絶妻之誓、これを「ことど」と読む。岐神、これを「ふなとのかみ」と読む。檍、これを「あはき」と読む。 

〔一書8〕

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊は軻遇突智命を斬り、五つにばらした。これがそれぞれ五つの山祇やまつみに化成した。一つは首で大山祇おほやまつみと成った。二つは身体で中山祇なかやまつみと成った。三つは手で麓山祇はやまつみと成った。四つは腰で正勝山まさか やまつみ祇と成った。五つは足で䨄山祇しぎやまつみと成った。

 この時、斬った血がほとばしり流れ、石や礫、樹や草を染めた。これが草木や砂礫がそれ自体に火を含み燃えるようになった由縁である。

 麓は、山のふもとのことを言う。これを「はやま」と読む。正勝、これを「まさか」と読む。ある書では「まさかつ」とも読まれる。䨄これを「しぎ」と読む。音は烏含の反。 

第五段〔一書7、8〕

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第7,8 ~激烈なシーンで化成する激烈な神~

12/18/2020

 

〔一書9〕一方的な絶縁スタイル

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊は妻に会いたくなり、殯斂のところへ行った。すると伊奘冉尊は、まだ生きているかのように、伊奘諾尊を出迎え共に語った。そして伊奘諾尊に、「私の愛しい夫よ、どうかお願いです、私を決して見ないで下さい。」と言った。そう言い終わると忽然と姿が見えなくなった。このとき暗闇となっていた。伊奘諾尊は一つ火を灯してこれを見た。すると、伊奘冉尊の身は膨れあがっていて、その上に八色やくさの雷がいた。

 伊奘諾尊は驚き逃げ帰った。その時、雷達が皆起きあがり追いかけてきた。すると、道端に大きな桃の樹があった。伊奘諾尊はその樹の下に隠れ、その実を採って雷に投げると、雷達はみな退き逃げていった。これが、桃で鬼を追い払う由縁である。そして、伊奘諾尊は桃の木の杖を投げつけ、「これよりこちら側には、雷は決して来るまい。」と言った。この杖を岐神ふなとのかみと言う。元の名は来名戸之祖神くなとのさへのかみと言う。

 いわゆる八色の雷とは、首にいたのは大雷おほいかづちといい、胸にいたのは火雷ほのいかづちといい、腹にいたのは土雷つちのいかづちといい、背にいたのは稚雷わかいかづちといい、尻にいたのは黒雷くろいかづちといい、手にいたのは山雷やまのいかづちといい、足の上にいたのは野雷ののいかづちといい、ほとの上にいたのは裂雷さくいかづちという。

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書第9〕 一方的な絶縁スタイル

12/20/2020

 

〔一書10〕黄泉との完全なる断絶

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなきのみことは後を追って、伊奘冉尊いざなみのみことのいる所に至った。

 そして語って、「お前を失った事が切なく悲しくてやって来たのだ。」と言った。伊奘冉尊は、「親族のあなたよ、どうか私を見ないで下さい。」と答えた。伊奘諾尊はそれには従わず伊奘冉尊を猶も見た。それ故、伊奘冉尊は恥じ恨んで、「あなたは私の様子を見てしまった。私もあなたの様子を見る。」と言った。このとき伊奘諾尊も自らを恥じた。

 そこで、そこを出て帰ろうとした。この時、ただ黙って帰らず、ちかって「必ず離縁しよう」と言った。そしてまた「親族のお前には負けない。」と言った。そこで誓いを固めるために唾を吐いた。その唾から生まれた神を、名付けて速玉之男はやたまのをと言う。次に、次に、これまでの事柄を一掃したことから生まれた神を、泉津事解之男よもつことさかのをという。合わせて二柱の神である。

 その妻と泉平坂で相戦う時になって、伊奘諾尊は、「始め、私が親族のお前のために悲しみ、また慕ったのは、私が弱かったからだ。」と言った。すると、泉守道者よもつちもりひとが、「伊奘冉尊のお言葉があります。『私はすでにあなたと国を生みました。どうしてさらに生きる事を望みましょうか。私はこの国に留まります。あなたと一緒にこの国を去ることはしません。』と仰いました。」と言った。この時、菊理媛神くくりひめのかみからも言葉があった。伊奘諾尊はそれを聞いて褒めた。そして、去って行った。

 しかし、伊奘諾尊は自ら泉国を見た。これは全く良くないことだった。この穢れを濯ぎ払おうと思い、すぐに粟門あわのと速吸名門はやすいなとを見に行った。しかしこの二つの海峡は潮の流れが非常に速かった。それ故、橘小門たちばなのをどに帰り、穢れを濯ぎ払った。

 その時に、水に入って磐土命いはつつのみことを吹き生んだ。水から出て、大直日神おほなほびのかみを吹き生んだ。また入って、底土命そこつつのみことを吹き生んだ。水を出て、大綾津日神おほあやつひのかみを吹き生んだ。また入って、赤土命あかつちのみことを吹き生んだ。そして水から出て、大地・海原の諸々の神々を吹き生んだ。

 不負於族、これを「うがらまけじ」と読む。 

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書10〕 黄泉との完全なる断絶

01/11/2021

 

〔一書11〕天照大神の天上統治と農業開始

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊は、三柱みはしらの子それぞれに「天照大神は、高天原を治めよ。月夜見尊は、日と並んで天を治めよ。素戔嗚尊は、海原を治めよ。」と勅任した。

 こうしてすでに天照大神は天上にあり、月夜見尊に対して「葦原中国に保食神うけもちのかみがいると聞く。月夜見尊よ、そこに行き様子をうかがってきなさい。」と言った。

 月夜見尊がその勅命を受けて降り、保食神うけもちのかみのもとに到ると、保食神はさっそく首を巡めぐらし、国に向かえば口から飯を出し、また海に向かえば大小さまざまな魚を口から出し、また山に向かえば大小さまざま獣を口から出した。それらのありとあらゆる品物を備え、数え切れないほどたくさんの机に積み上げて饗応した。この時、月夜見尊は怒りをあらわにして、「なんと汚らわしい、卑しい。口から吐いた物なんかを、敢えて私に喰わせてよいはずはないだろう。」と言い、剣を抜いて打ち殺した。

 そうして後に復命して詳しくこの事を報告した。この時、天照大神は激怒し、「汝は悪い神だ。もう顔など見たくもない。」と言った。こうして、天照大神は月夜見尊と、日と夜と時を隔てて住んだ。

 この後に、天照大神は天熊人あまのくまひとを遣わし、往って様子を看させた。この時、保食神うけもちのかみは実際すでに死んでいた。ただ、その神の頭頂部は化して牛馬と成り、額の上に粟が、眉の上に蚕が、眼の中に稗が、腹の中に稲が、陰には麦と大豆、小豆が生じていた。天熊人はそれを全て取って持ち去り、天照大神に奉った。

 時に天照大神は喜び、「この物は、この世に生を営む人民が食べて活きるべきものである。」と言って、粟・稗・麦・豆を陸田(畑)の種とし、稲を水田の種とした。またこれにより天邑君あまのむらきみ(村長)を定めた。そこでさっそくその稲の種を、天狭田と長田に始めて植えた。その秋には、垂れた稲穂が握りこぶし八つほどの長さにたわむほどの豊作であり、たいへんここちよい。また、口の中に蚕を含み、糸をき出すことができた。これをとり始めて養蚕の道がひらけたのである。

保食神、ここでは「うけもちのかみ」と言う。顕見蒼生、ここでは「うつしきあをひとくさ」と言う。

『日本書紀』第五段一書11

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書11〕 天照大神の天上統治と農業開始

01/11/2021

 

『日本書紀』巻第一(神代上)第六段

〔本伝〕

 そこで(根国への追放処分を受け)、素戔嗚尊は伊奘諾尊に請い、「私はいま勅命を奉じて根国ねのくにに行こうとしています。ですから、しばらく高天原たかまのはらに出向き、姉(天照大神)とお会いしてその後、永久にこの世界から退去することにしたいと思います。」と言った。伊奘諾尊はこの請願を勅許した。そこで、素戔嗚尊は天に昇り、天照大神のもとに詣でたのである。

 この後、伊奘諾尊は、はかり知れない仕事をすでにやり遂げ、霊妙な命運がうつるべきであった。それでついの住みとなる幽宮かくれのみやを淡路のくにに構え、ひっそりと身をとこしえに隠したのである。またこうした伝えもある。伊奘諾尊は、その仕事がすでに行き届き、德も偉大であった。そこで天に登り、天神あまつかみに報告した。これにより、日の少宮わかみやに留まりむのである。少宮、ここでは「倭柯美野わかみや」と云う。

 はじめ素戔嗚尊が天に昇った時、大海がそれで激しく波打って揺れ動き、山岳はそのため鳴りとどろいた。これは、神の本性の雄々おおしく猛々たけだけしいことがそうさせているのである。天照大神は、もとよりその神の暴悪を知っていた。素戔嗚尊の天に昇って来るさまを聞くに及んで顔色をにわかに変えて驚き、「私の弟の来るのは、よもや善意ではあるまい。思うに、きっと国を奪う意志があるはずではないか。そもそも父母がすでにどの子をも任じ、だからそれぞれが統治する境界をもっている。それなのにどうして赴くべき国を棄て置き、ことさら此処ここ(高天原)を奪い取ろうなどとするのか。」と言った。そこで防禦ぼうぎょすべく、髪を結ってみづら(男の髪型)とし、(女の上下組み合わせた衣と裳、裳は腰から下をおおう衣服)を縛ってはかまとした上で、八坂瓊やさかに五百箇御統いほつみすまる(大きな玉をいくつもひもで通してつなげた玉飾り)で、(御統 ここでは「美須磨屢みすまる」と云う)そのみづらかづら(髪飾り)および腕に巻き付け、また背には千箭ちのり(数多くの矢)(千箭 ここでは「知能梨ちのり」と云う)のゆき(矢を入れる武具)と五百箭いほのりの靫を負い、ひじ稜威いつ(相手を恐れさせる強盛な威力)(稜威 ここでは「伊都」と云う。)の髙鞆たかとも(弓を射るさい弦の当たるのを防ぐ一方、当たって高い音を出すために左手首の内側に巻き付ける武具)をけ、弓彇ゆはずつるをかける弓の両端部。上端を末弭うらはず、下端を本弭もとはずという)を振りたて、剣のつかを力強く握りしめて、堅い大地を踏んでまたまでのめり込ませ、そのまま淡雪のように蹴散けちらかし、(蹴散 ここでは「倶穢簸邏邏箇須くゑはららかす」と云う)稜威いつ雄詰をたけび(相手を威圧する雄壮な声)(雄詰 ここでは「烏多稽眉をたけび」と云う)を奮わせ、稜威の嘖譲ころひ(責め叱りたてる言葉)を発して、面と向かい問い詰めた。

 素戔嗚尊は、これに対して「私には、もともと邪悪な心(具体的には高天原の乗っ取り)はない。ただ、すでに父母ちちははの厳しい勅命があり、永久に根国に行こうとしているのです。それでもし姉にお会いしなければ、私はどうしてあえてくことができるでしょう。それですから雲や霧のなかを跋渉ばっしょうし、遠路はるばる参り来たのです。姉上が喜ぶどころか、厳しいお怒りの顔をなさるとは思いもしませんでした。」と答えた。その時、天照大神がまた「もしそうだとしたら、何をもってなんじきよき心(潔白)を証明しようとするのか。」と問うと、これには「姉と共にうけひ(事前に決めておいた通りの結果になるか否かをもって、神意を判定する占い)することをお願いします。この誓約うけひの中では、(誓約之中 ここでは「宇気譬能美難箇うけひのみなか」と云う)必ずや子を生むでしょう。もし私の生むのが女であれば、濁きこころがあるとしてください。もし男であれば、清き心があるとしてください。」と答えた。

 そこで、天照大神が素戔嗚尊の十握剣とつかのつるぎ(握はこぶし一つの幅。大剣)を索め取り、これを三段に打ち折り、あま真名井まない(神聖な井)に濯いで、噛みに噛んで(○然咀嚼 ここでは「佐我弥爾加武さがみにかむ」と云う)砕き、吹き棄てた息吹いぶきによってできた細かな霧に(吹棄気噴之狭霧 ここでは「浮枳于都屢伊浮歧能佐擬理ふきうつるいふきのさぎり」と云う)生まれた神が、名を田心姫たごりひめと言う。次に湍津姫たぎつひめ、次に市杵嶋姫いちきしまひめ。合わせて三女である。今度は、素戔嗚尊が天照大神のみづらかづらおよび腕にいている八坂瓊やさかに五百箇御統いほつみすまるを乞い取り、これを天の真名井に濯いで、噛みに噛んで砕き、吹き棄てた息吹の細かな霧に生まれたのが、名を正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊まさかあかつかちはやひあまのおしほみみのみことと言う。次に天穂日命あまのほひのみこと、是は出雲臣いづものおみ土師連はじのむらじおやである。次に天津彦根命あまつひこねのみこと。是は凡川内直おほしかふちのあたひ山代直やましろのあたひ等の祖である。次に活津彦根命いくつひこねのみこと。次に熊野櫲樟日命くまののくすひのみこと。合わせて五男である。

 この時、天照大神は勅して「その物実ものざね(子としてうまれるそのもとの根源)をたづねると、八坂瓊の五百箇御統は、間違いなく私の物である。だから、そちらの五男神はすべて私の子である。」と言い、そうして引き取って子として養育した。また勅して「その十握剣は、まぎれもなく素戔嗚尊の物である。だから、こちらの三女神はすべて爾の児である。」と言い、素戔嗚尊に授けた。三女神は、筑紫つくし胸肩君むなかたのきみの祭る神がこれである。

 

〔一書1〕

 ある書はこう伝えている。日神ひのかみは、もともと素戔嗚尊に勇猛で物を突き抜けてその上に出るようなこころのあることを知っていた。その天に昇り至るに及んで、思うようは、「弟の来たわけは、決して善意ではあるまい。必ずやわたしのあまはらを奪うに違いない。」と。そこで大夫ますらをの武の装備をととのえ、身には十握剣・九握剣ここのつかつるぎ八握剣やつかつるぎを帯び、背にゆきを負い、またひじには稜威いつ髙鞆たかともけ、手に弓とをつかみ、みずから迎え防禦した。この時素戔嗚尊が日神に告げて「私はもともと悪い心(国を奪い取る反逆心)などありません。ただ姉とお会いしたいと思い、ただそれだけで少しの間来たに過ぎないのです。」と言った。そこで日神は、素戔嗚尊と共に向き合って誓を立て「もし爾の心が明浄で、国を力づくで奪い取る意志がないのならば、汝の生む児は、必ず男のはずだ。」と言い、そう言い終わると、先に身に帯びている十握剣とつかのつるぎを食べて児を生んだ。名を瀛津島姫おきつしまひめと言う。また九握剣ここのつかのつるぎを食べて児を生んだ。名を湍津姫たぎつひめと言う。また八握剣やつかのつるぎを食べて児を生んだ。名を田心姫たごりひめという。合わせて三女神である。

 そうしたあと今度は素戔嗚尊がそのくびにかけている五百箇御統いほつみすまる(数多くの玉を数珠つなぎした美玉)を天渟名井あまのぬない、またの名は去来いざ真名井まないに濯いで食べ、そうして子を生んだ。名を正哉吾勝勝速日天忍骨尊まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみことと言う。次に天津彦根命あまつひこねのみこと。次に活津彦根命いくつひこねのみこと。次に天穂日命あまのほひのみこと。次に熊野忍蹈命くまののおしほみのみこと。合わせて五男神である。

 それゆえ、素戔嗚尊はすでに勝のしるし(証拠)を得た。そこで、日神は、素戔嗚尊にもともと悪意がなかったことをまさに知り、そこで日神の生んだ三女神を筑紫つくしくにくだした。これにより、三女神に教えて「なんじ三神は、道中みちなか(〔一書 第三〕に「海の北の道中」という海路をいう。この玄界灘げんかいなだの沖ノ島に沖津宮おきつみや、大島に中津宮なかつみや宗像むなかた返津宮へつみやがある)に降り居て、天孫てんそん(後に降臨する火瓊瓊杵尊ほのににぎのみこと)を助け奉り、天孫に祭られなさい。」と言った。

 

〔一書2〕

 ある書はこう伝えている。素戔嗚尊が天に昇ろうとする時に、名を羽明玉はあかるたまという神が迎え奉り、めでたいしるしの八坂瓊曲玉やさかにのまがたま(大きな美しいたまの湾曲した玉)を進呈した。それで、素戔嗚尊はその瓊玉たまを持って天上に到ったのである。

 この時、天照大神は、弟に悪い心(国を奪い取る邪悪な心)があることを疑い、軍兵を動員して問い詰めた。素戔嗚尊はこれに対して「私の来た理由は、実際に姉とお会いしたいと思ったからです。また珍宝たから瑞八坂瓊曲玉みずのやさかにのまがたまを献上しようとしただけです。それ以外にことさら意図などありません。」と答えた。この時また天照大神が「汝のその言葉が嘘かまことか、何をしるし(証拠)とするのか。」と問うと、答えて「私が姉と共に誓約うけひを立てることを要請します。この誓約の間に、女を生めば黒心きたなきこころ(国を奪い取る謀反の心)であり、逆に男を生んだら赤心きよきこころ(潔白な心)です。」と答えた。そこであまの真名井まない三処みところ掘り、ともに向き合って立った。

 この時、天照大神が素戔嗚尊に向かって「私のびる剣を、今汝に奉ろう。汝の持っている八坂瓊曲玉やさにのまがたまを私に授ければよい。」と言った。このように約束し、共に所持品を交換して取った。そうしたあと天照大神は八坂瓊曲玉を天真名井に浮かべ寄せて、の端を噛んで断ち切り、口から吹き出した気息いきの中に神を化生した。名を市杵嶋姫命いちきしまひめのみことという。これが大海の遠い沖(沖津宮おきつみや)に居る神である。また瓊の中ほどをかんで断ち切り、口から吹き出した

気息いきの中に神を化生した。名を田心姫命たこりひめのみことという。これが中ほどの沖あい(中津宮なかつみや)に居る神である。また瓊の尾(尻に当たる部分)をかんで断ち切り、口ちから吹き出した気息いきの中に神を化生した。名を湍津姫命たぎつひめのみことという。これが浜辺(辺津宮へつみや)に居る神である。合わせて三女神である。

 そこで今度は素戔嗚尊が持っている剣を天(あまの)真(ま)名井(ない)に浮かべ寄せて、剣の末(すえ)(切っ先)をかんで断ち切り、口ちから吹き出した気息の中に神を化生した。名を天穂日命あまのほひのみことという。次に正哉吾勝勝速日天忍骨尊まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみこと。次に天津彦根命あまつひこねのみこと。次に活津彦根命いくつひこねのみこと。次に熊野櫲樟日命くまのくすひのみこと。合わせて五男神であると、しかう(「爾」が以上の記述全体を指す。「一書曰」に対応する締め括り辞)。

 

〔一書3〕

 ある書はこう伝えている。日神ひのかみは素戔嗚尊と天安河あまのやすのかはを隔てて向き合い、そこで誓約うけひを立て「なんじにもし姧賊之心あたなふのこころ(国を奪い取る邪悪な心)がないのであれば、汝の生む子は必ず男である。もし男を生めば、私は子として天原あまのはらを治めさせる。」と明言した。さてそこで、日神が先にその帯びている十握剣とつかのつるぎを食べて児の瀛津嶋姫命おきつしまひめのみことを化生した。またの名を市杵嶋姫命いちきしまひめのみことという。また九握剣ここのつかのつるぎを食べて児の湍津姫命たぎつひめのみことを化生した。また八握剣やつかのつるぎを食べて児の田霧姫命たきりひめのみことを化生した。

 そうして今度は素戔嗚尊がその左手のみづらきつけている五百箇統いほつみすまるを口に含み、吐き出して左手の掌中にけて男を化生した。そこでこれをたたえて「なんとまさしくも、私が勝ったのだ。」と言った。だから、それによって名付け、勝速日天忍穂耳尊かちはやひあまのおしほみみのみことと言う。また右の髻の瓊を口に含み、吐き出して右手の掌中に著け、天穂日命あまのほひのみことを化生した。またくびにかけている瓊を口に含み、吐き出して左ひぢの中に著け、天津彦根命あまつひこねのみことを化生した。また右臂の中から活津彦根命いくつひこねのみことを化生した。また左足の中より熯之速日命ひのはやひのみことを化生した。また右足の中から熊野忍蹈命くまののおしほみのみことを化生した。亦の名を、熊野忍隅命くまののおしくまのみことという。その素戔嗚尊の生んだ児は、皆まさに男である。

 それゆえに、日神ひのかみはまさに素戔嗚尊にもともと赤心きよきこころ(潔白な心)があったことを知った。そこでその六男を引き取って日神の子とし、天原あまのはらを治めさせた。同時に、日神の生んだ三女神みはしらのひめかみは、葦原中国あしはらのなかつくに宇佐嶋うさのしまくだしてらせた。今、海の北の道中みちなかに在って、名を道主貴みちぬしのむちと言う。これは、筑紫つくし水沼君みぬまのきみの祭る神がこれである。「熯」は、「かん」である。ここでは「」と云う。

 

『日本書紀』巻第一(神代上)第七段

〔本伝〕

 この後には、素戔嗚尊の行うことが、甚だ常軌を逸脱したものであった。何かといえば、天照大神は天狭田あまのさだ長田ながた御田みたとしていたが、その時、素戔嗚尊が春にはその御田のすでに種子を播いた上にさらに種子を播き、「重播種子」は、ここでは「璽枳磨枳しきまき」と云う。しかもまたそのあぜを壊しなどする。秋には、天斑駒あまのふちこまを放ち、稲の実る田の中に伏せさせ、また天照大神が新嘗にひなへ(新穀を神に供えかつ食する祭祀)をする時を見計らっては、新造した宮(新嘗を行う殿舎)にこっそりくそを放ちかける。また天照大神がまさに神衣かむみそを織って斎服殿いみはたどの(機を織る神聖な殿舎)に居るのを看ると、天斑駒の皮をぎ、その殿おほとのいらか穿うがって投げ込んだ。この時、天照大神は驚愕して、織り機ので身を傷つけてしまった。これによって激怒し、そこで天石窟あまのいはやに入り、磐戸いはとを閉じて籠もってしまった。それゆえ、この世界中が常闇とこやみ(はてしなく続く闇)となり、昼と夜の交代も分からなくなってしまった。

 この時、八十万神やそよろづのかみ天安河辺あまのやすのかはらに会合して、その祈るべき方法を計画した。それゆえ、思兼神おもひかねのかみは深謀遠慮をめぐらせ、遂に常世とこよ(神仙境)の長鳴鳥ながなきどり(鳴き声を長くのばしてあかつきを告げる鶏)を集めて互いに長鳴きさせ、また手力雄神たちからをのかみを磐戸の側に立たせた。そうして中臣連なかとみのむらじ遠祖とほつおや天児屋命あまのこやねのみこと忌部いみべ遠祖とほつおや太玉命ふとたまのみことが、天香山あまのかぐやま五百箇いほつ真坂樹まさかき(神域を画するりっぱな境木さかき)を根こそぎ掘り出し、上の枝には八坂瓊やさかに五百箇御統いほつみすまるをかけ、中の枝には八咫鏡やたのかがみあたは開いた手の親指と中指の間の長さ)をかけ、あるいは「真経津鏡まふつのかがみ」と云う。下の枝には青和幣あをにきて、「和幣」は「尼枳底にきて」と云う。白和幣しろにきてをかけ、一緒にその祈祷きとうに尽くした。また猨女君さるめきみ遠祖天鈿女命あまのうずめのみことは、手にちがやいたほこを持ち、天石窟戸あまのいはやとの前に立って巧みに俳優わざおき(独特の所作を伴う舞踊。演者を倡優しょうゆうという)をした。また天香山あまのかぐやま真坂樹まさかきかづら(髪飾り)にし、ひかげ蘿蔓ひかげのかずらで、常緑のシダ類)「蘿」は、ここでは「比舸礙ひかげ」と云う。を手繦たすきにして、「手繦」は、ここでは「多須枳たすき」と云う。かがり火を焚き、覆槽うけ(逆さに伏せたおけ)を伏せ置き、「覆槽」は、ここでは「于該うけ」と云う。顕神明之憑談かむがかり(神の憑依ひょういによる神託を顕現すること)した。「顕神明之憑談」は、ここでは「歌牟鵝可梨かむがかり」と云う。

 この時、天照大神はこれを聞いて「私がこのごろ石窟いはやを閉じて籠もっている以上、豊葦原中国とよあしはらのなかつくには必ず長く続く夜であるのに、どうして天鈿女命はこのように大笑いして楽しんでいるのだろうか。」と言い、そこで御手みて磐戸いはとを少しだけ開いてうかがった

 その時とばかり、手力雄神たちからをのかみが天照大神の手を承け奉り、引いて石窟からお出し申し上げた。そこで、中臣神なかとみのかみ忌部神いみべのかみがただちに端出之縄しりくめなは(しめなわ。通常とは逆に左ひねりにわらの端を出したままう)を石窟の入り口に引き渡して境とし、「縄」また「左縄端出」と云う。ここでは「斯梨倶梅儺波しりくめなは」と云う。そこで「二度とお戻りなさってはいけません。」と請い申しあげた

 その後諸神もろもろのかみたち罪過つみとがを素戔嗚尊に帰して、千座置戸ちくらおきと(物を置く数多くの場所。そこに置く莫大な賠償品)を科し、遂に督促して徴収した。これに応じないため、髪を抜いてその罪をあがなわせるに至った。また別に、その手足の爪を抜いて購ったと言う。こうしたあと、遂に放逐して降したのである。

 

〔一書1〕

 ある書はこう伝えている。誓約うけひの後に、稚日女尊わかひるめのみこと齊服殿いみはたどのいまして神の御服みそを織っていた。素戔嗚尊はこれを見ると、生きたまま班駒ふちこま逆剥さかはぎ(尻のほうから皮をぐこと)に剥いで、その殿内おほとののうちに投げ入れた。稚日女尊は、これに驚いてはたから墜ち、持っていたで体を傷つけて死去した。それゆえ、天照大神は素戔嗚尊に対して「なんじはやはり黒心きたなきこころがある。汝と会おうとは思わない。」と言い、そこで天石窟あまのいはやに入り、磐戸いはとを固く閉じてしまった。ここにおいて天下は常に闇となり、昼と夜の交替も無くなってしまった。

 それゆえ、八十万神やそよろずのかみ天高市あまのたけち(交易する市のように神の集う小高い場所)に会し(主語を明示しない)、善後策を問うた。この時、高皇産霊尊たかみむすひのみことの子息の思兼神おもひかねのかみという者がいた。思慮の智があったので、思いをめぐらして「あの神のみかたをかたち造って、招きいのたてまつるのがよい。」と申しあげたのである。それゆえさっそく石凝姥いしこりどめを鍛冶工とし天香山あまのかぐやまかねを採って日矛ひほこを作った。また真名鹿まなか愛子まなごで、愛らしい鹿)の皮を丸剥まるはぎにして天羽鞴あまのはぶき(火を起こすさい風を送る道具、ふいご)を作った。これらを用いて天照大神の像を造り奉った神が、紀伊国きのくにに鎮座する日前神ひのくまのかみである。「石凝姥」は、ここでは「伊之居梨度咩いしこりどめ」と云う。「全剥」、ここでは「宇都播伎うつはぎ」と云う。

 

〔一書2〕

 ある書はこう伝えている。日神尊ひのかみのみこと天垣田あまのかきた御田みたとしていた。この時、素戔嗚尊は、春にはその田のみぞを埋め、あぜを壊し、また秋の穀物がすでに成熟すれば、横取りあるいは収穫を妨害するため勝手に絡縄あぜなは(丈夫な縄)をその田に引き渡した。また日神が織殿はたどのに居た時には、班駒ふちこまを生きたまま皮を剥いでその殿内おほとののうちに投げ込んだ。おしなべてこの諸事もろもろのわざは、ことごとくが暴虐ぼうぎゃくであった。そうではあっても、日神は、情け深い親愛のこころがあり、怒らず恨まずに、すべて穏やかな心で容認した。

 それでも、日神が新嘗にひなへに当たっている(新穀を神に供え、神と共食する神聖な行事のさなか)時に及ぶと、素戔嗚尊はそれを見計らってその新嘗を行う新宮にひなへのみやの日神の御席みましの下にひそかにくそをした。日神は、なにも知らないまま、じかにその席の上にすわった。これにより、日神は全身が病んでしまった。それゆえ、たいそう怒り恨み、ただちに天石窟に籠もってその磐戸を閉じた。

 この時、諸神もろもろのかみたちは憂慮し、そこで鏡作部かがみつくり遠祖とほつおやである天糠戸あまのあらとには鏡を造らせ、忌部いみべの遠祖である太玉ふとたまにはにきてを造らせ、玉作部たますりべの遠祖である豊玉とよたまには玉を造らせた。また山雷やまつち(山の神)には五百箇真坂樹いほつまさかき八十玉籤やそたまくし(神にささげる祭具、玉串たまぐし)を採らせ、野槌のつち(野の神霊)には五百箇野薦いほつのすすきの八十玉籤を採らせた。おしなべてこの諸諸の物が皆来て集まった。その時に中臣なかとみの遠祖である天児屋命あまのこやねのみこと日神ひのかみの祝いことを言葉の限りとなえあげた。ここにおいて、日神はまさに磐戸を開いて出た。この時に鏡をその石窟に入れたので、戸に触れて鏡に小さなきずができてしまった。その瑕は、今もなお残っている。これがつまり、伊勢のあがめ敬う神秘な大神である。

 そうしたあと、罪を素戔嗚尊に科して、その罪をはらうためのものを出させた。こうして手端たなすゑ吉棄物よしきらひもの(祓えの具として切った手の爪)、足端あしすゑ凶棄物あしきらひもの(祓えの具として切った足の爪)があり、またつば白和幣しろにきて(唾液の供え物)とし、はな青和幣あをにきて(鼻水の供え物)とし、これらを用いて解除はらへ罪穢つみけがれを除去する祓え)をやり終え、遂に神逐かむやらひ(神の追放)の理によって追放した。「送糞」は、ここでは「俱蘇摩屢くそまる」と云う。「玉籤」は、ここでは「多摩俱之たまくし」と云う。「祓具」は、ここでは「波羅閉都母能はらへつもの」と云う。「手端吉棄」はここでは「多那須衛能余之岐羅毘たなすゑのよしきらひ」と云う。「神祝祝之」は、ここでは「加武保佐枳保佐枳枳かむほさきほさきき」と云う。「逐之」は、ここでは「波羅賦はらふ」と云う。

 

〔一書3〕

ある書はこう伝えている。この後に([一書 第一]と同じ書き出しのかたちをとるが、誓約うけひの後ではなく、先行する内容は不明)、日神ひのかみの田は三カ所あった。名を天安田あまのやすだ天平田あまのひらた天邑并田あまのむらあわせたという。これは皆良田であった。長雨ながあめ干魃かんばつに見舞われても、損なわれたり壊れたりなどしない。一方、その弟の素戔嗚尊の田も、また三カ所あった。名を天樴田あまのくひだ天川依田あまのかはよりだ天口鋭田あまのくちとだ という。これは、どこも土地がやせて狭小であり、石も多い。雨が降れば流れ、またひでりであればけてしまう。それゆえ、素戔嗚尊は姉の田を妬んで害を加えた。春には、田の用水路をだめにし、溝を埋め、あぜを壊し、またすでに種子たねを播いた上に重ね播きする。秋には、収穫前の田に串を刺して自分のものとしたり、馬を入れて腹這はらばいにさせたりする。すべてこの悪事の止む時がまったく無かった。それにもかかわらず、日神は怒らず、いつも穏やかで思いやりの心で容認していた。云云うんぬん。(省略を表す語。その省略は、日神の天石窟閉居を導く素戔嗚尊の悪辣あくらつな行為を主な内容とする先行[一書 第二]を前提とする)。

 日神ひのかみ天石窟あまのいはやにとじ籠もるに及んで、諸神もろもろのかみたち中臣連なかとみのむらじ遠祖とほつおやである興台産霊こごとむすひの児の天児屋命あまのこやねのみことを遣わして祈らせた。そこで天児屋命は、天香山あまのかぐやま真坂木まさかきを根ごと掘り出し、その上の枝には、鏡作かがみつくり遠祖とほつおやである天抜戸あまのぬかとの児の石凝戸辺いしこりとべが作った八咫鏡やたのかがみを掛け、中の枝には、玉作たますりの遠祖である伊奘諾尊いざなきのみことみこ天明玉あまのあかるたまが作った八坂瓊やさかに曲玉まがたまを掛け、下の枝には、粟国あはのくに忌部いみべの遠祖である天日鷲あまのひわしが作った木綿ゆふ(木の繊維を糸状にした祭器。さかきに掛け、たすきにして神事に使う)を掛け、そうして忌部のおびとの遠祖である太玉命ふとたまのみことにこの真坂木を手に取り持たせ、壮大・重厚に賛美するたたえごとを祈り申し上げた。時に、日神はこれを聞いて「このごろ人が何度も石窟いはやから出るように誓願するが、いまだこんなにも麗美うるはしい言葉はない。」と言い、そこで磐戸を細めに開けて外をうかがった。この時、天手力雄あまのたちからをが磐戸のかたわらにひかえていたので、ただちに磐戸を引き開けると、日神の光が世界の隅々まで満ちた。

 それゆえ、諸神は大いに喜び、さっそく素戔嗚尊に千座置戸ちくらおきと解除はらへ(罪けがれを祓うためのもの、祓えの)を科し、手の爪を吉爪棄物とし、足の爪を凶爪棄物あしきらひものとした。そこで、天児屋命あまのこやねのみことにその解除のこの上なく荘重・厳粛な祝詞のりとつかさどり、唱えさせた。世人よのひとが自分の爪を慎重に収めるのは、これがその縁(ことの起こり)なのである。

 そうしたあと、諸神は素戔嗚尊を責めとがめて「なんじが所行は甚だ常軌を逸している。だから天上に住んではならない。また葦原中国あしはらのなかつくににも居てはならない。今すぐに底根之国そこつねのくにに往くがよい。」と言い、そこで共に天上からい降りかせた。

 ちょうどこの時、霖雨が降っていた。素戔嗚尊は青草を結い束ねて笠や蓑とし、宿を多くの神に乞うた。神神は「汝は、みずからの所行が濁って悪辣だから追い払われ流されるのだ。それなのに、どうして宿を私に乞うのか。」と言い、結局みな同じように拒絶した。そこで、風雨は甚だしかったけれども、留まり休むことができずに、つらく苦しみながら降った。それ以来、世の人では、笠やみのを着けたまま他人の家の屋内に入ることをむのである。また束ねた草を負って他人の家の内に入ることも諱む。これを犯す者があれば、必ず解除はらへ(祓えの具)を出してつぐなわさせる。これは、太古から残されてきたきまり・制度である。

 この後に、素戔嗚尊は「諸神もろもろのかみたちが私を追放した。私は、今ここから永久に去ろうと思うけれども、どうして姉と会うことも無く、自分勝手にただちに去ることができようか。」と言い、また天地を揺るがして天に昇った。この時、天鈿女あまのうずめが見て、日神ひのかみに報告した。日神は「私の弟が天に昇って来る理由は、決して好意ではない。必ず我が国を奪おうとしているのではないか。私は婦女だが、どうして避けようか。」と言い、みずから戦いのそなえを身に装った。云云うんぬん(省略を表す語。前出)。

 そこで素戔嗚尊はうけひをして「私がもし善くない心を懐いて再度ここに昇って来たのであれば、私がいま玉を噛んで生む児は、必ずや女であるはずです。そうだとしたら、この女の児を葦原中国に降すことができます。もし清い心があるのであれば、必ずや男を生むはずです。そうだとしたら、この男の児に天上を統治させることができます。また姉の生むのも(生む児の男女とその処遇との対応)、またこの誓いと同じです。」と言った。ここにおいて、日神が先に十握剣とつかのけんを噛み、云云。

 素戔嗚尊は、そこでもくるくるとその左のみずらいている五百箇統いほつみすまるの緒を解き、瓊の触れ合う音もさやかに天渟名井あまのぬないすすぎ浮かべ、その瓊の端を噛み、吐き出して左のたなごころに置いて児の正哉吾勝勝速日天忍穂根尊まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみことを生んだ。また右の瓊を噛み、吐き出して右の掌に置いて、児の天穂日命あまのほひのみことを生んだ。これが、出雲臣いずものおみ武蔵国造むさしのくにのみやつこ土師連等はじのむらじら遠祖とほつおやである。次に天津彦根命あまつひこねのみこと。これが、茨城国造うばらきのくにのみやつこ額田部連ぬかたべのむらじの遠祖である。次に活目津彦根命いくめつひこねのみこと。次に熯速日命ひのはやひのみこと。次に熊野大角命くまののおほすみのみこと。合わせて六男むはしらのひこかみである。そこで素戔嗚尊は日神に「私の再び天上に昇って来た理由は、多くの神神が私を根国ねのくにに追放処分したことです。今そこに退去しなければならず、もし姉とお会いしなければ、とうてい別離にたえられません。それゆえ、本当に清い心で再び昇って来ただけなのです。今はもうお目見えもすみました。多くの神神の意向に従い、これより永久に根国に赴くべきなのです。どうか姉上には天国あまつくに(語構成上は天の国であり、高天原たかあまはらとみるのが通説だが、存疑。天上と葦原中国との対応上は、天地に通じる天と国との熟合の可能性もある)に照臨しょうりん(四方を照らし、君臨すること)し、おのずから平安でおられるのがよろしい。私は、清い心で生んだ児らもまた姉上に奉ります。そうしたあと、再び、葦原中国に還り降った。「廃渠槽」は、ここでは「秘波鵝都ひはがつ」と云う。「捶籤」は、ここでは「久斯社志くしざし」と云う。「興台産霊」はここでは「許語等武須毘こごとむすひ」と云う。「太諄辞」はここでは「布斗能理斗ふとのりと」と云う。「○轤然」はここでは「乎謀苦留留爾おもくるるに」と云う。「瑲瑲」は、ここでは「奴儺等母母由羅爾ぬなとももゆらに」と云う。

 

『日本書紀』巻第一(神代上)第八段

〔本伝〕

 この時(諸神に追放されて高天原を降る時)、素戔嗚尊は天より降り、出雲国いずものくにかわほとりに至った。その際、川の上に死をいたんできさけぶような声がするのを聞いたので、その声を尋ね求めて往けば、老翁おきな老婆おうなが中に少女を置いてでながら哭いていた。素戔嗚尊が「なんじらは誰か、どうしてそんなありさまで哭いているのか。」と問うと、これに対して「私は国神くにつかみで、名を脚摩乳あしなづちと申します。私の妻は手摩乳てなづちと申します。この童女をとめは私の児で、奇稲田姫くしいなだひめと申します。哭く理由というのは、過去に私の児は八人の少女をとめがいましたが、年ごとに一人ずつ八岐大蛇やまたのをろちに呑み込まれてしまいました。今、この少女が大蛇をろちに呑み込まれようとしています。なんともがれる手立てがありません。それで(この少女の死を)悲しみいたんでいるのです。」と答えた。素戔嗚尊がちょくして「もしそうだとするならば、汝はむすめを私にたてまつるか。」と言うと、「勅に従って奉ります。」と答えた。

 それゆえ、素戔嗚尊はたちまち奇稲田姫を湯津爪櫛ゆつつまくし(神聖な爪を立てた形状の櫛(くし))に化身させて、御髻みみずらした。そこで脚摩乳と手摩乳に八醞やしほをりの酒(醸造を何度もくり返した強い酒)を造り、あわせて仮庪さずき(桟敷)を八間やま(八つの仮の棚)作り、「仮庪」は、ここでは「佐受枳さずき」と云う。そのおのおのに一つの酒桶さかおけを置いて酒をそれに盛らせ、大蛇の到来を待ったのである。

 その時期に至ると、はたして大蛇が姿を現した。頭と尾は、それぞれ八岐やまたに分かれ、眼は赤酸醤あかかがち(ほうずき)のようであり、「赤酸醤」は、ここでは「阿箇箇鵝知あかかがち」と云う。松や柏(かや。常緑高木)がその背に生えて、八つの丘、八つの谷の間に蛇体をいわたらせていた。酒を得ると、八岐の頭をそれぞれ酒桶に突っ込んで飲み、酔っててしまった。この時を見はからって、素戔嗚尊はびていた十握剣とつかのつるぎを抜き、細かくその大蛇を斬り刻んだ。尾に至ったところで、その剣の刃が少し欠けた。それでその尾を切り裂いて見れば、中に一振りの剣があった。これが、いわゆる草薙剣くさなぎのつるぎである。「草薙剣」は、ここでは「俱裟那伎能都留伎くさなぎのつるぎ」と云う。ある書には、「もとは名を天叢雲剣あまのむらくものつるぎという。思うに、大蛇のいる上には、常に雲気うんきがただよっている。それゆえに、そう名付けたのではないか。日本武皇子やまとたけるのみこに至って、名を改めて草薙剣という」とつたえている。素戔嗚尊は「是は神剣あやしきけんである。私がどうしてあえて自分のものとして置こうか。」と言い、そこで天神あまつかみに献上したのである。

 その後、素戔嗚尊は奇稲田姫くしいなだひめと結婚するのに最適な場所を求めて探し訪ね、その果てに遂に出雲の清地すがに到った。「清地」は、ここでは「素鵝すが」と云う。そこで「私の心は清清すがすがしい」と言い、この次第で、今この地を「すが」と言う。その場所に宮を建てた。ある説には、時に武素戔嗚尊たけすさのをのみことが「八雲やくもたつ出雲いづも八重垣やへがき 妻籠つまごめに 八重垣作る その八重垣ゑ」と歌ったと伝えている。そこで結婚して児の大己貴神おほあなむちのかみを生んだ。これにより、勅して「私の児の宮を管理するつかさ(司長)は、脚摩乳と手摩乳である。」と言い、それで、この二神ふたはしらのかみに名号を賜り、稲田宮主神いなだのみやぬしのかみと言うのである。そうしたあと、素戔嗚尊は根国ねのくにに行った。

 

〔一書1〕

 ある書はこうつたえている。素戔嗚尊は天から降り、出雲のの川のほとりに到った。そうして稲田宮主簀狹之八箇耳いなだみやぬしすさのやつみみの子女、稲田媛いなだひめに会い、そこで奇御戸くみど(隠処、寝所)に睦事むつごとを始めて児を生み、清之湯山主三名狹漏彦八嶋篠すがのゆやまぬしみなさもるひこやしましのと名付けた。一説に清之繫名坂軽彦八嶋手命すがのゆひなさかかるひこやしまでのみことと云う。また一説に、清湯山主三名狹漏彦八嶋野すがのゆやまぬしみなさもるひこやしまのと云う。この神の五世の孫が大国主神おほくにぬしのかみである。「篠」は「小竹ささ」である。ここでは「斯奴しの」と云う。

 

〔一書2〕

 ある書はこうつたえている。この時、素戔嗚尊は天から下り、安芸国あきのくに可愛の川のほとりに到ったのである。そこに神がいた。名を脚摩手摩あしなづてなづと言う。その妻は名を稲田宮主簀狹之八箇耳いなだのみやぬしすさのやつみみと言う。この神はまさに妊娠中であった。夫と妻は共に愁え、そこで素戔嗚尊に「私の生んだ児は多かったのですが、生むたびに、八岐大蛇が来て呑み込んでしまい、一人も生き残ることができていません。いま私は児を産もうとしていますが、おそらくはまた呑まれてしまいます。それで悲しみいたんでいるのです。」と告げた。

 素戔嗚尊はそこで二神ふたはしらのかみに教えて「汝は多くの木の実で酒を八甕やかめ醸造したらよい。私が汝のためにをろちを殺してやる。」と言った。二神はこの教えどおり、酒を設けそなえた。いよいよ産む時に至ると、確かにあの大蛇をろちが戸につき当たって児を呑みこもうとした。素戔嗚尊は蛇に勅して「汝は恐れ敬うべき神だ。是非とも酒を供えてもてなさなければならない。」と言い、そこで八つのかめの酒を、大蛇の八つの口ごとに注ぎ込んだ

するとその蛇は、酒に酔っててしまった。素戔嗚尊は剣を抜いて斬った。尾を斬る時に至ったところで、剣の刃が少し欠けた。尾を割いて見れば、中に剣があった。名を草薙剣と言う。これがいま尾張国おはりのくに吾湯市村あゆちのむらにある。熱田祝部あつたはふり管掌かんしょうする神がこれである。その蛇を断ちきった剣は、名を蛇之麁正おろちのあらまさと言う。これが、今は石上いそのかみにある。

 この後、稲田宮主簀狹之八箇耳いなだのみやぬしすさのやつみみの生んだ児、真髪触奇稲田媛まかみふるくしいなだめを出雲のの川のほとりに遷し置き、養育して、成長させた。そうした後に素戔嗚尊が妃となして生んだ児の六世の孫が、名を大己貴命おほあなむちのみことと言うのである。「大己貴」は、ここでは「於褒婀名娜武智おほあなむち」と云う。

 

〔一書3〕

 ある書はこうつたえている。素戔嗚尊が奇稲田媛をめとろうと思って乞うた。脚摩乳あしなずち手摩乳てなずちはこれに答えて「どうか先にあのをろちを殺して下さい。その後に娶るというのであればよろしいでしょう。あの大蛇をろちは、頭ごとにそれぞれ岩松いはまつがあり、両脇ふたつのわきに山があって、甚だ恐るべきです。なにで殺すのでしょうか。」と言った。

 素戔嗚尊は、そこで計略をめぐらし、毒酒あしきさけを醸造して大蛇に飲ませた。蛇は酔って睡ってしまった。素戔嗚尊は、そこで蛇韓鋤之剣をろちのからさひのけんで頭を斬り、腹を斬った。その尾を斬る時に、剣の刃が少し欠けた。それゆえ尾を裂いて見ると、別に一振ひとふりの剣があった。名を草薙剣とした。この剣は、昔は素戔嗚尊のもとにあったが、今は尾張国をはりのくににある。その素戔嗚尊が蛇を断ち斬った剣は、今は吉備きび神部かむとものを(神職)のもとにある。出雲の簸の川のほとりの山がこれである。

 

〔一書4〕  

 ある書はこうつたえている。素戔嗚尊の所業が暴虐極まりなかった。それゆえ、諸神は千座置戸(罪過を贖う莫大な賠償品)を素戔嗚尊に科して、遂に天上から追放した(第七段 [本伝]の抄録)。

 この時、素戔嗚尊は子の五十猛神いたけるのかみをひき連れて新羅国しらぎのくにに降り到って、その曽尸茂梨そしもりという所に居住した。そこで声高こわだかに言葉を発して「この地は、私は居たいとは思わない。」と言い、遂に埴土はにで舟を作り、これに乗って海を東に渡り、出雲国いずものくにの川のほとりに所在する鳥上とりかみたけに到った。まさにこの時、そこには人を呑み込む大蛇をろちがいた。素戔嗚尊はそこで、天蠅斫之剣あまのははきりのつるぎでその大蛇を斬った。その際、蛇の尾を斬ったところで、刃が欠けた。すぐに裂いてよく見ると、尾の中に一振りの神剣あやしきけんがあった。素戔嗚尊は「これは、私が自分一人だけで使用してはならないものだ。」と言い、そこで、五世の孫に当たる天之葺根神あまのふきねのかみを遣わして天に献上した。これが、今にいう草薙剣くさなぎのつるぎである。

 当初、五十猛神いたけるのかみが素戔嗚尊に伴って天降あまくだった時に、多く木の種を持って下った。しかし韓地からくに(新羅)にはそれを一切植えることなく、全て東渡の際に持ち帰り、遂に筑紫つくしから始め大八洲国おほやしまのくにの国内すべてのところにき植え、ことごとく青山あをやまに成した。このはたらき、功績により、五十猛命いたけるのみこと有功之神いさをしのかみと称するのである。すなわち紀伊國きのくにに鎮座する大神おほかみ(和歌山市伊太祈曾いたきそ伊太祁曾神社いたきそじんじゃ)がこれである。

 

〔一書5〕

 ある書はこうつたえている。素戔嗚尊が「からくに(地方)に所在する嶋には金銀がある。もし私の児(第八段[本伝]に「生児大己貴神おほあなむちのかみ」と伝える)の支配する国に浮く宝(船)がなければ、それは良くない(金銀のある嶋に渡れない)と言い、そこであごひげほほひげを抜いて播いた。すると、それがたちまち杉に成った。また胸の毛を抜いて播くと、これがひのきに成った。尻の毛はまきに成り、眉の毛が櫲樟くすに成った。そうして、あとでその用途を定めた。そこで「杉および櫲樟くすは、二つの樹とも浮く宝(船)にすべきだ。ひのきは、瑞宮みづみや(宮殿)の用材とすべきだ。まきは、顕見蒼生うつしきあをひとくさ(現にこの世に生きる民草たみくさ。人民)の奧津棄戸おきつすたへ(墓所)に臥す具(棺)とすべきだ。さて食用にすべき八十木種やそこだね(数多くの果実の種)は、どれも播いて生かすことができた。」ととなえた。

 この時、素戔嗚尊のみこ(児とは違う)は名を五十猛命いたけるのみことと言い、その妹は大屋津姫命おほやつひめのみことであり、次が枛津姫命つまつひめのみことである。みなこの三柱みはしらの神も、木の種を広く播いた。そこで紀伊国きのくにに渡し奉ったのである。そうした後、素戔嗚尊は熊成峰くまなりのたけに居住し、遂に根国ねのくにに入ったのである。「棄戸」は、ここでは「須多杯すたへ」と云う。「柀」は、ここでは「磨紀まき」という。

 

〔一書6〕

 ある書はこうつたえている。大国主神おほくにぬしのかみは、また大物主神おほものぬしのかみと名付け、また国作大己貴命くにつくりのおほあなむちのみことごうし、また葦原醜男あしはらのしこをと言い、また八千戈神やちほこのかみと言い、また大国玉神おほくにたまのかみと言い、また顕国玉神うつしくにたまのかみと言う。その子は、全部で百八十神いる。

 そもそも大己貴命おほあなむちのみことは、少彦名命すくなひこなのみことと力を合わせ心を一つにして天下あめのしたを経営した。また顕見蒼生うつしきあをひとくさおよび家畜のためには、その病を治療する方法を定め、また鳥獣とりけだもの昆虫はふむしの災害(わざわい、害悪、変異現象)を払い除くためには、その災難やたぶらかしを押さえとどめる(呪禁じゅきん)方法を定めた。これにより、人民は今に至るまでみなこの恩恵をこうむっている。

 かつて大己貴命が少彦名命に向かって「われらの造った国は、どうして善くできたといえるだろうか。」と言った。少彦名命はこれに対して「あるいはできたところがある。またあるいはできていないところもある」と答えた。この両者のかたりは、思うに深遠なおもむきがある。その後、少彦名命は熊野くまのの岬まで行き至ったところで、遂に常世郷とこよのさとってしまった。またこれとは別に、淡嶋あはのしまに至って、あはの茎をよじ登れば、弾かれて常世郷に渡り至ったという。

 これより後に、国内のまだ造り終えていない所は、大己貴神おほあなむちのかみが一人で巡り造りあげて、遂に出雲国に到った。そこで声高こわだかに言葉を発して「そもそも葦原中国あしはらのなかつくには、もとは荒れて広々とした状態であり、岩石いはほ草木くさきに至るまでみな強暴であった。しかし私がすでにそれらをくだき伏せてしまい、すっかりおとなしく従順になっている。」と言い、遂には、それで「今この国を治めるのは、ただ私一人だけである。さて私と共に天下を治めることのできる者が、はたしているだろうか」と言った。

 その時、神神こうごうしい光が海を照らし、忽然として浮かんで寄り来る者がいて、「もし私がいなかったらならば、汝はどうしてこの国を平定することができただろうか。私がいたことによって、それで汝はその国を平定するという大きな功績をうちたてることができたのだ。」と言った。この時に、大己貴神は「そうだとすれば、汝は誰なのか。」と問い、これに対して「私は、汝の幸魂さきみたまさいわいをもたらす魂)・奇魂くしみたま(霊妙なはたらきの魂)である。」と答えた。大己貴神が「まさしくそうだ。なるほど汝は私の幸魂・奇魂であることが分かる。今どこに住みたいのか。」と言うと、これに応じ、「私は日本国やまとのくに三諸山みもろのやま(奈良県桜井市の三輪山)に住みたいと思う。」と言った。それゆえ、さっそく宮殿をその地に造営し、そこに行き住まわせた。これが大三輪おほみわの神である。この神の子が、甘茂君かものきみたち大三輪君おほみわのきみたちであり、また姫蹈鞴五十鈴姫命ひめたたらいすずひめのみことである。

 また次のように伝えている。事代主神ことしろぬしのかみ八尋熊鰐やひろくまわに(「ひろ」は広げた両手の幅。巨大なさめ)に化(変身)し、三嶋溝樴姫みしまのみぞくひひめに通じて、あるいは玉櫛姫たまくしひめと云う。児の姫蹈鞴五十鈴姫命ひめたたらいすずひめのみことを生んだ。これが神日本磐余彦火火出見天皇(神武天皇)の后である。

 はじめ大己貴神が国を平定するに際して、行き巡り出雲国いずものくに五十狹狹いささ小汀をはまに到って飲食しようとした。この時、海上に忽然と人の声がした。そこで驚いて探し求めたけれども、全くなにも見当たらない。しばらくすると、一人の小男をぐな白薟かがみ(カガイモまたヤブカラシ)の皮を舟として、鷦鷯さざき(ミソサザイ)の羽を着衣とし、潮流に乗って浮かび到った。大己貴神はさっそく取り上げ掌中に置いてもてあそんでいると、飛び上がってほおを噛んだ。そこでその小男の形状を怪しんで、使いを遣わして天神あまつかみに申しあげた。その時、高皇産霊尊たかみむすひのみことはその報告を聞き、それで「私の産んだ児は全部で千五百はしらいる。その中の一児は最悪で、教え育てようにも従わない。私の指の間から漏れ墜ちたのが、きっとそのものだ。可愛がって養育すれば良い。」と云った。少彦名命すくなひこなのみことがこれである。「顕」は、ここでは「于都斯うつし」と云う。「蹈鞴」は、ここでは「多多羅たたら」と云う。「幸魂」は、ここでは「佐枳弥多摩さきみたま」と云う。「奇魂」は、ここでは「俱斯美侘磨くしみたま」と云う。「鷦鷯」は、ここでは「裟裟岐さざき」と云う。

 

 


青梅佐藤財団主催 日本神話講義のご案内

いつものお米が10倍ありがたくなる講座!日本神話に伝える「稲」の行方を追うことで、古代日本人が稲に込めた信仰や思想が見えてくる!全3回の白熱講義!激しくオススメです!



6/25 朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義のご案内

白熱講義! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っています。 この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。激しくオススメです!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他